BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
そこにあるもの
笑っていいとも!が本日をもって、32年の歴史に幕を下ろした。

いいとも!、32年ってねえ~?


思い起こせば、いつの間にか始まってて、当たり前のように、いつもそこにあったからなあ。

ある意味、永久的に続くもんだって、錯覚していた感があるんですよ。

例えるなら、自分の人生もいつかはおわりが来るんだけど、まだ若いうちは今が永久に続くって、思い込んでしまうふしがあるでしょう?




同じことが、こないだ来日したばっかのローリングストーンズや、再来日が決まったポール・マッカートニーにも言えるし、矢沢永吉さんにもいえる。


徹子の部屋だって、そうさ。


どんなものにも限りがある。

ぢからこそ、オレたちは今のうちにたくさんのことをそれらから学ばなければならない。



たぶん、笑っていいとも!が終わって、明日から心にぽっかり穴が空くことは間違いない。

そして、失ったものの大きさに気付くんだろうなあ・・・。


タモさん、今まで本当にありがとうございます。

本当にお疲れ様でした。
そして次は渋谷でビッグジャンプ!!
先週、金曜日の郡山、すげえ気持ちよかった~っ!!

そのぶん、疲労もハイパーMAXで、今日もほとんどインドアだったんだけどね・・・(笑)



なんとなくテレビつけたら、卒業ステージだった優子さんのライヴが春の嵐で中止になってしまったのがめちゃ切なかったなあ。
本人の意思と関係なく、コンサートとかが出来なくなるってのは相当悔しいもんだ。

そういうオレたちだって、ついこないだ、例の大雪の日に茨城行けなかったしなあ~
もちろん、スケールこそ違うものの、開催する人、出る人、それにお客さんにとってはめちゃくちゃ悔しいってのは同じはずだ・・・。

しかも、ホントの最後となる劇場公演はあるとは言え、実質これが大衆の前では有終の美を飾るはずだった優子さんにとってはたまんなかったろう・・・。


振り替え公演、絶対やって欲しいです。

そして、勢いに乗ってるといえば、真央ちゃん、羽生くんのペアで金メダル!!

なんか、この2人には突き抜け感があります!!
素晴らしい!!



そして、オレたちもここんとこ波に乗っています。
小さい世界かもしんないけど、オレの中では人生最強と言えるほどの突き抜け感が今のBLUEIIIにはあると思う。

まあ、自画自賛かもしんないけど、それでいいのよ人生は(笑)


だって、いくらまわりに評価されても、自分が納得してなきゃダメだし、その点ではオレ、今こそが人生最高なときだって思っている。

いや、まだまだ輝きますよオレたち!!


次は東京でビッグジャンプ!!


飛び出しますぜ!!



4/5(土)渋谷LUSH
「 Beat Happening!SHIBUYA R&R PANIC!」

LIVE :

BLUEIII
the highest
THIS IS JAPAN
ベルノバジャムズ
スライディングが普通の歩き方
and more…

■Open 17:30 / Start 18:00  ■Advance 2000 / Door 2500 (+1D)

■Beat Happening!は本公演は高校生以下のお客様は1000円+1DRINKでご入場頂けます。必ず顔と年齢の分かる学生証をお持ち下さい。


ビッグジャンプ!!



昨日の郡山#9「2913×WATA presents WELL WELL WELL」に来てくれたみなさん、本当にありがとう!!

いや、ガチでめちゃくちゃ楽しいイベントで、オレもいつも以上にハメをはずしたよ(笑)
こんなゴキゲンなR&Rでパンクで楽しいイベントは久しぶりだ・・・。

早速、レポでもいきますか~


IVORY COAST
硬質な演奏とコア系のヴォーカルが歯切れいいストレートなバンド!!
ドラムがサポートと思えないほど、グルーヴある演奏と潔い姿勢が素晴らしかった!!


CEDIN DEDEN
もう、何もかもがスケール違う、2番手にしてハイライトの主催。WATAくん率いるCEDIN DEDEN

昨年以来、1年ぶりの共演だけど、なにもかもがパワーアップしていてぶっとんだ!!
いや~、カッコいい!!カッコいい!!
個人的にピストルズをWATAくんの歌で聴けたのがサプライズでもあり、あまりのセンスのよさに脱帽でした~


Phantom Gypsy
ロカビリーとスゥイングと、パンクとバッドボーイズが合体したかのようなカッコいいバンド!!
ウッドベースと歪みきったギター、それにサックスがぶ熱いグルーヴを作り出す!!
時に踊れて、時に聴き入ってしまうその素晴らしいライヴは圧巻の一言!!
いや~、カッコよかったです!!


LOST SOUL REVOLT
頭一発でやられた!!
ブルースの現代的解釈というか、古臭いのに新しいロック!!
毎回、カッコいいけど、今回は正式にドラマーが加入したとのことで、もう、前とグルーヴが違う!!
もともとLOST SOUL REVOLTが持っていたファンキーさ加減が更に強化され、無敵な感じ!!
素晴らしかったです!!



BLUEⅢ
本当に久々になつかしの「ビッグジャンプ」がセットイン!!
かなり雑な演奏だったけど、ここんとこのオレのハードワーク生活を考えれば、この曲をやるのは・・・
「今でしょ?」(笑)

そう、「ロックンロール24時間」が1日中、ロックしろって曲ならば、「ビッグジャンプ」はくっだらねえ日常から飛び出してロックしろって曲!!

やりきったかな今回も・・・

お客さんもめっさ盛り上がったしね!!


ONE STEP BUS
もうね、流石という感じ!!
ホーン隊のきらびやかな音だけで、いつまででも聴いていられそうだけど、ギターのカッティングのタメ、ベースとドラムの抜け・・・
そして、素晴らしいフロントマンの歌・・・


今回はオレまで含めた、仕事ネタ(笑)

てか、さっきのオレたちじゃないけど、まさに今日から飛び出せビッグジャンプ!!



