BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
カリフォルニア・ブリード



グレン・ヒューズとジェイソン・ボーナムが若いギタリストと一緒に新たなバンドを始動させたのは、熱心なグレンマニアだったら、ちょっと前から知っていたと思う・・・。

スーパーグループだったブラック・カントリー・コミュニオンが解散するのは、最初から予感していた。

ソロでも十分な人気があったブルース・ギタリストのジョー・ボナマッサと元ディープパープルのグレン、そしてレッドツェッペリンの天才ドラマー、ジョン・ボーナムの息子で’07のレッドツエッペリンの再結成にも堂々メンバーとして参加したジェイソン、それにドリームシアターのデレクからなる現代のスーパーグループだったブラック・カントリー・コミュニオン。

ジョーとグレンが組むだけでも、かなりゴージャスだし、無理もあったんだけど、やはり、ソロで忙しいジョーが脱退すると、そのままブラック・カントリー・コミュニオンも解散してしまった・・・。


しかし、活動期間こそ短いものの、その間3枚ものアルバムを出してくれたのは奇跡に近い。
残念ながら、日本では3枚ともアルバムリリースはされなかった。

てか、ホント、こんなスゴイグループのアルバムださないで、くっだらない流行ロックばっか出し続ける日本のレコード会社はバカで間抜けでアホである!!


しかし、その反省からか、罪滅ぼしか、新しくグレンが始めたこの、カリフォルニア・ブリードなるグループ!!
なんと、いきなりファーストアルバムがリリースの運びとなった!!

グレンとジェイソンが再び合体!!
前から、グレンとジェイソンが組むんだろうと言う予想はついていたけど、ジョー・ボナマッサが凄かっただけに、それ相当のギタリストを入れないと、誰も納得しないだろうと思っていた。


それこそ、オレ的に、今のグレンとジェイソンの音楽性に合うのはリッチー・コッツェンとかジョン・サイクスみたいなスーパーギタリストだと考えていた。

残念ながら、リッチーはビリー・シーンやマーク・ポートノイとワイナリードッグスを始めたばかりだったし、ジョンの方も、そのワイナリーの初期メンバーだったのだが、現代のレコーディング環境には不向きな感じで、グレンらとの合体は難しいと思われた。


じゃ、パット・トラヴァース!!

このあたりもベターだと思っていたけど、ジョーやジェイソンの若手と組むあたり、やはりグレンはフレッシュで若い、今のアーティストと組みたかったのだろう。


なんと、ジョン・レノンの息子のジュリアン・レノンから紹介されたと言う23歳(!!)の若手ギタリスト、アンドリュー・ワットを選んだ。


ただし、ぶっちゃけ、オレ個人的な意見を言わせてもらうと、ちょっとグレンやジェイソンと組むには小物すぎるんじゃないだろうか?と・・・。


しかし、かのオジー・オズボーンがガス・Gと言う若手ギタリストを起用して作られたアルバム「スクリーム」は、ここ最近のオジーのアルバムの中でも、傑作中の傑作だったと思うから期待もできるはずだ。


そして、いざ、カリフォルニア・ブリード!!

こここ、これはスゴイ!!

ブラック・カントリー・コミュニオンが持っていたブルースロック、クラシックロックテイストはそのままに、更に新らしい次元に突入していた!!

もうね、グレンの血管ぶちぎれんばかりの超絶ヴォーカルは過去最高!!
それに、もう親父の魂が乗り移ったかのジェイソンのドラムもまた物凄い迫力!!

いや、ブラック・カントリー・コミュニオンなんか軽く吹っ飛ばすパワーがみなぎっているのだ!!

で、新しいギタリスト、アンドリュー!!

これが、もう、素晴らしいセンス!!
素晴らしいギター!!
これはたまらん!!

この雰囲気、新しさはジョー・ボナマッサでは出せなかった。

大正解だったと思う。


とにかく、ツェッペリンやパープルのソウルに、自然と漂う、グランジ以降のオルタナ風味が新しい!!


ぶっちゃけ、これは新時代のトラピーズと言い切ってしまおう!!



いや、まさに王道!!
これぞ、ロックの王道!!


こういうのをオレはロックだなと思うんだよ。


ロックファンには是非、聴いて欲しい!!


カッコいいぞ!!







コメント

偶然、伊藤政則氏のテレビ番組で観たんですが、メチャクチャカッコイイですよね。ロックンロールで。敢えてオールドロックじゃない今のロックンロールをやるグレンがカッコイイですね☆
[2014/05/02 12:21] URL | ヨッシー13 #v6O6VgHs [ 編集 ]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2014/05/02 21:43] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する