BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
ジェフ・バックリィ/グレース



例えば今のアーティスト、シガー・ロスなんかを聴くとジェフ・バックリィを思い出すんだ。

30歳の若さで亡くなった不世出の天才シンガー。

彼の天使、いや神のような歌声と静から動、動から静へとアグレッシブかつ情熱的に繰り広げられる楽曲がこれでもか!と詰められた奇跡的アルバム「グレース」

それにしても本当にジェフ・バックリィの声は今聴いても本当にスゴイ。

表現力とか上手いとかで技巧とかでは語ってはいけないほど、声による力が魂を揺さぶるんだ。

思い起こせばジェフ・バックリィが出てきた’90年代ってニルヴァーナとかのシアトル、グランジが全盛でもあった訳でそんな中、この音楽性はかなり異質だったんじゃないだろうか?

まあ、こんな素晴らしいアーティストが出てきた’90年代って時代自体が本当に面白い時代だったんだけども・・・


そういえばあのジェフ・ベックもこの中のアルバムからの曲「CORPUS CHRISTI CAROL」をカバーしていたけれど、人が歌うようにギターを弾くジェフ・ベックが取り上げたかったのも理解できるというものだ。

ジェフ・バックリィファンも是非ジェフ・ベックのヴァージョンもオススメしたい。

まあ、ベックのギターが人の声みたいに歌うとしたら、バックリィの声は楽器とか人の声を通り越し、この世のものとは思えない霊的、神秘的な声って感じかなあ・・・。



今、2010年代になってジェフ・バックリィがこんなにもいろんなアーティストに影響を与えていることがまた素晴らしい。



よい音楽は時代変われど不変的なのですね!!

ジェフ・バックリィよ永遠に!!



JEFF BUCKLEY/LAST GOODBYE




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する