もちろんDJ陣も最高で、高校生の頃からオレたちを観に来てくれてたYUTAKAさんややはり主催の2913さんのDJも素晴らしかった。




打ち上げも楽しくて、オレのAKB師匠であるグリース先生との再会や、WATAくんとの映画談義など、もう本当に至福の瞬間だったな~
新しく出来た友達もみんな最高だったぜ~っ!!

もちろん、朝までいっちゃいました~


ああ、こういう仲間たちといると、オレ、まだまだやれるぜって思うんだよね。

本当に楽しかった!!


まさに飛び出したよ!!


今日から飛び出せ!!ビッグジャンプ!!!



誰よりも高く飛ばなきゃな~っ!!!



みんなありがとっ!!!!



ロックが君を待つ!!
連日、残業生活で日々忙しいユニオンロックしているけど、明日はそんなクソな日常をぶっ壊すホンモノのロックをかます!!

いや~、ホント、本気(マジ)になればなるほど、世の中頭にくることばっかりで・・・
万年、躁状態なオレだって、時にはめげそうになることだってあるんだぜ!!

しかし、やっぱり負けられないのよ!!
ちゃんと、笑いたいし、卑屈にもなりたくない!!

時には怒ったりすることだってあるけれど・・・
やっぱり我慢する方がどんだけカッコいいか・・・?

ブルース・リーが「ドラゴン怒りの鉄拳」の中ではじめ敵にバカにされながらも、拳を握り締めて我慢するじゃん?
オレ、あの我慢してるブルース・リーの顔にめちゃくちゃロックを感じるんだよね。

そして、ラスボスを倒すまでの大爆発!!
あれはまさにライヴだよ!!


オレは普段の生活の中でも、常にロックしているつもりだし、最後は勝利を収めていると思っている。
まあ、時には負ける・・・あるいは負けそうになるんだけど、絶対に大逆転する!!(キングボクサー大逆転!!)



そして、週末はホンモノのロックを大爆発させる!!



いよいよその瞬間がやってくる!!


明日はみんなでロックしようぜ!!!




WATAくんや2913、ロックな仲間が君を待つ!!




明日は郡山CLUB#9にGO!だ!!!




3月28日(金)郡山CLUB#9

「2913×WATA presents WELL WELL WELL」

LIVE

・BLUEⅢ
・Phantom Gypsy
・CEDIN DEDEN
・ONE STEP BUS
・LOST SOUL REVOLT
・IVORY COAST

DJ
・2913
・INOMATA
・KUMAGAI&MATSUMOTO
and more

18:30/19:00
1000円/1500円(D別)

登録番号No.1214
日時3月28日(金) 18:30~








ザ・ポリスとバンドサウンド



定期的に聴きたくなるのがザ・ポリスだ。

’07年の再結成からもう、7年も経つのかと思うとびっくりだけど、たぶん、もうないだろうな・・・。
みんな仲悪いみたいだし、それぞれがそれなりに成功おさめてるから、再結成する必要性もないしね。

ただ、やっぱりこの三人でしか作れない音なんですよ!!


最近のロックバンドって、演奏はすごくうまいし、それなりに個性もあるんだけど、ぶっちゃけヴォーカル以外は誰が演奏しているのかわからないってのが多い。


しかし、ローリング・ストーンズだとか、レッド・ツェッペリン、二ール・ヤングとかさ、ニルヴァーナ・・・そして、このザ・ポリスみたいな偉大なバンドは、誰がどのパートを演奏しているか即わかる!!

ザ・ポリスはまずスチュアート・コープランドの甲高いスネアの音に、手数が多いドラムね!!
この人のドラムだけで、「あ、ポリスだな!」ってわかる。
しかも、レゲエなんだけどレゲエじゃないあのビート!!

それに、ソロをほとんど取らない、歯切れのいいカッティングにエフェクターを上手く利用し、空間的サウンドを作り上げるアンディー・サマーズのギター!!
で、やっぱりあの裏打ちのリズム感ね!!

最後にスティングのベース!!
アンディのギターとスチュアートのドラムの間に、ぽつりぽつりとシンプルでいて、メロディックなベースを入れてくる!!
こんな手数の少なくて、それでいて説得力あるベース弾く人もいないと思う。
これに匹敵するのはポール・マッカートニーかアンディー・フレイザーくらいのもんだろう。


で、もちろん、スティングの歌もスゴイんだけど、今回はバンドサウンドってテーマなんで、あえて書かない。
てか、歌聴く前に、「どのバンドだ!」ってわかるのが演奏者にとっては至福な喜びじゃない?

たとえ下手でも、「あ、これ誰々が弾いてる」って知られた方が、どんなに上手くても誰だかわからないようなミュージシャンよりはオレはスゴイと思うんだよ。

やっぱり歌っていうのは言葉も武器に出来るし、強いんだけど、やっぱり音楽ってそれだけじゃないからさ。


バンドマンよ!!
ギターもベースもドラムも、(もちろん、キーボードやホーンとかも・・・)ヴォーカルの引き立て役じゃないんだぞ!!


十分にカッコよく目立って最高な音をだして欲しいです!!(笑)


いや、ザ・ポリス聴くと、本当にそう思う。


で、オレがザ・ポリスで1曲選べと言われたら、1曲じゃ無理とわかりつつ、やっぱり「孤独のメッセージ」を選びます!!


この1曲だけで、ザ・ポリスがどんだけスゴイ演奏をし、どんだけセンスがいいかわかると思うから。


久々に今日、聴いたけど・・・・


う~ん!!!


カッコいいです(笑)


生活とロック!
ここんとこ、不条理な理由でバカみたいに仕事が忙しい。

要領がいいオレですら、残業に休日出勤してるくらいだから、かなり忙しいかわかるでしょう?

