BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
あけみちゃんへ



もう10数年経つか・・・

福島県は須賀川市で起きた祈祷師殺人事件を記憶しているだろうか?

狂った祈祷師を名乗るおばさんの家から信者のミイラ化した遺体6名が発見された。
その祈祷師のおばさんによると、そのミイラになってしまった遺体はまた生き返る・・・なんてベタなホラー映画でもやんない言い訳だよ。

そのおばさんは悪霊払いと称して、祈祷の儀式に使う太鼓のバチで死ぬぬほど叩いて信者6人を殺してしまった。

テレビのニュースや新聞でも報道したからオレも知ってはいたんだけど、最後の一人のミイラ化した遺体の身元がわからなかった。


ある日、新聞を見てびっくりしたよ。
オレの高校の同級生であり、友達でもあった友達の女の子が新聞の1面に掲っているんだ。

高校の卒業アルバムからの写真だった・・・


その女の子は高校の時、ソフトボール部のマネージャーでさ。
ボーイッシュなショートカットでめちゃめちゃ性格も明るくて、かわいいコだった。

他校の男子からも告白されるくらいモテるコだったよ。

オレは陸上部にいて、ソフト部とは隣の部室だったから仲よかったんだ。


卒業して、オレは東京出てさ、たまに高校時代の友達で東京出た友達と呑んだりしてたんだ。
彼女も東京出ててさ。

相変わらずかわいくて、オレですらキュンとくるくらいかわいかった。

そのコは福島に帰る予定で帰ったら、デパートのメガネ売り場にいるって聞いてたから、目が悪いオレは「じゃ、メガネ買いに行くからやすくして~」なんて冗談言ってたよ。
あれが彼女と会った最後だった・・・


そしたらこの新聞記事だ。
「あいつ、なにかやったのか?」の不安をよそに、その須賀川祈祷師が殺した最後のミイラ遺体の身元が彼女だったんだよ!!!!


あんなに明るくてかわいかったあのコが何故????


あの頃一緒に飲んでた友達に聞いたら、福島に帰ってから彼女の親が亡くなったりして、かなり大変な状況だったらしい。


それで、ああいう祈祷師にすがってしまったのかな。

で、実際の犯行の動機は悪霊もクソもない実にくだらないものだった・・・


信者の一人の男性が祈祷師のお気に入りだったらしいのだが、その男性は若くてかわいいそのコに好意を持ってしまった。
だから、嫉妬に狂った祈祷師が悪霊払いと称して死ぬまでバチで叩き続け死に至らしめたんだ。


陸上部の昔の仲間と話したよ。

バチなんかで叩かれて痛かっただろうな。ただでさえ親が亡くなって精神的に落ち込んでるときにさ、そんないんちき詐欺師に出会ってしまってさ。

オレたち、友達なのに何も出来なかった・・・・・・。






先週


いきなりだけど、その祈祷師が死刑執行された。


死刑になってもあのコの笑顔は返ってこない。

オレは45になったけど、あのコは20代のまんまだ。
あの東京で見たときのまんまで時間が止まってしまった。

あのコの歳のとり方も、どんな人生になっていったのかもわからない。

オレの音楽も聞かせられない。



身近に起こったことの中ではあまりにも痛ましい事件で、未だにオレの中ではトラウマになってる。





死刑執行されたからって、それがどうしたっていうんだい?



The Black Light Junkys あんちゃんさよならライヴ






今日は仙台ennでThe Black Light Junkysのイベント!

ちょっくらROCKかましてきた。
オレは今日はお客さんには悪いけど、The Black Light Junkysのためだけにライヴをした。

普通なら怒られるかもしれないけど、今日は特別な日だ。




今日はThe Black Light Junkysのベースのあんちゃん最後のライヴでした。

本当に素晴らしいライヴだった!!!

別に最後だからと言って感傷的になることなく、変な仕掛けをすることもなく、気負いもなく、いつも通りの最強なライヴだった。

この人たちのライヴは常に気合入りまくっているので、常に最高なんだけど、やはりこのメンバーでのラストとあって、なんか全編に渡って気迫みたいなもんが伝わってきたよ。

いつもなんだけど、MCもほとんどなく、自分たちがかっけえって思ってる音楽を攻め続けるんだ。
ある意味ROCKの原点というか・・・。

最近はべしゃりからパフォーマンスまでまるでJ-POPみたいに洗練されすぎたバンドが増える中、The Black Light Junkysのスタイルは本当に貴重で潔くて、オレの中ではスーパーリスペクト!!

一見、ぶっきらぼうでとっつきにくいんだけど、一度ハマれば病み付きになる!!
それがThe Black Light Junkysだ。


あんちゃんの凶暴なボーカルとゴリゴリのリフベース・・・
忘れない!!



これからのThe Black Light Junkysにもめちゃくちゃ期待する!!

いつも本当にありがとう!!



ROCKもらった!



スタジオ!



さて今日はスタジオ練習!

明日のライヴの仕上げ・・・


ホントはライヴの前日とかはスタジオ入れるの好きじゃないんだけどね。
みんな忙しくてスケジュール合わせるの大変だ。


やっぱ前日とか、ましてやライヴ当日・・・直前は気持ちを落ち着かせて集中、調整したいから、各個人練習やらスタジオ練習とかは3~4日くらい前には完璧にしておきたい。

ライヴ当日は余裕で出来るように。


頭で考えなくとも、身体が勝手に動くようにしときたいとこだね。

明日のセットはしばらくやっているセットだから、しばらく合わせてなくともやっぱり身体に染み付いている。

雑なとこもたくさんあったし、オレの高い意識からすれば全然だったけれど、足りないとこは気合でカバーさ!!



明日はばっちり決めますの仙台!!

みなさん、夢の時間を過ごしましょ!!




写真はイワタ・リーにMTRの説明してるところ・・・


今時分、ドラマーだってMTRくらい使えるようにしとかないとね!!



明日、仙台で会おう~


4649!!!




新しいポスターを!



さて、BLUEIII、今月のライヴは明後日の仙台にて終了!

10月は新しい曲作りに新しいライヴセットの練習に没頭する!
こないだ出来た曲にちゃんとした歌詞を入れたり構成を考えたりして形にしたい。

何とか11月のライヴでお披露目出来ればと考えております!

そして11月!!
東京をメインにかなりのライヴ数が入ってます!!

また、せっかくライヴのご依頼してくれた方々・・・
スケジュールと被ってしまったりして、本当にすみませんでした!

またの機会に是非ともまたお誘いください!!


てな訳で相変わらずライヴの依頼も絶えないですが、11月から年末にかけてそろそろ本気出しますか!!

最強の新曲を最強のセットで望みますぜ!!


その前に明後日は仙台にて超絶ライヴをお届けするぜ!!


考えるな!ロールしろっ!!
なんてって・・・(笑)



やったね!?ハリー






ヨロブンアニョンハセヨwwwwww


はい、どうも~

ROCK好きでブルース・リーマニアのあっしはベイビー佐々木です~(笑)



今日は友達のハリーの会社対抗ボーリング大会の応援に行ってきたで!!

大会の結果はまあ(笑)伏せておくことにして、大事なのは対人と目もあわせられなかったあのハリーが、堂々とこういった公の場で自分の好きなことをやり遂げたことだった!!

しかも面白かったのがなんと第1投め!!


いきなりのストライクですよ!!


奴は本当にやってくれる!!


それ以降は残念ながら緊張がほぐれたのか不調に陥ってしまうのだが、ゲームも中盤頃・・・
オレが「そろそろなんかやってよ!!」と囁いたら・・・

出ました~~~~!!
またもストライク!!!!



そして2ゲームめの最後の方かな?

「ここはストライク出しとかないと!!」のオレの言葉に・・

「ストライク出しますよ」!!の頼もしいお言葉(笑)


で、またまたまた見事ストライク~っ!!




こういう大事なとこで見せられる奴ってやっぱスゴイよね。
まさにR&Rだ(笑)

まあ、まだまだこれからよ人生は!!



またの奇跡に期待しま~す(笑)



いや~、今日は笑った笑った!!

ハリーさんほか、ボーリング大会参加メンバーのみなさん、本当にお疲れ様でした!!!










頑張れ!ハリー



ヨロブン、アンニョンハセヨイムニダWWWW

はい、ど~も~
ブルース・リー好きでROCKマニアなアニキ、忙し人ベイビー佐々木で~す!




オレの友達のハリー、明日はいよいよ運命の日である!!

はじめに説明すると、このハリー、別に外国の人ではない。
「ハリーポッター」にそっくりだったのでオレがつけたニックネームだ。

うちらのアルバム「BLUEIII登場」収録の「奴はハリー」のモデルとなった人物だ。

で、このハリー・・・
映画「ハリーポッター」シリーズが終了したので、終了したくらいに出てきたアイドルのきゃりーぱみゅぱみゅが旬だったんで、ついこないだまで、ニックネームがハリーポッターからハリーぱみゅぱみゅに変わった・・・。

しかし、さすがに呼びづらいので苦情が殺到!

つい先日から次のAKB48をになうじゃんけん大会でも優勝したぱるるからいただいて(関係ないがオレの推しは仁藤萌乃ちゃんで~す)ニックネームをハリーパルルにしたばかり・・・

ハリーとのつきあいも長いが、奴の人生は面白すぎるので省略する(笑)


まあ、観るからに面白オーラを身に付けたハリーパルル!

そんなハリーが明日、人生最大級の日を迎える!!
とは言っても普通の人にとってはただの会社対抗ボーリング大会なのですが・・・(笑)

しかし、ハリーにとって今までの人生の中でこういう表舞台に立つ機会はなかっただけに、普通の人に例えると結婚式・・・はたまた甲子園にいく・・・に匹敵する最大のイベントである!!

