BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
ボーン・イン・ザ・USA


ブルース・スプリングスティーンの最新作「ハイホープス」の初回限定DVD がスゴい!

なんと、「ボーン・イン・ザ・USA 」の完全再現ライブ!


完全再現ライブって、けっこう、流行ってて、こないだもデフレパードの超名盤「ヒステリア」を再現したやつを見たばっかだった。


なんか、こういう作品がリリースされる度に、なんか昔の栄光を引っ張り出してきて・・・みたいなネガティブな印象を持っていたんだけど、実際見てみると、そんな印象は一瞬でぶっ飛んだ!


てか、感動で大号泣ですよ!


確かにボスも歳を取った。


身体のキレも昔のようにはいかない。



しかし、やっぱスゴいんですよ!
てか、圧倒的!


カッコいい。
とにかく、カッコいい!


もう、間違いなくオレが、このアルバム聴いたあの時代に引き戻してくれる!


燃える!

このアルバム聴きながら、陸上部で夏の合宿で、校庭走った高校生ん時の記憶が蘇るんだよ!



しかも、ボスは未だに現役!

オレが高校生だった頃から、未だにずっと明日なき暴走してるわけ!




おのライブ観て、オレもまだまだ頑張らねば!と思ったよ。



まさか、2014にボーン・イン・ザ・USA を観れるとは思わなかった。


ボス、あざーす!!






マハヴィシュヌ・オーケストラ



一人で車に乗るときはたいてい、ジャズを聴くのがほとんど。

ジャズとは言っても、ジャズロック、或いはフュージョンよりのジャズだけど・・・。

で、これ!!
マハヴィシュヌ・オーケストラ!!

マイルス・デイビスとも重要な仕事をした、あのジョン・マクラフリン率いるバンドですよ!!
写真はファースト同様、名盤のセカンドアルバム「火の鳥」

これが、これでもかってくらいの超絶技巧で変拍子から、インタープレイから、スゴイのひとこと!!

ただし、メタルの単調な速弾きなんかとは違い、めまぐるしく展開が変わり楽曲も重厚でドラマティック!!

オレはこのバンドのドラマー、ビリー・コブハムのソロ名盤「スペクトル」を気に入り(もち、ギターはトミー・ボーリン)本命バンドを聴いてみたら、ぶっとんだ!!

いや、キング・クリムゾンのファースト聴いたときくらいの衝撃!!

そんじょそこいらのハードロックバンドが束になってかかっても敵わないようなロックしたサウンドは、とにかくスゴイ!!


しかも、こんな難解な音楽が(だって、歌も入っていないインストバンドよ!)’70年代初めにめちゃ売れていたというのが信じられない!!

いや~、いい時代だ(笑)


この後、いよいよオレはマイルス・デイビスに手を出してしまったから、もう抜けられなくなってしまった!!


とにかく、ロックしか聴いていなかった人がジャズに手を出すのにかなりオススメ!!

これ聴いて気に入ったら、同じく、マイルス門下のチック・コリアのリターン・トゥー・フォーエバーなんかもオススメです!!!





ど~い~つも、こ~い~つも、バカばかり♪
今年の目標は穏やかに生活するってこと・・・

しかし、その誓いは早くも破られた!!


実は昨年の健康診断で永らくず~っとAランクだったオレの診断がここに来ていきなりのEランクにがた落ち!!

まあ、オレもそれなりにいい歳だし、こんだけロックで不規則な生活してんだから、いつこのくらいの結果になってもおかしくはなかったんだけど、自分なりには健康管理はしているんだよ、これでも(笑)

だから、かなりショックだったね。

いや、毎日ジョギングとか欠かさないし、食べものも、平日はカロリー高いものは控えてるし、常に腹八分目というか・・・。


なにが一番悪かったと言えば、それまで無縁だった血圧が高くなったこと。


ああ、しあし、これは思い当たるふしがありまくりだ!!


だって、腹立つことばっか多すぎるから!!
最近、いつにも増して、めちゃ怒りっぽくなったもん。


いや、オレ自身はね、実に平和な男なの。
楽しくやりたい!!



オレを逆上させる理不尽な輩が悪いんだよ!!
オレ、自分からは絶対、ケンカとか売らないからね。

めっちゃ平和主義だし(笑)

でも、訳分からないこと言うヤツには、立ち向かっていくわけです。
売られたケンカは迷わず買う!!


