BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
夏のドラゴン大会①「いれずみドラゴン /嵐の血斗 」





さて夏ですね~!!

てな訳で久々にドラゴン大会!!

今日はジミー・ウォング主演の「いれずみドラゴン 嵐の血斗 」!!

これ日本公開されているにも関わらず’70~’80年代にはほとんど情報がなく、唯一あったのが日野康一先生の本くらいだった。

しかも、日野先生もこの作品を観ていないばかりか東映のやくざ映画の添え物的に公開されたくらいの酷い情報・・・。

てっきり台湾産だかの粗悪な安物かと信じ切っていたが、これちゃんとゴールデンハーベスト作品!!

で、ロー・ウェイが監督しているんではないかい!!

しかも出演陣もかなり豪華で、サミユル・ホイはじめ「ドラゴン危機一発」でお馴染みリー・クンにラスボスにははり「危機一発」はもちろんのことブルース・リー映画の名バイプレイヤーのジェームス・ティエンが花を添える!!

そして音楽までなんとジョセフ・クーですよ!!
ブルース・リーの夢をリー前のスターだったジミー・ウォングでもう一度!という気合が感じられます!!

しかも、舞台も「ドラゴン危機一発」と同じタイと、まさに先祖がえりを賭けたような作品だった。

そういえば音楽がジョセフ・クーなんだけど、このテーマ曲はどう聴いても「実録ブルース・リーの死」と同じなんだけど、このへんは何かあるのか?(実録ブルース・リーの死は日本でサントラレコードまで出た)

内容は西部劇の「シェーン」と任侠映画を足したようなもの。

流れ者で武道(ケンカ!?)の達人であるジミーがある村で盗賊に怪我を負わされ、そこで知り合った家畜業を営む青年、サミユルや恋人のシルビア・チヤン、友達のリー・クンらに助けられ、親交が深まる。

しかし、この村を乗っ取ろうとするボスのジェームス・ティエンが村に賭博場を設立・・・
リー・クンが大負けし、リー・クンの妻は自殺、復讐に立ち上がったサミユルまで殺され、ジミー、いれずみドラゴンの怒り爆発!!


最後はラスボスのティエンが火達磨になりながら絶命!!

ジミーはあてもなくまた旅に経つ・・・という「ドラゴンへの道」的な男泣きストーリー!!

見所はたくさんあって、相変わらずジミーさんのクンフーはほとんどケンカ殺法でしっちゃかめっちゃかで荒削りもいいとこだが、今回のキャラ設定はめちゃ粋でカッコいい!!

サミユルのムエタイの試合も貴重だし、テイエンの最後の火達磨のアクションはスタントマンを使わず、本人がやってるとこが凄すぎ!!

「ドラゴン危機一発」観た人は、この映画の風景が懐かしく思えること間違いなし!!
どこかで観たような・・・観ないような風景がたくさん出てきます。


それと、この映画全編に漂う牧歌的な温かい雰囲気が本当に素敵です!!

’70年代のクンフーモノにしてはかなりの出来とオレは思いました。

機会があれば観て欲しい良作ですね!!




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する