BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
俺たちの勲章



最近のドラマがいまいちつまんなくて、昨日から久しぶりに「俺たちの勲章」を観てる。

これ、’75年の作品だから、かなり昔の作品だし、今観たら、それほどでもないだろう?と思っていたが大間違い!!

めっさ面白い!!


主演は松田優作と中村雅俊がダブル主演という、今では考えられない2大スター俳優共演!!


物語はマジメで理論派な中村雅俊演ずるアラシこと五十嵐刑事(常にファッションはスーツ姿)と、松田優作演じる、ワイルドで破天荒な中野刑事(ファッションは刑事にあるまじき、革ジャンに革のベルボトム)と言う、真逆な2人がコンビを組み、事件を解決していく・・・

まさに、現代でいう「ラッシュアワー」みたいなでこぼこコンビ刑事モノの先駆け的作品だが、とにかくこの2人の上司にも理解されないハチャめちゃな捜査と時に泣ける展開が本当に素晴らしい!!

てか、現代のドラマって、やっぱり女性をメインに作っているせいか、どこか甘いショートケーキみたいな話が多いけど、この頃’70年代のドラマはとにかく男が男らしかった!!

まさに野郎中心で成り立っている、野郎が見るドラマだったと思う。

しかし、どこか切なくて、ちょっぴりほろ苦い・・・


だからこそ、子供の頃に見たにも関わらず、鮮明に記憶に残っているのだろう・・・

それと、今のVTR撮影ではなく、当時は映画と同じく、フイルムを使って撮影していたので、そのザラザラした質感も重みを感じる!!


そう、’70年代はドラマも映画だったんだよね。


とにかく、その後の遊戯シリーズのプロトタイプと言える、荒削りな松田優作が最高にカッコいいし、青春といえばこの人!な中村雅俊の爽やかな笑顔が忘れられない!!


脇も濃度高しで、お堅い上司に北村和夫、なにかと強力してくれる柳生博 や、若き日の坂口良子もとってもキュート!!


そして、’70年代の個性派といえばこの人!の佐藤蛾次郎が松田優作の子分的な役で強烈な演技をしている!!


それにしても、’70年代は男ドラマが熱かったよね。



この、「男たちの勲章」にしろ「太陽にほえろ!」にしろ「傷だらけの天使」「探偵物語」「俺たちは天使だ」・・・



そろそろ、ドラマは野郎の手に返してやっていいんでないかい?(笑)

「俺たちの勲章」のどこまでも泥臭い映像を観ながら、そう思ったよ!!




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する