BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
ブルース・リィの「大金塊」「刑事物語」




君はブルーギリーを知っているか?

子供マンガ「ONEPIECE」に登場するブルース・リーをそのままパクッたキャラクターだが、このブルーギリーの使う格闘技もなかなか笑わせてくれる。

脚功道格闘家だってさ。

ジャオクンドー・・・ってねえ?

これ、ブルース・リーのジークンドーをそのままパクってるんだけど、まあ、パクりって言うより、それだけブルース・リーが日常で常識的なものだって事が理解ります。

まあ、ブルース・リーを知らなければ、このブルーギリーのエピソードそのものが本当に作者の意図に反して、ただの薄っぺらいものにしか感じられないだろうけど、それくらい常識的なもんなのよブルース・リーは!!


そして、今日の本題!!


ブルーギリーも笑えるけど、ブルース・リーが亡くなった’70年代・・・
ブルース・リーを真似たそっくりさん映画という文化があった!!

その代表格がブルース・リィ!!
まさに’70年代のブルーギリーと言ったところ(笑)

「欧米人には東洋人の顔なんて区別つかないだろっ!!」と、あたかも本物のブルース・リーの映画のように海外向けに香港の悪徳三流映画会社が売りつけたB級映画群である。


流石にここ日本では同じ東洋人として、「いくらなんでも似てないだろ!!」と、こういったソックリさん映画(似てないけど)は2本しか公開されていない。
そして、そんなブルース・リィの貴重な(!?)日本未公開作品が何故か今頃、2本ひっそりとDVD化していた・・・

まあ、オレみたなマニアにとっては、本当に嬉しい限りなんだけど、買ってもよいけど、そこそこ値段もするし、レンタル屋にもこういうマニアックなのってあまり置いてるとこがない。

そういうわけで、オレも、観よう観ようと思いつつ、中々観れなかったのだが、ようやく観ることが出来た!!

それが・・・


「ブルース・リィの大金塊」と「ブルース・リィの刑事物語」である。

「刑事物語」の方はかなり昔、アメリカに行ったときに「IMAGE OF BRUCE LEE」なるタイトルで字幕なしのは観てはいた。

今回、初めて字幕つきで、意味もわかるので大変嬉しかった。(まあ、単純な話なんで、字幕なしでもなんとなくはストーリー理解出来たんだけど・・・)

まず「刑事物語」の方だけど、ざっくりとあらすじは、偽札作る「カリオストロの城」ライクなマフィアと、ブルース・リィ率いる特殊警察の戦い・・・と言ったところ。

キャスティングも中々豪華で、敵のラスボス役に「ドラゴン危機一発」のハン・インチェ。
敵対するマフィア組織にも「燃えよドラゴン」のヤン・スェなど、クンフー映画ファンにはにんやりしてしまう配役がいかす!!

飛び降り自殺しようとしたオッサンを助けられなかったリ演じる特殊警察が(助けに行くときのリィの衣装が赤いラインのトラックスーツで、助けようとしたオッサンの手が義手で身体が落ちちゃうというとほほオープニングでつかみOK・・・!?)名誉挽回とばかりにおかっぱ頭になったEXILEのAKIRAみたいな相棒と共に、しっちゃかめっちゃかな捜査開始!!

リィはヤン・スェが侵入した空手道場に捜査令状もないのに一人(!)で乗り込んで大暴れしたり、終始大暴走(笑)

そこに、何故かボスの息子の愛人(!?)のエロい姉ちゃんがやたらと男たちをたぶらかす、たぶらかす・・・!

しまいには胸ポロリのストーリーになんら影響ないサービスカット見せたりの別の意味での大活躍(笑)

しかし、あまりの暴走ゆえ、いよいよリィとAKIRAは敵に捕まり、ガスで殺されそうになる・・・

それを助けたのが、何故か?そのエロ姉ちゃんで、なんとこの姉ちゃん、日本から来たという潜入捜査官だったのだ!!(何で日本から!?)

あとはボスのハンインチェと息子(「ドラゴン/ブルース・リーストーリー」に出てた兄ちゃん)と三人の戦い!!

ハンインチェとリィの戦いでは、どっかの廃墟でコンクリートの柱を倒しながらの命がけアクション!!


最後は「電撃ストーナー」みたいにハッピーエンドなんだけど、映画的にそこそこ観れるかな。




「大金塊」の方は子供の頃に見ていたら、かなりトラウマになる内容に絶句すること確実な内容・・・!


クンフー道場生のブルース・リィはある日仲間と船で漁をしていた。

偶然、重いモノを引き上げたリィほか仲間、ミニバス運転手(「帰って来たドラゴン」のマン・ホイじゃない方のノッポの方)とリィの彼女のお兄さんはそれが高額な金塊と知り、大はしゃぎ!

が、現実的にこれはヤバイものなんじゃないか?と直感したリィはそれを海に戻すべきだと主張・・・

しかし、欲に狂ったバス運転手が金塊を捨てたと見せかけ、密かに金塊を独り占めし、自分の女に貢いだりの贅沢三昧・・・

しかし、それは金塊マフィアが難民船を使って密輸したヤバイものだった・・・。

さっそく、仲間の一人が殺され、リィの彼女は顔を焼かれリィの彼女のお兄さんも殺される・・・

いよいよ、2人だけになったリィとバス運転手だが、バス運転手も殺され、暗殺者とリィの戦いになり、リィが勝利するものの、その主役のリィでさえもラストはピストルで射殺される・・・!!!!!


この衝撃的すぎるラストに愕然となる事間違いなしだが、「刑事物語」もそうだけど、ここでのブルース・リィのアクションは彼にとってもかなりのベストバウト!!

アングルや編集をもっとうまくやれば、更によくなっていたはずだけど、ブルース・リィ、かなり身体が動くばかりか、かなりカッコいいです!!(ルックスもブルース・リーというよりか最近の韓流スターみたい)

まあ、殺陣師がよければ・・・って感じですが。

この「刑事物語」「大金塊」に加え、これまた傑作のあのダニー・イノサントも出演する「カウンターアタック」と共に、この頃の作品はブルース・リーのそっくりさんというイメージから脱却し、名前もブルース・リィから本名のホー・チョンドーに改名してきた時期・・・

今でこそ、再評価して欲しい作品群でもありますが、それにしてもこのDVD,めっちゃ画質悪い・・・

てか、ただ海外版に字幕つけただけのブートなみのお粗末さ・・・

画面にはフイルムのキズが爆竹のように飛びまくり、中国語の字幕もそのまま表示される・・・
おまけに画面もワイドスクリーンじゃないし、手抜きまくりの商品なんだけど、まあ、見れるだけでもありがたいと思わなくちゃダメか?

まあ、そんなこんなでこのレーベル、倉田先生のシリーズもあるんで是非、観よう!!


ブルース・リィ!!



ブルーギリーと共にこの微妙なネーミングセンスが最高です!!!(笑)


暇な人は是非!!!!






コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する