BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VIVA!奥日光!
昨日は奥日光へ行ってまいりました!

既に何度も行っているのですが、こちらも何回行っても飽きません!
毎回、中禅寺には必ず行くのですが、今回は戦場ヶ原のあたりを抜けて、温泉寺まで行きました。

そして行く途中、那須のあるお寺にも寄らせていただきました。
前に那須三十三観音巡りをしたときの、第十二番札所である長楽寺というお寺です。

こちらで飼われている猫ちゃんがとてもかわいくて印象に残っているお寺で、長楽寺さんのツイッターにもこの猫ちゃんが出てくるのですよ!
オレも毎日のように、ツイッターでこちらの猫ちゃんを眺め、癒されていたのですが今回は再会です(笑)

前回は観音めぐりでしたので、観音堂でお参りをさせていただきましたが、今回は本堂の中へ入れていただきお参りさせていただきました。
立派なご本尊様の美しいお堂の中にオレの嚙み嚙みの(笑)般若心経が鳴り響きます。

そして、いよいよ猫ちゃんにご対面ですが、玄関でそ~っと様子を伺うようにはじめ顔だけ出したときには、ぶっちゃけ「きゅん」としました(笑)
そして、「大丈夫だな!」とわかるやいなや数匹出てきました。
ホント、かわいいですが、ここの猫ちゃんはモデルのように美しくて、少し普通の猫ちゃんより大きいのです。

それと、こちらの奥さんはハロプロがだいすきで、そちらの話しでも盛り上がりました!!

長楽寺を後にすると、いよいよ日光へ向かい、ます。
いろは坂を抜け、明智平に到着です。

この日は天気が悪いせいか、ロープウェイは運休中でしたが、深く霧のかかった風景もまた絶景です。
前にはロープウェイ乗りましたが、ちょうど山から華厳の滝が見えるのですよ!!

さて、大きな二荒山神社の大きな鳥居が見えてくると、中禅寺湖が見えてきます。
いつ来ても、静かで素敵な場所ですが、そのまま中禅寺へまず直行です。

こちらは大きな立木観音が有名ですが、毎回、印象が違って見えるというか、何回見てもほんと、飽きません!!
会津にも、ころり三観音の一つに巨大な立木観音があり、あちらも有名ですが、ほんと、お顔が全く違います。

見比べるのも楽しみの一つですね。
こちらは観音様を守る四天王の仏像も大きくて立派です。

2階に上がると、東照宮と同じ鳴龍の天井絵がありますが、中禅寺の龍は鳴きません。
今回、お話しを聞いたのですが、東照宮と同じ時期に描かれたそうです。

その鳴かない(笑)鳴龍と同じ場所に、不動明王をはじめとする五大明王が祀られています。
この五大明王を祀るお堂が五大堂というそうで、松島なんかにもこの五大明王が祀られているんですね。

外には愛染明王のお堂もありますが、なぜかいつもこの愛染明王だけは別の場所に祀られています。
あ、さきほどの長楽寺さんのお堂にも愛染明王がいました。

そして今回、なんと秘仏である吉祥天が御開帳ということで、喜び勇んで観てまいりました!!
思っていたほど大きくはなく、しかし上品で重みのあるお姿でした!!
しっかり、限定版のお守りもゲットしてきましたよ~

その後は戦場ヶ原を通り、温泉寺へ・・・
車を降りるなり、策に猫ちゃんが・・・!?

と、よく見たら野生の猿でした!!
日光に野生の猿がいるのは知っていたし、一度見たこともありますが、こんな何匹も見たのははじめてです。
しかも、日本猿も木から木へと飛び移ったりできるんですねえ?

そして、ようやく温泉でひとっ風呂!
ここのお風呂はとにかく熱い!」
まるで熱湯です。しかし、疲れも癒され最高な気分!

お風呂に入ってからは隣りのお堂でお参りです。

温泉にお寺があるというのも、素敵ですよね。
那須や、いわきに温泉神社というのはありますが・・・。

お参りをしようとしたら、よくスポーツゼビオに飾ってあるようなものがお堂の隣にありました。

鹿のはく製です。

・・・
・・・と、よく見たら・・・

なんと、本物の鹿でした(笑)
野生の鹿!!いや、鹿って日本にいるのね!
奈良とか鹿島神宮にいるけど、あれは飼われてるやつだしね!!