普通の月は月末の27日くらいが最終で、そこまでがピーク。
今月もそうだった。
ホントは・・・

だから、みんなで力を合わせてがんばったのよ。


そしたら、今日から数が足りないから、終わるまで帰っちゃダメだと!?
ただでさえ、不条理な量なのに、1週間ぶんの量近くを毎日あげろと言われた。

しかも、今週末土曜も休日出勤しろと要請された。



ば~か!!


こっちは金曜日にライヴなんだよっ!!

仕事なんか、喰うためだけにやってるだけさ!!

まあ、いい。




今日はめちゃくちゃハイパー・フルパワーで頑張ったよ!!

「ああ、いいよ!!目標数いくまで朝までだってやってやらあ!!」


みんなで力をあわせて頑張ってね。
完璧なチームワークよ、うちの課は!!!

頑張りすぎて、残業時間に何もすることがなくなった。
他の課が、遅すぎてこちらに仕事まわってこないんだね(笑)

意気揚々と19時くらいには仕事場を後にした・・・。


なんか、朝こそネガティヴだったけど、今日は「勝った」って気がしたもの!!
オレたちやったね!ってさ(笑)


明日もこの調子でバリバリ頑張るつもりだが、こういう生活の中にもロックを感じられる瞬間がたくさんあると思う。

まあ、ささやかな成功だけど、こんなささやかな成功、達成感すら感じてないヤツが世の中にはたくさんいると思う。



頑張るぜ!!今週末、金曜に本当のロックを奏でるためにも・・・・


3月28日(金)郡山CLUB#9

「2913×WATA presents WELL WELL WELL」

LIVE

・BLUEⅢ
・Phantom Gypsy
・CEDIN DEDEN
・ONE STEP BUS
・LOST SOUL REVOLT
・IVORY COAST

DJ
・2913
・INOMATA
・KUMAGAI&MATSUMOTO
and more

18:30/19:00
1000円/1500円(D別)

登録番号No.1214
日時3月28日(金) 18:30~


そして、翌週土曜には渋谷でもBLUEIIIがロックする!!!



4/5(土)渋谷LUSH
「 Beat Happening!SHIBUYA R&R PANIC!」

LIVE :

BLUEIII
the highest
THIS IS JAPAN
ベルノバジャムズ
スライディングが普通の歩き方
and more…

■Open 17:30 / Start 18:00  ■Advance 2000 / Door 2500 (+1D)

■Beat Happening!は本公演は高校生以下のお客様は1000円+1DRINKでご入場頂けます。必ず顔と年齢の分かる学生証をお持ち下さい。


ジャッキー・チェン DVDコレクション2

DeAGOSTINIのジャッキー・チェン DVDコレクションはなんと!「ドランクモンキー 酔拳」

薄っぺらなわりに特集小冊子は、かなりマニアックで豊富な内容で大充実!


しかし!

肝心のDVD が大ペケ!


やっと、昨年に吹き替え版収録のBlu-rayがリリースされたばかりと言うのに、吹き替え版は勿論、日本初公開バージョンも当然のなし!



せっかく、ジャケが日本公開時のポスターをそのまま使用しているにも関わらずに、旧態依然とした従来の本国版と英語版なのだ。

とりあえず、喜び勇んで、創刊号の「プロジェクトA 」と今号は買ったけど、次からは買わなくていいな、とも思ってしまう。


てか、これだったら、TSUTAYAレンタルで充分だしw


まあ、ブルース・リーだったら、それでも文句なしに買うけど、こういう企画そのもの自体を喜ぶべきなのかな!?www



ん~。


同じものは要らないし、そろそろ同じDVD は買いたくないかなw



Blu-ray買うかあwww




ROCK-A-CHERRY/ロッカチェリー白書



まさにロックでゴー!な最高傑作!!


ホントはもっと早くに書きたかったんだけど、昨年オレも親を亡くしたとかいろいろあって中々書けなかった・・・

今頃になってしまったけど、いつ、どんなテンションで聴いても最高だぜロッカチェリーは!!!



J-POPに成り下がった今のメジャーロックアーティストにこそ聴いて欲しい、このロック感!!このリアル感!!


本当にカッコいい!!

このガサツでシンプルで衝動のまんま突っ走るパンクでロックでキュートな至福な空間・・・

ロッカチェリーの音にはウソがない。
ロッカチェリーの言葉には共感しすぎる!!

そして、めちゃくちゃキュンキュンする!!


野郎どもにはもちろんだけど、女の子の方がより深くこの世界感が理解できると思う・・・。


アナログで既発の神曲「あ~あ」「あいさつ運動」「おしゃべりJETBOY」もアップデートヴァージョンで収録!!


他はライヴで定番となっているたまらない名曲のオンパレード!!

オレ的に「殺人予告」の収録がめちゃ嬉しい!!
もう、歌メロのキャッチーさはもちろん、この歌詞!!!
天才です!!

「虹色美少年」の泣きたくなるような昭和感・・
「勝手にアンサーソング」の君に届け全開なキュート感!!
「錯覚」のあるある感(笑)
「ハイキング・ウォーキング」あ~バカになりたい!!!!
「恋のロケットランチャー」のアッパー感・・・

てか、3人が意外に3者3様というか、それぞれ微妙に異なるキャラが一つのパワーに重なりあってものスゴイバンドグルーヴをかもし出しているんだよね。


元気いっぱい、オレのアイドル(笑)なっちゃんの超ポジティヴな魅力に、女のコのピュアでリアルなことをストイックにぶつけるカリスマあきさま!!

見た目の派手さと裏腹にどこまでも、ナイーヴでジャックナイフのような宇宙人で猫目くん、ようちゃん・・・



で、ロッカチェリーの魅力って、やっぱ青春!!
せつなさ・・・

これをすべてロックにぶつけて、ぶっとばす!!!