で、オレは奴に本日、最高のエールを送った!

それが、今日の写真なんだけど、(まあ、どっかで見たような言葉なんだけど・・・)明日はみんなそんなハリーの健闘ぶりを応援しようではないか!


オレは明日、会場に応援に行く!!かもしれない)


まあ、そんな一直線で「サクラ対戦」で時間を無駄にしてきて、KARAで覚醒し、(今のところ)ボーリングとT-ARAに命を懸けるハリーをオレは心から(うそ)応援したい!!

奴を笑うモノはオレが許さん!!
「人の夢を馬鹿にするな~」(どっかで聞いた台詞(笑))



明日はたとえ優勝や入賞できなくとも、何かはやらかして欲しい・・・

頼むぜハリー!!!!!






曲が降って来た~



今日は朝からめっちゃテンション低くてさ・・・

ただでさえブルーマンデーなのに、この天気のせいさ。
昨日からいきなり、こないだまでの残暑が嘘みたいな寒さなの!

あ~あ、かったりい~、仕事なんざサボっちまいて~・・・
とこを何とか気合でシャンとする。

ぼ~っとしながら車に乗り込むといきなり!!


降って来たね頭ん中に!

すんげえカッコいメロディーがあ!!

正確にはリフなんだけどさ。
あ、知らない人に教えとくとオレの場合、リフって言うのはギターで奏でるイントロのことです(笑)

かっけ~リフが出てくると、そこに乗っかる歌が歌詞つき(!)で出てくる!
で、あっという間にサビまでいって、ギターソロの間奏までず~っと頭で鳴ってる・・・


思わず口づさんでエンディングまで一気だぜ!!

お~っ!!出来た出来た久しぶりにいい曲だ~

いや、いい曲できるときって、その曲やってるときのライヴの光景まで頭ん中に映し出される。
「ロックンロール24時間」とかもそう。


で・・・

そういうときに限って録音環境が全く整っていなかったりする(笑)

仕方なく・・


ず~っと暗記するまで一日中口ずさんでるんですよ。

ところが!

そういうときって何故か1曲だけじゃなくて、次々と曲が出来ていく・・・



今日も続けて2曲!
すんげえのが出来た!!

てか、久々に来たで作曲モードが!!

このモードになると1曲出来たら10曲出来たも同じ!!

「ロックンロール24時間」のときもそうだったなあ。
続けて「ボーナスロック」が出来て、ライヴじゃこの2曲が続けて演奏される・・・っていう勝手なシュミレーションもオレの頭の中で出来てた。


今日はとりあえず3曲めができそうなとこで、やめといて一日ず~っとこの2曲を頭ん中でリフレインしてた。

で、今やっと家に帰って4トラックのカセットMTR(マルチトラックレコーダー)に録音したとこだ。


いや、歌とギターだけなんだけど、オレの頭ん中にはもうドラムもベースも全て入ってるんだ!!

最高にライヴで生える曲!!


ちょっと構成煮つめて11月から始まる怒涛のライヴで披露したい!!



来たぜ!!


曲つくりモード!!




次のライヴは仙台ennにて!!




ROCKかますぜ!!

いよいよ次の土曜は友達のThe Black Light Junkysのイベントに仙台ennでライヴだ!!

この日はちょっと特別でね。

The Black Light Junkysからベースのあんちゃんが抜けるんだわ。
あんちゃんさよならイベントだ。


どんなバンドにもこういう事ってある。
うちらだって気がついたらオリジナルメンバーはオレ一人だったりする。

これ、まわりの人には絶対にわからないと思うし、ごちゃごちゃ意見言っちゃいけない。
当事者でしか理解らないことがたくさんあるんだ。

The Black Light Junkysにもあんちゃんもこれからカッコよく突っ走ってもらいたい。

全力でやります!!!



みんなこの日は空けといてくれよ!!


ROCK!!



9.29(土) 仙台enn3rd   
   『The Black Light Junkys Presents GROOVE JUNKY NITE 009 』
   OPEN/START /  ADV/DAY ¥2000/¥2500(+1D)
   w/Yellow Studs(東京)、カイサンキング(東京)、THE DARLINGS、THE V.I.P. KILLERS
    ingri and the mommies、The Black Light Junkys他


サーフィン!






ライヴない時はサーフィン・・・何もない時はサーフィン・・・サーフィンの時はサーフィン・・・・!!

てな訳で昨年の分もサーフィンしまくるサーフィンウィークエンドな生活が完全復活!!


ここんとこいきなり寒くなって、雨の日が続いたんだけど、天気予報では土曜日晴れると言っていたので本日サーフィン敢行!!

先週の台風日に比べると、波がおだやかでサーファーは初めオレ一人しかいなかった。
そうは言いつつ、実際に海に入ってみるとサイズこそ小さいけれど十分サーフィンが楽しめるレベルだった。

浜にも天気はよくてもちょっと肌寒かったので、たまに犬の散歩している人が通るくらいでほとんどいなかった。

つまり、今日の海はオレのプライベートビーチみたいな感じ(笑)

もう、波に乗り放題!!

夕方近くまでサーフィンしていたよ。


サーファーもオレ以外に2人に増えて、素晴らしいサーフィングしてたなあ・・・


最近はいったん休憩入れて、海を見ながらご飯食べるのが好き。
めっちゃ贅沢に感じるんだよね~

まあ、家で作った来たお弁当とかコンビ二で買ったパンとかおにぎりなんだけど(笑)

昨年の今頃はこんなこと夢のまた夢だったからね。
昨年の地震と原発問題で、いわきの海は復興のめどがいつたつのかもわからなかった。


だから今、福島の海でサーフィンできることの喜びが半端ない!!


震災前よりサーフィン・・・てか海に、自然に対する愛情が更に高まったよ。


出来る限りこれからも海に行きたい!!


今日も最高な一日だったぜ!!



さらば夏ドラマ~ 2012




昨日まで残暑厳しかったし、いつまで夏が続くんだろ?って思ってたけど、今日は雨のせいもあって肌寒い一日になった。
なんか、いきなり寒くなるんだよね。
で、秋を感じるというか・・・

そして、夏の終わりを告げるように夏ドラマも次々と最終回を迎えている。

今年の夏もいろいろ話題作はあったものの、やっぱり神ドラマになりえるもんはなかったかな~!?


オレ的に一番気になったのがやっぱり「GTO」!

10数年前に反町くん主演で大ヒットしたオレ自身も5本指に入れてる程の神ドラマのリメイクだが、正直あんな神ドラマをリメイクしてほしくなかった・・・てか、そっとしといて欲しかった。

オレは原作も大ファンで、原作漫画をはじめに読んでいたから、あの頃は反町くんヴァージョンの「GTO」でさ最初はすんげえ違和感があった

かなりの脚色がしてあるし、キャラ設定も主役の鬼塚先生他、みんな大胆にアレンジされていたからね。
しかし、見続けていると、「これはこれでありかな?」っていうか、これ、原作を完全に超えてしまった神ドラマなんじゃない?って思ってしまったもん。

やっぱり、よいスタッフに乗りに乗ってるよい役者さん使うとこんな神ドラマも生まれるもんだなって痛感したもんだ!!

この反町版「GTO」は未だにDVDで見ているほどのファンだし、スペシャルドラマも映画版も観ているオレとしてはリメイク自体が認めたくないところだった・・・。



今回もリメイク、エグザイルのAKIRAが鬼塚役で、本来はジャニーズの赤西も候補に挙がっていたようだ。
ヒロインの冬月先生から、内山田教頭から、今回はかなり原作に忠実なキャラ設定・・・。

しかも、単なるリメイクではなく1話以外は新たな原作からのエピソードも盛り込み、すごい工夫が見られた。


が!!


肝心の鬼塚役のAKIRAの演技がもう、こっちが見ているのが恥ずかしいくらいの棒読み演技なのよ・・・
見る度に失笑というか、この棒演技のせいでドラマ世界に入っていけないというか・・・!!

ただ、女子高生役の役者さんがモデルの本田翼ちゃんはじめ、みんなかわいくてそれだけで見る価値あり!だったのもまた事実で・・・(笑)

まあ、最初の段階からもう全然期待しないで見ていたドラマだったけど、段々とはじめ下手だったと思っていたAKIRAがすごくよくなってきてね。

下手だけど、すげえ一生懸命さが伝わるというかさ。


まるでキース・リチャーズとかジミー・ペイジみたいな下手うまな味わいというか・・・
なんか、毎回泣けるんですよ、この下手うまな味わいな演技に・・・(笑)

しかも、このAKIRAが出演していた「タンブリング」ってドラマの再放送がたまたま郡山でやってたの見たら、ヘタウマどころか、めっちゃうまいの、AKIRA!!!!

ただ単に役柄があっていなかったんだと思うよ。

まあ、10月にはスペシャルもあるみたいなんでやっぱり見てみよ!




あと、全く話題にならなかったからノーマークだった「黒の女教師」!

はじめ見た瞬間、なんか「女王の教室」のパクりかあ?と思ったんだけど、複数の教師がお金もらって難事件を解決していく・・・って斬新な設定と毎回、水戸黄門のようなワンパターンなきめ台詞「愚か者!」もまたカッコいいから見始めた。


しかし、回が進んでいくうち、ちょっと強引過ぎる展開の回やマンネリ感が続いてちょっと惜しいドラマになってしまったのが残念・・・。

最終回も薄っぺらだったし・・・




日曜にやってた向井くんの「サマーレスキュー」もSUPERFLYの素敵な音楽と、山の診療所ってところが面白いかな?と期待していたんだけど、どうにも漂う「コードブルー」感と、ロンドンオリンピックのために放送中断されるなどで冷めてしまって、録画しただけで見なくなっちゃった!