今年もいきなり先が思いやられるが、我慢しすぎるのもストレスになるし、オレは性格上、間違ったことするヤツが大嫌いだからさ。

穏やかに過ごしたいよ、いやホントに・・・・


ど~い~つも、こ~い~つも、バカばかり~♪・・・ってか(蛍の光の替え歌で)
大和龍門先生っ!!助けてくださいっ!!!



いよいよ今週末より東京2DAYS!



BLUEIII,いよいよ今週末土曜日より、東京2DAYSです!!

寒いけど、バッチリロックしに来てよっ!!

楽しみましょう~っ!!




2.1(土) 幡ヶ谷Heavy Sick                
『PYROMANIA Vol.8』
   OPEN/START 17:30/18:00  前売¥2000 当日¥2500
   w/KATY DTA ROCK、JESSY、VIOLETS、the BUS-DRIVER'S PLAYER


2.2(日) 新宿JAM                    
   
   OPEN/START 18:00/18:15  前売¥2000 当日¥2500(D別)
   w/OCTOPUS ROCKS SPRINGFIELD、無限放送、OUTSIDE
 

チケット予約→BLUEIIIホームページ
親離れ、子離れ
オレは比較的、親離れが早かったんだと思う・・・

高校出てから、すぐに家出同然で東京に旅立って、一人で生きてく決心をしたから。

東京にはバンドで成功したいって思って、それから8年くらいいたんだけど・・・。


結果的に、よかったと思う。
世の中が知れたし、福島のちっぽけな町しか知らないオレがほんの少しモノを知ったから。

まあ、やっぱ経験は人を強くするというかね・・・



親はずっとオレの活動には反対だった。
未だにそうだし、その点に関しては、亡くなるまで父親は理解してくれなかった。

でも、それでもよかったと言えるのは、ホントに最後の最後にはちゃんと対等に楽しく酒が呑めたこと。


初めて親が子離れした瞬間であったと同時に、やっとオレを大人としては認めてくれたんだ。


今、毎日のように、それまで疎遠だった母と楽しい時間を過ごしている。
しかし、子供の頃の親と子供の関係ではなく、新しい親と子供の絆が生まれたというか・・・。

やっとこの歳でわかったことは・・・

人間、他の誰かに認めて欲しいっていうのはあるとは思うけど・・・

親には別に自分のことを認めさせることはないってことかな。


ただ、ここまでくるのは本当に時間がかかるよ。

オレ、東京で土方やってる頃、何度も死にっぱぐるような仕事とかしていたんだ。

でも、同じ地方から出てきた友達とかとさ、話すわけ。
みんな地元に置いてきた親や兄弟が心配じゃん?

もちろん、逆に心配もかけたくない。


しかし、どんなに離れようとも、親のことを思う「気持ち」さえあれば絶対に繋がっていられるんじゃないんだろうか?と・・・。


だから、本当の意味で、親離れ、子離れなんてのは実はないんじゃないのか?と思う。

もちろん、親のスネかじるのとは言葉の意味が違う!!



どんなにがんばっても親だけは超えられない。
そう思う。

しかし、親と同等、それ以上に頑張らなければその答えは出ない。




だから、オレは幸せだと思う。


うまくいかねえ!でも、多分それがロック!!!!
来月は、ライブの本数も多くて、気合いとかより、どうにか身体をもたせられれるか?が課題だった。


しかし、今日は死刑宣告ともとれる仕事の話を聞いて落胆・・・


だって、土日休みなし通告だぜえ?

しかも、もう今月も月末に差し掛かっているのに、いきなりの予定変更・・・
それに倍近くの仕事量って!?

いくらなんでも、それはないだろう?

休みに何もすることない似非仕事人間ならともかく、これは時代とあまりにも逆行し過ぎてるわ。


現代って、いかに残業とか休日出勤をせずに、合理的にかつ利益を出して、給料ガッポリが基本でしょ?


それが、給料変わらない、ボーナス安過ぎ、忙しい現場には人をいれないくせに、間接部署のモノ作らないPC眺めて電話ばっかかけてるような場所には人がたくさん人いる・・・てな理不尽極まりない方向を走ってる。

IT企業とかならともかく、こちとら製造業だぜ?聞いたことがないよ、モノ作る人より、机の前に座ってる人が多い工場なんて・・・

まあ、オレは・・・

好きでもない仕事をちんたらやって、好きなことも出来ないなんて状況は、生きてる意味ないじゃない?

