BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューグランドホテル/矢沢永吉



中学ん時にツッパリの友達の家に遊びに行くと、必ず矢沢永吉のポスターが貼ってあったもんだった。

坊主頭なのにクスリ屋で買ってきたMGのポマードを頭に撫で付けてタバコ咥えながら永ちゃんとかクールスとかのレコード聴いたりして、なんだか自分がカッコよくなった気がして満足していた。

そのうちやっぱり「成りあがり」で人生変えられたりして・・・


今、巷ではそんな矢沢永吉さんのオールタイムベストアルバムの話題で持ちきりだ。

永ちゃんのアルバムはほとんど持ってるオレとしてはベストアルバムはさほど興味がない。

しかし、やっぱり気になるので選曲の方を覗いてみる見ることにした。

ところが・・・!!


ないんですよ、オレが超好きな曲の名前が!!


それが「ニューグランドホテル」

てか、ありゃりゃ「ひきしお」も「長い旅」もない~


まあ、これだけ長い間活動し、たくさんのアルバムをリリースしてきたんだからたった3枚のCDには収まりきらないだろう・・・
それでも初回盤のMVつきDVDは魅力的だが・・・


その「ニューグランドホテル」
1988年にリリースされた「共犯者」というアルバムに収録されている。

オレが21歳のときに発売されたアルバムだったね。

あの頃のオレはそれまで働いていたところが倒産して最後の給料も払ってもらえず、貯金していたお金も専門学校代に消えていて一文無しになり、やっとのことで雇ってもらったセブンイレブンのバイトしてた時期だ。

だから「ニューグランドホテル」を聴くとあの頃の記憶が鮮明に蘇って懐かしい気分になるんだ。

なんでも当時の矢沢さんのインタビューではこの曲は矢沢さんが寝ているときに出来た曲らしくて、考えに考えた曲より、こういうインスピレーションでさくっと出来た曲の方が素晴らしいのが出来るんだそう・・・。

オレも本格的に自分で曲作るようになってこの矢沢さんの言葉がなんとなく理解るようになったな・・・。




その矢沢さんもお気に入りの曲らしい「ニューグランドホテル」

とにかくメロディーが本当に美しいです。
それに、哀愁があって、なんつ~か「大人の世界」だよね!!

オレはあの頃、この曲の意味がよく理解出来なかったけど、今あの頃の矢沢さんと同じくらいの年齢になり、なんとなくはわかるようになってきたかなあ・・・!?

サウンドの方も矢沢さんには各時代ごとに物凄いこだわりがあって、このアルバムはそれまでの「E’」「YOKOHAMA ハタチまえ」「東京ナイト」のデジタル三部作から次のステップに移るべく、生っぽいサウンドを狙ったアルバムだった。

ドラムも打ち込みではなく、生ドラムなのでタイトで引き締まったサウンドだ。

それにレコーディング場所もそれまでのアメリカだけでなく、イギリスでも行われたみたいでアルバム全体に漂う湿った空気感はそれが影響しているかもしれない。

「ニューグランドホテル」の初めのイントロなんてまるでゲイリー・ムーアみたいだし・・・


いつの時代にもオレたちの人生のサウンドトラックにしてくれる永ちゃんの曲は全人類にとっての宝石、宝物かもしれない。


これからもまだまだ頑張って欲しいです。



いつだって矢沢永吉はサイコーだぜ!!!!




「ニューグランドホテル」/矢沢永吉









コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。