そして、これはこのロックの天才3人による、極上のロックアルバム!!



がさつで原始的で、シンプルで・・・だけど、めちゃくちゃ優しくてかわいくて・・・・



ロッカチェリーにはロックの全てがある!!!


ガールズバンドとか云々で聴いて欲しくな、最高、最強、そして神バンドによる神アルバム!!!


ロック好きなヤツはもちろん、ロック知らないヤツにも。強烈に押し売りしたい!!!!


これ聴いて何も、感じないヤツは人間やめてください!!


いや、それくらいスゴイアルバム!!!





絶対に絶対に必聴!!!!!!!!!!!!!





ブルース・リー/思想解析



ここんとこ、ブルース・リー関連モノが連続で発売される感じで、ファンにとっては喜ばしい。

この「思想解析」という本はその名もズバリ、ブルース・リーの思想をいろいろな角度から解析していくという素晴らしい読み物。

これまでも、「ブルース・リー ノーツ」とか「ブルース・リーが語るストライキング・ソーツ」などと言った本が発売されてきたが、今回のはより深くブルース・リーの思想について紐解いていく感じで読み応え十分!!

かなり面白いので、イッキに読み終わってしまうこと確実!!

ブルース・リーファンはもちろん、人生をより豊かにしたい人には最適な書でもあります。

もし、本屋で見かけたら是非とも!!



地獄でなぜ悪い



これは劇場で観れなかくて悔やまれた映画だ。

で、やっと観たんだけど、期待と予想を遥かに超える素晴らしさ!!

奇抜で斬新なアイデア、荒唐無稽ながらしっかりしているストーリーに、最高すぎるキャスティング!!
貯まりません!!


園子温監督は天才であると共に、間違いなくオレたちの求めているものを具現化してくれた神様!!

まさに映画が大好きな者にとっては最高な贈り物!!
「桐島、部活やめるってよ」もそうだったけど、これはマニアになればなるほど、より理解る!!

ヴァイオレンスあり、キルビルあり、任侠あり、ブルース・リーあり・・・と、まさに映画の秘宝箱(笑)をひっくり返したような内容だ!!


てか、全男子必見!!!

これ観ないヤツは男じゃないっ!!



感動作もピュアなラブストーリーも、ホラー映画もいいだろう。

でも、大事なものを忘れていないか???

しかし、この映画が本来持つパワーをたたきつけるって点ではここまで感動する映画はないっ!!



長谷川博己のいっちゃってるキャラも素敵だし、二階堂ふみがとにかくエロカッコいい!!

堤真一のお茶目な組長役も楽しいけど、「キルビル」からそのまま抜け出てきたような國村隼が渋い!!

石井勇気&春木美香の無敵のカメラマンぶりも最高だし、長谷川博己の情けなさがまたいい!!

友近の姉御がまた様になりすぎているのが素晴らしいが何といっても・・・!!


無理やり、平成のブルース・リーにさせられた佐々木(!!)役の坂口拓がたまりませんっ!!

てか、佐々木ってさあ・・・(笑)


とにかく、全男子、全ボンクラが観ておかなければならない、超絶必見の神映画だ!!


是非ともっ!!!



ハロー!?ゴースト




これは久々にオレ的に大ヒット~っ!!な神映画だ!!

「ハロー!?ゴースト」っていう韓国映画なのですが、製作が2010年と少し前の作品。


まず、観る前にこのゆるすぎる題名と、全く魅力の感じられないポスターデザインに騙されるなって感じかな(笑)

本当に感動的な素晴らしい映画です。

その奇抜なコメディータッチなストーリー展開と、ラストにおけるまさかの大感動エンディングにもう、大号泣間違いなし!!

韓国映画って言えばオレは「サニー/永遠の仲間たち」がフェイヴァリットなんだけど、あれと匹敵する内容かな。


軽く粗筋を説明すると、チャ・テヒン演じるさえない青年サンマンは、人生に嫌気が差したのか、クスリで自殺を試みるシーンから始まる。

しかし、どんな方法を使っても、彼は死ねない・・・いや死なないのだ(笑)

ある日、また自殺を企てようとし、助けられた彼は何故だか幽霊の姿が見えるようになっていた!!!

スケベな爺ちゃん、わんぱく坊主の子供、ヘビースモーカーのおっさん、泣いてばかりいる叔母さんの4人の幽霊がサンマンにとりついて、彼ら4人の幽霊との奇妙な共同生活が始まるのだが、その4人の願い事をかなえてやらないと、彼らは成仏してくれないのだ!!

そして迎える衝撃のラスト・・・


もう、思い出しただけで涙が止まりません!!


これ、間違いなく今年の感動作ベスト!!


絶対オススメ!!!



いい歳こいてもロックは辞めねえ!!
18で家を出ようとした時から、親や親戚には音楽の事は一切、認めてもらえなかった。

それどころか、さも自分が経験したような感じで説教垂れるんだよ。


これ、未だにそれほど状況は変わっていないと思う。


オレ、18で家を出てから親や親戚には本当に金を借りたりとか、そういう迷惑は全くかけてこなかった。

それどころか、プロにこそなれなかったけど、ちゃんと自立して一生懸命に働いて続けている。
CDだって出したし、頑張ってるよ(笑)

それなのに、未だに「バンドなんか辞めろ」みたいな事を言うバカもいるんだ。
そして、そういうヤツに限って、親戚に金借りに行ったりとか迷惑かけてろくなことやっていないヤツが多い。

オレ、バンドに関わることで金借りたことなんて、ホントないよ。

てか、そういうヤツラにオレの何がわかるっていうのか?
オレの人生の何がわかるっていうのか?

