BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
ZEPHYR 1stアルバムボックス



最近、トミー・ボーリンの発掘音源がリリースラッシュで、かのジミヘンに負けないくらいのレコーディング数をこなしていたように思われる。

ホント、生前のアルバム数より、死後の発掘音源アルバムの方が数では勝っているし、時に正規音源に勝るとも劣らないクオリティーのものも存在する!!

つい、こないだも「GLEN HOLLY]ってスゴイ未発表デモ集めたアルバムがリリースされたばかり・・・

そして、突然、何の予告もなく突如、何とトミーのデビューバンドであるあのZEPHYRの1stアルバムが、未発表ライヴ音源も加えたなんと3枚組ボックスセットとして新装リリースされた。

で、気になるのがライヴの方だけど、以前TBAから出たライヴ同様、’73年の再結成からのもの。
以前のが5月のライヴだから、次の月に行われたライヴだ!

もう一枚も’69~’73までのライヴをコンパイルしたZEPHYRの歴史がわかるような内容・・・。

どちらも音は悪いけど、なんと晩年のドラッグでヘロヘロなトミーではなく、まだまだ野心に燃えていた絶好調なトミーのギタープレイがたっぷりと聴くことができる。

一聴して、トミーとわかるようなあの手癖をはじめ、’73年にはあのエコープレックスでトリッキーなシュルシュル音が聴けるだけでも感動もん!!

それにしても、このZEPHYR!!
今でこそ、トミーのデビューバンドとしか注目されないけど、バンドとしてもかなり確立されたサウンドを持っていて、トミー云々抜きにしても、素晴らしいグループだと思う。

基本的には、ブルースロックなんだけど、そのインプロヴィゼーションの自由さはもちろん、カントリーフレイヴァーを味付けし、時にジャズロックみたいな複雑な曲展開まで難なくやってしまうというメンバーのスキルの高さも評価できる。

特に、ジャニス・ジャプリンを更にヒステリックにしたようなシンガー、キャンディー・ギヴンスの熱い歌唱が本当にスゴイ!!

ジャニスも、バックにこのくらいスゴイギタリストがいたら・・・みたいな想像をすることもできるし、とにかく語るべきことが多すぎる。

実際に当時のZEPHYRは地元デンバーで、あのレッド・ツェッペリンのオープニングアクトを努めた歳、ジミー・ペイジがトミーのギターを絶賛したと言う話も残っている!!

次の2ndアルバムはメジャーなワーナーブラザーズでの契約を取り付け、ジミヘンのエレクトリック・レディー・ランド・スタジオでレコーディングまで行われているし、これまたスゴイのがプロデューサーはあのエディ・クレイマーだったりする。

だから、一般的認知度こそ低いものの、ZEPHYRは伝説のバンドとして語り継がれるべきバンドなのだ!!


今回の1sアルバムtリイシューは本当に嬉しいし、2ndアルバムもいつかはちゃんとしたリマスターを施した上で、未発表音源も追加して再発して欲しいです!!


いよいよ、来月はレッド・ツェッペリン初期3枚のリイシュー発売ですね!!!

ジミー・ペイジプロデュースだけに期待できそう!!!




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する