BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
実録ブルース・リーのビデオ!





一体何枚同じビデオをオレたちは買い続けるのだろうか???

いや、イーストウッドにしろ、ジェームス・ディーン、007とかさ、自分のお気に入りスターのビデオって、思い入れがある人はレンタルでダビングしてまで何回も見るし、お金に余裕がある人は買うと思うんだよね。

時代によって、メディアが8ミリビデオから(流石にこれはごくまれ・・・)、ベータ、VHSからレーザーディスク・・・DVDになり、今やBlueーReyの時代と移り変わる中、それでも同じ作品はマニアでも3枚買えばよい方だと思う。

しかし、ブルース・リーマニアだけは別!!
多分、「燃えよドラゴン」だけでも10枚ちかく・・・あるいはそれ以上に同じビデオを買っているだろう・・・。

いや、多分なりたくてマニアになった訳じゃないって人もかなりいるかも知れない。

ブルース・リーの場合、問題点はやっぱり、リアルタイムで映画館で観たブルース・リーの映画と同じものが観れなかったという事によると思う。

これが、例えばイーストウッドの「ダーティーハリー」シリーズとかスタローンの「ロッキー」とかだと、映画館で観たヴァージョンが初めてビデオになった段階で、ほぼ同じものが観れたと思う。

だから、1枚買えば問題ないし、その後、メディアが移り変わる中、1枚づつ買い替えでもVHS~DVD~Blue-Reyと多くても3枚くらいで済む。

まあ、画質がリマスターされてよくなったり、吹き替え版とか特典が豊富になってのリニューアルはあっても、基本的な本編はそのまんまだ。

ところが、ブルース・リーの場合はいくら買い換えても初めて映画館で観たヴァージョンにたどり着く事ができなかった・・・。



そして、「もしかして、あれは海外版?」の疑問を持ち、海外版にも手を出すんだけど、今度は初めてのヴァージョンとも既製のレンタル屋に置いてあるヴァージョンともまた違うヴァージョンに遭遇したりして、それはそれで貴重で、新たな知識となり、初めてのヴァージョンを探していく過程でいわゆるマニアとなっていくのだった・・・。

やっと、最近「死亡の塔」を含むブルース・リー作品が日本初公開版と吹き替え版、いろんな特典も付いた形でBlue-Rey化され、この初めてブルース・リー探しは一旦、終止符を打たれると思われ・・・・ないっ!!

「怒りの鉄拳」「死亡遊戯」の2本がオリジナルフイルムが発券~収録されたので、やはり他の作品もオリジナルフイルムが観たいと思うのがマニアの心情。

それに加えてマニアが最低限度求めるのは「死亡の塔」の韓国ヴァージョンの発売、「燃えよドラゴン」の初公開ヴァージョン、「G.O.D」「ウォリアーズ・ジャーニー」や「グリーンホーネット」のBlue-Rey化!!

そして、やっぱりアーナ・カプリフイルムの高画質版Blue-Rey化発売だよね!!



まあ、そんな本家ブルース・リーの夢と同じく、一部マニアを喜ばしているジャンルがブルース・リーマニア界には存在する!!

そう、そっくりさんブルース・リーなる作品だ!!


最近、アダルトDVDでも、アイドルなどのそっくりさんを起用した「激似」DVDなるものが流行している。
たいていこういう激似DVDは、ジャケに100枚に1度のホンモノそっくり激似奇跡写真を使って購買者の興味を誘い、本編見たら似ても似つかない女優さんが出てくるという悪質なものがほとんど・・・。

中にはジャケットにホンモノのアイドルのトリミング加工した写真を使う、更に詐欺まがいの作品もあったりする・・。

しかし、こういった詐欺まがい作品が40年近く前に何と(!)われらがブルース・リー作品でもあったのだ!!


まあ、それはそれで別の意味のマニアを生み、それなりの需要があるようだから、アダルトの世界よりは世の中のためになってる気がする・・・。

ま、オレもそんなインチキ作品のマニアなんだけど(笑)

そして、そんなそっくりさんブルース・リーの作品も続々、無駄に(笑)DVD化されている!!


そんな中で特にオレを喜ばせた作品が、日本公開もされた「新・死亡遊戯/七人のカンフー」の海外盤及び、日本盤のDVDリリースだった。

海外盤はオレが初めて観た「キング・オブ・カンフー」の主題歌入りヴァージョンと同じものだったんだけど、当然、日本盤はそのヴァーージョンに日本語字幕が付いただけのもだろうと思われていた・・・。

しかし!!

