BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闘病日記3 抗がん剤治療始まる
またまた久しぶりのブログ更新になります。

退院こそしたものの、自宅療養が続いております。
入院中はやはり、いつでも病院や、まわりに頼れる環境にいたのと、適度な緊張感からか、体調はかなりよくなったと思い込んでいたのですが、やはり自宅にいると、そうもいかなくなりました。

入院中からなのですが、まず不眠症に悩まされ、どうにも朝まで眠れないのです。
しかし、これは入院したことのある人ならみんなそうらしく、みんな病院から睡眠薬を貰っていたそうです。

オレの場合は、眠れないのは自分のせいだ!と思い込み、入院中からそういう相談はしなかったのですが、退院してからも全く状況が変わらないので、思い切って病院に相談してみました。

直ぐに睡眠薬が処方され、しばらくのうちは睡眠薬を使ってでもゆっくり眠った方がよいと言われましたね。
まあ、睡眠薬を飲んでも、寝つきはよくなったものの、一旦トイレとかで目が覚めるとまたまた眠れなくなるという状況が続いていますが・・・。

それと、相変わらず体重が55キロと減ったままに加え、血圧が異常に低い・・・
この為か、ちょっと買い物とかに出かけたり、立ったままでいると、かなりの立ちくらみが起きて、立っていられなくなる・・・

しばらく横にならないと耐えられないほど辛いのです。
貧血の症状と言うか・・・

まあ、入院中、点滴だけで寝たきりの生活が続いたので、体力が相当落ちたんですね。
あと、まだ手術したお腹の傷が痛むので、くしゃみとか咳とかすると未だに激痛・・・。

だから、人ごみが怖いですね。
いつ、横から子供とか人が飛び込んで来て、お腹にぶつからないかとか不安で・・・。

朝の散歩時も、なるべく人がいない時間帯を狙うようにしています。
犬の散歩とかの人に、会って、犬が飛びかかってきたら・・・とか考えるとゾッとする。
いや、犬は大好きなので、正常なときはじゃれるつもりで犬に飛び掛られても、逆に嬉しいくらいなのですが、今はそうもいかない。

いや、まだ走ったり、踏み込んだりすることが出来ないので、もしそういうことが起こっても逃げられないのですよ。

そういうわけで、なるべく人のいない時間帯で黙々と一人で歩くのがいいですね。

そしてその散歩ですが、はじめは公園をわずか2週しただけで、倒れそうなほど疲れましたが、今では午前と午後に5週ずつ、1時間は歩けるようになりました。
それがそのまま1日のノルマにもなりましたね。

それから、もう一つ気になっていたのが、入院中から声が出なくなっていたこと。
いくら喋ろうとしても、風邪をひいたときみたいに声がガサガサになってしまう。

ちょっと喋りすぎたり、大きな声を出そうとしても咳こんでしまい、思い通りの声で話せない。
もちろん、歌なんか歌えない・・・。

これは、お腹を切って力が入らないからと言うこともありますが、手術の時に喉に管をつけていたからなのです。
手術中、意識のない状態のときに、息が出来なくならないように、鼻から喉にかけて管を入れるんですね。

で、この管が喉を傷つけてしまう。
これは、時間が経てば治る人もいれば、手術しないと治らない人もいるみたいで、これにも悩まされました。
「オレはずっと唄えないのか?」って、これはヴォーカリストにとっては死活問題ですよ!!

で、手術してからかなり、これらの症状が続いたのですが、状況が変わったのが先週の木曜くらいに職場の友達がお見舞いに来てくれたあたりから・・・。
久しぶりに、人と話すこと自体もかなり身体によかったんだけど、その友達が真剣に話しをしてくれたのが励みになったのですね。

そして、土曜日!!
この日はブルース・リー関係でお世話になっている方2人が、遠方から駆けつけてくれ、大好きなブルース・リーの話を大好きな人たちと話しているだけで、身体の免疫力が劇的にあがったのか物凄く体調がよくなったのです!!

やはり、気の力と言うのもはどんなクスリよりも強いのか、本当に、あれだけ出なかった声もこの日から元に戻って来たし、散歩もそれまでヨタヨタした老人歩きだったのが、シャキッと散歩ではなくウォーキングになった!!

これはスゴイ効果です。
本当に感謝感激ですが、食欲もかなり出てきたので、回復が更に早くなってきました。

このタイミングで、いよいよ抗がん剤治療も始まりました。
抗がん剤はかなり強い薬なので、副作用も激しいと言われますが、病院によるとオレに処方された抗がん剤は吐き気、食欲不振、脱毛、静脈炎、皮膚潰傷、白血球減少による敗血症、肺水腫、低酸素血症などさまざまな副作用の可能性があるようです。
特に、食欲不振、色素沈着が酷いらしいですが、これを続ければ癌細胞を完全に殺せると考えれば仕方ありません。

やはり、癌は一番初めにかかった時より、再発したときの方がかなり怖いらしいので、これから5年間はいかに再発しないか?を考えながら生活しなければなりません。

癌の怖いところは、悪いところを全部、摘出したから完全に治ったとは言えないところですね。
確かに目に見える部分は切り取ったとは言え、顕微鏡で見ないとわからないような癌が身体中に散らばっているらしいのです。

初期の場合は摘出で完全に治る場合もあるそうですが、オレのように進行した場合の癌だと、血液を通っていろんな場所に行っている可能性があるといいます。

しかし、オレはせっかくまた貰った命なんだから、これからは大切にしていこうと考えています。
抗がん剤治療はもちろんですが、体力が戻ったら、食事療法を徹底させ、あとはいかにストレスのない生活を送るか?ですね。

残念ながら、今の職場では全く向かないポジションの仕事についているので、ストレスの方は完全に回避できそうにないですが、(実際に癌を治す為に不向きな仕事を完全に辞めてしまう人が圧倒的に多いそうです)なるべく精神面にも負担をかけないような生活を心がけるようにしていきたいです。

まあ、今までは気合でなんでもこなしていたオレですが、気合で精神は超えられても、身体が壊れてしまったらどうしようもない・・・。

いや、先のことは考えず、もうしばらく療養して頑張るしかないですね!!


walk on!!



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。