BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベック・ボガート&アピス/ライヴ・イン・ジャパン40周年記念盤



「燃えよドラゴン」もですが、あのジェフ・ベック、ティム・ボガート、カーマイン・アピスによるハードロックトリオのライヴ・イン・ジャパンの40周年記念盤が出るらしい。

しっかし、最近多いよねこういうの・・・。
ニルヴァーナ/イン・ユーテロ20周年とかさ。

で、内容はリマスターに未発表音源加えたような安直な企画がほとんどなんだけど、今回のも解説見ただけだと、あまり期待持てそうにないなあ・・・。

ただでさえ、ディ-プ・パープルの「ライヴ・イン・ジャパン」とツェツペリンの「永遠の詩」なんかより、聴く頻度が低かった本作!!

ジェフ・ベックに許可得ずに勝手に出したとかの話もあるけど、なんと言ってもたった8トラックで録られたその音の悪さ、バランスの悪さに要因があると思う。


確かにテクニシャンの三人だけに、ばりばりとスタジオ盤以上に暴れまくるインプロ大会と化しているライヴ盤なんだけど、いかんせん、音がスカスカなんだよね。

しかも、本人たちが認めているようにボーカルが弱い!!
いや、ティムもアピスも上手いボーカリストではあるんだけど、ギランとかプラントみたいな迫力、カリスマ性がないのだ。
ジェフに限っては問題外だし(笑)

あと、このグループ、本来ならもっと早く結成されてたんだけど、ジェフが交通事故起こして結成はおじゃんに・・・

仕方なくティムとアピスはカクタスを組むが、このままカクタスでやっていった方がよかった気がするし、ジェフはジェフでコージーやら、ボブ・テンチらと新しいベックグループを作った。

この第2期ベックグループもモダンなファンクテイスト溢れるカッコいいグループだったので、何故に今更、ティムとアピスとやる必要性があるのか?と思ってしまう。

まあ、ジャック・ブルースも真っ青のティムのリードベースは魅力だし、ジョン・ボーナムさえ憧れたアピスのドラムも神がかりだったゆえ、組みたかった気持ちはよくわかるが・・・

果たして、ボーカルが第一期のロッド・スチュアートだったらどうだったか?(ロッドは要請を断っている)
やはりツェッペリンのような成功は収められなかったろう。

だって、まともに曲書けるメンバーがいなかったから、他人のペンかカバーに頼らざる終えなかったし、同じくジミー・ペイジのようなプロデュース力もなかったから・・・


それでも、やはりこの時期のジェフが魅力的なのは、このグループが最後のロックバンドだったからだと思う。

今やストラトの魔術師なジェフだけど、この頃はレスポールでぶっといガサツな音を出してがりがり弾き倒しているから・・・

とは言え、やはりジェフよりティム&アピスのリズムコンビがすんげえよね!!


今回の記念盤、パンフやら解説やら余計な付録はどうでもいいとして、音がリマスターされた他、曲順がライヴ当日まんまに差し替えられただけと言う企画らしい・・・

それだけで4200円は高いと感じるんだけど、多分買ってしまうんだろうなあ・・・(笑)


せめて、一部映像ありのDVDをつけるとか、未発表音源とか入れて欲しかった気がするが、やっぱ音は気になるわ!!



てか、こんなん出すなら、幻の2ndアルバムを正式リリースするとか、アピスが持ってるとかいう幻のライヴ音源出して欲しかったです!!


まあ、買ったらまた紹介しますぜ!!


「燃えよドラゴン」写真集買ったから、しばらく無理ですが・・・(笑)



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。