日本盤は一部、見たことがないシーンまで入ってるし、テーマ曲やBGMも、のどかなイージー・リスニング調の全く違うヴァージョンだった!!

つまり、そっくりさん映画でもホンモノと同じ現象が起こっていたんだね。



それに、最近メーカーを代え、再発された「実録ブルース・リー」も嬉しい建価格での販売!

ただ、残念ながらジャケが代わっただけで、ヴァージョンも同じだし、新たなる特典はついていないようだ。


まあ、最初のメーカーでの時点でベティ・ティンペイのぼかしが無くなっていて、得した(?)気がしたんだけど、肝心のティンペイのヌード、別人だし~(笑)

そんなん、出し惜しみするもんなのか?
ティンペイさん、身体に自信なかったのか?

てか、代役の人も、それほどいい身体とも言えない気がするんですが・・・(笑)


そういえばノラ・ミヤオがヌードになる映画・・・(タイトル忘れた)も、ヌードは代役でしたね(笑)


あ、そうだ!!
今回リリースされた「死亡の塔」の一番気に入らなかったところは、やっぱり、あのボビー・ローを誘惑するパツキン姉ちゃん、ミランダなんちゃらさんのぼかし!!

あれ、はっきり憶えているけど、日本初公開版は、なんか、まるで後ろからライト当てたみたいな「ぴか~ん」ってあそこが白っぽく光り輝いていた加工だったんだよ!!

あれ、再現して欲しかったなあ~


あ、本編の映像は権利の関係でいじれないんだった!!


これは、やはり当時のフイルム探すしかないでしょう、メーカーさん頑張れ!!

いやいや、そんな訳でまだまだブルース・リーのビデオ探求の旅は続くのだ!!!

頑張ろう!マニアのみなさん!




たとえ金欠になろうとも・・・




コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/09/28 02:22] | # [ 編集 ]

万年金欠病
自分もベイビーさんと同じ海外物と先に発売された『実録』ソフトを所有しております。
最近発売された再発物をコレクションしようか財布と相談中です。
しかし、ベティさんは、リー先生と「Baby Let's Play House」したんですかね?
まぁ~、ローマロケは、ノラさんとデートするためだったという話も聞きますし、先日発売された「現代思想」では倉田さんが『ノラは胸がビッグだ』との発言を載せていますし。
『英雄色を好む』といったところでしょうか。
ベイビーさんが『ETD』ソフトを10枚以上持っているとあったんで、自分はどれくらいあるのか、数えてみたら、8ミリ等々18枚ありました。
これからも、発売される度に、小遣いを何とか工面しつつ、女房に内緒でコレクションは増え続けていくことでしょう(ToT)
[2013/09/28 12:41] URL | T-MPD #- [ 編集 ]


T-MPD さん。

やはり、「燃えよドラゴン」だけで18枚ですか~っ!!

それにある意味、レコードも映画の音声がそのまま入ってる訳ですから、絵のないビデオとして、計算に入れることも出来ます!
そうなるとT-MPD さんの「ETD]は更に増えることになりますね!


T-MPD さんのレコードコレクションはすごいですから!!!

あと、パラパラ写真集とかも入るかな?(笑)

「実録ブルース・リーの死」とか、パチモンだとしても、’70年代やった映画ですし、ジャケットがカッコよかったりすると、つい買ってしまいますよね!!

ティンペイさんは生前、ブルース・リーにとっくに振られていて、自殺未遂事件まで起こしたとかいうお話しもありますよね~
やはり、本命はノラさんだったのでしょうか??
真実はおいといて、ちょっと前にティンペイさんとノラさんが仲良く2ショットで表紙飾った雑誌もありました!!

私も再発モノ、ホント全部欲しいんですが、いかんせんお金が~(汗)

でも、そうやって後回しにしていると絶版になって高値で取引されたりして大変です。
アンジェラ・マオ作品なんて、いつか全部揃えようと思ってたら、すごく高いですね。

「五毒拳」とかあのへんのも欲しいんですが・・・

無理しない程度に頑張りましょう(笑)

[2013/09/28 21:31] URL | ベイビー佐々木 #HfMzn2gY [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する