オレ的にまあまあだったと思ったのは、これまたタイトルだけで全く期待していなかった月9の「リッチマン、プアウーマン」

タイトルからして「セレブと貧乏太郎」のパクリ!?みたいで設定もまるでバブル時代みたいでとっつきにくかったんだけど、意外に内容もしっかりしていた。

まあ、小栗くんやARATAの素晴らしい演技が外さなかった理由かな。

石原さとみのドジな女の子はちょっと大げさすぎて見ていてつらかったけど・・・
まあ、よいドラマだったね。





こうやって見てみると現代ドラマすべてにいえるのは、やっぱり1クールでは短すぎるってこと。

視聴率重視なのかもしれないけど、このせいで最終回の前の回くらいからあまりにも無理で急激な展開になってしまい最後は無難にハッピーエンドで終わる・・・って傾向が強い。

あと、せっかく最初の方こそ丁寧に作ってきたのに、締め切りが決まっているからか、最後に詰め込みすぎの感がどのドラマにも感じられる。

だから、見ている人は登場人物に感情移入する前にドラマが終わってしまうんだ。
それもあって名作と言われる記憶に残るドラマが作られにくいんだと思う。


春にやってたドラマを思い出してごらん?
全然何やってたか思い出せないでしょ?(笑)


昔だったら・・・まあオレの時代だったら「傷だらけの天使」とか「熱中時代」とかさ、「太陽にほえろ」とか「俺たちは天使だ」みたいな映画の名作と比べても色あせない素晴らしいテレビドラマの名作があったものだ。


別に昔の役者さんに比べて今の役者さんが劣っているとも思わないけど、なんか視聴率だけに振り回されてよいドラマ作れない今の状況は勿体無い気もしますね。

なんとかこういう傾向、状況を打破してもらいたい気もするけど・・・



そういいつつテレビっ子のオレはまたドラマを見続けるとは思うのですが・・・(笑)


まあ、秋ドラマに期待しましょう!!!




来月のブルース・リーに向けて



来月はいよいよAKさんのスペシャルオフ会と言うべき「SONG OF DRAGON Mike Remedios The Final LIVE IN OSAKA」!!

で、普通の人から見ればくっだらないことかもしれないけど、当日に着ていくものを今からセレクトしているのです(笑)


いや、ブルース・リーじゃなきゃいけないし、ROCKじゃなきゃいけない!!


て、事は・・・!?

ブルース・リーでいいじゃん!


いや、最近、ブルース・リーがかけていたサングラスに非常に似たものも発売されたし、シャノンさんイベントの時に例のエレファントブレスレットをするの忘れてたんでめちゃ後悔・・・

革ジャンはあの白いライダースかKILL BILLのどっち着てくか悩み中・・・(笑)


まあ、そんな話はどうでもいいが、来月のイベントに命をかける男一匹ベイビー佐々木です~!!!!




AKHDオフ会第二弾!
SONG OF DRAGON Mike Remedios The Final
                   LIVE IN OSAKA
  時   ■2012.10.14(sun)
 場所  ■Live House VOXX http://live-voxx.com/
 開場  ■13:00
 開演  ■13:30
 終演  ■17:00(予定)
 参加券■9,000円(別途+500円1ドリンク)
    特典:AK制作マイレメ来日記念特別映像収録DVD(収録約10分)
    特別価格:LIVE IN OSAKA Blu-ray 先行予約受付(発売日2012.11.27予定)
       内容:LIVE IN OSAKA、LIVE IN TOKYO、メイキング(収録約90分)
       価格:送料・税込\3,000(参加者のみ特別価格でご提供します。)


 <予定プログラム>
 哲人28号のロケ地巡り最新レポート
 レインボー師父・AK・とその仲間達による4kings BLトーク
 マイレメ発掘苦労話、マイレメ&レインボー師父トーク、LIVE! SONG OF DRAGON
 マイレメと記念撮影&握手会(オプション:2ショット撮影\1,000)
 その他BL関連物販も予定しております。


  応援人 ■4 Kings

主催 :制作■レインボー師父&AK&哲人28号
    協力■studioPOD

 ■演目
 bruce lee's game of death
 the game of death
 alone in the night
 tomorrow song
 to be a man
 the way of the dragon
 fist of fury



 ★参加券発売日 2012.7.20 零時 限定80名★
  (当日ご入場は整理番号順となります。)
  9月1日ついに予約者が座席数の80名が埋まりました。
  当日のキャンセル等も考慮して会場に入場可能な人数の100名までは立見席として入場数を
  確保させていただきます。
  
未発表音源はありか?なしか?



今日の写真を見てください!!

これ、ぜ~んぶSEX PISTOLSの未発表音源を集めたCDばっかなの!

やっぱファンとしてはさ、こういう音源って気になるよね~
しかも、アナログを経て、’90年代からよくこういう企画モノ作品のリリースが相次いでいる。

まあ、未発表音源って言ってもだいたい3つに分けられるんだけど、だいたいライヴかアルバムに入りきれなかった捨て曲・・・それに、完成版前のデモヴァージョンとかだね。

その中でもライヴは重宝されたりするし、昔はブート・・・海賊盤で物凄い金額で西新宿とかのショップで売られていた。

オレも上京したばかりの時、田舎のレコードショップでは見たこともないような夢のレコードが並んでいてびっくりしたもんだった。

大金はたいて家のレコード針に落とすまでの夢なんだけど・・・
で、レコードかけた途端にもう、ローファイとかそれ以下なまるでトンネルの中で演奏しているかのような雑音が聴こえてきて悪夢に変わっていくんだけど(笑えない・・・)


それが、’90年代に入り、叩き売りのようにこれら海賊盤で悪い音で聴いていたような見発表音源が割りと安い価格、そしてかなりの高音質・・・しかも正規盤で相次いでリリースされたからびっくりしたもんだった。

PISTOLSに限らせてもらうと、本当にバンドが活動期間中にリリースしたアルバムは1枚だけ!!
まあ、正式には「ロックンロールスウィンドル」も入れれば2枚か。

それなのに未発表音源が出るわ出るわ!!

たまに掘り出しもの的によいものもあるんだけど、ほとんどがコアなファン以外にはオススメできないようなものばかり・・・
それとマニア向けの研究材料としての価値しかない。

それでも1回めは「おお~っ」となるし、感激するんだけど、なんだかった言ってやっぱりオリジナル盤に戻っていく感じかな・・・

なんかこう書くとめっちゃ未発表音源に対して否定的だと思われがちだけど、そうでもない(笑)

やっぱりいくら好きといっても同じアルバム「勝手にしやがれ」ばっか聴いていると飽きるし、デモ音源でちょっとアレンジやテンポが違うヴァージョンなんか聴いた日には改めて楽曲への愛が深まるというかね・・・。



最近ではPUNKはもちろん、JAZZなんかでも未発表音源が10周年記念だとか25周年記念だとか言ってリリースされまくっているけど、ほとんどが商魂たくましいレーベルの思惑とは思いつつ、やっぱり気になって買ってしまうというのがファン心理です(笑)


ちなみにオレは「俺たちに明日はない  NO FUTURE UK?」ってアルバム聴いて、感激した思い出があります。

ほぼデモトラックで構成されたアルバムなんだけど、完成盤よりテンポが遅かったり、音質もチープでヴォーカルの入りかたとか違かったりして、SEX PISTOLSが単なるチンピラなんかじゃなく、純粋な音楽家っていうのをすごく理解できました。

ん~
騙されたと思っても買ってしまうこれら未発表音源!!

まあ、夢があるからいいんじゃない??



仁藤萌乃ちゃん!やっぱり来たぜ~っ!!!












今年のいつだったか忘れちゃったけど、このブログで記事にしたから憶えている人もいるかも?

そう、オレが今一番好きなアイドルはAKB48の仁藤萌乃ちゃん!
実はホント、このコ、物凄く失礼ながら今年に入るまで知らなかった・・・。


ところが、ある日放送した芸能人同士がそれぞれの得意分野で一番・・・てっぺんを決めるという番組「TEPPEN」って番組の書道対決で見事優勝したのがこの仁藤萌乃ちゃんだった!!

番宣の段階から「この凛々しい顔したカッコいいコは誰だろ?」と思っていたんだけど、まさかAKB48のメンバーだったとは・・・!?

まあ、AKBって今や国民的アイドルで、今更オレが説明する必要もないし、オレもそれなりにスゲエ人たちなんだなあ・・・っては思ってたけど、まあ、そんなにのめり込むほど好きってほどでもなかった。

それでも本とか読んだりして気にはなってたんだけどね・・・。



ところが、この「TEPPEN」での書道やってる仁藤萌乃ちゃんの美しい姿はオレの先入観をこっぱみじんにぶっ壊してくれたぜ!!


前から言ってるけど、オレ、何かに長けてカッコいい女の子が好きなんだ!(萌乃ちゃんは書道四段!)
それと、大好きな女優の前田亜季ちゃんにも顔がすげえ似てるのね、萌乃ちゃん(笑)

で、AKBって言ったらやっぱり例の選抜総選挙!
萌乃ちゃんの順位見たらなんと55位という低さ・・・

これじゃ、神7はおろか選抜シングルのMVにも出て来れないじゃん!

あんなに書道うまいし、凛々しくてカッコいいし、かわいいのに!!

で、ファンになったからにはいろいろと過去のことも知りたくて、萌乃ちゃんのこと調べたり、ブロマイド探したりした。

で、調べたらホントこの人、すんげえ欲がない(笑)
人と競うのとか好きじゃなさそう・・・

しかし歌もダンスもすげえ練習してて、めちゃ上手くてメンバーからも認められているんだって。

てか、誰のアンダー(代役)やらせてもこなせる努力家とか!
しかも、ある番組じゃ日本一~世界一のバンジージャンプに挑戦してもシャンとしてるカッコよさにますます惚れたぜ!!

