BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
四国八十八カ所霊場お砂踏み「摂取院」
今日は福島県相馬の松川浦にあるお寺、摂取院の「四国八十八カ所霊場 お砂踏み」に参加させていただきました。

昨年より、福島八十八カ所霊場巡りというのをしており、その三十六番札所であるこちらのお寺、摂取院さんへお参りさせていただいた際に、本日の催しのことを聞いたのです。

こちらの松川浦地区といえば、毎年、潮干狩りでたくさんの人で賑わう素晴らしい観光地でもありました。
オレも子供の頃に何度か訪れたこともありますし、高校のときは部活の美術部の合宿をこちらで行ったこともあります。

ところが、あの3.11の震災により、この地区はかなりの被害を被ったと聞いております。
テレビのニュースなどでも、もう潮干狩りもできない状態と報道していましたし、来る機会もなくなってしまったのです。

実は、こちらの摂取院へ来る前も、飯館村のお寺ほか、震災の放射線被害により避難を余儀なくされ未だにお参りできないお寺が数カ所ありました。
親戚や知り合いなどがいない為、そういった避難地域に入ったのは実は初めてで、実情を実際に目にするとショックの連続でした・・・。

飯館村を例に挙げると、コンビニと役所以外は夜になると灯りすらつかず、まるでゴーストタウンです。
車で通っても、まるで人の気配が感じられない・・・。

震災から7年も経っても、未だにこんな状態なのです。
やはり、絶対に風化させてはいけない。
忘れてはいけないと思いました。


そして、本日の摂取院さんによるお砂踏み。
とても素晴らしかった。

口だけで文句を言い、なにもしない人もいましが、なにか人を元気づけようという志が強烈に感じられました。
前回、こちらの親切な奥様と副住職が熱心にお誘いくださって、本当に感謝です。

四国まではなかなかお参りに行けない人たちの為に、四国の八十八カ所のお寺のお砂をすべて持ってきてくださり、福島の地にいつつお参りが出来るのです。
そして、各ご本尊様の御影にも触れてお参り出来る。

それに、わざわざ四国から数人のお坊さんまで来てくれて、みなさんでお経をあげ、法話まで聞かせてくれるのです。
これをもう数年続けていられるとのことでした。

本堂の中に、かなりの人数が列を作り、ある人は亡くなった方に思いを馳せたり、ある人は厄を払うために手を合わせたりとさまざまですが、とても尊い行事であったと思います。

そういう私は実際に四国へお参りしたことがありますが、各お寺のご本尊さまの御影を観ながら、四国のたくさんのお寺にお参りしたあの日を思い出しながら、感慨にふけりました。

お昼に松川浦の素敵な海の幸を近くのお店で堪能してから、摂取院へ戻り、もう一度お参りしました。
「夏には灯篭流しもありますよ」の副住職のことばに「また来ます!」とお伝えしてお寺を後にしました。

3.11以降、いろいろありましたし、私自身もかなり環境が変わった。
失ったものもたくさんあったけれど、こうして新たなる出逢いもあります。

忘れないで、前へ向いていきましょう。



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する