少なくとも昔から仕事なんて、食うためにやっているのであって、仕事なんて大嫌いだ!!
だから、出来るだけ合理的に仕事をスムーズかつ迅速に済ませ、残業とかなるべくしないように頑張ってるんだけどね。

残業しないで、仕事もこなせれば会社的にも、人件費浮いてすごくいいじゃん!!




逆にさ、ガキの頃からそういう職業につきたいって夢持って、そのために一生懸命勉強して大学出て、「オレはこの仕事のためなら、どんな残業も休日出勤も屁でもない!」ってヤツならカッコいいと思うよ。

しかし、オレには今オレがやっている仕事はそれほどやりがいがあるスゴイ仕事だとは全く思えない。
リーマンショックの頃に有能な人が辞めていった光景も見ているしね。

いつ、いなくなってもおかしくないような仕事だ。


しかし!!


それでも頑張って、妥協して、なんとか打開していくしかないのがロックなヤツのやり方だと思うんだ。

諦めない信念さね。




今日はスタジオだった。

極上のブルースを演奏してきたよ。




来月のツアーじゃ、完全にパンクでブルースでロックなライブを奏でるさ。




まあ、メジャーとかいって、ユルい空気吸ってやってるバンドには、オレたちのやっていることなんか到底理解出来ないだろう。




世の中に出てなくて、世の中の中心にいなくて、何がロックだっての!!



いくらサウンドがよくたって、スピリッツに反逆精神なくなって甘えた業界人になっちまったら、んなもんロックでもなんてもない、ニートに毛がはえたくっだらねえ卑怯もの、詐欺師と同じだ。

イージーリスニングでもやっててくれ!!!




ホントのロックはもっと身近なとこにある!と、オレは思うんだよ。


オレのロックは、いつもなら言えない事をアホな上司にぶちまける勇気だ!!


だから、24時間、ロックしてなきゃいけないんだよ!

でも、カキンカキンに突っ張りすぎて、切羽詰って死にたくもないよね・・・・?(笑)



だから、対処出来ない時は、まさにロックンロールジークンドー!



柔軟な感覚で解決し、ロックしたい!



なんとか、やるぜ!!


いや、この状況を打破したい。



響くロックは・・・人生的に苦労してる音さ。




ロックとデジタル
ここんとこ、PCの調子悪くて、ブログがあがんなかったりする・・・

あと、せっかく途中まで書いてたのが、いきなり消えちゃった・・・とか。
それと、ツイッターのついっぷるが、なんらかのトラブルで出来なかったり・・・と、ここんとこデジタル関係に悩まされている。


PCは古いのが原因だと思うけど、それにしてもお金かかるよね、PCって・・・。
ついっぷるも何とかせんと、直さないと連絡取れなくなる人もいるし、なにより不便だ。

昔はこんなこともなかったし、オレみたいなアナログ人間でもなんとかやれてた時代だったけど、今やPCもある程度は使えないと、働き口も限られてくるばかりか、どんどん時代に取り残されてしまう・・・。


では、こと音楽・・・いや、ロックはどうか・・・?

昔だったら、ロックやるのはアナログが美徳とされていたと思う。
演奏するのも、人力だし、そういや、デジタルの最先端とされていたテクノポップグループのYMOでさえ、ちゃんと人力で演奏していたんだから!!

もちろん、現代ではクラブ系音楽や、デジタルをフル活用して、カッコいいロックをやっているバンドもいるのは間違いない。
要は表現方法だし!!

しかし、オレが思うに、基本的にはロックって、昔とあんまり変わっていない気がする

だって、ロックの代名詞とされるエレキギターやエレキベースだって、未だにチューニングしないと演奏できないし、ドラムに限ってはどこまでも原始的な楽器だ。

未だにチューナー使って、1本づつチューニングするなんて、なんてめんどくさくてアナログな作業なんだろうか?




まあ、ギターに関しては、ジミー・ペイジが使い出した、ボタン一つでどんなチューニングも可能なギターも開発されたし、最近ではローコストで一瞬でチューニングできるギターまで発売された。

’80年代にも、ロック式というチューニングが狂わないギターも開発されたが、ちまたのロックやってる連中のほとんどが、そういったものを使いたがらない・・・。


これはどういうことか?