一時期は今より目立たない時期もあったみたいで、イマイチ伸び悩んでいたような・・・!?

それが、今年の例のオレが見た「TEPPEN」でAKBの中でいつの間にか美貌最強と言われるあのこじはると見間違えるくらい異常にかわいくなっていたという・・・。


俄然、仁藤推しメン(笑)になったオレですが、8月に上演のミュージカル「ピーターパン」ではヒロインのウエンディ役にも抜擢された萌乃ちゃん!!

なんとオレは東京国際フォーラムで開催のこのミュージカル、萌乃ちゃん目的で見に行ったんだ!
てか、生萌乃、めちゃめちゃかわいかったっす!!

演技も歌もめちゃ上手かった!!




で、本日!!

昨年まではOUT OF 眼中!だったAKBじゃんけん大会!


今回はテレビながら参戦させていただきましたよ!!
55位の萌乃ちゃんがもしかしたらセンターに???のチャンスはこのじゃんけん大会くらいだし・・・


とは言え、萌乃ちゃん、過去のじゃんけん大会の成績見ると、めっちゃじゃんけん弱い~っ!!!



てな訳で、もしかしたらチラッとでも萌乃ちゃんがテレビに映ってくれればいいな・・・くらいにあまり期待せず、いざテレビの前に・・・

AKBメンバーそれぞれの勝負服を着て望むじゃんけん大会・・・
萌乃ちゃんの服装は・・・?


はずしません!!
書道大会と同じ袴姿で参戦!!

一番かわいくてカッコよくて輝いてる服装で参戦って、ホントにファンの期待を裏切らない!!
てか、おしゃれ番長のともちんは別として、おしゃれでも萌乃ちゃんはすっげえファッショナブルでカッコいいと定評!

なのにあえてファンが喜ぶこの服装!!
わかってるな~



そして始まったじゃんけん大会・・・

司会者もだけど、予想屋みたいな胡散臭い奴から、みんな神7とかのメディア組や、これから期待できるようなメンバーのことばっかで誰も萌乃ちゃんのことなんて眼中にないんだ!!

誰も仁藤萌乃に注目してない・・・
ふさけすぎてあったま来たぜ~っ!!

しかも、カメラですら萌乃ちゃんを抜かないし・・・

そんな環境最悪の中、なんと萌乃ちゃん、あれよあれよと言う間に勝ち進み、昨年のチャンピオン、マリコさまにも勝った日にはガチで涙してしまったぞ~

もう、これでもかってくらいテレビで露出する露出する!!

その後も初代チャンピオンにも勝利し、なんと~っ!!
決勝に!!!!!!!!!!



相手は今、秋元氏がさしこくらいプッシュしてるぱるる!!
世紀の一瞬!!

これで萌乃ちゃんが勝っていたら、歴史が変わっていただろうに、今まで努力してきたけどスポットが当たらないメンバーも主役になれるんだ!!と見守っていた・・・



残念ながら優勝はぱるるで、萌乃ちゃんは2位だった。

しかし、準優勝ですよ!!
この後、火曜曲スタジオでAKBの代表曲「ヘビーローテーション」がじゃんけんでは負けた神7の大島、たかみな、まゆゆらが中心に披露されたんだけど、そこには一緒に歌い踊る萌乃ちゃんの姿が・・・!!

それに優勝のぱるると一緒にインタビューではちゃんと萌乃ちゃんにもスポットが!!

しかも、この代表曲を代役でもなんでもなく、萌乃ちゃんがテレビで歌った日には感動と感激で涙止まらなかった~


いや~、うまくマスコミに踊らされてる感がありありなんですが、そんなことはど~でもいいっ!!


とりあえずは次の次のシングルでの新曲での萌乃ちゃんの勇姿を待ちたい!!





てか、ここまで熱く語ってる時点で完全にオタだな(笑)

いやいや、ロックやる奴なんてもともとオタクなんだからいいんだよこれで・・・・!?(爆)



今日の写真は(上)がいよいよ準決勝進出な萌乃ちゃん。

(中)がぱるると決勝の萌乃ちゃん。

そして(下)が先日「TEPPEN」の芸能人書道対決で優勝したときの萌乃ちゃん。
このときとほぼ同じカッコで、今日のじゃんけん大会に挑んだのがまた燃える!!いや、萌える(笑)


準優勝おめでとう萌乃ちゃん!!!!!!!!!

これからも応援します!!







続・荒野の用心棒





「ワイルドバンチ」に続き。オレ的西部劇傑作その2は・・・!?

出たあ~っ!!
フランコ・ネロ主演の「続・荒野の用心棒」

これ、「ワイルドバンチ」同様に今更オレが紹介するまでもない名作・傑作なんだけど、意外と見ていない男どもがいるので是非とも必見!!

オレが子供の頃、映画館ではブルース・リーを中心とした空前のドラゴン/香港カラテ映画ブームだったけど、テレビではよくアメリカの王道西部劇から、イタリアのマカロニウエスタンが放送されていた。

最近じゃ、てんでやらなくなっちゃったけど、あの頃はそれより少し古めの映画がテレビ放映されていたんだろうね。

オレもマカロニとかは映画館では観たことがない。
もっぱらテレビだったね。

で、この「続・荒野の用心棒」、あのクリント・イーストウッドの「荒野の用心棒」とはまるで関係ない(笑)

シチュエーションとかが似ているから勝手にヒット作である「荒野の用心棒」の続編として公開されてしまったのだ!!

しかし、中身はイーストウッドの「荒野の用心棒」や「夕陽のガンマン」シリーズと比べても全く色あせない!!

それどころか、更に過激で残酷でスカッとする快作だ!

冒頭から泥だらけの荒野を棺おけ(!)を引きずって歩くフランコ・ネロ演ずる主人公ジャンゴの姿が映し出されるが、もう、このオープニングだけでツカミOK!!

あとはもう、凄まじい残酷シーンのオンパレード!!


ストーリーはいたってシンプル!
荒くれ者が支配する町に流れ者ジャンゴが現れ、この荒くれ者たちの抗争に巻き込まれる・・・

それをたった一人でぶっ潰していく・・・

派手な銃撃戦、女どうしの泥レス(笑)にマカロニ特有のリンチ・・・そして復讐!!

で、この寡黙なヒーロー、ジャンゴがたまらなくカッコいい!!
この後、このジャンゴを主人公にした映画が山のように作られたみたいだけど、テレンス・ヒル主演作品やフランコ・ネロによる「ジャンゴ 灼熱の戦場」などストーリーは似たり寄ったり・・・

残酷カルト映画として有名な「情無用のジャンゴ」もあるけど、あれは日本でやはり勝手にジャンゴとつけただけで、中身はまるで関係ない!!
しかし、この映画も当時のマカロニの中では異色作で一見をオススメ!!


監督のセルジオ・コルビッチは他にも「ガンマン大連合」などマカロニテイストの作品を撮っているが、本当「続・荒野の用心棒」は歴史に残る傑作で、タランティーノやジョン・ウーなどにも影響を与えた。
ロバート・ロドリゲス監督の「デスペラード」のアイディアもこの映画からなのは一目瞭然だ。

そしてフランコ・ネロ!!

あの「サンゲリア」などのスプラッタ映画で有名なルチオ・フルチ監督の「真昼の用心棒」でも主演を張っているが、これまた素晴らしい作品なのでこの作品を気に入ったら是非!!



とにかくぬるくてゆるい最近のドラマや映画に飽きた男はこんなヤロー映画で燃えてください!!!


最近のチャらいイケメンどもにはちと刺激が強いかもな!?(笑)



まだまだ夏休み!






こないだ新しい・・・と言っても中古でMTR(自宅で多重録音できる機械です)を購入したんで新曲のデモでも3連休中に作ろうか?とか考えていたのさ・・・5秒くらい(笑)

こんな天気のよい夏の日、インドアとか室内でなんかやるなんて狂気のさただぜ~・・・
てな訳で行って来ました海へ!!

何度も言うけど、昨年から放射能問題のせいで全く行けなかったんでそのぶん(ヨロブン!)めっちゃサーフィン行く気満々だし!!


天気予報では沖縄に台風接近・・・ってことだったんで海が荒れてるだろう?と予想はついていた。
で、海に着いたらやっぱりめちゃ荒れてて、サーファーの姿もわずか2人・・・。

浜から見てみると、サイズがでかいだけで、ダンパー・・・クローズアウト気味の波(サーフィンには向いていない一気に崩れる波のこと)なんでちょっと危ないかな?と思った。


しかし、たま~に右から左へと綺麗にブレイクする波があるからとりあえず沖に出てみることに・・・

あんまりぐちゃぐちゃなんで、どこがカレントかもわからないまま、やっとこさ沖へ!

おおっ!!いいじゃん~


乗ってる時間こそ短いけど、十分すぎる波に満足!!


それからすんげ~乗りまくった!

お腹すいたから一回休憩して持ってきたカレーパンを食べてかた2セットめ!!



結局、3時間以上は海にいたかな。


で、カレーパン食べたのに、今日の夕食はいつも行くカレー屋さん「カレーの国」で(笑)
いや、サーフィンするとめちゃくちゃエネルギーを消費するんで、すんげえお腹すくんですよ!!


今日も充実した一日になりました!!



さて、明日こそ!
曲でも作るかあ・・・!?






楽譜



最近、ライヴのオープニングでDEEP PURPLEの「BURN」やること多いんだけどどうしてもわかんないとこあってさ。

そしたら今月のヤングギターに何故かオレの為に!?か「BURN」の楽譜を掲載してんの!!
いや、それは早とちり!!