前から、人に説教したがる人間にろくなヤツがいない・・・ってオレは言ってきたけど、そういうヤツほどたいした努力もしてないのに、不幸な人間ズラして他人に嫌な思いをさせたがるんだよ。


そういうヤツらからしたら、オレのバンドなんてただのお遊びで、所詮、趣味程度のもんだって思っているんだろう。
いい歳こいて、エレキギター持ってきんからきんからやってバカに見えるんじゃない?


冗談じゃないぜ!!

これで生活できるほどではないけれど、少なくともオレたちを必要として、オレたちにオファーをしてくれる人たちがまだたくさんいるんだ!!

そういう人たちからオファーが来ないようになったら、そん時は潔くやめてやるよ!!

いわばこれは仕事と同じだし、やらなきゃいけないんだよ!!
ライフワークなんだよ!!

それに、若い頃はノルマにしろ、交通費にしろたくさんのお金もこれにつぎ込んできたし、贅沢だって出来ないし、他のヤツらが適当に遊んでいる間だってオレは相当な努力はしてきたつもりだ。

働いて、練習して、曲作って・・・

それに加え、ライヴやりながらだって、仕事はマジメにやってきたし、今日だって残業よ(笑)

親の面倒だって出来る限りみてるし、親の100回も同じこと言うのだってちゃんと聞いてる!!


だから、オレは人に説教される憶えは一切ない!!!


それに、人に説教する気も全くない!!

頼むから放っておいてくれって感じ・・・。


最近、ふと続けている一つの理由を思ったよ。


こんなオレたちだって、若い人たちに「ああ、ベイビーさん、まだ頑張ってるんだね。オレもまだまだ頑張る」と思ってもらえたらそれでいい。


オレがローリングストーンズや矢沢永吉さんからパワーもらってるようにさ。


だから、今日も頑張るんだ!!!






ジャッキー・チェン DVDコレクション



いよいよこんな夢のような企画がスタートしましたね~!!

よく、テレビで車のミニチュアだとか戦艦だとかさ、毎月雑誌と部品がちょこっとずつ発売されて、全部買うと完成する・・・みたいなのやってるじゃない?

で、通常価格は2000円弱なんだけど、創刊号だけ特別価格で890円・・・みたいな(笑)

で、創刊号に釣られて買っちゃったりね。


DeAGOSTINIっていうメーカーから、たくさん面白い商品が出てるんだけど、いよいよジャッキー・チェンのDVDコレクションだってさ!!


これはスゴイね!!

しかも創刊号が「プロジェクトA」ってさあ・・・。

もう、本屋に置いてあったら迷わず即買いだよね。

肝心の中身だけど、思いのほか説明がしっかりしているし、DVDの方も日本語吹き替えまでちゃんとついてる!!

いや、素晴らしいですよ!!
次号はなんと「酔拳」だし、痒いところに手が届くリリース順ですなあ(笑)

ちなみに「酔拳」の次は「スパルタンX」「ポリスストーリー」・・・と、ホントにわかってらっしゃる人が制作に携わってますね!!


この勢いでブルース・リーも刊行してくれたら、泣きますぜ!!!

よろしくDeAGOSTINIさんっ!!!!!!



あれから3年・・・俺たちの3・11
今日は朝からかすかに雪が降ってほどほどに肌寒かった。

3年前の今日も、雪が降ったんだよね・・・。


あれから3年か。


テレビでは、ほとんど震災関連の話題は放送されなくなった。
そして、震災前のようにくっだらないニュースばかりが垂れ流されている。


原発の問題も、まだまだ改善されていないし、非難している人たちもたくさんいるっていうのに・・・
なにもかもが、恐ろしいほどにスローペースで本当に復興が遅れている。

政治家はたくみに「原発ゼロ!!」とか煽って反原発を政治の道具にしようとしている者もいるが、もう、そんなのはでたらめだって誰もがわかっている。

そして、国や東電が何もしてくれないってことも・・・。

ただし、あの頃より、より正確な情報が手に入りやすくなったのも事実。
あの頃は情報も少なく、みな闇雲に「放射能は怖い」と神経質になっていたが、今では本屋さんに行けば、それ関連の本もたくさん売られている。

なので、未だに「低線量でも、将来なにがあるかわからない」とか言ってる人は、とりあえず、放射能に関する知識をある程度は勉強してからの方がいいと思う。

それでも、「放射能は怖い」というのならば自主非難でも何でも、自分のお金で賄える人はやったらいい。



オレ個人としては・・・



お年寄りや、もう転職とか別の土地で新しい生活するのは難しいと考えてる50代以上の中年たちは別として、とりあえず若者は反撃しろと言いたい!!


いつまでも、何かに頼っていたって、そんなものは自分の人生じゃないだろう。
人生は自分で切り開くものだ。


震災じゃなくたって、やれリーマンショックだ!台風で家が飛ばされた!親が事故で突然死んだ!!・・・。

いろいろあると思う。
その度に誰かに甘えるのかい?


いやいや、家がなくなったら、バイトして礼金敷金ためてアパート探せばいい。
住むとこ決まったら、今度はちゃんとしたとこに就職すればいい。


まるっきり元の生活とまではいかないかも知れないけど、新しい何かが始まるはずだ。



とりあえず、オレたちは今、生きている。
津波で突然、人生がなくなってしまった人たちがいるだろう。

とりあえず生きてるんだから、そういう人たちに申し訳ないだろう?
お年寄りが弱っているのは仕方ない。

だったら、若いヤツだけでも自立してまた新しい一歩を踏み出せばいいじゃないか。
そこから、全体が元気になって、本当の復興に繋がると思うんだよ。

なにか、なにからやればいのかわからないけど、とりあえず、「やろうぜ!!!」



生きることに感謝して、希望と夢を信じてみんなで突っ走っていきたい。



がんばろう!!
本当の意味で。




福島ロッカーズ/希望の唄




BLUEIII ちょっくら郡山でROCKすっか!!
3/28に郡山で開催の「-FUKUI&WATA PRESENTS- WELL WELL WELL Vol.1 」

記念すべき第1回めイベントは・・・!?