なんかカッコ悪いんじゃないかなあ?!


これはレコーディングに関しても同様で、昔からレコーディングしたもののミスをやり直せる技術はあったものの、少なくともみんなマジメに1曲を通しで録音していたわけですよ。

ところが、このレコーディング業界にもPCが普及し始め、プロツールを使って、好きなだけ編集できる!!
つまり、ミュージシャンは通しで演奏しなくとも、ほんの1小節、2小節、演奏しただけで、あとはPCの編集によって、楽曲を完成することが出来る!!

ボーカルだって、レコーディングはおろか、ライヴ中にピッチを調節できるのだ!

これにより、今までレコーディングというと、長期作業と思われていたのが、ものスゴイ時間を短縮できる!!


笑えるのが、「オレたちゃパンクだから、レコーディングなんて一発録りだぜえ!」なんて言ってたミュージシャンの方が、結果的にお金も時間もかかってたりする・・・(笑)

一発録りとは言っても、通しで演奏するからね。
1~2小節レコーディングしちゃって、「あと編集でよろしく!」ってインテリミュージシャンには叶わないわけだ!!

一発録りとは言っても、結局、一回だけじゃ気に入らなくて、何回も録り直すから、金と時間が垂れ流されるって訳・・・!!

それと、先ほど、インテリミュージシャンって言葉を使ったけど、今どき、プロツール使うのは当たり前、常識的なことで、全然インテリでもなんでもなくなった。

逆に「オレたちパンクだぜ!」なんて一発録音にこだわってるバンドの方が、物凄く贅沢でセレブなレコーディングしているという皮肉・・・(笑)


まあ、いろいろ意見が分かれるとは思うんだけども、オレはセレブでもお金もないけど、まあ、働いてお金ためても、昔ながらの方法で録音したいね。

それなりにデジタルには頼るとは思うけど、人間味のある音が録音できたらなって思うわ。
人間らいくて原始的なのがロックだと未だに思ってるし・・・。




ちょっと前に、あるパンクバンドがパンクバンドのくせに自分たち専属のPAをつけて、専門用語使ってリハする姿に吐き気がしたわ!!
しかも、CD通りに曲の途中で、PAが間奏だかに効果音とか入れちゃってさあ・・・。


なんかだっせえな!って思っちゃったもん!!!



まあ、そんなわけで、オレはやっぱりデジタルとはほぼ無縁なただのロック野郎を目指すわ。

そこんとこよろしくっ!!(笑)




※テクノとかハウスやりたくなったら、必死でデジタル勉強するけどね!!
そこんとこもよろしく!!(まず、いまのところないけど・・・笑)




フォーエバー・フィーバー


これは、ブルース・リーぼんくら全ての夢を叶えてしまった映画だよ。


ブルース・リーぼんくら映画の最たるもんが、「阿呆遊戯」であったり、「ラストドラゴン」であったり、「シンデレラボーイ」もそうだよね。

リアルって意味じゃ「マルチュク青春通り」もそうだ。


これらはみな、ブルース・リーぼんくらのパラレルワールド!

微妙に、違っていたりもするんだけど、間違いなく"あの時代"を経験した者にしかわからない世界・・・


つまりは、住んでいた場所こそ違うものの、みんな同じ時系列で繋がっていたんですね!




これは、ブルース・リーのファンじゃなくて、ブルース・リーぼんくらが見るべき映画。


ブルース・リーぼんくらは、やっぱり、サタデー・ナイト・フィーバーにはまったし、そのサタデー・ナイト・フィーバーの主人公のトラボルタ演じるトニーですら、自分の部屋にブルース・リーのポスターを貼っていた。


見てない人は、是非!

特にブルース・リーぼんくら(笑)






時間よ止まれ!



あれ?「ゴールドラッシュ」の写真じゃないの?と思うなかれ!!

最近、化粧品のCMで矢沢永吉さんの「時間よ止まれ」が流れてるんだよ。
この曲、初めて聴いたのが小学生の時だね。

あの時もCMで流れてたんだ。
今頃、何故?って思う前にぞくっと来たよね。

今回のCMでの使い方が、かなり粋で。
はじめアコギの間奏から入るのよ。

ああ、これインストでそれらしく演出かなあ・・・?
と、思わせつつ、永ちゃんの「幻で~♪」って歌が突然来るんだ!!

