BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射能のタブー




副島隆彦さんという評論家をご存知だろうか?

原発反対派の武田邦彦さんとも「原発事故、放射能ケンカ対談」という本を出している人であるが、昔流行った落合信彦さんの雰囲気を持ったズバズバぶった切るという感じの方だが、内容からしてかなり興味深いのでオレは立ち読みしているうち、ちゃんと読みたくなって2冊購入した。

内容の真意はともかく、この人の言うことはかなりオレたち福島県民にとっては勇気をもらえるし、今まで出ていた放射線に関する情報そのものを根底からひっくり返すほどのインパクトがある。


オレ自身やほとんどの福島に今住んでいる人たちも思っていることだけど、本当に低線量の放射線は身体に害がないのか!?って事に関して絶対大丈夫と言い切っている!!!

しかも、まだ福島原発が爆発して間もない昨年、3/28に福島原発そのものまで足を運び、自ら防護服など付けずに放射線の測定を行っている!!!
ちなみにこのときの数値が福島原発正門で860マイクロシーベルト!!
双葉町で130マイクロシーベルト・・・


続いて4/12原発正門前では127マイクロシーベルト・・・


なんかものすごい高い数値のような気がするんだけど、全然放射線値は下がっているからして、国は安全宣言を出してもよいとまで言い切っているのだ!!


まあ、いろいろ調べるとこの副島さんという人、かなり偏った感じの人で危険人物とまで言われているんだけど、ただいたずらに「放射能怖い、非難しろ!!」と何の根拠もないまま叫んでる似非教授なんかに比べると、なんか男を感じる!!!


流石に国や東電には騙されまくってきたし、風評でも痛い目にあってきたオレたちだから、今すぐ副島さんの話をそのまま信用することは出来ない。
ただ、自らのことも省みず、命がけで福島原発という現場に来て体験した事実はリスペクトできることではないか?
もちろん、小出さんや武田さんみたいな慎重派の話も無視は出来ない。


結局、国や東電の情報も含め、後は自分で判断しろっていう無責任な選択をさせられているオレたち福島県民ではあるが、オレみたいなここ(福島)で生きていくって決心した人間にとっては勇気をもらえる本であることは確かだ!!

オレはこの本を読んで、3/11前にずっと続けていた近くの公園でのジョギングを再開しようと決心したくらいだから・・・

ちなみにこの公園、除線前は3マイクロシーベルトちかくあったんだけど、今は0.6マイクロシーベルトになった・・・
それでもなんか高い気がするが、オレは生まれ育ったこの土地に骨をうずめるつもりだ!!



ちなみに今日、久々にいわきに行ったのであるが、海にたくさんのサーファーがいた!!


わざわざ新潟までサーフィンしに行ってるオレとしては複雑な限りだが、みんな自己責任で入っていると思う。
震災による瓦礫・・・テトラポットもばらばら・・・って状況だし、大量に流された放射性汚染水の影響とか考えると、やっぱり不安にはなってしまう・・・

これは単なる根性論では考えられない問題だ!!



てか、福島では未だに漁に出られない状況も考えると、めんどくさがらずにやっぱり多少は遠いけど、新潟の海に行く方が無難だとオレ自身は考えている。


漁も出来て、海開きが出来たその日

福島の海が完全復活する日なのではないだろうか??


副島さん、福島の海は大丈夫と言ってください~(笑)




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。