BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルース・リー 日本公開版ブルーレイが盛り上がらない~




最近、お世話になっているツヨシさんのサイトなんか見ると偽のブルース・リーのサインの話題や新しく出るフィギアの話題でもちきりですが・・・

ちょっとあの偽のブルース・リーのサイン及び遺品は酷すぎるというか、びっくりですね~
だって、あのサイン、誰が書いたか知らないけど全然似てないし~っ!!

しかも、あんな安値でGETできる訳ないです~!!

てか、オレだってお金があったら欲しいけど、安易に遺品には飛びついちゃいかんですね!!
いや~、怖い恐い・・・

あと、フィギア!!
今回のエンターベイの作品もスゴイですね~
欲しい~っ!!

でも、まあオレみたいなしがないバンドマンは値段に限らず、気に入ったもの1品あればいいかな~!?
・・・しかし、そういいつつまた新しくてよりそっくりで精巧なのが出たら欲しくなっちゃうんでしょうね(笑)


しかし、オレ的にはサインよりフィギアより絶対的に欲しい・・・てか見たいものがあります!!

そう・・・日本初公開版のブルース・リー映画ですね!!!


で・・・・


多分、アーナ・カプリフイルム、「G.O.D/死亡的遊戯」と同じくらいの大事件なはずなのに、今ひとつ11月にいよいよ発売のブルース・リー初公開日本版ブルーレイの話題がいまひとつ盛り上がっていない・・・。

amzonのコメント欄見ても、なんだか今ひとつ的外れのコメントばっかでがっかりだなあ・・・。
中には「マイクレメディオス最高!!」なんて方もいらっしゃるのだが、「吹き替え収録が楽しみ」とか「画質は大丈夫なのか?」といったまるで、他の普通のハリウッド映画と同じような扱いなのだ・・・。

確かにオレも吹き替え版は素直に嬉しいし、昔ベータやVHSでテレビから録画したやつを死ぬほど見ていたからありがたいことこの上ない。
しかし、初めて映画館でブルース・リー映画を観た者にとってはこの吹き替え版さえも邪道だったね放送当時は・・・

「危機一発」のBGMが違う、最後にマイレメの「TO BE A MAN」が流れないなど、初めてテレビで放送したときは超がっかりだったよ。
藤岡弘さんが吹き替えだから、ブルース・リーが本郷猛に見えてくるし(笑)

「ドラゴンへの道」もタイトルバックの「うっ!!」っていうインストテーマがなくていきなりマイレメだったり、そのタイトルバックがいきなりブルース・リーことタン・ロンがレストランの従業員にクンフーを披露するぞ!!って時に流れたりと、めちゃくちゃだった・・・。
しかも柴俊夫さんの吹き替えだから、いつタンロンがシルバー仮面に変身するんだ!?って思ったし(うそ)

今ではこのテレビ版からずっと後になってようやく出た最低最悪なポニー版のVHSの呪いのせいで、テレビ吹き替え版さえも神ヴァージョンになりましたが、それとてやはり映画館で初めて観た初公開日本版の衝撃にはとても叶いません!!


オレ的には画質云々ではなく、やっぱり「死亡遊戯」と「怒りの鉄拳」のみ、当時のフイルムがそのまま(!!!!!!)収録されること!!
やっぱ気になるのが「死亡遊戯」のチ・ハンサイ戦のセリフかなあ?
あと、怪鳥音が本人の「怒りの鉄拳」「への道」「燃えよ」からのサンプリング!!

「怒りの鉄拳」はもちろんマイク・レメディオス!!
それからタイトルバックの黒バックね!!


これを本物のタイミングで全て見れるんですよ!!

歴史的快挙です!!

「危機一発」と「への道」に関しては、フイルムが見つからなかったそうなので、復刻ですが、果たしてどのくらいやってくれるのか???

「危機一発」、マイク・レメディオスが流れるのか?それとも中国語のゆったりしたヴァージョンか???

一番、本物が見たい「への道」はオープニングのバックの絵はどうなる??
シングル版のマイレメからはじまるか?

コロシアムの決闘ではクリス・ケントではなくちゃんと本人に修正されているか??


映画館で観て、TAMレコードを聴きまくったブルース・リーファンは絶対気になるはすだし、少なくともオレが住む郡山では「ドラゴンへの道」初公開時、8時からならんで映画館を1周くらいしたくらいの大フィーバーだったんだから、あのならんだ人たちは絶対観たいと信じている!!


それと、出来たら「ドラゴンへの道」の特典は8ミリ映画ではなく、「ありし日のブルース・リー」にして欲しかったなあ。
これも映画館で観た者としては理解るよね??

まあ、それ言ったら「グリーンホーネット」を次に出すときは「ドラゴン拳法」も入れて欲しいし、いろんなクンフー映画(千葉真一とかも)入ったオムニバスの「ザ・カンフー」もなんかに入れて欲しいよ~

あと、忘れがちなのが「燃えよドラゴン」の初公開版ね。
ディレクターズカット版もいいけど、あれ、音楽の入れ方とかめちゃくちゃだから、ちゃんと初公開版のしゃきっとしたヴァージョンも正規で出すべき!!!
もち、特典はアーナ・カプリフイルムのリ・マスター高画質版完全収録で!!(笑)


それと忘れちゃならない(忘れてもいい!?)のがやっぱり「死亡の塔」の日本発公開版ね!!
ブルース・リー信者からはブルース・リー映画と認めてもらえないカルト作品だが、一応ブルース・リー主演名義だし、こういうサブカル文化の立役者的存在にもなったブルース・リーの代表作でもあるから。

もちろん特典は韓国版のタン・ロン主演「死亡の塔」完全収録で!!

まあ、ほとんど無理難題ですが、そろそろファンが望む最高なものをキチンとした形でリリースして欲しいです・・・



まあ、とりあえず11月リリースの日本初公開版ブルーレイをもっと喜びましょう!!

そして!!

その前の月の10月には大阪でマイク・レメディオスのライヴで今年は完全燃焼しましょう!!!



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。