BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
感動!感涙の「あまちゃん」最終回
初め「あまちゃん」が始まった頃、「なんで北三陸」が舞台なんだろ?と思っていた。

そんなことよりも、あのクドカン監督がNHKの朝ドラを手がける・・・って事だけでかなりの話題だったし、民間ならともかく、NHKでどこまでクドカン流が描けるか?ってのが焦点だったと思う。

ところが、始まってみたら、朝ドラとしての役目もしっかりしている他、クドカンはいつも以上にクドカンだった(笑)

しかし、話が進むにつれ、このドラマの伝えたい本当の意味を知り、感動に震えた!!


そう、これは復興のドラマだったんだ!!
だから、北三陸でなければならなかった。
東北でなければならなかった!!

本当にこのドラマは復興という大きなテーマであったのにも関わらず、それを無理に押し付けることなく、さり気なく爽やかに描き切っていた。

実際に被災した人ほど、このドラマに感銘を受けた人はいないだろう。


もちろん、復興だけではない。

登場人物がみんな魅力的で、確かに主人公は天野あきちゃんなんだけど、ある時は夏ばっぱにブルース・リーを感じる事も出来るし、ハルコママのひたむきな生き方・・・そしてそれを演じるのが’80年代のアイドルスターだった小泉今日子!!

そのハルコママのだんなさんはこれまた’80年代作品の常連、尾美としのりがやさいいあきパパを・・・

ダイキチさんの一生懸命さ、ストーブさんのマジメさや、ミズグチマネージャーの人間的なあったかさ、あま倶楽部の明るい面々・・・

最近のAKBに始まるアイドルブームまでをもコネタにはさみ、フトマキプロデューサーはやすす、そのまんまだったり、やはり’80年代、アイドルとして一世を風靡したあの薬師丸ひろ子が等身大とも言える大女優、鈴鹿ひろ美を演じる・・・。

なまってる方のあきちゃんに対し、あきちゃんの親友のかわいい方のユイちゃん!!

もう、たまんない!!
このメンバーと別れたくないっ!!

この出演者だけで、軽くスピンオフ作品が作れてしまうというか・・・。

そう、ちょい役を含め、このドラマ、出演者全員がある意味主役と言えるのだ!!
群像劇って捕らえ方もあるけど、こんな爆発的な朝ドラもないだろう・・。


「あまちゃん」が終わったことで、なんか心にぽっかり穴が空いてしまった人もいるだろう。

しかし、その穴を埋めるのは自分自身なのだ。




最終回のラスト・・・


普段は毎日、テーマ曲に乗せて一人で海を横にダッシュするあきちゃんなんだけど・・・

今日の最終回あきちゃんの横には親友のユイちゃんもいる!!!






2人の先に見えるのは明るい未来しかないんだと!!

そう感じさせる最高のシーンで「あまちゃん」は幕を閉じた・・・。



ありがとうと言いたいね!!!


ありがとう、あまちゃん!!!!

じぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇ~っ!!



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する