BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジミ・ヘンドリックス/ファースト・デイズ・オブ・ザ・ニュー・ライジングサン



これ発売当時は買わなかった。

何故なら「クライ・オブ・ラブ」に思い入れがあるからだ。

と、言うのもこの「ファースト・デイズ・オブ・ザ・ニュー・ライジングサン」は死後かなり経ってからのジミの未発表音源。

で、「クライ・オブ・ラブ」は死後、割と早い段階で出た。
だから、オレなんかは生前のジミのオリジナルアルバムと地続きで聴いていて、それなりに愛着があったからだ。
「クライ・オブ・ラブ」以降も生前にジミが変な契約をしたせいか、どんどん訳のわからない音源が次から次へとリリースされ、いささか食傷気味だった・・・。

そんな中リリースされた今作、なんとジミのお父さんを中心に、過去のジミの音源の版権なんかを取り戻し、生前のジミの意志に出来る限り近づけるような作品を・・・って感じで始まったレーベルの第1弾アルバムとしてリリースされたのだった。

このアルバム以降も次々とちゃんとした作品がリリースされているが、やっぱり第1弾の今作が死後のものとしては最高作だろう。

「クライ・オブ・ラブ」同様「フリーダム」から始まるんだけど、本当にジミがプロデュースしたような完成度にびっくりする。

それに、ホントに各楽曲が実験的なものも含め、ジミ・ヘンドリックスとしか言いようがない。


何でも生前、それまでの録音に満足できなかったジミが自分のスタジオ「エレクトリックレディーランド」を作り、そこで暇さえあればいろんなことを実験し、録音していたらしい・・・。


だから死後から40年以上経っても未だに新しい音源がリリースされまくっているのだ!!

ただ、やっぱり昔から馴染んでいた「クライ・オブ・ラブ」も捨てがたいので、あえてはじめにこちらを聴いてからこの「ファースト・デイズ・オブ・ザ・ニュー・ライジングサン」を改めて聴いてみるのもありかもしれない。

伝説の人とかギターの神様とかで敬遠せず、もっと軽い気持ちでまず聞くことをオススメします!!




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。