しっかし、アフリカじゃないんだからさあ~
びっくりしたと同時に感動しました。

温泉寺が終わって、次は閉館ぎりぎりの二荒山神社へ・・・
こちらも何度も来ていますが、いつかこちらは登山でも訪れたいと思っていましたが、なんと片道3時間は軽くかかるようで、ちょっと鍛えないと無理だな~と思いました。

で、今回はこれで終わりません。
前にランチをした思源というお店でご飯を食べようとしたら、こちらのお店の店長さんがオレのことを覚えていてくださって、なんとお店の近くに蛍が見える場所があるらしく、そちらにわざわざ案内してくれました。

約20数年ぶりに見た蛍・・・
とてもきれいで厳かな気分になりました。

それにしても、お寺参りとかをするうち、本当に素晴らしい出会いがあります。
こんなことはバンド活動や仕事だけをしているだけでは到底ありえないことばかりです。

こんな素晴らしい風景を今まで知らなかったことも残念ですが、今だからこそさらにこの経験、出来事に輝きが増し、感動できるのかもしれません。

オレの人生、たった今、スタート地点です(笑)






スポンサーサイト
高尾山ゴー!
高尾山に行って来ました!

とにかく大病を患ってからというもの、今までできなかったことをしよう、今まで行けなかったところに行こう、今まで会いたいけど会えなかった人たちに会いに行こう・・・をモットーに現在活動していますが、ほんと、これまでの人生、オレにはバンド、音楽しかなかったから・・・。

音楽をやることが一番素晴らしいことだと信じていたし、バンドをすることが人生で一番楽しいことだって思い込んでいた。
一つのことにのめりこみ、夢の為に一生懸命頑張る!!
・・・それがオレのこれまでの人生でした。
バンド以外では、子どものころから好きだったブルース・リー、そして30から始めたサーフィンと、それをループのように繰り返すだけ・・・。、
仕事でも一切手を抜いたこともなく、妥協することもなく、そして誰よりも時には必死に熱く働いていたと思います。
とにかく18歳の頃からず~っと働き詰めの毎日。
最近の若者のようにニート期間なんて一度もなく、自分の手で働き、必死にバンド活動していた。
高校の時だって、必死にバイトしてギター買ったり、部活(陸上部でした!)の道具まで自分で買ったりしていたから、思い起こせばあの頃からかも・・?

そんな人生を30数年か・・・・。

まあ、でもこんな人生でも、夢もなにもない人なんかよりはずっと幸せだったと思うし、全く後悔はないです。
とにかくオレみたいな才能もない、普通よりも下くらいなヤツは、人の何10倍も頑張らなければならないと思って生きてきました。

病気にならなければ、一生これを繰り返していくんだろうなと思っていましたが、ここにきてすべてが無理やりストップさせられ、今に至るとは・・・。
しかし、初めの時期こそ、「一日も早く現場に復帰したい」「早くステージに戻って、ぶちかましたい、見せつけてやりたい」と思っていましたが、今の活動をしていくうち、考え方や性格までも、徐々に変わり始めてきたのです。

なにしろ、ジェットコースターすらまともに乗ったことがなかったオレです(笑)
初めて、遊園地にも行きました。

そう、普通の人が当たり前にすることを、オレ、全く経験して来なかったんですね~
その代わり、普通の人ができないような経験はたくさんしてきましたが・・・

それと、若い頃はバンドもそうですが、とにかく海外に出たかった。
アメリカへは何回行ったかわかりませんし、幸運にもアメリカでもライヴをすることまでできた。

しかし、今はもっと日本が知りたくなりました。

いや、興味はあったんですよ。

毎回、バンドのツアーで京都とか行くと、朝まで打ち上げ~二日酔いの身体でそのまま福島まで帰ろうとするでしょう?
必ずホテルの近くとか、車の窓から、五重の塔とかお寺が見えたんですよ。
あれを見るたびに勝利くんとかと「子どものころ、修学旅行で行ったときには何も感じなかったけど、今行ったら、京都とか奈良とか、めっちゃ感動しそうだよね?」って。
しかし、やっぱり「自分たちは見せに行っている立場だから、観光とか見に行っている立場ではない」と思っていたし、そのへんはギャラもいただいているし、プロ意識がありましたね。

たくさんライヴでツアーしたけど、観光とか一切なかった。


そして、病院で大手術をし、退院したころ、体力回復の為と、病気が病気だけにいつ死んでもおかしくない状況でもあったので、とにかくオレが今まで行きたくていけなかったところに行こうと思ったんですね。

