BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
訃報。アルヴィン・リー死す!!



オレが最も影響を受けたギタリストの一人、テンイヤーズアフターのアルヴィン・リーが先日亡くなった。

アルヴィン・リーといえば’60年代から’70年代に活躍した人で、あの有名なロックフェス「ウッドストック」の名演でよく知られる。

当時としては画期的だった早弾きギターが彼のスタイルの特徴だが、今のメタルギタリストのプレイからすれば全然早くない。
いや、当時ですらディープパープルのリッチー・ブラックモアをして「あんな弾き方邪道だ!!」と語っている。

アルヴィンの早弾きの特徴は、リッチー始めゲイリー・ムーアとかジャズのアル・ディメオラなんかの常にピックを上下に繰り返すオルタネイトのフルピッキングなのに対して、ギターのフレットを叩いて引くプリング~ハンマリングの繰り返しなのでリッチーにそう言われたのだろう。

しかし、現在となってはそのアルヴィンの奏法は進化し、形を変えてレガートプレイやスィープピッキングとして誰でもやっている・・・いや、これを個性としているプレイヤーがたくさんいる。


オレの場合はそういうアルヴィンの早弾きプレイよりもむしろ、彼のフレージングの多彩さに惹かれた。

あの当時のギタリストは現在のCDの音をそのままなぞるようなプレイではなく、ライヴでの即興演奏に長けているのたのが魅力で、アルヴィンの場合も例外ではなく、そのアドリヴによる長尺演奏が素晴らしかった。
もともとの音楽性がブルースなので当たり前だが、アルヴィンの場合はジャズからの影響も大きい。

なので、即興のときに次々に高速で繰り出されるフレーズの数々が実にカッコいいのだ!!
まるでジャズもチャーリー・パーカーやマイルス・デイビスのプレイをギターでやってしまったかのような華麗さ・・・。

しかし、今のプレイヤーのように一音一音ミスすることもないような完全無欠の正確さがないのがポイント!!
アルヴィンはじめ、この頃の人はジミー・ペイジにしろジェフ・ベックにしろ結構いい加減というか、適当な感じで、必ずどこかでミスタッチとか力が入ってない押弦とかのプレイが見受けられる(笑)

しかし、この完璧じゃない武骨さにROCKを感じるのだ。

オレがアルヴィンのレコードを初めて聴いたのが20歳くらいの時で、時は’80年代・・・。
日本ではビート系と呼ばれるBOOWYみたいなバンドやジャパメタみたいなバンドで溢れかえっていて、そんなときに聴いたアルヴィンのプレイは本当に新鮮だったし、「オレがやりたいのこういう音だ!!」と思ったもんだった。


数年前からテンイヤーズアフターはアルヴィンじゃないギタリストを入れて活動していた。

「アルヴィンがいないテンイヤーズアフターなんて、テンイヤーズアフターじゃないだろ?いや、アルヴィン・リーこそがテンイヤーズアフターなんじゃないのかい??」と物凄い疑問符だったんだけど、多分再結成したくとも、この頃からアルヴィンの容態が悪かったに違いない・・・

68歳・・・

手術の合併症が原因だとされるが、本物のロックレジェンドがまた一人旅立ちました。

合掌。



テンイヤーズアフター伝説のウッドストックでの名演



コメント

待ってました!
何事にも続ける難しさはありますが、ベイビー佐々木さんのブログは沢山の人が楽しみにしていると思いますので、これからも無理のない程度に続けて下さいね。

約一年振りに観た神戸でのライブ最高でしたよ!
ネタバレになるので詳しく書けませんが、「ドラ道」のサントラから怒涛の様に続くHR&HM♪完全にノックアウトでした!
関西の女性オーディエンスの「めっちゃ!最高!」が全てを表していたと思います。

大変だと思いますが、これからもたまには関西に来て下さいね。
[2013/05/05 01:58] URL | 哲人28号 #1wIl0x2Y [ 編集 ]


哲人28号さん

こちらこそ先日は本当にありがとうございました!!

ブログやツイッターで書きたいことは山ほどあるんですが、最近ネット依存症気味で、他の好きなことがやれてないんじゃないかな?と思って一旦休んでみました。
結果、平日からいろんな経験が出来て、これはこれでありなのかなあっても思いましたよ(笑)

そうですね、無理しない程度に続けようと思います。

それにしても久しぶりの神戸は本当に熱かったですね!!
まだまだオレたちやれるんだという自信になりましたよ。

本当にありがとうございました!!
また、絶対行きます!!!

[2013/05/06 08:38] URL | ベイビー佐々木 #HfMzn2gY [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する