地元、郡山でも筋金入りの豪華バンドとの共演!!
盟友のCEDIN DEDEN やONE STEP BUSにLost Soul Revolt と、古くから郡山を支えてるカッコいいバンドばかり!!

他も素敵なバンド、最高なDJでお届けするIT'S FRYDAYNIGHT!!

BLUEIII,今回もぶっ壊れます!!ぼっぱじけます!!


みんな来てね~っ!!!!
4049SORRY!!







-FUKUI&WATA PRESENTS-
WELL WELL WELL Vol.1

2014.3/28(Fri)
AT.CLUB#9
OPEN.18:30/START.19:00
ADV.¥1000/DAY.¥1500

【LIVE】
Phantom Gypsy(NIIGATA)
BLUEIII
Lost Soul Revolt
IVORY COAST
ONE STEP BUS
CEDIN DEDEN

【DJ】
2913
INOMATA(TOKYO)
KUMAGAI&MATSUMOTO
and more…



ガッチャマンとアニメの実写化



何かと評判の悪い映画「ガッチャマン」をやっと観た。

いや、どのくらい酷いのかと思ってさ。


ところが、これが本当に予想を超えた酷さでびっくりした(笑)

「ガッチャマン」といえば俺たち世代が子供の頃に見ていたアニメヒーロー!!
’70年代という時代性をも超えた斬新な作品だったと思う。

だって、科学忍者隊だぜ!!
その組み合わせだけで、わくわくするじゃない?


ところが、今回の実写映画化はオレたちが知っている「ガッチャマン」はどこにもいなかった。


いや、オールドファンには「どうせ、今どきのイケメン俳優並べてやるだけだろう?」のネガティヴな意見もあったと思う。


しかし、頭の柔らかいオレには、それなりに妥当な配役だったと思う。

が・・・・

あくまでもちゃんと作ってくれたらだ!!


まず、コスチュームがダメだ。
「ガッチャマン」は全員、鳥がイメージなのよ。

だから、ヘルメットが鳥のくちばしの形になってるし、その形でどの鳥の種類か?って判別できるの。

例えば、コンドルのジョーだったら、本当にコンドルの形をしているから、子供が見てもわかりやすいし、カッコいい!!

ところが、今回の映画ではこの鳥ヘルメットが、ただのヘルメットに変更されてしまっている!!


これは結構なマイナスポイントだ!!




あと、剛力ちゃん演じる白鳥のジュン!!
オレ自身はショートカットを除けば、十分、剛力ちゃんでもジュンの役はいけると思っていた。

ところが、白鳥なのに色が何故か紫(!?)

しかも、ジュンだけ女の子だって設定をわかりやすくするために、スカートを履いてるのに、剛力ジュンは他のメンバーと同じつなぎタイプ・・・

ジュンはパンチラしてなんぼだろっ!!!(怒)



まあ、それでも内容がよければ・・・・


これがまた全然ダメダメなのだ!!!


予算もないくせに、中途半端にハリウッドのCGを上っ面だけマネしたアクションシーンの安っぽさにまず辟易・・


そして、あまりに雑なキャラクター演出のせいで、どのキャラにも全く感情移入できないのだ!!
それに加えて、下手な韓流ドラマじゃあるまいし・・・な、これまたうっすいラヴストーリーを無理やりぶち込む強引さ・・・

それも、剛力ちゃんをめぐって、桃李くんと綾野剛が三角関係ならまだしも、全然知らない別のメンバー(しかも、女優も知らない人)をめぐっての三角関係・・・。
しかも、そいつがベルクカッツェ(ラスボス)ってさあ・・・。

ベルクカッツェって、アニメでは男と女を合わせた阿修羅男爵みたいなキャラクターなのに、ただの女ラスボスになってるし!!!


流石に最後はあまりにつまらなくて、早廻しで観ました(笑)



まあ、お金がないのはわかるけど、じゃあ、そんなハリウッドのマネしなくてもよいし、日本独自の素晴らしい映画作ればいいのだけど、なんでこう、学習しないのか?

ハリウッド映画が全てではないけれど、やっぱり「マン・オブ・スティール」にしろ「アベンジャーズ」にしろ、それなりのクオリティーや意外性を持っているんですよ!!

なんか、今回の「ガッチャマン」は無理やりアメリカに「X-MEN」とかあるなら、日本古来からあったアニメキャラでもいけるんじゃね?・・・的な安易な発想が敗因だと思う。


それに、古いアニメの実写化とくれば、話題性も十分だしね(笑)



とにかく!!

今までも「キャシャーン」から「デビルマン」「宇宙戦艦ヤマト」・・・・と、アニメ実写化で成功した例は全くない!!


これからは、そんな安易な企画は立てないで、全く新しい脚本で勝負して欲しい・・・・・



とか言いつつ、実写版「ルパン三世」が控えてるんだよね~


やめなさいって!!!(笑)


次は郡山でGO!!
BLUEIII,次のライヴ3/28(金)は地元郡山CLUB#9にてお世話になっているWATAくんと2913のイベントに出ます!!

只今、絶好調!!(今夜はオールライト!!あ、知ってるか? W)なBLUEIII,今回も全力でバリバリいきます!!

またまた新しいアクション、新しいライヴアレンジでのスーパーライヴをぶちかましますんで4649SORRY!
安倍SORRY~っ!!!(消費税は上げないでね)

さてさて、またまた壊れた(壊した)楽器と身体をメンテして、攻撃態勢に入りましかね!!


やったるぜえ~!!ドクトルゲ~!!!!



