BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
マイルス・デイビス/オン・ザ・コーナー



ただでさえ難解なマイルスのアルバムの中でもかなりの異彩を放っているのがこの「オン・ザ・コーナー」だと思う。

このアルバムに較べたらやはり問題作だった「ビッチズ・ブリュー」の方が全然理解りやすいと思う・・・。

てか「カインド・オブ・ブルー」とか「ラウンド・アバウト・ミッドナイト」とか聴いてからいきなりこのアルバム聴いたら腰を抜かすことだろう・・・。

かえって現代のポストロックとかクラブミュージックなんかの愛好家が聴いた方が気に入るかもしれない。


そういうオレも初めて聴いた時は全然理解らなかった(笑)

一聴しただけだと、雰囲気は’70年代のブラックソウル映画のサントラみたいで「雰囲気」だけはカッコいい!?とは感じるんだけど・・・。




延々と1コードで同じフレーズを繰り返し、しかもここにはあのマイルス特有のきらびやかなトランペットの音さえ聴こえない。

自分のバンドマハヴィシュヌ・オーケストラでは超絶技巧を披露していたジョン・マクラフリンも雑ともいえるカッティングに終始し、彼らしいフレーズなんて一切出てこない!!

マイルスやジョンが得意としていたインプロヴィゼーションのインタープレイなんて全くやらないばかりか、技巧ではなく参加者全員でマイルスの音の塊を演出しているかのようだ。

しかし、このアルバム・・・

何回も何回も聴きこんでいくと、このアルバムが持つ不思議な魔力に取りつかれてしまうのだ!!

まず、何回もループされ繰り返される同じリズムとフレーズが心地よい覚醒作用をもたらし、自然とまた聴きたくなってしまう・・・。

更にこのアルバムは大きな音でお酒なんかを呑みながら聴くと更に効果的だ。


耳というより、身体全体に伝わってくるようだ。

これ、まさしく今のクラブミュージックの音に近いというか・・・


クラブで鳴ってる音楽もホント少ないコードで、メロディーなんかよりやたらとビートが強調しているでしょ?

それとクラブにいる時、大音量で聴いて踊っていると最高な気分なのに、家のラジカセで聴いてみたらあんまり面白くなかった・・・って感じることもよくある。


このアルバムもまさにそんな感じである。

マイルスの他のアルバムだと、「イン・ア・サイレント・ウェイ」なんかがあるけど、まだあちらはマイルスのきらびやかなトランペットの音もあるし、聴きやすいかも!?


あと、遺作に「DOO-BOP」ってアルバムあるんだけど、いよいよマイルスがヒップホップに近づいたアルバムなんだけど、’80年代マイルスをすっとばしてこの「オン・ザ・コーナー」に直結していると感じるのはオレだけだろうか?


とにかく、今の人にこそ興味を持ってもらいたい「オン・ザ・コーナー」

一度ハマルと出られなくなること確実です!!!



コメント

これは聴いてみたい!マイルスはカインド・オブ・ブルーとビッチズ・ブリュー、あとキャノンボール何とかって人とやってるのしか持ってないんですが、文読んでたらメチャクチャ聴きたくなりました。ジャズは全然わかってないんですけど、あの緊張感が音に出てる感じが凄くカッコイイですね。
[2013/06/08 10:11] URL | ヨッシー13 #v6O6VgHs [ 編集 ]


ヨッシー13さん

お~っ!!
カインド・オブ・ブルーにビッチズブリューにキャノンボールアダレイまで聴いているとあらば’60年代から順に聴いていってもよいのでは???

まあ、めんどくさければ「マイルス・イン・ザ・スカイ」から「イン・ア・サイレント・ウェイ」あたりを聴いてから「オン・ザ・コーナー」行くとおお~っと来ますよ!!
めっさ嬉しいです!!!

[2013/06/09 22:33] URL | ベイビー佐々木 #HfMzn2gY [ 編集 ]


こんな大事な日記を見逃していた自分が情けないです(泣)。
ここで僕がとやかく書くと、佐々木さんの文が台無しになりますので控えますが(笑)、とにかく、佐々木さんはロッカーの中で、極めて本質的にマイルスを聴ける稀有な人だと思います。それほど、今回の日記も感激しました。

僕は「ビッチズ」より、「オン・ザ~」の方が理解りやすいと思っていたのですが、最近ようやく一周して、逆であることが解りました。
また、「DOO~」と「オン・ザ~」を直結すると読む感性、あらゆる意味で正しいです。10年ぶりに「DOO~」が聴きたくなりましたね。
今回も名解説、御馳走様でした。
[2013/06/14 23:57] URL | ちゃうシンイチー #Z5GHyyj6 [ 編集 ]


ちゃうシンイチーさん

いや~、逆にちゃうシンイチーにはとやかく書いて欲しいですよ~(笑)

もう、ちゃうシンイチーさんは私なんかより全然造詣が深いですから、私なんてただの素人リスナーの感想文ですもん!!

それにしてもマイルスって1枚のアルバムだけでず~っと語れるほど深いし面白いですよね。
「オン・ザ・コーナー」なんて一回ハマるともう麻薬ですから!!
「DOO」、ぎりぎり今のクラブミュージックにマイルスが挑んだってだけで嬉しいですし、すごいよいアルバムですよ。
まるで「死亡の塔」みたいなつぎはぎ感も最高です!!
[2013/06/15 12:26] URL | ベイビー佐々木 #HfMzn2gY [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する