BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
レッド・ツェッペリンII/デラックスエディション



巷で噂のレッド・ツェッペリンの最新リマスターシリーズ!!

ただのリマスターではなく、ジミー・ペイジ本人が手がける壮大なプロジェクトと聞けば、絶対にZEPフリークとしては聴いてみたいところ・・・。

何しろ、わざわざジミーが記者会見まで開いて自ら説明をするという手のこりよう。
しかも、日本のほとんどの音楽雑誌の表紙がレッド・ツェッペリンになってしまうと言う尋常じゃない状態!

今回は初期3作品、つま「レッド・ツェッペリン」「レッド・ツェッペリンII」「レッド・ツェッペリンIII」がその対象となる。

オレの場合、音さえ聴ければいいリスナーなので、お金をケチって輸入盤を注文!!
まあ、どうせ、雑誌でも散々語り尽くされているような内容のライナーノーツなんて要らないと思っていたし・・・

ところがこの判断が、アルバム自体がなかなか聴けないという状態を生み出してしまっていた!!

とっくに日本盤は近くのツタヤなんかに置いてあると言うのに、待てど暮らせど、注文したCDが来ないのだ!!


で、やっと届いたと思ったら、いっぺんにではなく、「レッド・ツェッペリンII」のみ!
しかし、1枚1枚大事に聴いていけるって点では逆によかったかもしれない。

早速、本編の方を!!

あのパーシーの「あはっ」みたいな咳払いみたいな声から、今まで馴染んできたものと似て非なる音に愕然!!
「胸いっぱいの愛を」!!
もう、最高にハードで、ドラッギーでたまんないナンバーなんだけど、先ほどの「あはっ」から、ジミーの音が太い太い!!
で、ベースの音なんか、指のタッチまでが生々しく聴こえるし、ボンゾのドラムはダイナズムを増していた!!

オレなんか中学2年の時から死ぬほど聴いてきた音源なのに、驚くように新鮮な音に生まれ変わっていた。
流石、ジミー・ペイジ!!

本当に仕事が丁寧である!!!!
これが最後までテンション切らさず、いくんだから素晴らしい!!

で、ボーナスディスクの方なんだけど、これはほとんどアウトテイク。
「胸いっぱいの愛」はなんと歌詞が違う!!

しかも、中間のサイケパートにまだあのギターをパンしたマリファナ効果が入っていない!!


「強き2人の愛」「サンキュー」「リビング・ラヴィング・メイド」はカラオケ状態なんだけど、これも新鮮!!
おお~!ボンゾはこんなことやっていたんだ・・・とか、ジミーのアコギの繊細な音とか、ジョン・ポールジョーンズのうねりまくるベースがカッコいい!!

「ランブル・オン」はこれまた、ジミーのアコギがかなりの効果!!

「モビーディック」はボンゾのドラムソロで有名な曲だけど、このテイクはそのドラムソロを丸々カット。あの有名なリフだけが強調された感じ。

完全未発表曲の「Lala」はジョーンジーのハモンドをフューチャーした’60年代テイストたっぷりのポップなナンバーで、まるでヴァニラ・ファッジとか1期ディープパープルみたい。
しかし、意外にも、ジミーが中々のソロを弾いているのがミソ!!
ヴォーカルが入っていないけど、ヴォーカルが入ったら一体どんな曲になったのだろうか?の興味深いナンバーで、かなりのお得感が・・・


しかし、本当にスゴイのが、ボーナスディスクにしても、音質、内容共に一切手抜きをしていないジミーのプロデュース力が本当に素晴らしい!!

ただ、かなりのマニアックな内容なので、初心者には不向き。
少なくとも10年以上はこのアルバムを聴いているマニアにこそ超オススメ!!

早く、1stとIIIが来ないかな~!!



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する