BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
DEEP PURPLE/LIVE IN GRAZ 1975



忘れもしない高校の入学祝いに買ってもらったのが、当時大流行したウォークマンと、DEEP PURPLEのLP「Made in Europe」だ。

この「Made in Europe」はリッチー・ブラックモアが脱退を発表した後のラストツアーからの楽曲をまとめたものだったが、なんと言っても、当時来日しなかった第3期のDEEP PURPLEのライヴが納められていたのでかなり重宝がられた。

プレイヤーによってはあの名盤「LIVE IN JAPAN]より、こちら!なんて人もいるくらい内容的にも素晴らしい。

オレも死ぬほど、このアルバムを聴いたもんだったけど、アルバムなのにも関わらず、たった5曲しか入っていない。
まあ、DEEP PURPLEに限らず、ZEPとか当時のバンドはやたらとインプロヴィゼーションが長かったから、1曲1曲が長いんだね。

同じ第3期のライヴ盤でも、「LIVE IN LONDON」とか、ビデオだけど、「カリフォルニアジャム」なんかはまだ結成間もない頃だったので、まだレパートリーも新曲が「BURN」からのものが多くて、セットリストもあまり豊富じゃなかった。

ところが、この「Made in Europe」はまさに油が乗り切っているというか、「カリフォルニアジャム」での「ミストゥリーテッド」なんかはアルバムに沿ってのソロなだけど、「Made in Europe」ではリッチーが素晴らしく印象的なソロを弾いている。

「BURN]もどうで、途中、リッチーがファンキーなカッティングを入れたりと、素晴らしい。


で、この「Made in Europe」の時のツアーの他の日の編集アルバム「DEEP PURPLEIII THE FINAL CONCERTS」と「LIVE IN PARIS 1975 」ってのもかなり後年リリースされたが、「ジプシー」や「スモーク・オン・ザ・ウォーター」「スペーストラッキン」「ハイウェイスター」なども収録されて、同じ曲でも全然違うソロだったりして感動もんだった。



で、今回の「GRAZ 1975」はその残りの音源で作られたアルバムなんだけど、これがまたスゴイ!!

今回の「ミストゥリーテッド」のリッチーのソロもまた全然違う!!
これ、トリ肌もん!!

あと「スモーク・オン・ザ・ウォーター」ではリッチーはスライドでソロ弾いたり、グレン・ヒューズは違う唄い方で2番を唄う!!
御なじみグレンのソロコーナーも感動もののスゴさ!!

まあ、リッチーの場合はその時々によって、かなり適当な時や気まぐれの場合もあるんだけど、それでも第4期のようなムラはない。
それに、4期ではかなりラフになってしまったカヴァーデイルやグレンが、リッチーが睨みを利かせているせいか、かなりキッチリとした緊張感のあるプレイをしているのも特徴だ。


ソウル嫌いなリッチーの前で、堂々としたグレンの「ジョージア・オン・マイ・マインド」だけでも一聴の価値アリ!!

てか、なんで、毎回こんな違う演奏が出来るんだろうか?

それだけ、演奏スキルが物凄い・・・引き出しが多いんだろうけど、今のCD通りにしか弾けない、歌えないミュージシャンとは全く違う世界である。

それか、アドリヴと適当に弾くのを勘違いしているミュージシャンとも違う!!


それにしても、よくこんな演奏が残っていたもんだ!!
いや、出し惜しみしてくれてありがとう(笑)

昔、トンネルの中で演奏しているかのような、酷い音質のブートを高額で買って聴いていたが、(1枚4000円とかしたよね)まさか「ジプシー」がこんな高音質で聴けるなんて・・・

2014年に1975年のアルバムがタイムスリップして、出てきたみたいですね(笑)

第3期PURPLEファンは是非!!

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する