もう、痺れるのなんのって!!

で、この曲には思い出があって、その後中学生になってさ、オレはバスケ部とかで普通に部活少年だったけど、小学生ん時からの友達でつっぱり・・・今で言う不良、ヤンキーになっちゃったヤツもいてさ。

でも、全然オレはそういうヤツらとも仲良くて・・・。
「ヨーボー(中学の時のオレのあだ名)、ブルース・リーのポスター手に入ったぜ!!今度、うち来いよ!」
なんて誘われるわけ。

オレたちの時代は中学生って言ったら坊主頭なんだけど、そいつはそんな坊主頭でも、伸ばしていいぎりぎりのラインまで伸ばして、そこに無理やりポマードつけて、目いっぱい、さかなでてる訳よ(笑)

学生ズボンはボンタンに2タックでさあ。

で、そいつの部屋には当時、流行ってた横浜銀蝿とかクールスのポスターが貼ってある訳・・・。

灰皿にはシケモクがあって、中学生のくせに吸ってるし!!
「ヨーボーやるか?」

「いやいや、オレはバスケやってるから・・・2本くらいにするわ」みたいな。


で、ひときわそいつの部屋で目だっていたのが、当時の永ちゃんの「キス・ミー・プリーズ」のポスターだった。


「これ、時間よ止まれの人だよね?すごくいい曲だよね。でも、あの人テレビ出ないよね」
と、聞くと

「永ちゃんは本当にカッコいいぞ!!男はああいう風になんなきゃダメだぞ!」
とか、言いながらタバコふかしてんだから、全く説得力がない・・・

「あ、ヨーボー、約束してたヤツ」

そう言って、オレに渡したのが万〇きしてきたブルース・リーのポスターだった(笑)


そいつの家には、何回も行ったけど、なんかオレなんかより、すげえ大人な感じがしたね、そん時は・・・

いつも、そこでキャロルのレコードをかけてくれるんだ。

まさか「時間よ止まれ」の人がこんなロックンロールをやっていたとは知らなかったと同時に、1年生の時の文化祭で、やはりつっぱりの中でもつっぱりの番長が組んでたバンドでやってた曲がキャロルの「ファンキー・モンキー・ベイビー」だったのがびっくりだった。

なにを隠そう、この時のそのつっぱりの先輩たちのバンドがオレのロック初期衝動だったんだから人生わからない!!


そして、「時間よ止まれ」を聴くと、タイムスリップするんですよ、あの頃に・・・


タバコの匂いと、キャロルのレコード・・・
そして、楽しかったあの頃に・・・・

とか、思い出にふけってるように思えるけど、あの頃とやってる事が未だに変わらないんだ(ちゃんちゃん!)


明日の朝は「時間よ止まれ」を聴いていこう!!!







ロックは40から!?


ローリングストーンズ、いよいよ来月来日だね!


ど平日だし、地方なオレには、いくらラストツアーになるかも?と言われても、行けないわな。


ああ、わかってるよ。
仕事なんか、ぶん投げて行かなきゃって気持ちも。



ただ、そういうのは30代までかな。



オレはまだまだ若いけど、今、この時を生きなきゃいけないロックの姿勢もある訳で。


まだまだ守りに入るつもりはないけれど。





先週、先輩が昨年のストーンズのハイドパーク(!)ライブのBlu-rayをくれたの。



還暦どころか、70過ぎて走ってる痩せ細ったミックの姿を見て、やっぱり、頑張ろうって思ったさ。




ああ、40代からは勢いだけしゃ、ロック出来ないわな。

でも、生きてる限り、やれる限りはバカやりたいわ。


普通になりたくない。


あいつ、バカだな、すんげえな、腹が出てないわ!とか、見せたいね、まだ(笑)


ローリングストーンズ。

若いヤツには絶対、ホントのところはわからんよ、やっぱり!!




恋の放火魔/The MIDNIGHTS


これ、サイコー!
今、こればっか聴いてる!!

The MIDNIGHTSのアルバム「恋の放火魔」



シンプルでキャッチーな、こぎみよいロックンロールが、たて続けに10曲!!


これが、繰り返し繰り返し聴きたくなるほど素晴らしいのだ!!


どの曲も、きゅんと来るような、懐かしくてイカした歌詞と程よく疾走するビートが溶け合って、たまらない心地よさ!


