BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
ベイビー佐々木物語(笑) ②
東京でライヴをはじめて、やっぱり大きな壁にぶち当たるわけですよ。

いや、出てるバンドがみんなうまいのなんの!
オレなんか、田舎物で自身だけはあったものの下手くそだし、しかも、自分が本当にやりたり音楽さえも定まっていなかった・・・。
だから、当然、メンバーもついていけなくなるし、メンバー交代も頻繁だったなあ。

しかも、そのライヴハウスに出てるバンド、みんなうまいけど、オレには全然つまらない、いけてない感じがしてさ。
どこか本物じゃない感じがしたんだ。

世は俗に言うバンドブームで、バンドは腐るほどいたんだけど、オレが憧れるような好きになれるようなバンドはいなかったね。

漠然とはしていたんだけど、オレが目指してるバンド像ってのはあったんだ。
やっぱり、本物であること。
そして、硬派で男くさいバンドであること!!

で、この頃の音楽性が定まっていなかったオレはハードロックだったり、パンクだったり、ポップだったり、レゲエだったり、サンバだったりと、バラエティに富んだ楽曲を作ってはいたけど、やっぱりどこか散漫で方向性が定まっていなかった。

そこで、オレが一番好きな原点でもある、ブルースベースのハードロックバンドをやろうとしてメンバーを集めたら、クレイジーフジシマというギターの天才と知りあい、TEASERというパワートリオのバンドを結成した。

TEASERは凄かった!!
原宿の野外イベントに登場するや、他のバンドを全て喰ってしまう勢いだったから・・・
そして、もっとサウンドを強化しようと思い、前に組んでいたコージーフクヤマという男に声をかけた。

フクヤマくんは実家の奄美大島に帰ろうとしていたんだけど、口説き落とし入ってもらったら、もう無敵!!
ここから快進撃が始まるんだけど、オレはこの頃にはじめてアメリカに行ってるんですね。

当時、付き合ってた彼女に、「ようちゃんはいつも、日本でプロになりたいって言うけど、一度私とアメリカ行ってみようよ」って言われて・・・。
で、はじめて見たアメリカで、オレはオレ自身の価値観が大きくヒックリ返ったほどの衝撃を受けた!

「オレは今まで、日本みたなちっけえ国でなにをうだうだやっていたんだろう?そんなことよりオレはここでやってみたい!!アメリカでいつかライヴをやってみたい!」

そう、オレの夢さえも変わってしまうほど、アメリカに行ったのは大きかったね。

そんな順調だったバンド活動だったけど、TEASERもやっぱりいろいろ問題が起こっていき、フジシマくんは脱退!
新しいギタリストを募集してランディという男だ入ったんだ。

そして、この頃のオレは土方のバイトとかしてこの仕事で知り合った友達とつるむことが多くなった。
パンク系の友達が一気に増えたのもこの頃だよ。

そして、ある日の出来事でまた新しい時代が到来することになる・・・



つづく・・・



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する