BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
BLINDMAN/EVERGREEN



はっきり言っちまうが、BLINDMANは宇宙一カッコいいバンドである!!!

前作「BLAZINGCRISIS」、オレは未だに聴いているくらいの神アルバムで・・・。
本当に素晴らしいアルバムだった。

そんな「BLAZINGCRISIS」の余韻も冷めやらないいちにまたまたニューアルバム!!

アルバムリリースのインターバルが短いこともバンドの充実を表していると思うんだけど、今回のニューアルバム「EVERGREEN」は全曲セルフカバーアルバムだという・・・。

オレはBLINDMANのオリジナルアルバムは全てがベストアルバムと常々思っているんですよ。
だから、別にベスト盤をリリースする必要なし!!

なのに何故・・・?

いや、オレですらBLINDMANのアルバムで持っていないアルバムがあるんです。
中古CD屋を探したり、ヤフオクを見たりしたりとしているんだけど、それでも見つからないアルバムがあったりしてね。

こんなオレですが、BLINDMANさんとは二度もご一緒にライヴをさせていただく機会があって・・・

しかも、ボーカルの高谷アニイには自分たち、BLUEIIIのアルバムのライナーノーツまで書いていただいたりしたから、何とかお願いしてCD-Rでよいから譲っていただけないかなあ?とも考えたこともあった。

しかし、オレも昔の人なんで(笑)、やっぱり自分でお金を出してアルバムを買って聴き込みたい派!!


いつか全部のアルバムを揃えたいと思っていた矢先ですよ!!

このニューアルバムはベスト盤のとは似て非なるモノ!!
その気になれば究極のベストアルバムを作る事が出来るバンドなのに、彼らはセルフカバーという手段でシーンに撃って出た!!

これは相当な自信がないと出来ないことですよ。
やっぱりオリジナルを超えるのは難しい・・・。


しかし、オリジナルのリズム隊、ルイスさんとタツヤさんにキーボードでヒロキさんを迎え入れた最強の布陣で最高すぎるセルフカバーアルバムを届けてくれた!!

一聴して感じたのは、やっぱりその楽曲のクオリティーのハンパまさ・・・

知らない曲もけっこうあったけど、ますますオレにオリジナル盤を探す気を起こしてくれた!!

それにしてもリズム隊がこれでもかってくらいタイトで気持ちいい!!
もう、ドラムとベースが阿吽のように呼吸している!!
たまに洒落で歴代の名ドラマー、名ベーシストのフレーズもさらりと入れてくれたりして、これは’70年代~’80年代のハードロックを聴いてきた人にはたまらないはず・・・。

キーボードは堅実なプレイで華を添えるんだけど、’80年代的きらきらした音色も飛び出すが、基本的にオルガンの音!!

これは上がります(笑)


高谷アニイのソウルフルでパワフルな歌は日本人では絶対に・・・いや、今、高谷さんのような声量で歌えるシンガーは世界探してもいないです(断言!)

ブルージーでソウルフルでハードロックで言うところのデヴィッド・カヴァーデイル!!
しかし、カヴァーデイルより全然パワーがあり、声質のせいもあり、オレはグラハム・ボネットをも感じさせるんですよ!!
その位、誰も歌えないような超人的歌声は本当に聴く人を驚愕させる!!!

こういうのが歌と言うんだよ!!

あんな風に歌えたら気持ちいいだろうなあ・・・
まさに世界を獲った!って歌が高谷アニイの歌ですよ!!


そして中村さんのギター!!!
多分、オレ、日本人で一番好きかもしれない。

リッチーもシェンカーもゲイリー・ムーアも、もちろんジョン・サイクスも全部聴かなくてよいです!(笑)

中村さんのギターさえ聴けば・・・。

しかも、中村さん、ハーモニックマイナースケールとかもガッツリ入れてくるとこがヤバイし、それをただテクニカルに聴かせるんじゃなくて、確実にソウルを入れてくるんですね!!

とにかくギターがボーカルに負けないくらい歌っているのよ!!

ここが凡百のメタルギタリストとの違い!!

しかも、中村さん特有のあのビヴラートはもちろんの事、速弾きやるにもとにかくワイルド!!
音がぶっといんだ!!



で、ここからはオレの個人的なただの感想になりますが・・・

とにかく今、30代後半、40代の人でハードロック・・・いや、洋楽ファンは絶対聴いて欲しいです!!



そんなオレも中学時代に初めて洋楽・・・MSGやらレインボーやらホワイトスネイクを聴いて音楽の世界に入って行ったクチ・・・。

オレは今、BLUEIIIってバンドやってるけど、元々はゲイリー・ムーアやMSGのコピーバンドから始まって、そういった王道ブリテッシュハードロックバンドを目指していた。

今だってそう(笑)。
オレの場合はパンクとかキャロルとかも好きだったから、残念ながら王道の道からは逸れちゃったけど、オレが初めに夢見たサウンドを全部、BLINDMANはやっている!!!

しかも、長い活動期間の間にヘンに流行に流されることなく、浮気することもせず、全くブレずにこの音にこだわり続けている・・・。

これ、スゴイことですよ!!!


前に中村さんとお話させていただいた時に、中村さんはオレにこう言っていた。

「誰かが残していかなきゃいけないんだよ」




痺れた!!
次々と移り変わる音楽業界でこんなことを言える人はいない。

オレもそう思う!!!

本物は本物なんだ!!

いつの時代にも。

不変的なものがある!!!



最近の新しいメタル、及びハードロック・・・最近のホワイトスネイクやMSGとかインギーとかのアルバムに納得いってなかった人!!


絶対にBLINDMANを聴くがいい!!



絶対、「あの頃」に戻れると同時に、今もハードロックは不変なんだと!!!!!!!!!





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する