ランナウェイさんのロッキンな歌声とヅンさんの優しい歌声に、マサルさんの爽やかなコーラスも相変わらず無敵だ!


どの曲も、ルーズでいてタイト!いや、タイトでいてルージー!!


ギターのはじける小気味よいカッティングだけで肉踊る!


先週、ライブも見たが、とにかく彼らはカッコいい。


出会ってもう、かなりの年数が経つが、彼らはよい意味で、出会った頃から全く変わっていない。

いや、変わらない不変のカッコよさというか・・・。

ただ、サイコーな曲を作って、ただサイコーな演奏をする。

ただ、それだけなのに、なんてカッコいいんだろう。

そのブレないカッコよさが、このアルバムには全て詰まっている!



今、オレが一番憧れ、目標とするバンドは間違いなくThe MIDNIGHTSだ!


彼らのような潔いカッコよさ!


あれをオレも身に付けたい!!




The MIDNIGHTS

サイコーです!!




BLUEIII次のライヴは2月に東京二本立て!!
マジ、寒いよっ!!

オレんとこ郡山でも連日氷点下で、並みのヤツなら弱音吐いちゃうところ・・・

いやあ、それにしても先週、東京行ったときは温かくてびっくりだったなあ。
マジで、Tシャツに革ジャンで、下北の街を練り歩いたくらいだから(笑)


もちろん、オレは氷点下だろうが、雪降ろうが、モモヒキもちろん、今流行りのヒートテックだか、ビートチックだかはダサいから着ないよ。
なんかさ~、負けた気がするんだよね(笑)

そんなわけで猛烈に気張って、この冬もロックしまくりますが、BLUEIII、次のライヴは・・・!?


なんと来月2月に東京2DAYSですっ!!
やりますっ!!




2.1(土) 幡ヶ谷Heavy Sick                
  『PYROMANIA Vol.8』
   OPEN/START 17:30/18:00  前売¥2000 当日¥2500
   w/KATY DTA ROCK、JESSY、VIOLETS、the BUS-DRIVER'S PLAYER

2.2(日) 新宿JAM                   
   
   OPEN/START 18:00/18:15  前売¥2000 当日¥2500(D別)
   w/OCTOPUS ROCKS SPRINGFIELD、無限放送、OUTSIDE


この後も2/9にはつくばでオレのトークショーもありますっ

2.9(日) つくば市 Kitchen Soya                 
  『Music Landscape  Rocket Dash Records企画』 ※ベイビー佐々木 トークショー出演
   OPEN/START   ADV/DAY ¥/¥(+1D)
   w/(トーク)...and more
   DJ/伊香賀守(RDR/つくばロックフェス)


で、その後は親友のヤマさんのお店の7周年記念イベントに出ますっ

 2.22(土) 郡山Club#9                   
  『HANG OVER 7周年』 全館貸切       
   OPEN/START 19:00~オールナイト
  
いっぱい出るみたいですが、グッド・ロッキン・ダディーとダイエッツ、アクロバットアスリートとかウエノさんとか素敵な面子がたくさん~


それから・・・


3/1(土)にもライヴ決まりました!!

友達のThe waruinamidaのなんと10周年記念イベントにお呼ばれいたしました!!
めっちゃ光栄ですっ!!

場所は高円寺二万電圧ですっ!!


まだまだ寒い日は続きなすが、身体を酷使して頑張りますので、ロックよろしく!!!


 






燃えよドラゴン 輸入版LP

まず、今日の写真!

土曜日の下北沢で見つけた!

なんか、見たことないから、オレ的にはレアですが。



バックが黒じゃなくて白ってのも斬新ですが、Enter The Dragon の字体も違う。


よく見ると、ブルース・リー・アンドジョン・サクソンじゃなくて、ブルース・アンド・ブランドン・リー・アソシエーションとあるし、下には25アニバーサリーとか書いてある。


没後、25周年の完成版CDのアナログ版かな?と思ったけど、曲は通常バージョンと同じ・・。


どなたか、このレコードの秘密、知っている方いませんか?w




オレのROCK始まった!
昨日の下北DASYBAR,新年初ライヴ!!

はっきし言って、ぶっとばした~っ!!

ああ、完全に復活どころか、超絶好調だったぜ!!


やっぱりロックしてるときがオレがオレな時だわな。




昨日は対バンも最高だったよ。

初めてやったインフレーション宇宙!
超いい感じじゃん!!

