BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
闘病日記12 抗がん剤2クールめスタート
さて!
本日より、抗がん剤2クールめが始まった訳ですが、副作用はもちろんのこと服用方法がめんどくさくて・・・

まあ、毎回同じ話になりますが・・・

必ずご飯の時間を避けて、ご飯から前後1時間は食べ物を口にしてはいけない。
それが、朝6時、14時、22時と3回あるわけですが、かなり中途半端な割合なんで、たまに間違えて何か食べそうになったり・・・(笑)

抗がん剤に加え、食事療法も特ににんじんジュース作りは本当に骨が折れますね。

まあ、そんなネガティヴな話ばかりではなく、よいこともたくさんありまして・・・
昨日はやはり、ブルース・リー・マニア友のゆうぞうさんがお見舞いに来てくれて楽しい時間を過ごさせていただきました!!

ゆうぞうさんは、前にこのブログでも書きましたが、あの名作映画「お兄ちゃんのハナビ」の舞台となった新潟の片貝に住んでらっしゃる方で、この片貝は伝説の4尺玉花火が上がる聖地でもあります。

オレもゆうぞうさんに招かれ、数年前にこの花火を観に行きましたが、これがもう圧巻のひとこと!!
一生の思い出となりました。

それに加え、このゆうぞうさんのブルース・リー・マニアぶりもハンパなく、BLUEIIIが開くイベント、ブルー・スリー大会にも出演していただいたのですよ!!

新潟でBLUEIIIがライヴのときは、毎回来ていただいているし、ホントお世話になっています。

今回も、ほとんどブルース・リー話だけで(笑)終わってしまいましたが、やっぱりマニアの方と話すのは本当に面白い!楽しい!!

またまた、癌細胞に一番効くとされる免疫力が一気にUPし、元気をいただきました!
ホント、今日からまたあの嫌な抗がん剤が始まる前だったので、すごく助かりましたね。

ゆうぞうさん、本当にありがとうございました!!

それにしても、先週も李小龍特派員さんがいらしたり、哲人28号さんにリー・ロンさん、それから、バンド仲間のVIOLETS,ニングラーズに、初代ブルー・ワンことエンドウさんに元堕天使のサトウさんとか、会社の仲間もたくさん来てくれたり、遠方に住んでいる方からはいろんな素敵なお見舞いを送っていただいたり、本当にありえない奇跡続き!!

感謝感激です!!!!!

オレは今、生きているのではなく、生かされているんだ!ってのを実感していますね。

本当ならもっと違う形で再会したいところですが、こんな形だからこそわかる人間の温かさ・・・清らかさ。
いや~、どうやって恩返しすればいいんだろう?

病気を完治させ、また元気にみなさんと笑えるように!!
とにかく、今はそれを一番に頑張りたいと思います!!




闘病日記11 7月のライヴキャンセルのお知らせ
7月に予定しておりましたBLUEIIIライヴですが、私、ベイビー佐々木の病気療養の為、全てキャンセルさせていただきます。
以下、予定しておりましたライヴ↓


7/11(土)新宿JAM「膀胱ナイト!お江戸討ち入りの巻き・15」
7/18(土)中野HEAVY SICK ZERO「トライアングル・スコーピオン!VOL・10」
7/20(月)仙台enn「~LIVE HOUSE enn 14Th ANNIVERSARY LIVE~ZIMA presents enn’s Beach party」

楽しみにしていましたお客さん、主催者のみなさん、お店のスタッフのみなさん、対バンのみなさん、本当にすみません。
病気の方が回復し、バンドの体制が整いましたら、また是非ともよろしくお願いいたします。



最近の近況ですが、抗がん剤治療、1クールめがやっと終了し、現在1週間はお休みです!!
やっぱり、味覚障害と吐き気に悩まされていますが、なんとか頑張ってます。

朝6時、午後14時、夜の22時の3回に処方するのですが、抗がん剤の前後1時間は飲み食いしてはいけないと言う制約もあるので、なかなか調整が大変で・・・。

これが半年間続くのですから、1クール終わったと言っても全然安心できません・・・。

それに加え、食事療法も平行して行っていますが、例の人参ジュースがなかなか大変ですね。
前の日から、水に浸けて置いた人参、11本(!)を次の日朝から細かく切ってジューサーに入れる・・・

あんまり、急いでいっぺんに入れたりするとジューサーが止まるし、中々しんどい作業です。
そして、その2リットルもの人参ジュースを毎日飲む・・・

お米は白米がよくないらしいので、完全な玄米!!
砂糖も悪いから、白砂糖は使わない!!

