BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
ドラゴンが足りない~!



まず、今日の写真を見よ!!

「復讐のドラゴン」のプレスシートだ!!
こないだの高円寺のライヴの日に見つけたのね。

それほど高くなかったから即GETしたんだけどね。

この「復讐のドラゴン」、以前にこのブログで内容は紹介したから詳しくは書かないけど、まあ、ぶっちゃけそれほど面白い映画ではなかった・・・。

我らが倉田先生がいかにも主役のようにデカデカとポスターに写っているけど、主役は当時、香港の若手スターだったリー・フォアマンで、このリー・フォアマンがちょっと今ひとつ魅力に欠けていたと言うか・・・

倉田先生は悪役なんだけど、ちょっと相手のリー・フォアマンが実力不足なせいか、倉田先生まで本領発揮していない感じがするし。

それでも、このプレスシートからもわかるように、このハッタリともいえる’70年代ドラゴン映画の迫力ですよ!!
このザラザラとした質感は今の映画からは考えられない・・・。

しかし、この映画、ちゃんと日本公開もされ、テレビでも放送された(!)って言うのに、未だに日本ではソフト化されていないんだ。
これは本当に残念というか・・・

ジミー・ウォングなんかは、一部に熱狂的なカルトマニアがいるから、それなりに代表作がソフト化されているが、このリー・フォアマンとか、チャーリー・チャンとかね・・・

あのブルース・リャンですら「帰って来たドラゴン」しかソフト化されておらず、未だに傑作と呼ばれる「必殺ドラゴン鉄の爪」や「ドラゴン世界を征く」などもソフト化されていない・・・


まあ、ブルース・リーにしたって、30年以上もかかって、やっと待望の日本初公開版がソフト化されたばかりだから、他のスターなんて難しいのだろう・・・

それにしても、ジム・ケリーが亡くなったと言うのに、「黒帯ドラゴン」が日本でソフト化されないのは何というていたらくぶりだろう・・・(何故かZ級映画「ブラックサムライ」はソフト化されたというのに・・・トホホ)

そして、肝心のブルース・リーはかなりマニアックな書籍が続々発売され、真実がいろいろと究明されてはいるものの、逆に洋書の方は、貴重ながら高値で、ちょっと気合いれないと買えないのが現実だ・・・。

やっぱ本はせめて、2~3000円が限度ですよ!!
昔はシネアルバムデラックスが最高値だったんだから~(笑)

てな訳で、本当に今、ドラゴンが足りない!!
確かに、ハリウッドではキアヌが「ファイティングタイガーとかカンフーモノ撮ったり、インドネシアの「レイド2」やらトニー・ジャーの「トムヤンクン2」も楽しみではあるけど、70年代日本公開ドラゴンレーベルを作っておくれよメーカーさんっ(笑)

まあ、その前に!!


おい、ジャッキーの息子っ!!
脱法ハーブ・・・じゃなくて、大麻なんか決めてる暇あったら、カンフー映画でも作れバカ!!

親父がアクション引退したと思ったら、シレっと「ポリスストーリー」の新作撮ってんだからっ!!!(笑)



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する