はじめは遊園地とか、動物園をまわっていたんですが、そのうち、「日光へ行ってみよう!」と、東照宮へ行ったんです。


ここからオレの人生がガラリと変わって来て、仏教や神道のことも勉強し始め、四国八十八か所巡りまで行くことに発展しました。

そして今回は高尾山です。
こないだは山形の羽黒山、湯殿山、そして山寺に登ったばかりです。(その合間にも福島八十八か所や、近場にお参りしている)

しっかし、高尾山、オレは昔、東京の荻窪に住んでいたしいつでも行けたはずなのに、本当に興味がなかったんだなあ。
今頃、後悔・・・

ものっすごくよかったです。
実は前の日には同じく京王線沿いの高幡不動尊へも行ったのですが、こちらも素晴らしくて大興奮しましたが、高尾山は別格です。

高幡不動尊には、物凄く大きな平安時代に作られたという不動明王が祀られており、他にも五重塔や日光の鳴き龍にも似た、拍手するとすこ~っんと音がする場所など、東京にもこんなところがあるんだ!とびっくりしました。

そしていよいよの高尾山!
まるでお寺のテーマパークのような楽しさ!
日本一傾斜がきついケーブルカーに乗ったり、山頂へ着くまでに、たくさんのお堂や観るところがたくさん!
触れるとご利益があるタコの仏像(?)とか、体の部分がまわすとよくなるヤツとか、子どもでも楽しめる仏グッズが満載!!

普通に登山する感じで登っていき、山門を抜け、天狗の仏像の前を通ると、ようやく立派な本堂が見えてきます。
しかも本堂内に入ってお参りが出来る!!

そこから更にのぼって行くと、奥の院です。
真っ赤な朱色の、素晴らしい彫り・・・
見るからに素晴らしい。

そこを抜け、更に登るといよいよ山頂です。
ここではみんなお弁当を食べたり、和気あいあい。

見渡す風景は絶景です!!
帰りの下り道はそんなにつらくなく、余韻に浸りながらすいすいです(笑)

帰りには駅近くの氷川神社にもお参りし、興奮冷めやらぬまま電車に乗って帰りました。
新宿から、それほど遠くなく、こんな素敵な場所に行けるのはすごいです。

また来たいなと素直に思いました。

高尾山、本当に素晴らしかった。
東京に住んでる人はぜひおすすめです!!



今回のお参りも無事に大成功!!



オレのこころの旅はまだまだ続きます!!


無念。小林麻央さん逝く
小林麻央さんが亡くなりました。

お会いしたことはありませんが、同じ病を患った者としてはとても胸が痛みます。


彼女から発せられる言葉の数々は、オレにとってはとてつもなく元気になる源でした。

出来ることなら例え余計なお世話だろうと、オレがやっている食事療法とかも教えてあげたかった。
しかし、彼女の病状は想像以上に悪く、それは彼女のブログの写真からも伺うことができました。

癌という病気の何が怖いかって、なる直前まで症状が全くでないことです。
オレも癌になるわずか1年前までは常に健康診断もAランク。
身体のどこかが痛いとか、苦しいとか、悪いところは全くなかったです。

しかしそれは全く突然にやってきます。
まさかの癌宣告。

それと、癌は症状が出ない病気ですが、症状がいよいよ出たときには既に末期という恐ろしい病気です。
だから、癌検診は健康なうちに行くべきなのです。

麻央さんが宣告を受けたときには、既に身体が痛くなっていたそうで、「これは相当悪いんだな」と直観でわかりました。
しかし、それでも助かってほしかった。
生きてほしかった。

そうしたら、彼女は我々、癌患者の希望の星となったからです。
治って、同じ病気の人の為に、いろいろなところで講演会を開いたり、癌になっても大丈夫だよとメッセージを発し続けて欲しかった。

でも、本当に最後の最後まで本当に本当に彼女は頑張った。
生き抜いた。

どこかのお寺で、「人生は長く生きればいいというものではない。短くても長くてもよい人生を送らなければ」というお話をお聞きしました。

麻央さんはお若かったですが、誰よりも素晴らしい人生を歩まれたと思う。

旦那さんの老蔵さんの会見を観ながら、我慢できず号泣してしまいましたが、オレも麻央さんのように頑張ろうと改めて思いました。


でも・・・
しかし・・・

やっぱり若過ぎます。
切なすぎる・・・


麻央さん、あなたのことは忘れません!!



ご冥福をお祈りいたします。






プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。