20000Vと東京ロックの想い出
先日、ライヴした東高円寺二萬電圧だけど、昔は高円寺駅近くのアーケード内にあったんだよね。

数年前に火事でなくなっちゃったけど、ここは本当に想い出があるんだ。
オレがまだ東京に住んでた頃、20歳かそこいらからよく通っていた。

BLUEIIIの前身バンドとも言うべきTEASERってバンドがオレの活動の分岐点でね・・・。
それまでは、いろいろ思考錯誤していたけど、まだ自分のアイデンティティーが確立されていなくてさ。

TEASERってバンドで、トリオ編成のハードロックをやり出してようやく「これが自分のやりたい音だ!」って実感し出した。

当時はBOOWYとかバクチクとか、あの頃の呼び名でビート系っていうの大流行しててね。
みんなそんな感じの8ビートなロックをやってるのが多かった。

オレは流行ってる音楽なんて、その頃はクソだって思っていたから大嫌いだったよ。
今と違って、頭固かったからね(笑)

ただ、その頃、オレは解体屋とかいわゆる土方のバイトしてて、仕事仲間でもバンドやってるヤツが多かった。

土方とかキツイ仕事してるヤツらって、時流に流されない独自の音楽を貫く人たちばっかで・・・

バンドやってるヤツだけじゃなくて、役者目指してるヤツとか、金ためて自分の店持ちたいってヤツとか、不法就労の外人とかもたくさんいたよ。

郡山みたいな地方と違って、みんな夢持って働いてるヤツが多かったから、すごく励みになったし、楽しかった。

郡山みたいな地方だと、働くために働いてるとか、家族養うだけで精一杯とかで、夢持ってるヤツなんて一握りだもん・・・。

ぶっちゃけ、郡山帰って来たばっかの時って、「街が死んでる!」って思ったよ!!!!!


当時は仕事終わったら、20000Vとかのライヴハウスに行って雑誌に出てるバンドとか友達のライヴ見たり、その後飲み会やったり・・・で、毎日が生き生きとしていた気がする・・・。

で、土方のバイトしてると、パンクとかハードコアのヤツらが多くてね。

自分の音貫こうとしたら、そういう辛い仕事しなきゃやれなかった時代でもある。
ビート系とか、売れ線・・・いか天とか出てるバンドは大学生とかゆるいヤツらが比較的多かった印象がある。
あくまで、オレの主観だけど・・・


そんなヤツらとは住む世界違うし、友達にもならなかったよ。


で、オレはオールドスクールなブルースベースなハードロックをやってたけど、当時からライヴは大暴れでさ!!
下手なパンクバンドより全然パンクしてたよ。

毎回、オールドのベースを惜しげもなくぶっ壊してさあ・・・

ライヴやればめちゃくちゃ盛り上がったよ。


で、パンクとかハードコアの連中もみんなオレのことを気に入ってくれてね。
「ベイビーはかっけえ!意」とか言ってくれて、親しくなってね。

そんなある日、バイト仲間のパンクな友達が「ベイビー、今日オレたち、20000Vでイベントやるんだけどさ。一つバンドが出られなくなっちゃってベイビーたち出られないかな~?ノルマとかいいからさ!」とか言うのよ。

いや、オレ、その頃まだ20000Vでやったことなかったし、タダで出来るってんなら、やるっきゃないでしょ?(笑)

ドラムのフクヤマ先生は即OKよ。


しかし、当時のギターのヤツが仕事でどうしても出れない・・・

「じゃ、2人で出ようぜ!!」と行き当たりばったりでやることにした!!

もう、その日だから、当然2人用のアレンジもへったくれもない!!
とりあえず、音だけなんとかごまかそう・・・ってことになり、ベースに思いっきりファズをぶっかけて歪むだけ歪ませた!!

後は、いつも通りの大暴れよ!!

ところが、これが大いにウケにウケまくった!!!

当然、その日に出たバンドでオレたちはダントツ、スターだったよ!!

パンクから、ロックオタクなヤツ、サイコビリーのヤツまで大絶賛!!
あん時の大歓声は今でも忘れない。

時代遅れなハードロックを轟音ノイズで撒き散らすサウンドは、物凄く斬新だったと思うし、グランジを20年先取りしたようなサウンドだったからさ。

誰も、あんなライヴ、見た事がなかったんだね。


オレにとって一番のライヴって、高校ん時の文化祭ライヴなんだけど、間違いなくあの時の高円寺20000Vのライヴは生涯忘れられないライヴとなり、その後の人生決めたライヴは間違いなく、あの日の高円寺20000Vだったんだ。

あの後、郡山に帰った後も、ドラムがBLUEIIIの2代目ドラマーになる勝利くんになったりのメンバーチェンジはあったけど、TEASERはずっとこの2人編成で活動を続け、オレたちはどの会場でも物凄い盛り上がりだった。


しかし、時代が速すぎたんだね。

今でこそ、ホワイトストライプスとかの影響で、2人編成のバンドは当たり前になったけど、当時は・・・

お客には大絶賛だったんだけど、旧態依然としたその頃の日本の音楽システムの中では誰にも理解されなかった。

しかし、リスナーの求めるものは確実に提供していたんだ。



で、TEASERと平行して、遊びでやり出したのがBLUEIIIって訳!!

そう・・・


BLUEIII結成時って、まだTEASERと掛け持ちで、どっちかって言うと、TEASERの活動の方がメインだったんだよ。


BLUEIIIの場合は飽くまで遊びで、「じゃあ、ちょっとだけ時流に合わせて、ギターも入れた「普通の」バンド形態にしましょうか?飽くまで遊びだけど・・・」とね・・・(笑)

ことにした!!

