FC2ブログ
BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュージカル ブッダ
先日、劇団わらび座主催の「ミュージカル ブッダ」を観に行きました。

これも、一つ前のブログにも書いた「北関東三十六不動尊巡り」つながりで、北関東三十六不動尊巡りをしているとき、大田原市にある札所二十四番の龍泉寺というお寺にお参りした時のことです。
こちらのお寺の掲示板にこの「ミュージカル ブッダ」のポスターが貼ってあり、親切なご住職がそのポスターをコピーしてくれました。

「栃木ならそんなに遠くないから行けるかなあ!」そんな期待をしつつ知らない間に時は経ってしまいました。
それが、先日福島の飯野町に行ったとき、町で発行しているパンフレットに「ミュージカル ブッダ」のことが書いてあり、なんと福島市でも上演予定ありの告知が!

これは行くしかない!!

この「ミュージカル ブッダ」はあの手塚治虫先生の名作「ブッダ」のミュージカルです。
オレは仏教に興味を持つ前にこの「ブッダ」はすでに読んでいて、当時、名古屋に住んでいた友達のシズカさんという方から薦められて読んでみたのでした。

仏教に興味を持ってからは、そのアニメも見ましたし、漫画も読み返しました。

なにかとなじみが深い作品なので、出来れば何としても今回のミュージカルは見てみたかったのです。

当日、会場では受付が二つに分かれており、一般と仏教会になっていました。
流石だなあ~と感心しつつ、スタッフもほとんどがお坊さんです。

来ている客層も、お寺でよく出会いそうなおじいちゃんやおばあちゃんがほとんど。
オレが一番若いくだいです。

客電が落ちる前、すでに舞台にはなにやら怪しい出演者の姿が・・・
どうやら、身分の低い者たちがうごめいている感じ。

そのままさっきまでもそもそ動いていた人たちが、パっと音楽の渦の中で華麗なダンスに突入し、劇がスタートです。
なんという劇的で華麗なオープニング!

お話はシッダールタが誕生するシーンからなにから、漫画やアニメを凌いでいる演出でテンポよく進みます。
なにしろ、漫画で見たなじみあるあのキャラクターたちが実に生き生きと命を吹き込まれ壇上を駆け巡るのだから、たまりません!

そして、役者さんのみなさん、本当にとてつもなく歌がうまい!!
それも、上っ面の技巧的な歌ではなく、本当に人の心に突き刺さるような歌唱・・・!

主要人物であるタッタ役の三重野さんやミゲーラ役の古関さんらの超人的身体能力も、まるでカンフー映画を見ているような鮮やかさで大興奮!
一回めの休憩までで、もうかなり集中したのでほっとしましたが、とにかく目が離せないすばらしさ!

今回の劇ではお釈迦さまが入滅するときまでではなく、シッダールタが悟りを開く(ブッダ=めざめた人になる)ところまで。
ラストシーン、シッダールタ役の戎本みろさんが座禅し、悟りを開く瞬間、本当に戎本さんがブッダに見えたばかりか本当に神々しかった!!

目には大粒の涙が流れ落ちました。

エンディングロールでの出演者のカーテンコールではあたたかな感動につつまれ、痛くなるまで拍手をし続けましたよ!!

とにかく、仏教、ブッダのすばらしさはもちろんのこと、この劇団わらび座のみなさんには本当に感謝したい。
こんな感動する劇をありがとうございます!!

時代を超えて、お釈迦さま、ブッダの教えが劇団わらび座を通して、現代に伝わる・・・そんなことさえ感じさせてくれた圧巻のミュージカルでした。

ありがとう!劇団わらび座!!



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。