BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
親離れ、子離れ
オレは比較的、親離れが早かったんだと思う・・・

高校出てから、すぐに家出同然で東京に旅立って、一人で生きてく決心をしたから。

東京にはバンドで成功したいって思って、それから8年くらいいたんだけど・・・。


結果的に、よかったと思う。
世の中が知れたし、福島のちっぽけな町しか知らないオレがほんの少しモノを知ったから。

まあ、やっぱ経験は人を強くするというかね・・・



親はずっとオレの活動には反対だった。
未だにそうだし、その点に関しては、亡くなるまで父親は理解してくれなかった。

でも、それでもよかったと言えるのは、ホントに最後の最後にはちゃんと対等に楽しく酒が呑めたこと。


初めて親が子離れした瞬間であったと同時に、やっとオレを大人としては認めてくれたんだ。


今、毎日のように、それまで疎遠だった母と楽しい時間を過ごしている。
しかし、子供の頃の親と子供の関係ではなく、新しい親と子供の絆が生まれたというか・・・。

やっとこの歳でわかったことは・・・

人間、他の誰かに認めて欲しいっていうのはあるとは思うけど・・・

親には別に自分のことを認めさせることはないってことかな。


ただ、ここまでくるのは本当に時間がかかるよ。

オレ、東京で土方やってる頃、何度も死にっぱぐるような仕事とかしていたんだ。

でも、同じ地方から出てきた友達とかとさ、話すわけ。
みんな地元に置いてきた親や兄弟が心配じゃん?

もちろん、逆に心配もかけたくない。


しかし、どんなに離れようとも、親のことを思う「気持ち」さえあれば絶対に繋がっていられるんじゃないんだろうか?と・・・。


だから、本当の意味で、親離れ、子離れなんてのは実はないんじゃないのか?と思う。

もちろん、親のスネかじるのとは言葉の意味が違う!!



どんなにがんばっても親だけは超えられない。
そう思う。

しかし、親と同等、それ以上に頑張らなければその答えは出ない。




だから、オレは幸せだと思う。



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する