BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
怒れタイガー必殺空手拳



70年代の第1次ブルース・リーブーム期・・・と、言うか、俺にとってはドラゴン空手映画ブーム期の作品。

この時期、ブルース・リーに限らず、香港産のドラゴン映画がドッと日本公開された夢のような時代だった。

主演がチャーリー・チャン!
日本で勝手に付けた芸名らしいんだけど、カッコイイっす!

使うカンフーも、ブルース・リーに比べると全然だし、カリスマ性もない。

しかし、これ名作ですよ!
もろに「ドラゴン危機一発」なファッションのチャーリーがまずヨシ!

この3ボタン白シャツはドラゴンの印!
そして、ラストシーンの白のクンフー服は「必殺ドラゴン鉄の爪」のブルース・リャンの如し!

ただし、何回も言うけど、ホントにカンフーは下手です(笑)


ストーリーはせつなくて、武者修行の為に旅に出たチャーリーが、残念ながら酒と女に溺れた不摂生生活に堕ちてしまう。
そこに彼に憧れる若者が後を追い掛け勝負を挑むが、実は実の兄貴だったと言う・・・。


で、弟に急所(笑)やられた後、もう自分はダメだと悟ったチャーリーが家族と対面した時の悲壮感溢れる顔・・・

めちゃくちゃ切ないです。てか、こん時のチャーリー・チャン、ホントに 素晴らしい演技してますね。
思わず泣いてしまいます。
粗製乱造の香港映画の一本として見られがちな作品ですが、意外に傑作だったりします。
それと、どうしても子供向けに思われるクンフー映画ですが、この作品では大胆にも、堂々チャーリーのエッチシーンまであって革新的(笑)

ブルース・リャンの「必殺ドラゴン鉄の爪」にも、エッチシーンはありますが、チャーリーの方は女の子もしっかりバスト見せちゃってるし、かなり色っぽい。まあ、それても、AVなんかに比べると全然カワイイもんですが・・・。


あと、「燃えよドラゴン」や「死亡の塔」に出てたブルース・リーのお父さん役(使用人説あり)のおじさんも出ているのも高ポイント!
まあ、当時は気が付かなかったですが・・・



てな訳でチャーリー・チャン!
70年代リアルタイムな方にはたまらないと思います。
日本版DVD化希望(多分無理)


運よく見れた方、語りたいでーす(笑)


コメント
空手映画!!
サスガ!この言葉基本ですよね!!

たしかリーの弟分とかいうキャッチフレーズだったような気がしますが違いましたっけ^^;;

おっしゃるとおり、クンフーはうまくないんですけど、予告のショットやスチールを見るときれいな蹴りや、筋肉モリモリのショットを見て、当時(といっても80年代)高価だったけれど手に入れました。
かなり期待して買ったので落ち込み度もひどく(笑)一度しか見ていないのでもう一度見てみます。


うろ覚えですがタイトルは「Martial Arts」とでっかく釘打っていたような^^;;
で、冒頭クンフーを演じているのが「呉思遠」もの(倉田が80年代に出た「霍元甲」にも出ています)に出てくる役者でした。

僕のはスタンダードサイズ字幕なしの北京語版なので、ストーリーは単純といえど全く分からずですがもう一度見てみます^^


で、あのリーのオヤジさん役の人はキン・フーものやショウブラものでよくみかけるので名優みたいですね。
この方面に詳しい人に聞けばすぐ分かるかもしれません。

[2011/07/10 03:12] URL | がり #dkrKj4p. [ 編集 ]


がりさん。

や~、字幕あればまた違うんでしょうけど、意味わかるとさらにつまらなくなる気も・・・!?(笑)

けど、なんかあの頃の映画はいいんですよね。
どうしてもブルース・リーと比べちゃうからがっかりいらいらするんですが。

香港の役者さんの名前は知野さんとかに聞けば一発でしょうね(笑)
[2011/07/10 09:12] URL | ベイビー佐々木 #HfMzn2gY [ 編集 ]