先ごろ亡くなられたジョン・ロードの追悼を込めての特集だった。

楽譜って昔から高くてさあ・・・
高校ん時はダチのツッパリの奴が〇〇〇〇してきてくれたり・・・

おととと・・・

久々に楽譜まで見て完コピ目指しますか??


ワイルドバンチ




この映画はオレにとってブルース・リー映画以外で生涯一と断言できる傑作!!

まるで甘ったるい洋菓子みたい無菌な最近の邦画や韓流映画だけが映画ではない!!
最も映画が映画らしかった時代の映画だ。

そして、これはヤローの、ヤローに捧ぐ、ヤローの為の映画だ。
この映画観て何も感じない奴は男じゃない!とも断言してしまおう!!

監督はサム・ペキンパー。
映画ファンにはペキンパーマニアもたくさんいるし、オレもそんな一人でもあるが、この「ワイルドバンチ」だけはそんなペキンパー映画の中でも別格だ!!

まずこの映画の主人公ワイルドバンチが西部の荒くれ者たちで、みんなゴツい顔のオッサン(笑)
リーダーのウイリアム・ホールデン演ずるパイクをリーダーとする強盗団の名前がワイルドバンチというわけだ。

この強盗団ワイルドバンチ、普段は決して仲がよいというわけでもなく、計画が失敗するとメンバーの確執が起こったり、いがみあったりケンカしたりが当たり前・・・。

しかし、一度、作戦が開始されると驚くほどのチームワークを発揮して敵をまいてしまう!!
そのワイルドバンチを追うのが、かつては仲間だったディークなんだけど、今は鉄道保安官の手先となって執拗に迫る!!


まず、映画冒頭のスローモーションを多用した残虐極まりない銃撃シーンだけで緊張感MAX・・・。
このシーンだけで女性や子供はまずドン引きしてしまうだろう・・・。

ワイルドバンチたちが話すバカ話もホント、お下劣で品がない。

しかし、みんなでバカ笑いしている姿がホントに楽しそうで爽やかなんだなあ。
この笑うシーンや普段は冷酷な殺しもいとわない荒くれ者たちが、子供みたいになって陽気に遊ぶシーンがたくさん出てくるんだけど、最後のクライマックスシーンを迎えるにあたり、本当にリアルに感じてしまうのだ。

てか、この映画には本当に無駄なシーンが一切ない。
全てのシーンに意味があり、全てのシーンが美しいのだ!!

ラスト、いがみ合ったりバカ笑いしたりしていた仲間が窮地に陥って、そこで立ち上がるワイルドバンチ一団!!
あまりにすさまじいクライマックスシーンはあの「俺達に明日はない」/ボニー&クライドのクライマックスの100倍凄くて美しい・・・

最後の最後に希望を残したまま爽やかに終わるエンディングも本当に素晴らしい。

エンディングロールのパイクたちが馬鹿笑いする姿に、古きよき時代を駆け抜けた男たちの理屈抜きのたくましさを感じる!!


男なら絶対に見ろ!!
そう叫ばずにはいられない。

男は強くなきゃいかん、男なら友達の為には命も捨てなければならないと思い知らされるヤロー映画の傑作だ!!






サーフィンの魔法
福島の海でサーフィンが復活できて本当に嬉しいんだけど、まあ、海ってただ眺めるだけでもすごくいい気分になるでしょう?

オレはサーフィンする前からず~っと海が大好きだったからさあ。

子供の頃は必ず夏休みになると親に連れて行ってもらって、浮き袋で波乗りを楽しんだり、磯遊びをして海の生物を観察したりとか特別なものだったね。

夏休みの自由研究では磯に住む生物研究で金賞ももらったことがあるんだよ!!
海の生物はすげえ詳しくて、それと同時に海の生物を採るのも得意だった。

素潜りで酸素ボンベなしで物凄く大きな毛蟹を捕まえたこともあったし、熱帯魚みたいなシマシマの模様が入ったカゴカキダイって魚を網ですくったこともあった。

釣りじゃなくて、潜ってハゼとかそういう魚を捕まえるの天才だったね(笑)


夜になると知り合いの魚屋さんに泊まって海の幸を死ぬほど食べたり、寝るときは灯台の光を見ながら・・・とかさ・・・。
夏・・・てか海は本当に特別なもんだったよ。


東京住んでた時ですら夏には帰省していわきの海に遊びに行ってたくらい・・・

それがサーフィンを始めた今から14年前には夏だけでなく真冬にも海を堪能できるし、海だけでなくサーフィンそのものの素晴らしさを知った後には他のどんなことでも超えられないというかね・・・


ただし、やっぱサーフィンってスノウボードほど需要がないのはやっぱ難しいからだと思う。

バブル期とかにサーフィンブームって起きたけど、あれにしたって丘サーファーみたいな言葉も生まれたくらいで、単なるファッション的なものだったと思う。
ガチで波に乗ってた人は少なかったから。


まず、泳げなきゃいけないのが大前提として、海の波ってもんを理解しなくちゃいけない。
ただ海で泳ぐだけでも、海っていうのは毎年事故が起こるくらい危険なところでもあるからね。

海外では離岸流・・・カレントっていう言わば引き波の知識って当たり前にあるけど、ここ日本にはそんなこと全く教えないでしょ?
サーファーくらいしか知らないと思う。

あと、乗れる波と乗れない波の区別とかさ。

よく、素人で知らない人はサーフィンって言ったらビッグウェイヴでテトラポットある場所なんかよりもっと沖に行ってするもんだと思ってるじゃん?


本当は波の大きい小さいに関わらず、綺麗に波が割れるところこそ、よいライディングが出来るんだけど・・

オレはロングボードだけど、ホント、膝くらいの小さい波でも形がよければ気持ちいライディングが出来るんだ。
もちろんサイズが出かければより長くて気持ちいライディングが出来るんだけれども・・・


まあ、とにかく誰にも教わらなかったら多分、初日から板に立つことはほぼ不可能だろう。
だから、人口も少ないと思うんだけどね。


オレは14年前の8月から始めて、立てるようになったのが10月くらいだったよ。
それまで海パンだけでサーフィンしようとしてたんだけど、ようやくウェットスーツも手に入れて長時間の練習が可能になったときからだ。

しかし、あの始めて板に立てたときの光景は想像を絶するもんだった!!

それまでバンドのライヴが一番最高と思ってた自分の価値観が吹っ飛んだからね!!


あの、ボードの上から見える風景・・・
そして、何もしてないのに、勝手にボードを押してくれる波の感覚・・・

あれを味わっちゃうと、他は何も要りません(笑)

てか、逆に今、サーフィンできる環境が整ったことで、バンドに対する気持ちも前以上になった!

今年は夏も長いし(未だに)ホントにサーフィン映画の名作「エンドレスサマー」みたいだよ。


昨年いろいろあったけど、今まで当たり前にやってたサーフィンが出来るってだけでオレは最高さ!!

福島の海に戻ってこれたってだけで、本当に嬉しい。


今まで当たり前のようにサーフィンできてたってことが実は奇跡的なことだったんだって最近よく思うよね。


まだまだサーフィンの魔法を信じて、オレは海へ向かうよ!!



音楽の魔法
最近知ったんだけど、オレの歌う声はかなり高いキーなんだってこと・・・

こないだジョー・アルコールさんに褒められてびっくりしたんだよ!!
「ハイトーンで歌うのがカッコいい」みたいなことを・・・

いや、みんなカッコ悪いから高い声で歌わないのかなあ・・・?と思っていたんだ。

オレの場合は始めに影響受けたシンガーがロバート・プラントとかジャニス・ジャプリンとかさ、グレン・ヒューズにスティーヴィー・ワンダー・・・とか、比較的に声が高い人ばかりだったからさ。
あのキーで歌えないと歌手にはなれないと信じていた!!

あと、モータウンも大好きだし、スライ&ファミリーストーンみたいなファンクバンドやもちろんアースウインド&アースは本当に好きだった。

それと笑えるけどマライア・キャリーの大ファンでさ(笑)
マライアはよくコピーしたね!!

まあ、高い声云々より、ソウルフルなシンガーが好きなんだ。
だから、それらのシンガーのように歌えるように死ぬほど練習したよ。

下手くそだったオレの歌もそんな練習のおかげか、ビブラートまでかけて歌えるまでになった!!
腹からビブラートかけてソウルフルに歌い上げるまでになるには、相当な努力が要るんだぜ!!

で、そういうシンガーたちに全ていえることは、すごくシンプルな歌詞でも、その圧倒的歌唱力でどんな曲でも輝きのある素晴らしい曲にしてしまうことだった。

余計な言葉なんかより、音楽の力頼みっていうかね。

ところが、最近メタルとかやってる例外的な人はともかく、高い声って特に男では出ないのね!

しかしオレは昔からただ高い声を出せばいいだろ的なメタルシンガーは大嫌いでさ。
特にジャパメタな日本のメタルシンガーは声量もなく、それ以前に表現力がなくてただ叫んでいて嫌いだった。



それより嫌だったのが下手だからとかで、がなり声で長ったらしい歌詞を歌うようなバンドはあんまり好きじゃないんだ。
言葉で伝えたいなら、エッセイシストとか小説家にでもなってよ!!ってのよくいるし・・・。


スプリングスティーンとかは違うけど、そのスプリングスティーンでさえ、オレは未だに歌詞カードすら見ていない。
純粋にサウンドだけで好きなだけさ。

PUNKもそうさ。
歌詞もすんげえこと歌ってんのは理解るけど、オレはピストルズの「ゴット・セイヴ・ザ・クイーン」のはじめのリフにやられジョニーの声にやられたし、クラッシュのジョーの叫び声に感動したんだから。


まあ、これは音楽の魔法だよね。


DEEP PURPLEの曲なんてさ、「オレの車は速い」とか「レコーディングしに行ったら、火事にあった」とか、小学生でも考えられるようなのばっかじゃん!!
まあ、ロックはじめのオールディーズとかロカビリーとかもそうだけどさ・・・

「あの娘のハートをモノにするぜ!」とかね(笑)

そんなくっだらない歌詞を圧倒的な歌唱とシャウトで(ただがなるのとシャウトは全く違う!!!)輝きのある素敵な曲にしてしまうのがオレ的なシンガーの条件で!!!



