BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポニー版!全てはここから始まった!混迷の日々



これですよ~!!

今では許せる部分もかなりありますが・・・


やっぱり、VHSとベータが出始め、やっといつでもブルース・リーが観れる!!という環境が整いつつあるあの時代にリリースされたこのポニー版のブルース・リーのビデオ群には本当に愕然とした!!

劇場で初めてブルース・リーを見て、その足でTAMのサントラレコードを買いに行ったコア・・・いやいや、あの頃は当たり前な普通のブルース・リーファンですよ!!

現代で当たり前のように「アバター」とかジブリ作品を見に行くような・・・そんな当たり前な感覚で当時映画館でブルース・リーの映画を観た輩は未だにあのときと同じ形でのブルース・リー映画を観れていないのですよ!!!


こんなことってあるのか~っ!!

で、今日の写真ですね。
これは兼価格版ですが、まあ、ビデオからビデオにダビングする技術もなかったオレは初めのポニー版を何回レンタルで借りたことか・・・(笑)

で、やっと出たこの兼価格版で毎日、自分の家でブルース・リーを堪能できる環境が出来たってのに、「危機一発」に怪鳥音がサンプリングされてる有様だもん!!

しかもマイレメ、ジョセフ・クーどこいった!?の環境音楽みたいな迫力ない音楽がオープニング、エンディング・・・いや、劇中全てにお流れわで、ホントにがっくしきたもんだった・・・

しかも、兼価格といっても当時の値段で3689円!!

今ならDVD・・・いや、ブルーレイ買えるじゃね~かよ~!!


で、尚悲劇は続き、オレはあの日本初公開版だと思って、海外版含め、何枚同じビデオ、LD,DVDを買い捲ったことか・・・

そのおかげで「死亡遊戯」には実は何ヴァージョンもあるとか、「危機一発」のラストシーンでアングル違うのがあるとか、のこぎり断頭シーンが香港初公開版にはあったとか、無駄な知識を身につけ、いつの間にかマニアと呼ばれるようになるんだけれど、はじめったからこの日本初公開版さえリリースされていれば、こんなマニアにもならなかったし、大金も使う必要なかった!!

オレと同じ思いを胸に正規で出ないなら自分で作るぜっ!!って強者も現れ、その恩恵をオレも受けてきたわけですが、その中でもやはり今回のマイレメライヴという特大サプライズ含んだオフ会を開いてくれたAkさんの作ったヴァージョンは別格のオーラで、オレなどは初めて映画館で観たときのものより本物だ!!と感動したものだった・・・





そして2012年!!


そんなAKさん、哲人28号さん、レインボー師父のブルース・リー第一世代神3のマイレメイベントが大成功のうち終了後、ついにあのパラマウントから正規の日本初公開版のブルース・リーブルーレイがリリースされる!!


オレも心配しているが、「死亡遊戯」「ドラゴン怒りの鉄拳」にはフイルムの劣化もあるし、デジタル修復され切っているのか?の不安と、最も妖しいのが「ドラゴンへの道」のオープニング映像ね。
音はある程度再現できても、あのマイレメ流れる劇的静止画オープニングは再現してくれるのか!?

だって、映像残ってないしね(笑)


まあ、しかし、イベントの時、「ダメだったらオレがやるから!」のAkさんのお言葉が素晴らしかった!!

てか、AKさんも言っていましたが、今回のパラマウントリリースのブルーレイ!!

ブルース・リーファンなら絶対的に買うのが義務だと思う。
せっかく正規のメーカーさんがやる気を出して本気のものを出すんですよ!!

兼価格になるまで待つとか(VHSに比べても全然。兼価格だよ~っ!!!)レンタルとか、買った友達に借りてコピーとか、絶対にあってはならない!!

例え内容に文句があったとしても、物申す資格なしと言い切ってしまおう!!


これ、アーナ・カプリフイルムよりも「GOD」公開よりもオレ的には大事件だと思うから!!

とにかくブルース・リーファンは絶対に買うのが義務だ!!

ダメだったらAKさんが何とかしてくれる!!(笑)




とにかく来月のリリースを待ちましょう!!!!!!!!!!!!!!!





あ、純粋にポニー版の広東語+怪鳥音入りは本当は出来としてはいいとは思うんだけど、世界一カッコいいヴァージョンはやはり日本初公開版!!
これは疑うべきことでない事実!!!

これに最初に出会わなかった人は不幸・・・いや、幸せだったのかもしれません(笑)

知ってしまったからこその日本初公開版への探求・・・


いやあ、まさか公開から38年もかかるとは思ってなかったし(!!)







コメント
ポニー版!
日本で初めてブルース・リーのビデオを販売したのはポニーキャニオンVHSでしたね。当時は昭和61年…
わくわくしてテレビの前に座って観たら…愕然でしたよね。これは広東語版なの? 海外ならあるだろうと探したら20世紀FOXのドラゴン危機一発VHS.アメリカ版だ。これなら英語版だから日本公開と同じだと買って観たらまた違う!こんか感じで探し求めていたらビデオが溢れて来たよね。せめての救いはLDBOXに二カ国語入りが一番近い日本公開版でしたね。それから何十年して21世紀には映画上映されたが、違う、変わらず…
その頃、‘日本初公開劇場版’と言う区別化するようになったね。
[2012/10/17 10:22] URL | 李小龍特派員 #- [ 編集 ]


李小龍特派員さん

このポニービデオから我々の戦いが始まりましたね~(笑)

個人的にはワーナーで初めて出た「燃えよドラゴン」の画質超悪でしかも、画面からアクションはみ出るVHSもショックでしたが、これは’90年代には解消されました。

しっかし、まさかの38年です!!

ブルース・リー自身も’70年代は謎だらけ(既に亡くなってたし)、主題歌歌ったマイクさんも正体わからず・・・
初めて観たヴァージョンは何故か観れない・・・

と、なりたくなくとも位置の間にかマニアにならざる終えなかったところがまたブルース・リーの力でしたね(苦笑)
[2012/10/18 00:10] URL | ベイビー佐々木 #HfMzn2gY [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。