いやぁ・・懐かしの70年代カラテ映画 堪能されてますねェ~(笑)    チャーリー兄貴の「招絶」 私も結構好きです。確かこの時期 チャーリー兄貴はボロ・ヤンの「空手ヘラクレス」にも出演していて より一層情けないクンフーを披露してました。(泣) 兄貴は当時バリバリの香港黒社会の人間だったらしいですが、私のマイミクさんが数年前に日本の某所のロビーで倉田保昭氏とおられたところに恐縮しながらツー・ショット撮影をお願いしたら気さくに対応してくれたそうです。いい奴っすね!   陳 恵敏兄貴!!
[2011/07/10 15:05] URL | ドラたま #- [ 編集 ]


ドラたまさん。

「空手ヘラクレス」も名作ですね~

日本じゃヤン・スエの方が有名なのでヤンが主役扱いでしたが、題名からして海外でもヤンが主役扱いっぽいですよね?
やっぱりチャーリーのカンフーがヘタだからなのもありますね(笑)

しっかし、例の麒麟掌も記者会見ではブルース・リーと同席しているし、チャーリーさんのブルース・リーについてのインタビューなんかもいいですね~。
あの70年代の胡散臭い空気が忘れられないですね!!
[2011/07/10 21:34] URL | ベイビー佐々木 #HfMzn2gY [ 編集 ]

見ました!
いやぁ、はじまりは「麒麟掌」他ジミーさんもので同じみの場所が当時は気づきませんでした。

ってかチャーリ-・チャン、以前見たときより動きがいいんでないかい?と思いました(笑)

途中「龍門の館」、「空飛ぶ十字剣」でおなじみの「白鷹」や、大道芸人?に「酔拳」「蛇拳」のジイサンが出てて豪華でしたよ!

ラストの急所を押さえて痛がっているところに女性陣(バアサンも含む)が近寄って涙するシーンは男ながらに泣けました(笑)

佐々木さんが書いてくれたお陰で最後に戦う相手は誰だかわかり(これツボですよね!)楽しかったですよ!

当時はリーと比べはしませんが、やはりしっかりした「功夫」が見たいのが本音。
当時日本公開されたもの以外でも「真」(?)の功夫映画を探すのが楽しかったです^^

さすがにトニーさんの作品は持ってませんが、今度探して見ます。
佐々木さんはどちらで入手しましたか?
[2011/07/11 00:24] URL | がり #dkrKj4p. [ 編集 ]


がりさん。

再見しましたか~(笑)

けっこうよいところ探せば面白いですよね!!

ホント、当時はリー以外だとリャンくらいしかしっかりやってる人いなかった気がしますが、改めて観ると、そんなには酷くないですねチャーリーも!!!

トニーは昔、日本版のVHSが実は出ていたんですよ~びっくりですね!!
[2011/07/11 17:06] URL | 名前が未入力です #HfMzn2gY [ 編集 ]

怒れタイガ-
これは小学生の時 劇場で見ました 日本語吹き替えでした 昔横浜中華街に映芸苑とか言う ダビングVHSを販売してる店で これの北京語版のVHS買いましたBETAからのダビングでした 燃えよドラゴン 北京語版と呂小龍の死亡魔塔の北京語版も買いました 今でもたまに見てます
[2016/02/10 14:55] URL | 酒井康彦 #9L.cY0cg [ 編集 ]

怒れタイガー
チャリーチャンの、映画は、後、空手ヘラクレスが、ありました!燃えよ、ドラゴンの、ボロこと、ヤン、スエと、共演!怒れタイガーは。みれなかった!心残りです、
[2016/06/10 23:12] URL | Green .hornet #- [ 編集 ]

怒れタイガ-
怒れタイガ-は小学校の時 なぜか多岐川裕美の聖獣学園と上映されてて怒れを見たら成人映画だから出てね!と約束で見ました 日本語吹き替えでした あまり記憶に残ってませんでいたが運良く数十年前に横浜中華街で北京語版のダビングテープを見つけられました 改めてみましたが佳作でした 現在は英語吹き替え版VHSやらはたまにオークションにでてますがこの北京語版は貴重ですね
[2017/03/08 14:10] URL | 酒井康彦 #K/4z6Qeg [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する