最近、原発が爆発した後、曲・・・てかオレらしいROCKソングが出来なくなってしまって、ぷちスランプ状態に陥ってしまったんだ。

ROCKなんだからありのまま出せばいいだろ?ってのもわかる。
しかし、何かが違うんだなあ・・・。


そういうの突き進みたい人はそれでカッコいいと思うけど、オレはそういうの・・・オレらしくない。



最近のライヴでカバー曲が多めなのもそんな理由のせいでさ・・・。

なんか、最近作る曲って、原発に対する怒りとか自分らしさが感じられない曲ばかり出来てしまって・・・
まあ、そういうのもいいじゃん、PUNKっぽくてと思うじゃん?

いや、なんかそういうの歌いたくない。
もっと普段のくっだらない日常を忘れさせてくれるようなバカでHAPPYな曲を自慢の(笑)ハイトーンで歌いたいのよ!!


いや、オレにはオレの魔法があると信じたいしね!!



そろそろオレらしい曲を披露すべき時期かな。

来月は創作活動すっか!!!


頑張るぜ!!


ヨロブンアニョンハセヨンボーリングハイド~モ(文字化け!?)





片貝まつりは宇宙一!!









9/9~9/10の二日間、ブルース・リー友のゆうぞうさんにお招きいただき、新潟は片貝まつりに行って参りました!!

もともと花火好きなオレはこのお話しをいただいたとき、「もう、他のどんな用事さておいても行くしかない」と即決!!

しかも今年はいつもはほとんど制覇する福島県のどの花火大会も行かないでこの片貝まつりに一点集中!!


で、花火そのものも素晴らしかったけど、片貝まつり・・・いや、片貝そのものがこの日本、いや、世界でも最高な場所だと実感!!


5月に訪れたときは人っ子一人いなかった片貝町・・・
全く違う場所のように物凄い人だかり・・・ってか20万人(!)も集まるらしい・・・
(多いときは50万人とも・・・)

スゴイのが既に朝から花火は上がるんだけど、(特に真昼間から三尺玉を惜しげもなく上げてしまう心意気にはぶっとんだ!!)町の子供から還暦迎える人までみんなそれぞれの花火を上げる!

そして、みんな自分たちの同級生たちの会とそれぞれおみこしを上げて町内を練り歩く!!

最終的には神社に向かうんだけど、みんな奉納なんだよね。
ここが普通のハナビと意味合いが全く違う!!

だから、片貝の花火には一発一発に魂がこもっている!!

だからここが他のどこどこ協賛の花火とは根本的に違うし、思い入れの度合いが違うんだ。
なんつっても400年もの歴史があるまつりですからね!!

既に明治時代には三尺玉が上がったそうなんだけど、ここは常識外なギネス認定の世界一、四尺玉が二日間で二発上がる!!
これだけでもすんげえのに、実際体験するとこんなブログでは伝えきれないすさまじさがある!!

まず、一日中、お酒呑みっぱなし(笑)
出店の試飲だけでも酔っ払うんだけど、花火前からず~っと!!!

とにかく美味しいお酒をたっぷり~


そしてお酒もよい感じで入ってきたところでいよいよ花火大会~!
(まあ、ハナビ中もず~っと呑んでるんですが・・・。いや、花火大会後も朝まで呑んでる・・!!!!)


もうね、全然スケールが違いすぎて唖然・・・


だって、基本的にず~っと尺玉しか上がんないんですよ(笑)

時間稼ぎのためのようなしょっぼいスターマインとか全くないの!!!!

「ど~っ」
「ど~っ!!」

・・・って1尺玉がず~っと上がりっぱなしなんだけど、15分刻みくらいですんげえデカイのが上がるのね。
特に新成人とか還暦とかの記念の特大スターマインとか、もう常識外!!


一回これが始まると、もう上がる上がる・・・
これでもかって上がる・・・

仕舞いには笑いが止まらない(爆)

で、そろそろハイライトか・・・!?
いやいや、全然まだまだ上がる!!

で、花火の大きさがデカくなっていくんだけど、関係なしに上がる上がる・・・

もう、この辺でいいだろ!?とかない!!
いい意味で非常識(笑)

このやりすぎ感がもうR&Rとしかいえない!!


こんなん見たら他の花火見れないですわ!


そしてオレの人生初の三尺、四尺玉・・・

上がる前に警報みたいなのが「ぼ~っ」て鳴ってから始まる。
なんか、戦争みたいに・・・


空一面に打ちあがる四尺玉を見ていると日頃のちっぽけなことが全てど~でもよくなってくる。

片貝の人たちがこのまつりに命をかけるのがわかる!!


子供もおじいちゃんもみんな太鼓叩く、笛を吹く、神輿をかつぐ・・・歌う!!

そしてはちゃめちゃに花火が上がる(笑)


なんか片貝は外国・・・てか、世界でも類を見ない特別な場所なんだって実感しましたね~

テレビでは気軽に「絆」なんて言葉を使いたがるけど、これほど人と人が密接につながりあっている土地もないと思うよ。


今回、しばらく社会復帰できそうにないほど衝撃的な体験でしたが、ゆうぞうさんが許してくれる限り(笑)また片貝に行きたいと切に思います!!
てか、身体は郡山に帰ってきたけど心はまだ片貝に残したまま・・・


またオレの一押し映画「お兄ちゃんのハナビ」がスペシャルなものになりましたが、「おにいちゃんのハナビ」の舞台が片貝なのでなく、片貝あってこその作られるべくして作られた「おにいちゃんのハナビ」だったんだなと感じましたね。

この映画、未見の方は是非・・・じゃなくて絶対必見!!!!!!

てな訳でゆうぞうさん始めとして片貝の人たち全てに・・・


ありがとうございまいした!!



片貝町最高~っ!!!!!











TOMMY BOLIN /TEASER The Ultimate3



遂に~

てか、やっと~

出たよ出たよ我が魂のギター師匠、トミー・ボーリンの名盤「TEASER」のリマスター盤が!!

わずか25歳という人生でこの世を去った不運のギタリスト、トミー・ボーリン・・・
そのトミーが生前に残した音源は本当に少ない。

世界でもっとも有名なのがDEEP PURPLEの「カム・テイスト・ザ・バンド」にジャズドラマービリー・コブハムのソロアルバム「スペクトラム」、それからDEEP PURPLE加入前のバンドジェームス・ギャングの2枚のアルバム・・・
それからデビューバンドのゼファーのアルバム2枚!!

そして自身のソロアルバム「TEASER」(邦題「炎のギタリスト」)にプライベート・アイズ(邦題「魔性の目」)の2枚だけ!!

特にファンにはDEEP PURPLEの「カム・テイスト・ザ・バンド」とソロ1作目の「TEASER」は人気が高かった。
他にもセッションで参加作品があるけど、’80年代まではトミーを知るにはこのこれら作品を聴くしかなかった・・・。

’90年代に入り、そんなトミーの未発表音源がドッとリリースされ、オレみたいなファンにはありがたい時代が来た!

そんな状況は’00年代に入ってからも続き、いよいよ「TEASER」の未発表音源を集めた「whips and roses」シリーズがリリースされたり、ついこないだも「GREAT GYPSY SOUL」という「TEASER」の未発表音源に現代のギタリストがまるでトミーとセッションしているかのようなギターをオーヴァーダビングしたトリビュートアルバムまでリリースされた!!

しかし残念なことは、これら未発表テイクの発掘やトリビュートアルバムがリリースされるのは本当にありがたいことだが、肝心のトミー自身のソロアルバムが未だにリマスターされず、しょぼい昔のCDいか出ていないことだった・・・。

DEEP PURPLEやビリー・コブハムのアルバムは納得いく形でリマスターされたというのに・・・

やっと「TEASER DELUXE」って「TEASER」の決定版か!?と思われるアルバムがリリースされた!!


が!!!


これも、はじめオリジナル音源のリマスターと未発表音源2枚組になると噂されたが、実際にリリースされたのは未発表テイクの「whips and roses」みたいな内容だった・・・

まあ、未発表テイクだけでそのままオリジナルと同じ曲で何枚もアルバムが作れるって、どんだけトミーは生前にレコーディングしていたんだろう!?



そして迎えた2012年!!

いよいよ出ました「TEASER」リマスター音源!!!

早速聴いてみると・・・

うわあ~、音圧上がったのは当然として、各楽器の分離もはっきりしてて、ベースやドラムの低音域も迫力あるサウンド!!
オレ的にはかなり満足なリマスターでしたね!!

特にこのアルバムには幾10にも重ねられオーバーダビングされたトミーのギターがそれぞれくっきり聴こえて、あの名フレーズがキラキラしていて大満足!!



オレが買ったのは3枚組の方なんだけど(5枚組もあってそちらは先日リリースされたトリビュートアルバム「GREAT GYPSY SOUL」がそのまま入ってる)、残りの2枚はまたまた未発表音源集!!

気になる内容ですが、DISC2の1曲め「TEASER」とかガチで未発表音源もあったり、既発音源であっても、ミックスが違ったりして、なかなか・・・
「whips and roses」や「TEASER DELUXE」の音源が多かったかな・・・。

まあ、それもオリジナルのリマスターだけで大満足かなあ。



これからこの勢いで、やはり名盤の「魔性の目」やジェイムス・ギャングなんかもぜひともリマスターしていって欲しいです!!!