ただし、あまり甘いものを採らないと、低血糖で貧血気味になってしまうので、黒糖を使った黒飴は持っているようにしています。
ただでさえ、術後から血圧が異常に低くなってしまったので、未だに立ちくらみとか酷いのですよ。

それと、一番悪いのはやはり塩なので、醤油や味噌も減塩のものを取り寄せて使っています。
あと、ミネラルウォーターを毎日、1リットル以上は飲むようにしていますね。

外食はほとんどしていないですが、蕎麦なんかは比較的大丈夫らしいので、蕎麦は食べに行きましたね(ただし、てんぷらはなし!)

まあ、そんなこと以前に、お酒をやめたのが本当にスゴイことだと思います。
毎日、3リットルは飲んでいたお酒が、今は人参ジュースとミネラルウォーターですから!!


そして、病院の先生に聞いたところ、術後のお腹の傷はやはり完治するのに個人差はあるものの、3ヶ月くらいはかかるそう・・・。
縫うときに溶ける糸を使うそうですが、これがまだ溶けていない・・・。
相変わらず、手で触れるとめっちゃ痛い!!

なんか、硬いんですよ、触ると!!
未だに咳やくしゃみは激痛を伴いますね。

せめて、抗がん剤の副作用とお腹の傷の痛みが引けたら、仕事くらいは復帰できそうなんだけど、仕事でまたストレスたまると免疫力が下がって、癌が再発しやすいらしいので、今回はじっくりいきたいと思います。

今までの生活に比べ、かなりのスローライフになってしまいましたが、逆に考えると、これでよかったのかも知れません。
皮肉なことに、癌になったおかげで、逆に健康な身体と生活を手に入れたというか・・・

それに、更に皮肉なことに、一生懸命働いている時より、癌になって家にいるおかげで親も喜んでいるというか・・・
いや、親には癌のことは内緒にしているのですが、オレが家にいることでよい話相手になっているんですね。

それまでは、仕事の忙しさや、バンドの忙しさなどがあり、実家に帰っても、ロクに親の話なんか聞いてあげられなかったから・・・。
それが、今は時間もあるし、心に余裕があるので、それまで面倒に思っていた親の話もいくらでも聞いていられるというか、すごくよい時間を共有している。

バンドの方も、BLUEIIIメンバーは、今までライヴ、ライヴで忙しくて練習と言ったらライヴのセット、それもわずか30分のステージセットを丸暗記するだけで精一杯だったので、この期間を利用して、CDになっている曲はもちろん、今度レコーディングする予定の曲なんかも完璧に練習することが出来る!!

これは、スタジオで音を出す日が本当に楽しみだ!!
めっちゃスキルアップしたメンバーの姿に惚れ惚れしてしまったりして(笑)

これで、レコーディングなんかした日には物凄い完璧なものが作れると思う。
※前なんか、ミステイクをそのままレコーディングしてたし(笑)


とにかく!!
今は癌になったことは全てにおいて、よかったことなんだと考えるようになりました。

これからの人生、今までとはまた違った風景が見えると思います。


Walk On!!




闘病日記10 ブルース・リーの輪
昨日はブルース・リーマニア友の大先輩である李小龍特派員さんが御見舞いに来てくれました!

5月にはやはり、ブルース・リーマニア友の関西に住む哲人28号さんと、オレと同じ福島のリー・ロンさんが御見舞いに来てくれて、一気に病気が回復しましたが、昨日も本当に楽しかった!

李小龍特派員さんとも意外に永い付き合いになりますが、実はお互いにいつ知り合ったのかもよく知らない(笑)

いや、それくらい自然に・・・ブルース・リー先生の言葉を借りれば「水のように」親しくさせていただいていたと言うか・・・。

そんな李小龍特派員さんですが、オレが知る限り、日本いや、世界でも本当にマニアックにブルース・リーの事をよく知るマニアで、オレなんかが到底叶わない雲の上の大先輩でもあります。

そんなスゴい人がわざわざ遠い関東から来ていただいたなんて夢のような一時でもありました!


しっかし、これは哲人28号さんやリー・ロンさんらみなさんに言えることでもありますが、全員、微妙に年齢も住んでいた場所も環境も違うはずなのに、ブルース・リーを語り始めると、一気にみんな懐かしい同級生(笑)

みんな、子供の顔に戻ってしまうんですね~!

今回も、李小龍特派員さんの魔法のバッグの中から、貴重なブルース・リー グッズが出てくるわ出てくるわ!
まるで、ドラえもんのポケットのようにいろんなものが出て来ます!

例えば、オレが「TART のサングラス、買いましたよ~!」と言えば、同じサングラスがバッグの中から出てくる!