痺れたね。


the tenderness  
速攻、ファンになりました!!
熱かった!!大好き!!


the waruinamida
最高すぎ!!
更にパワーアップしてるし、この人たちは本当に信用できる!!
とにかく素晴らしいバンド!!
3月の10周年イベントも超楽しみです!!!


The MIDNIGHTS
もうね、The MIDNIGHTSはバンドマンの鏡ですよ。
こんなにカッコよくて潔くてブレてないロックバンドはいないです!!
オレ、今年の目標はThe MIDNIGHTSだよ、マジで!!


そして、DASYBAR,昔ったから、オレらを支えてくれてありがとうです!!



オレたち、もう少し頑張るわ!!!




ありがとうございました!!!


明日はライヴだ大爆発だ!!
激寒いっすね~!

家ん中でも、はく息が白くなるってどういうこうったい!!

それでも、今日はなんかいい日だったなあ。
何事もなく、無事に一日が終わるってことがさり気なく幸せだったりするんだね。


それと、まだ新年始まって、そんな経ってないのに、もう一ヶ月くらい過ごしてる気がする。
身体が新年に慣れてきたってことなんだろうね。


しかし、しかし、どうにも今日は寒い!!

いや~、ホント、こういう日は何するにも大変ですが明日!!

新年一発目のライヴだ!!

キメるぜ東京っ!!
大爆発だっ!!

おっしゃレっツ!!世界征服だっ!!


今週末土曜は新年一発めライヴ!!
今日は新年一発めのスタジオでした!!

正月ボケもそんなになく、ガッツリとロックしてきた!!

てな訳で今週末土曜日は新年一発めライヴです!!

今や毎年恒例、下北沢Daisy BarのDaisyBar Happy New Year Rock'nRoll Showに今年もお呼ばれいたしました!!

友達のThe MIDNIGHTSも、the waruinamidaも出るよ!!
熱い新年会になりますっ!!


みんなっ!!
今年も一緒にロックしようっ!!!


1.11(土) 下北沢Daisy Bar
『DaisyBar Happy New Year Rock'nRoll Show '14』

OPEN/START 18:30/19:00 
前売¥2000 当日¥2500

w/The MIDNIGHTS
the waruinamida
インフレーション宇宙
the tenderness
BLUEIII

 



いよいよ今週末!新年一発目ライヴ敢行!!
今週末、土曜日に今年初ライヴやります!!

またまた毎年恒例の下北沢Daisy BarでのDaisyBar Happy New Year Rock'nRoll Show に出演します!!


面子もいつもの(笑)、The MIDNIGHTSやthe waruinamidaとご一緒!!

今年一年を熱く燃え上がらせる一夜!!

どうぞ、よろしく!!





1.11(土) 下北沢Daisy Bar   
『DaisyBar Happy New Year Rock'nRoll Show '14』

OPEN/START 18:30/19:00 
前売¥2000 当日¥2500

w/The MIDNIGHTS、the waruinamida、インフレーション宇宙、the tenderness  



LEGENDS OF DRAGON SPECIAL EDITION




パート1、パート2がかなりのクオリティーで、パート3の発売が待たれていた「ドラゴンへの道」の写真集「LEGENDS OF DRAGON 」がパート3ではなく、SPECIAL EDITIONとして登場!!

今回のSPECIAL EDITIONは前2冊と違い、ハードカバーの豪華版!!

折りしも、最近のブルース・リー関連の写真集と言えば、「ENTER THE DRAGON/A Photographer’s Journey」やら「THE TREASURESOF BRUCE LEE」やら、全てハードカバーばかり・・・。

しかも、「THE TREASURESOF BRUCE LEE」なんて日本版の「ブルース・リー・トレジャーズ」まで買っちゃったから、嬉しい反面、収納が大変・・・

いや、狭い日本の住宅事情では、ブルース・リーグッズの置き場所がないのが現状なんで、結構ありがた迷惑なこのハードカバー写真集リリースラッシュだ!(笑)

まあ、それは置いといて、今回の「LEGENDS OF DRAGON SPECIAL EDITION」


写真こそ、前2冊より数が減ったものの、かなり大きめなサイズ(1ページまるまるもある)の写真が多く、しかも前2冊より、あきらかに鮮明な写真なので前2冊と被る写真でもかなり新鮮!!

