BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あまちゃん」に見る蘇る3.11



今月で放送終了ということもあり、いよいよ佳境の朝ドラ「あまちゃん」。

クドカンのベースがしっかりした脚本、絶妙な演出とマニアックなこだわりやお遊びに加え、主人公、天野あきちゃんを演じる能年玲奈ちゃんのフレッシュすぎる魅力と、的を得過ぎている個性濃いめな共演者も手伝って、お化け番組化している異例の朝ドラだが、ようやくここに来てこのドラマが持つ本当の意味が理解出来るようになってきた・・・。

いよいよ今日はあの3・11のシーン。

お年寄りや、実際に被災した人にも考慮し、かなりソフトな表現にとどまっているものの、物凄いリアルにあの3・11を描いていた!!

いや、間違いなくオレは感じた。

実際に体験した人は間違いなく「そうそう!」「あったあった!!」と納得し、トラウマが再燃しそうになったと思う・・・。

そんなオレですら、やるせない気持ちになったし、まだこれを題材にするのには早すぎるんじゃないだろうか?とも思ったほどだ。


しかし、このドラマの伝えたい事は、あの日があった事で、いろんな人たちの運命や人生が変わっていってしまったって事なんじゃないだろうか・・・?

だからこそ、このドラマは1話めから主人公のあきちゃんをはじめ、まわりの人たちの明るい何気ない毎日を笑いながら丁寧にじっくり描いてきた事で、よりリアルにあの日のことを感じられるのだ。

あきちゃんもこのまま行けばアイドルとしての夢を叶えて順調に人生を歩んで行っただろうに・・・。

ママの春子さんも親友のゆいちゃんも、やっと落ち着いてこれからって時にあの日を迎えてしまう・・・。


これからドラマがどういう展開になっていくのかわからないが、見たくない人もいるに違いない。

しかし、ここから、まさにリアルタイムであきちゃんと視聴者が同じ道を「今」歩いていくのだ。


今日、あまちゃんを見た後、「ああ、あの日はこうだったね」とか「あの後、寒くて雪が降ってきてさ」とかたくさんみんなと語ったな・・・。

地震直後はこの先、とんでもないことに事態が変化するなんてわからなかったのも、「あまちゃん」観て思い出したよ。


オレは仕事中に震災し、その時は世の中がどんな風になってるなんて知るよしもなかった。
電話もメールも繋がらず、家族の安否もわからないまま帰宅すると、40年も頑丈に立っていた家の石垣は全て崩れていた・・・

家の中に入ろうとしても、ドアは開かず部屋はめちゃくちゃ・・・
次の日からガソリンはなくなり、瞬く間にスーパーやコンビ二からモノが消えた。

そこに止めを刺すかのように、原発が爆発!!

家にいれば余震が何秒かに一回来るし、その度にあの嫌~な緊急の警報が「ちゃらんちゃらん~♪」って鳴るんだよ。


あんな思いは二度としたくない。
怖いとかじゃないんだ。

感じたのは「絶望」だ。


福島はダメになるんじゃないだろうか?
オレは今までバンドなんかやって「夢だ!」「カッコいいぜ!」とかやってたけど、みんな嘘っぱちに思えた。

もう、夢とか言わない。
生きてることに感謝したい。

2年経って、オレはバンドもサーフィンもまたやれるようになったけど、明らかに震災前とはそのやる姿勢に変化が現れたよ。

欲なんて持たない。
やれてるだけで奇跡だからさ!!

生きてるだけで奇跡なんだから!!





明日からの「あまちゃん」・・・

みんな目をそむけてはならないし、忘れてはいけない!!



そして、希望のラストを見たい!!



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。