他にも死亡遊戯のヌンチャク・レプリカを比べたり、果てはバオまで車から出して来たりと楽しかったなあ。

ちなみに、車はバッグ以上でしたが(笑)


あと、やっぱり圧巻だったのは先日テレビで放送されたばかりのブルース・リーの特集番組をご一緒に見たことかなあ。

一人で見るのと、ブルース・リー・マニアの方と一緒に見るのは全然違う!!

前にも東京で開催された奇蹟のブルース・リー展を李小龍特派員さんら数人のマニアの方たちとご一緒に見たら、一人ではわからないような発見がたくさんあって、感動も倍になった!

今回も、李小龍特派員さんといろいろ語りながら見たので、全然違う感動があじわえました!!


そんな感じで本当に濃密な時間を過ごさせていただいた訳ですが、前日まで大変だった抗がん剤の副作用による辛さも、すっかり忘れさせてくれました!

本当に感謝感激の1日でしたがら、李小龍特派員さん、本当にありがとうございました!

これからもよろしくお願いいたします!

闘病日記9 ロックンロール・ブリンガーズ
昨日はオレの古くからのロック友達がたくさん御見舞いに来てくれた~!

BLUEIII の初代ブルー・ワン、エンドウさんや、そのエンドウさんがリーダーをつとめていた伝説のバンド、堕天使でギター弾いてたサトウさん、オレが福島で一番お気に入りスーパードラマー、ながっちょくん、そして仙台No.1スーパーバンド、ニングラーズが来てくれたんですよ!

こんなスゴい人達がライヴ会場ではなく、オレん家に集まってること自体が不思議な感じだったんだけど、ホント、めちゃくちゃ嬉しかったなあ。

みんな、素敵なプレゼントまで持ってきてくれたりして、まるで早すぎるクリスマスのようでもあったよ!

それにしても、わざわざオレなんかの為に、家まで御見舞いに来てくれたことがスゴいことだし、嬉しいやら、申し訳ないやらで・・・。


しかし、いつも一人で毎日、抗がん剤と闘ったり、散歩して体力つけり、本読んだりの孤独生活をしているので、ひさしぶりに多くの人と接し、楽しい話をするのはとても元気を貰ったし、めちゃくちゃ楽しいひとときだった。

すごく笑ったし、癌に最も効果的と言われる免疫力というものが何十倍もUP したと思う。

1日も早く、ライヴ会場でまたみんなと会いたいです!


絶対、治さねば。


みなさん、本当に本当にありがとうございました!!


頑張ります!

闘病日記8 追悼・丸山夏鈴

まさか、オレの地元郡山市にこんな素晴らしい人がいたとは・・・

その人の名は丸山夏鈴ちゃん。

彼女こそ本物のアイドルだった・・・。

闘病中のオレだけど、やはり自分が患ってしまった、癌と言う病名には物凄く敏感になっていて・・・。

そんなある日、ふとテレビをつけると、「癌で闘病中のアイドル」との見出しで、あるアイドルの特集をしていた。

そのアイドルの名は丸山夏鈴ちゃん。

大くてキラキラ光る瞳が印象的な正統派の美少女だ。

番組では、彼女の壮絶過ぎる闘病生活と、それでもアイドルであり続ける姿をこれでもか!と映し出していた。

まだ、たったの21歳。

そしてオレはこの人の生きざまに一瞬にして釘付けになり、虜になってしまったのだった。
そして次に頭に閃いたのが、「この人の歌が聞きたい、この人に会ってみたい」ということだった。

しかし、曇ることなく輝き続ける彼女の瞳とは裏腹に、彼女の容体はどんどん悪化していったのだった・・・。


ただ、それ以前に、20代という若さだというのに、彼女はこれでにも実に7回もの手術を受けて来たと言うのだ。

しかも、脳の手術・・・。
彼女は脳腫瘍だったのだ!!

オレなんか、1回の手術だけで、もうあんな思いは懲り懲りだとウンザリしていたのに!


しかし、彼女はどんなに具合が悪いときでも、辛いときでも、ブログや動画などで、たくさんの人に向け、自分がアイドルであることを発信し続けたのだった。


どこも悪くないのに、忙しいことにかまけて、ブログの更新もほったらかしにしているバンドマンを数多く見てきているが、(しかも、実際はたいして忙しくない)彼女こそ真のプロと言えよう。


そんなとき、予期せぬ瞬間に突然「それ」はやって来た。

容体がよくなったら、絶対に彼女のライヴに行ってやるぞと呑気に構えていたオレ・・・。


彼女に残されていた時間はほとんど残っていなかったのだ!

