BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
続けるってこと
最近、ショックなことが起きたんだ。

大好きなBLINDMANってバンドから、ボーカルの高谷さんが脱退してしまったのだ!!

BLINDMANと言えば、日本屈指の王道ハードロックバンド。
メタルではなく、あくまでもブリティッシュの血を引き継いだ正統派だ。

高谷さんの声はこのBLINDMANの音楽性に見事にフィットした・・・と、言うよりこういう音楽性の歌はそう、誰しもが歌えるものではない。
それだけ、難しいし、持って生まれたものもあると思う。

何しろ、あの高い声を出すだけでも、普通の人にはまず無理だろう・・・
それを、正確なピッチは当たり前、下手な外人真っ青な素晴らしくソウルフルな歌唱で歌い上げる!!

天才とは高谷さんみたいな人を言うのだと思う。
まさにBLINDMANの歌を歌う為に生まれてきた男というか、BLINDMANの声だった・・・

その高谷さんの声と、ゲイリー・ムーアとジョン・サイクスを更にエモーショナルにした中山さんのギターが合体すると、本当にケミストリーとも言うべき科学反応が起こるのだ。

オレにはBLINDMANの声は高谷さんだと思っていたし、そんなBLINDMANが大好きだった。



しかし、やっぱり同じバンドをやり続ける者としては、仕方のないこと・・・とも思ってしまうんですよ。

ファンや端から見れば、うまくいってそうに見えたり、楽しそうに見えるかもしれないけど、所詮、人間のやっていること・・・。
それに長いことやっいれば、いや、長くやっていなくとも、自然と変化が現れる・・・

特にバンドって言うものは、人間性、音楽性に加え、生活、プライベート、怪我、家の都合・・・時には死・・・など、いろいろな条件を満たさなければ続けていけない。

いくら、音楽性が合っても、性格が合わなかったり、そのどちらもあっても、経済力がなかったり、あるいは彼女やかみさんがバンドに反対・・・とかでも続けられなくなるんだ。


あとさ、トシの問題もあるよね。
得に30前とかさ、「そろそろオレも将来考えなくちゃダメだなあ」とか考えてるアマチュアバンドマンだって、たくさんいるはずさ・・。

BLINDMANの場合はやりたいことが変化していった・・・とかが関係していたのかもしれない。
まあ、他人が見てもわからない事情がたくさんあると思うんですよ。

それと・・・


オレの大好きなバンドにミート・ザ・ホープスって素晴らしいバンドがいるんだけど、やはり最近噂で聞いた話しだと、メンバーがかなり脱退したとか・・・

これも大ショックで・・・

またオレがイベント組むときは真っ先に呼ぼうと思っていた人たちだから・・・

まあ、いろいろとオレらが知らないだけであるのかも知れない・・・・


それに、やはりバンド名こそ出さないけど、うまくいってないバンドから悩み相談を受けた。

あ~、でもオレに出来るようなアドバイスなんて、ぶっちゃけないんんだよね。

やっぱりさ、好きって言う度合いだと思うんですよ。
あと、別に誰にも頼まれたわけでもないでしょ?

自分が始めたことだから・・・
ぶっちゃけ、いつでも辞めれるんですよ。

今だったら、矢沢の永ちゃんの時代じゃないし、選択肢もいっぱいあるじゃない?

このバンド辞めたら、また違うメンバーと違うバンドでってのも、あるし、一人で打ち込みでだって音楽は出来る。

ルックスに自信あったら、モデルとかアイドルに転進するのもありだと思う。

いや、音楽じゃなくたって、途中から芸人目指したり、役者目指したり、もう一度勉強して大学入ったり・・・

それか、真面目に就職して、好きな人と結婚して、音楽は趣味の一環にしたりとか・・・



ただまあ、いろんな選択肢があるからこそ、ブレやすい時代になったのも確かだけど。


オレは!?


オレ自身はやっぱり、どんな形であれ、続けたもん勝ちだと胸張って言えるかな。
どんなにかっこ悪くとも、始めたころと多少、形は変わっても、続けてればやっぱ、それなりにいことあるっしょ!!!


こないだ一緒にやったVIOLETSとかThe MIDNIGHTSとかね、VIOLETSはギター・ボーカルのパッチさんが、ギョガンレンズを解散してから、すぐに元THE HAVENOT'Sのよだっちさんを誘って出来たバンド。

はじめ、ステファンさんって言うベースとトリオでやっていて、いろいろやって今の素晴らしい形になって、もう最高で・・・

The MIDNIGHTSは逆に不動のメンバーだけど、やっぱりいろいろなことがあったけど、未だにカッコいいR&Rを奏でている!!


パッと出てきて、鮮やかにデビューして、シレっと解散しちゃうバンドが多いんですよ。


オレはそんなバンドより、「常にそこにいて音を鳴らしてくれる」バンドが好き。
やっぱさ、カッコいいもん。


BLINDMANもミート・ザ・ホープスも、更に前進して欲しいです。

結局・・・



続けるって大変だけど、その先にあるものは・・・・?!


誰も見たことがない風景が待っている。


続けていれば・・・



勝てますよ!!!(笑)




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する