それにしても、既に30年以上昔のレコードの話で未だに盛り上がれるって、すげえ幸せなことだよね!!
未だに未聴の人はぜひ、トミー・ボーリンに触れて欲しいです!!


まあ、音楽の宝庫ですね!!!!







祝!郡山PEACACTION再open一周年!!





ヨロブン、アンニンドウフクイタイダニWWWWWW

は~い、ボーリング嫌いなアニキのブログにようこそ・・・な忙し人ベイビーチェリーサム二ダ

いや、うそうそ!!


さて本日、郡山PEACACTION再open一周年記念イベント

で!!
GARLICBOYS先輩の再録ベストツアー・リターンズ!!

流石に疲労してるんでさくっとレポ~



ROBO
すんげえ曲がよい~
めちゃ爽やかでキャッチーでカッコいいトリオ!!
先々週の打ち上げで会ったんだけど、素敵なバンドでしたね!!


SLACK
たまんね~
爆音スピードハードコア~っ!!
いや~、元気出るよ!!
サイコ~でした!!


BLUEⅢ
いつも通り!!(笑)


Bitter Enemies in the same boat
爆音なんだけど、歌がめちゃ爽やか!
ボーカルにセンスよくエフェクターかえるタイミングも素晴らしくて、メンバーのルックスもカッコいいし素晴らしかったです!!


GARLICBOYS
言うことなし!!
めちゃすんげえぶ厚い音とぶ熱い熱気!!
前回はただただ圧倒されたんだけど、今回は各楽器隊も注意して見ていたんだけど、ホント、ドラムとかすんげ~の!!
本当に歌っているかのようなすさまじいドラミング!!
爆音なんだけど、音に酔えるというか・・・

やっぱりGARLICBOYS先輩は別格だと改めて感じました!!

もちろんHINOさんとMoToKIさんのDJも最高でした~


てな訳でジョンさん、震災で大変だったけど、これからもガンガンよろしくお願いいたします!!




明日はライブ!

冬の寒い時期にコンビニや自販機で売り始めるのが、缶コーヒーに缶コーンポタージュスープ!

缶の底にくっついたコーンを食べるのに必死になるんだけど、今年はなんと~!


夏なのにコーンポタージュw


夏の定番アイス、ガリガリくんがなんとコーンポタージュ味を発売した!

で、あのガリガリくんブランドに今までハズレなしと言われていただけに今回のコーンポタージュ味はかなり無謀なチャレンジとおもわれた。


だってねえ、アイスなのにあったかいイメージのコーンポタージュってさあw

正気の沙汰じゃないよ


で、やっぱり発売してから賛否両論。
しかし、話題性十分でなんと売れ過ぎて三日で販売休止だって。

これは何としても試食したいと、仕事帰りにコンビニ寄ったら普通に大量においてあったw


早速試しました!


やっぱり微妙なんだけど、なんか合うのよ


しかも、まぶしてあるコーンの歯ごたえもサイコーで、早速いつも、とうもろこし食べた時みたいに歯の間にはさまるはさまるw


まあ、ソーダ味みたいに定番になるかは別として、食べるラー油みたいな感覚で試して欲しいアイテムですね。


てなワケで明日は地元でライブ!

ガリガリくんコーンポタージュ級の撃ライブやるんでみんなきて~!



コーンポタージュならぬ、ガーリックボーイズとピークアクション復活一周年でいっ!




先入観で損をしてきたオレ・・・
20代までは自分が好きなもんだけ直感的に突き通してきた。

で、直感的に無理・・・嫌いだと感じたもんは自然と排除してきたと思うよ。

テレビとか見なかったし、好きな音楽かけながら好きな本読んでるのが好きだった。
好きなバンドのライヴしか見にいかなかったし、それが一番いいし楽だと思ってたぜ!!

今、「タンブリング」ってドラマにはまってんだけど、まあ、ドラマ自体、昔はほとんど見なかったな。

そんな偏屈なオレだから、この新体操なんてゆるい男がやるようなもんじゃないスポーツ扱ったドラマなんてアウト・オブ・眼中だった・・・

今、オレの住む郡山でこれ「タンブリング」の再放送やってるんだけど、これヤバイ!!

先入観にとらわれちゃいかん!!


こんな神ドラマだったとは・・・


今やってるエグザイルのAKIRA主演の「GTO」なんかより100倍サイコーなドラマ!!


そのAKIRAも出てるんだけど、「GTO」の素人みたいな演技が嘘!?と思えるほどの素敵な演技してるし・・・。

オレ、SPEEDも大嫌いだったんだよ。
こんなガキになにが出来るんだ!?って・・・。


それがなんかのきっかけでコンサート見に行くくらいの大ファンになるんだから、いかに今まで自分の勝手な先入観だけで、いかに勿体無い人生を歩んできたか・・・。


ま~、とりあえず「タンブリング」

今やってるどんなドラマよりも素晴らしいんで是非オススメ!!


福島以外の方はレンタルででも見る価値あり!!!


泣けるよ~
青春だよ~

ウオーターボーイズ・・・ミーツ  ルーキーズかなあ・・・。


学園モノ最高す!!!


あ~、未だに青春してえわ・・・(笑)





次のライヴは郡山PEAK ACTION復活後1周年!!



今日はスタジオでROCKかましてきた!!

今日の写真はオレの足元にあるエフェクターたち・・・

あ~、これ見ると悪夢の福島テルサのFUCKライヴ思い出すな~(怒)

これを足元で操作しながら歌うのに、このエフェクターケースの3メートルも先にマイクスタンド持ってかれたら、な~んも出来ないだろバカヤロー!!
しかも、生音でものすげえ小さい音で音出したら、(その前にオレらの前に出る方の紹介くらいしとけバカ!!)
ギターよりでかい声で「おい!筒抜けだぞ!!」だと!?このクソヤロー!!


てな感じで未だになんかすげえ頭くるんだけど、こういう怒り持ってねえとやっぱダメだと思うのよ。
ノーテンキに楽しく平和に「あはは・・・・」じゃさ。


てな訳で次のライヴも怒ライヴになること間違いなし!!


なんでかって?


郡山PEAK AKTIONはオレの大好きな大好きなライヴハウスでさ。
その大好きなライヴハウスがあの忌々しい震災のせいでつぶれてしまったのよ。

仙台のマカナってこれまた大好きなライヴハウスもダメになっちゃってさあ。

津波や原発で忘れられがちだけど、ここ郡山や仙台も地震による被害は相当だったんだ。
オレの同僚の家もやっと建てた一軒家が倒壊して、今はアパート暮らしだし、オレはかけてやる言葉すら見あたらなかったよ。

実はオレの家の2階も未だ震災後、ほったらかしのまんまだ・・・。



しかし、ようやくここも原発の問題こそ残っているけど、(オレのいとこなんて未だにせっかく繁盛していたお好み焼きやさんの店も手放して、京都に避難してんだぜ!)なんとなく元の生活に戻りつつある!!


そして!!


郡山PEAK ACTIONも即効別の場所に移転復活して1年だ!!!

この記念すべき1周年記念ライヴに光栄にも我々BLUEIIIも出演します!!


まだまだ状況は厳しいけど、つまんねえ事はオレたち自身で変えていきたい!!

みんなで今週金曜日はPEAK ACTION復活1周年を祝いましょう!!






9.7(金) 郡山PEAK ACTION   チケット予約  →予約 
   『GARLICBOYS 再録ベストツアー・リターンズ』PEACACTION再open一周年記念イベント
   OPEN/START 17:30/18:00  ADV/DAY ¥2500/¥3000(+1D)
   w/GARLICBOYS、SLACK
   DJ/MOTOKI、HINO

DEEP PURPLE/LIVE IN JAPAN完全盤を聴く



とつくにリリースされてたんだけど、お金ないのと基本的に第4期、第3期DEEP PURPLEファンなんで後回しにしていた名盤「DEEP PURPLE LIVEIN JAPAN」の3枚組完全盤をようやく聴いた!!

オレはLIVE IN JAPAN」は中学の頃に聴いたんだけど、それまでYMOとかしか知らなかったオレには1回聴いただけじゃちんぷんかんぷんだったよ。

やたらにうるさいギターの音、メロディーなんてなくて叫んでばかりいるボーカル・・・延々と続く長いギターソロ・・・
何がいいんだか、さっぱり理解らんかった(笑)

唯一「スモーク・オン・ザ・ウオーター」って曲だけはYMOつながりで聴いていた「スネークマンショー」の1コーナーでイントロだけ聴いたことがあったので、「ああ、これのことかあ・・!?」とは思ったけど、やっぱり初めて聴いたときは理解できなかったよ。


ところが、何回も何回も聴いていくうちに病みつきになっていくのね。
はじめ、6~10分以上の長いと感じた曲も(当時の歌謡曲は3分~4分くらい)全体像がわかると、また聴きたくなってくるという不思議な覚醒作用がROCKにはあるようだ。


で、後からスタジオ盤を聴いてみたんだけど、めちゃ物足りなくて・・・
しかし、ライヴとはまた全然違うソロを聴けたりして、「ああ、この人たちは毎回、演奏が違うんだ!すげえな~」と思ったものさ。

そして40年弱の時を超え、やっとこの「LIVE IN JAPAN」の完全盤リリースに至ったのだ。


ジャケ写が武道館なので、音源は武道館のものと思われていたけど、大阪の音源も入っていた。

オレとしては全公演のライヴがそれぞれ収録されているので、毎回の各自メンバーの違うインタープレイが楽しめると期待していた!!

実際に聴いてみたら、やがり各公演全部演奏が違っていて大感動!!