最後の日・・・


既に、薬によって意識朦朧とする中、動画配信をする彼女・・・。

鼻にはオレが手術のときにつけていたような管をつけ、頬は痩せ細ってしまい、痛々しい・・・。

しかし、虚ろながらも、彼女の瞳は輝きを失わなかった!

「さよなら」

その動画が最後の動画だった・・・。

その翌日、彼女は息をひきとった。

つまり、もうこの世に彼女はいない・・・

この事実を知ったとき、流石のオレもテレビの前でわんわん泣いてしまったよ。

しばらくして、彼女の葬儀の様子がニュース番組で流れたが、お葬式まで、まるで握手会のような華やかさで、彼女らしい、いや、自分のお葬式までもアイドルであることを貫き通す!

彼女は最後の最後までアイドルだったんだね。

本当に、本当にカッコよかった。

21って、まだまだこれからだと思うじゃない?
いやいや、彼女は21にして人生を完璧に全うしたのだ。

普通の人の何100倍ものスピードで、人生を駆け抜けた!


オレは心の底から感動してしまったし、オレも絶対頑張らなければ!と、物凄いパワーと勇気を貰ったよ。

オレもあんな風に生きたいし、一生懸命頑張りたい!

アイドルをロックに変えて・・・!





そして昨日。
入院前から切っていなかったボサボサになった髪を切りに行ったんだよ。

美容院では、いつもの担当の人と、何故今まで来れなかったかの理由とか、お腹のキズが治ってないので、シャンプーはまだ無理などのいろんな話をしたね。

そんな話の流れの中で、丸山夏鈴さんの話になり、「知っていますか、あの子」云々の話しになった。

そしたら何と!

「うちのお客さんでした」と、担当の人が話してくれて・・・


小さい頃からその美容院に来ていたらしく、その頃から身体は既に悪かったらしい・・・
晩年は、例の管をつけながら、美容院に来ていたことも・・・。

で、おもむろに「あ、ポスター、貰ったのが飾ってありますよ、見ます?」

そのポスターはレジの脇に貼ってあったが、生前の直筆のサインが入っていた。


なんという、偶然!
いや、ミラクルなんだろう。


「写真、撮らしてください」

と、スマホを構えたオレに
「佐々木さん、持っていってください。」

と、なんとオレにプレゼントしてくれた!!


それが、今日の写真ですが、このポスター見ながら、ああ、オレは重い病気にかかってしまったけど、オレはまだ生きている!
これは彼女からの啓示かも知れない!!

オレごときが、彼女のぶんまで生きたいと言うのもおこがましいが、彼女のように人生を全うしたいと心から思いました。

このポスターを見ながら・・・


丸山夏鈴さん

御冥福を御祈りいたします。






闘病日記 7 無念!俳優・今井雅之さん逝く
先週、オレと同じく癌で闘病中だった俳優の今井雅之さんが亡くなった。

もう、無念としか言いようがない・・・。

しかも、今井さんの場合、オレと同じ大腸癌だったので、オレ自身、今井さんはいわゆる希望でもあったので残念でならない。

今井さんが病気に発症したことを公表したのが昨年の11月。
しかし、この時は癌と言う言葉は出さず、腸閉塞で余命3日と言うことだった。

この時の今井さんは痩せて頬がこけてはいたが、まだいつものエネルギッシュな感じだった。

ところが、今年4月に会見に現れた今井さんはもはや誰だかわからないくらい別人のように痩せ細り、実は自分は末期の大腸癌であることを発表した。

この時の会見で、生きているだけなら、いっそのこと殺して欲しいと、闘病の辛さを語ったが、そのくらい癌の痛みが激しいのに加え、抗がん剤治療も耐えられないほどの辛さだったようだ。

いくらモルヒネを打っても、痛みが和らぐことはなかったと言うし、途中からはあまりの辛さに抗がん剤治療も、食事療法にかえたようだった。

しかし、癌細胞そのものは手術で取り除いたと言うし、このまま治療とリハビリを続ければ、長く生きられるだろうと、オレは信じていた。


そんな矢先の先週の訃報・・・。


言葉がなかったなあ。
会見から、早すぎるし!!

しかも、生前の今井さんの生気溢れる姿をみんな知っているだけに、なんとも54歳という若さでの死が信じられない。

奇しくも、今井さんとほとんど同じタイミングで癌に発症したオレには他人事とは思えなかった。

同じ癌と闘う同士だと思っていたから・・・。

オレは今のところ、生きている!


今井さんが、志なかばでこの世を去ってしまったぶん、オレは今井さんとは道は違えど頑張って癌を克服し、夢を叶えていきたい。

今井さん、頑張ったね。
安らかにお眠りください。



合掌






プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する