BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々にドラゴン危機一発!





久々に「ドラゴン危機一発」を先日、見た。

いや、ホントは毎日、ブルース・リーの映画は繰り返し見ていたいんだけど、いろいろと他のこともやらなくちゃいけないので・・・あと、ぶっちゃけ久々に見た方が新鮮でいいのね(笑)

で、まあ、マニアのみなさんからしたら、たいした発見でもないんだけど、オレ的にはちょっとした発見が・・・。

いや、「ドラゴン危機一発」って、とにかくタイのパクチョンってとこで撮ってるせいか、主要キャスト以外はホント、人が少ない映画だと思うんですよ。
エキストラも含めて・・・

まあ、低予算ってこともあるんだけど。

印象的なのは、やっぱオープニングでブルース・リー演じるチェン青年と叔父さんが、ジェームス・テイエン演じる従兄弟のシューに初めて出会うシーンね。
あの、チンピラをシューが下手くそなクンフーで叩きのめすシーンね。

ホント、犬が走ってたり、もう、スゴイ田舎な感じ・・・

こんなとこでノラ・ミヤオがカキ氷の店開いてたって、商売にならんだろう!?くらいに人がいない・・・


ところが、いろんな海外雑誌観ると、「ドラゴン危機一発」を撮影してるまわりには物凄くたくさんの人だかりがいるわけ・・・ブルース・リーとロー・ウェイが椅子に座って談笑している写真とかさ、それを囲むように現地の子供やら人だかりがわんさかいるのが写っている・・・

しかし、映画見ると、ホントに人がいないんだ。

で、今回、何気なく、久々にこの「ドラゴン危機一発」を見てみたら、そのエキストラでもなんでもない、ただの野次馬がバッチリ本編に映り込んでおりました!!

そのシーンは、テイエンがチンピラを叩きのめすシーンの終盤、(テイエンが廃車のバスに蹴りを食らわすあたり)ちょうど、ブルース・リーと叔父さんがテイエンに向かって歩いてくるシーンのバックにスゴイ人ごみが!!!

しかも、カットが変わるごとに増えてる(笑)


それと、今の今まで気がつかなかったんだけど、この廃車バスの向い側で店開いてた女の人もいたのね(笑)

ノラ・ミヤオだけかと思ってたら、他にもこのチンピラVSテイエンの争いの被害にあった人がいたのでした!!


こういうの、なんか、ちょっと得した気になれますね(笑)


まあ、あとはやっぱ2番めの写真のノコギリ断頭は気になりますが、それよか、ブルース・リーが亡くなって棺に入ったとき、この「ドラゴン危機一発」のクンフー服が着せられていたっていうのが気になるところ・・・


ボス邸に行く前に風呂敷に包んで血染めの3ボタンダボシャツと一緒に川に棄てていなかったのか?


う~ん、21世紀に入っても、まだまだ話題は尽きませんねブルース・リーは!!!



コメント

あの野次馬を見る度に夢が膨らむんですよ!
誰かサイン貰ってないのかな?とか写真を撮っていた野次馬はいなかったのか?とか・・・
電波少年のようにボードに「撮影の目撃者はいませんか?」と書いて一軒一軒回りましたが、なかなか厳しい状況でした。
しかし、ブルース・リーとロー・ウェイの後ろに写っているのは私のお姉さん!と言う人と出会ったり、誰だか分かんなかったけどカッコ良かったよ!俺もあんな強い男になりたくて警察官になったんだよ!と言う人に会ったりすると無性に嬉しくて、またパクチョンに行きたくなってしまいます。
今でも何にもない町なので当時は本当にお祭り騒ぎだった様ですよ。
サインか未公開写真見付かんないかな~(^^;)
[2014/10/09 17:32] URL | 哲人28号 #1wIl0x2Y [ 編集 ]

危機一発
ご無沙汰しておりま〜す。危機一発は好きな作品ですよ。Blu-rayになってから細かいところまで見えますね。新発見がまだたくさんあって楽しみです。
[2014/10/09 18:20] URL | 李小龍特派員 #- [ 編集 ]


哲人28号さん
お~っ!!貴重情報、ありがとうございます!!
まだ無名だったとは言え、映画撮影だけで盛り上がっていたのですね!!
いやあ、でもいそうですよね?あんなに野次馬いたんですから(笑)
オレもいつか、あの3ボタンシャツ着て、哲人28号さんとパクチョン行きたいです~
[2014/10/09 22:44] URL | ベイビー佐々木 #HfMzn2gY [ 編集 ]


李小龍特派員さん
実はオレも「ドラゴン危機一発」は以外に「燃えよドラゴン」や他の作品以上に好きな作品でもありますよ~
なんか、あの雰囲気がいいんですよね。
当時の香港でバカ売れしたのはブルース・リーの技の力だけではないと思います。
そうそう、今はブルーレイで、しかもテレビもそれなりに大きなので見れるので、改めて見ると意外な発見があったりします。
その分、アラ探しも多くなってしまいますがね(笑)
[2014/10/09 22:50] URL | ベイビー佐々木 #HfMzn2gY [ 編集 ]


パクチョンから1時間ほどのところに住んでいますが、近すぎるので「いつでも行けるからいいか」とあまり行くことがありません。

たまにツーリングがてらバイクでパクチョンの近くまで朝マックに行くくらい。

いつか哲人28号さんにもお願いされたのでそろそろ流暢なタイ語を駆使して捜索しないといけませんね(笑)。
[2014/10/13 00:45] URL | 毛沢@東 #- [ 編集 ]


毛沢@東さん

はじめまして!!
お返事遅くなりすみません!!
なんですと!!パクチョンから1時間!?
それは、もう「危機一発」ガイドでお金が稼げてしまうくらいの素晴らしさですね~
哲人28号さんと一緒に行きますので是非よろしくお願いいたします~
[2014/10/16 21:33] URL | ベイビー佐々木 #HfMzn2gY [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。