しかし、やはりあの始めにリリースされたオリジナルの「LIVE IN JAPAN」の音源が最高だったんだと思ったね。

「チャイルド・イン・タイム」のインタープレイなんか一番わかりやすくて、リッチー先生のフレーズが一番よいのがオリジナルだったりする!!
「ストレンジ・カインド・オブ・ウーマン」なんかのあのボーカルとギターの掛け合いなんかも、いろんなテイクが聴けたことは嬉しかったけど、やはりオリジナルがフレージングも長さも無駄がなくて最高。

しっかし、こうやって聴いてみるとリッチー先生って意外といい加減というか、「スモーク・オン・ザ・ウオーター」なんて始めのイントロリフからしてマジメに弾いていない・・・ってか、あんな簡単なリフなのに間違ってるし・・・!!(笑)
で、みんな「ラスト・コンサート・イン・ジャパン」でのトミー・ボーリンを馬鹿にするけど、トミーの「カリフォルニア・ロングビーチ」でのプレイの方がリッチー先生より全然ちゃんと弾いてるのが笑える!!

あとオリジナル盤の「スモーク・オン・ザ・ウオーター」のジョン・ロードのラストのキーボードソロは神でしたね~
他の日のすげえよいんだけど、このオリジナル「LIVE IN JAPAN」のソロはこの後の第3期、4期でのあらゆるライヴ音源もひっくるめて全部聴いてベスト神プレイ!!

よく瞬時にあんなメロディーが浮かんだもんだ!
そういや沖縄の紫もライヴではこのオリジナル盤の「スモーク・オン・ザ・ウオーター」のキーボードソロを完コピしてた!!


あと、リッチーとジョンの立ち位置も完全盤ではそのままと言われているんだけど、そんなことより完全盤はミックスが最悪ですな!

リッチーのギターが小さくて迫力ないよ~

いくらデジタルリマスターとかなんだ言っても、アナログレコードで初めて聴いたあの迫力には敵わないわな~


あと、当時「24カラットパープル」ってベスト盤が出たんだけど、そこに「LIVE IN JAPAN」に入りきらなかった「ブラックナイト」が収録されていたんだけど、あれもすげえ迫力だった。
今回の完全盤にもアンコールでの「ブラックナイト」が入ってるんだけど、それもいまひとつでした・・・。


で、完全盤といいつつまだ実は完全ではなくて、現在一番新しい25周年だかの「LIVE IN JAPAN」には完全盤にも入らなかった音源が収録されているそう・・・
これ聴ければあの日本公演の全てが把握できるようだけど、とりあえずは聴いておきたいっすね~

LED ZEPPELINなんかはあのサントラでもある「永遠の歌」は3日間の一番よいところを、一枚にリミックスさせたと言うが、DEEP PURPLEは編集なしであの域ってのがスゴイってのを実感したな~

まあ、出来、不出来もあるんだけど、それでも毎回違うプレイをチャレンジするバンドなんて今いないから!




この完全盤を聴いて’70年代ROCKバンドの凄みを確信しましたね!

やっぱり、リスク恐れて無難なライヴより、そのとき何が起こるかわからないような生な体験をオレはしたいよ。

型にはまり切った商業路線のROCKなんて、ホントにつまらないから!!!!!!!!




ブルース・リー 日本公開版ブルーレイが盛り上がらない~




最近、お世話になっているツヨシさんのサイトなんか見ると偽のブルース・リーのサインの話題や新しく出るフィギアの話題でもちきりですが・・・

ちょっとあの偽のブルース・リーのサイン及び遺品は酷すぎるというか、びっくりですね~
だって、あのサイン、誰が書いたか知らないけど全然似てないし~っ!!

しかも、あんな安値でGETできる訳ないです~!!

てか、オレだってお金があったら欲しいけど、安易に遺品には飛びついちゃいかんですね!!
いや~、怖い恐い・・・

あと、フィギア!!
今回のエンターベイの作品もスゴイですね~
欲しい~っ!!

でも、まあオレみたいなしがないバンドマンは値段に限らず、気に入ったもの1品あればいいかな~!?
・・・しかし、そういいつつまた新しくてよりそっくりで精巧なのが出たら欲しくなっちゃうんでしょうね(笑)


しかし、オレ的にはサインよりフィギアより絶対的に欲しい・・・てか見たいものがあります!!

そう・・・日本初公開版のブルース・リー映画ですね!!!


で・・・・


多分、アーナ・カプリフイルム、「G.O.D/死亡的遊戯」と同じくらいの大事件なはずなのに、今ひとつ11月にいよいよ発売のブルース・リー初公開日本版ブルーレイの話題がいまひとつ盛り上がっていない・・・。

amzonのコメント欄見ても、なんだか今ひとつ的外れのコメントばっかでがっかりだなあ・・・。
中には「マイクレメディオス最高!!」なんて方もいらっしゃるのだが、「吹き替え収録が楽しみ」とか「画質は大丈夫なのか?」といったまるで、他の普通のハリウッド映画と同じような扱いなのだ・・・。

確かにオレも吹き替え版は素直に嬉しいし、昔ベータやVHSでテレビから録画したやつを死ぬほど見ていたからありがたいことこの上ない。
しかし、初めて映画館でブルース・リー映画を観た者にとってはこの吹き替え版さえも邪道だったね放送当時は・・・

「危機一発」のBGMが違う、最後にマイレメの「TO BE A MAN」が流れないなど、初めてテレビで放送したときは超がっかりだったよ。
藤岡弘さんが吹き替えだから、ブルース・リーが本郷猛に見えてくるし(笑)

「ドラゴンへの道」もタイトルバックの「うっ!!」っていうインストテーマがなくていきなりマイレメだったり、そのタイトルバックがいきなりブルース・リーことタン・ロンがレストランの従業員にクンフーを披露するぞ!!って時に流れたりと、めちゃくちゃだった・・・。
しかも柴俊夫さんの吹き替えだから、いつタンロンがシルバー仮面に変身するんだ!?って思ったし(うそ)

今ではこのテレビ版からずっと後になってようやく出た最低最悪なポニー版のVHSの呪いのせいで、テレビ吹き替え版さえも神ヴァージョンになりましたが、それとてやはり映画館で初めて観た初公開日本版の衝撃にはとても叶いません!!


オレ的には画質云々ではなく、やっぱり「死亡遊戯」と「怒りの鉄拳」のみ、当時のフイルムがそのまま(!!!!!!)収録されること!!
やっぱ気になるのが「死亡遊戯」のチ・ハンサイ戦のセリフかなあ?
あと、怪鳥音が本人の「怒りの鉄拳」「への道」「燃えよ」からのサンプリング!!

「怒りの鉄拳」はもちろんマイク・レメディオス!!
それからタイトルバックの黒バックね!!


これを本物のタイミングで全て見れるんですよ!!

歴史的快挙です!!

「危機一発」と「への道」に関しては、フイルムが見つからなかったそうなので、復刻ですが、果たしてどのくらいやってくれるのか???

「危機一発」、マイク・レメディオスが流れるのか?それとも中国語のゆったりしたヴァージョンか???

一番、本物が見たい「への道」はオープニングのバックの絵はどうなる??
シングル版のマイレメからはじまるか?

コロシアムの決闘ではクリス・ケントではなくちゃんと本人に修正されているか??


映画館で観て、TAMレコードを聴きまくったブルース・リーファンは絶対気になるはすだし、少なくともオレが住む郡山では「ドラゴンへの道」初公開時、8時からならんで映画館を1周くらいしたくらいの大フィーバーだったんだから、あのならんだ人たちは絶対観たいと信じている!!


それと、出来たら「ドラゴンへの道」の特典は8ミリ映画ではなく、「ありし日のブルース・リー」にして欲しかったなあ。
これも映画館で観た者としては理解るよね??

まあ、それ言ったら「グリーンホーネット」を次に出すときは「ドラゴン拳法」も入れて欲しいし、いろんなクンフー映画(千葉真一とかも)入ったオムニバスの「ザ・カンフー」もなんかに入れて欲しいよ~

あと、忘れがちなのが「燃えよドラゴン」の初公開版ね。
ディレクターズカット版もいいけど、あれ、音楽の入れ方とかめちゃくちゃだから、ちゃんと初公開版のしゃきっとしたヴァージョンも正規で出すべき!!!
もち、特典はアーナ・カプリフイルムのリ・マスター高画質版完全収録で!!(笑)


それと忘れちゃならない(忘れてもいい!?)のがやっぱり「死亡の塔」の日本発公開版ね!!
ブルース・リー信者からはブルース・リー映画と認めてもらえないカルト作品だが、一応ブルース・リー主演名義だし、こういうサブカル文化の立役者的存在にもなったブルース・リーの代表作でもあるから。

もちろん特典は韓国版のタン・ロン主演「死亡の塔」完全収録で!!

まあ、ほとんど無理難題ですが、そろそろファンが望む最高なものをキチンとした形でリリースして欲しいです・・・



まあ、とりあえず11月リリースの日本初公開版ブルーレイをもっと喜びましょう!!

そして!!

その前の月の10月には大阪でマイク・レメディオスのライヴで今年は完全燃焼しましょう!!!


海!




昨夜のフィリピンの地震の影響で日本・・・いや、ここ福島にも津波警報が・・・!!

警報はすぐに解除されたけど、津波に地震って単語は本当にオレらにはトラウマになっている。
しかも、昨夜テレビでちょうど震災に関しての特集やってたリアルタイムに警報だもの!!

最初、訳わかんなかったもん。
とにかくフィリピンの人たちの安否が心配だよ。



津波警報は解除されたので今日もいわきの海へサーフィンに・・・

波はまあまあだったけど、かなり乗れたかな。
波に乗ってると本当にマトモな精神でいられる。

昨年は感情のコントロールに苦労したけど、もう大丈夫!!

やっぱり海は最高だぜ!!!






プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する