これは表紙の写真からも明らかで、量より質を選んだ感がある。

前2冊から、美味しいところをピックアップと、全く観たことがない未公開写真をプラスしたベスト版ですね。

しかも、ブルース・リー自身による直筆の説明文なんかも、掲載されていて、資料的価値もあります。


それと、前2冊では「ドラゴンへの道」以外の、例えばトニー・リュウ出演の映画(タイトル不明。どなたか教えて~?)の撮影やアンジェラ・マオの「女活殺拳」(!?)撮影に立ち寄るブルース・リーの写真なんかも収められていたけど、今回はなんとあのユニコーンの「麒麟掌」撮影に行ったときの鮮明な写真も掲載されていた!!

もちろん、倉田先生も写っていますが、ブルース・リーの髪型がモロ、タンロンなんで、なんだか嬉しくなってしまいます。


トータルして、これは「ドラゴンへの道」の究極の写真集と言えるのではないでしょうか?

同じ趣旨で作られた「燃えよドラゴン」写真集「ENTER THE DAGON A Photographer’s Journey」を内容的に軽く超えちゃっています。


そして、この写真集を見て思ったのが、本当にブルース・リーって、いい顔をしていますね。
全て、生き生きとしていると言うか・・・

もう、見ているだけで元気もらえますが、先ほど申しましたとおり、ハードカバーの大型本であり、かなりの重量もあるから、気軽にさらっと見れないのが難点!!

見るときは、「よ~し、見るぞ!」とかなりの気合が必要です(笑)


てか、頼むからせめて次は昔の「シネアルバム」くらいの写真集をお願いしたいです。
いや、お値段も(笑)


とにかく、ブルース・リーファンには一家に一冊のお宝と言ってよいでしょう!

特に「ドラゴンへの道」が好きな人は絶対GETです!!!








初海!!




昨日は新年初サーフィン!!

毎年のことではあるが・・・


当たり前だけど、寒いです(笑)

今年は特に寒かったせいか、なんとビーチには一人もサーファーの姿が見えませんでした・・・
波も悪かったしね!

ホント、好きな事とは言え、海に入るまでがとにかく憂鬱で・・・
着替えが一番寒いのです!!

しかし、いざ海へ入ってみると、まあ海水が氷のように冷たいのは仕方ないとして、めちゃ気持ちよかった!!

今年もまた始まったんだな・・・と実感したし、今年は何の根拠もないんだけど、いいこと起きそうな予感がします!!


いい滑り出しだよ!!



やりますかあ~






2014年スタート!!
今年も始まりました!!

今年は喪中ってこともあり、おめでとうが言えないのと、年賀状が来ないのがちょっと寂しい・・・。


まあ、今年スタートより先に、昨日の大晦日!!
うちは毎年、昔から紅白を観るんだけど、紅白、ここ10年の間で一番凄かったかなあ、個人的には・・・。

あまちゃんコーナーが、まさかあんなオールスターキャストで、大サービスしてくれるなんて予想もしていなかった!!

能年ちゃんが出るのは事前にわかっていたけど、まあ、ゲストでGMTメンバーとか、よくて橋本愛ちゃん・・・いや、ユイちゃんと潮騒のメモリーズ再結成くらいとか思ってたもん。

それが、ほぼ出演者を揃えて、鈴鹿ひろ美に春子ママですよ!!
あの感動的最終回のメドレー編集を、生でやっちゃった!!

しかも、よくよく考えてみると、ユイちゃん、春子ママ、夢の東京でのアイドルデビューじゃんか(笑)


あと、やっぱりサブちゃんの紅白引退とヒロさんの引退だよ。

そして、大島優子さんのAKB卒業発表と、もう、なんだかお腹いっぱいな紅白だったかな。



今日は年末大掃除の疲労からか、家でず~っと映画観たり、ぐったりしていたよ。

それに、元日にお金を使うと、その年一年はお金が出て行く・・・って、佐々木家のしきたりに従っての、どこにも出かけなかったって訳(笑)


あ、あと、ブルース・リーの「ドラゴンへの道」の写真集が届いたよ。
ちょっとしたお年玉だったね。

素晴らしい内容の写真集だった。
そのうち紹介いたします。


そんな訳で今年も、楽しく頑張っていきますかあ!

みなさん、今年もよろしくお願いいたします!!






プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する