当時、流行遅れのジャズロックとジャンキーでノイジーパンクを合体させたようなのをやろうとしてたんだ。

ところが、やっぱりウケてね。
だから、BLUEIII一本にしようと・・・


仙台のライヴハウスでやった時も絶賛されてさ!!
「めっちゃ、すげえよあんたたち!!でも、何で歌入れないの?歌入れたら無敵なのに?!」って、褒めてくいれたから「いや、全然入れられるどころか、敢えて入れなかったんだけど・・・。そんなに言うなら入れますか?」
・・・ってところから、今のBLUEIIIに繋がるわけ!!!


そして、あれから20数年・・・



場所こそ変わったけど、そのBLUEIIIで20000Vで今回ライヴできたことは本当に感慨深かった。

しかも、友達のthe waruinamidaさんの10周年記念にだなんて!!!



これぞ、ロック的タイミングだわね!!!



まあ、何事も経験だわな。

ただ・・・・


オレがやることって、毎回10年は先を行き過ぎてるとは最近思うね。



頭ん中は20年は遅れてるんだけど・・・・(笑)



そういや、オレたちにも「20000V」って曲あるんだけど、もちろん20000Vにささげた曲だ。



またやりたいね。


あそこで・・・・








祝!thewaruinamida 10周年!





昨日は東高円寺二万電圧にてthe waruinamida 10周年記念イベント「"枕詞は殺せない8"」でした~!!

もう、この記念すべきイベント、10周年にふさわしい素晴らしいイベントになりました~っ!!

本当に音楽が、そしてバンドが好きやっているthe waruinamidaさんには本当に敬意を表しますが、一口に10年と言っても並大抵のことではやれません!!

ただ楽しいだけじゃ、続けらんない。
特に10年もやってるといろんな事があるわけです!!

the waruinamidaさんとは毎年、下北沢のDasyBARって素敵なライヴハウスで新年会をやるんですが、初めて見た時から大好きでしたよ!

で、やっぱり初めて見た時より、今が全然カッコいい!!
いや、やり続けていると本当にバンドがたくましく成長していくんですね。

そんなthe waruinamidaさんの10周年記念イベントだからして、本当に素晴らしいのは当たり前!!


早速、レポいきたいと思います!!


BE AGGRESSIVE
男性ドラム、男性ギター、女性ベースの3ピースだけど、ドラムがリードヴォーカルという変則的スタイル!!
ギターもベースもガッツあるスタイルで、硬派硬派!!

坊主頭の堅実なギターに痺れるが、髪を振り乱しながらグレン・ヒューズばりにベースを弾く女の子がまた超カッコよくて・・・!!

そして、とにかく抜け出してくるような言葉と、説得力あるドラム兼任の男子が熱くて素晴らしかった!!


ザ・ロマンス
最近、ライヴハウスでよく名前を聞いていたので、見たかったバンド!!
キュートな女の子ベースと女の子リードボーカルに、男性ギター、男性ドラムの4人組!!

キャッチーでワイルドなパンクロックをこれでもか!と叩きつける!!
そして、とにかくボーカルの女の子の声がすごくいい!!

突き抜けてくる声というか・・・
こういう歌っていつまでも聴いていられる。

そして、ブラックサバスのTシャツ着たギタープレイもカッコいい!!

しかし、バスドラムからパンチラ物ともせず、L7ばりに大ジャンプの超アグレッシヴなベースの女の子に脱帽でした(笑)


DIE YOU BASTARD!
こちらも前から是非、一緒にやりたかった強面男4人組!!

もう、壮絶なスピード感に、ず太いサウンドにまずのっけからKO!!
とにかくカッコいい!!
めっちゃ硬派なハードコア!!


やっぱり、オレはこういうバンドに弱いです!!

ボーカルの方の優しい感じもまた男らしさを感じて・・・

最高すぎた!!!!


BLUEIII
とにかく、the waruinamidaさんの為にやりきりました!!
出し切りました!!
次の日は身体、がったがたです(笑)





the waruinamida
本当に素晴らしかった!!
てか、今まで観たライヴの中で最高!!

物凄い気合の入れっぷりで、メンバー全員一丸となって、なにかと戦っているような凄みを感じた!!

物凄いグルーヴ!!
物凄い演奏!!!

脱帽です!

楽しかった!!!

本当にこのバンドと出会ってよかった!!

こんなスゲエバンドが日本にはいるんだぜ!!と自慢したくなった!!

本当にカッコよかったです!!!!



ライヴ終わった後も、いろんなバンドさんと話せたけど、DIE YOU BASTARD! さんはヴォーカルの方が福島ってことで意気投合!!
親しくなれて本当に嬉しかったな~!!


BE AGGRESSIVE さんのベースの女の子は、ステージにいるときとオフが全く別人・・・てか髪しばると、元AKBのマリコさまそっくりのかわいいコだったんで、ステージ降りたら全然BE AGGRESSIVE の人だってわからなった(笑)
しっかし、この人、ベースうまいな~。
かわいいし天使だ!!(笑)


ザ・ロマンスのキュートなベースは何と!!高校生ん時にうちらのライヴ見てたとか・・・
しかも、ヴォーカルさんと姉妹だったのですねの美人姉妹だっ!!!!

ちなみにベースが妹さんで、ヴォーカルがお姉さんらしい。
どちらもMIWAちゃんに似てた(笑)


しかしやっぱギターの人とサバスの話が面白かったり・・・(笑)



そしてthe waruinamida さんとはまたいつも通りのバカ話・・・
いや~、本当に楽しかったな~


あと、お客さんでも前に郡山に住んでた・・・てか、先週のヤマさんの7周年でもあったばかりのラリーさんにも会えたし、10年ぶりにうちらを観てくれたお客さんもいたり、お店の方にも気に入ってもらえて、大充実の一日でした!!!(次の日、身体も楽器もボロボロだけど・・・笑)


そんな訳で、the waruinamida !!
本当に10周年おめでとうございます!

これからも頑張ってください!!!



よいお歳を!!!!(笑)









プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する