BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRUCE SPRINGSTEEN/THE RIVER



夏になると必ず聴きたくなるアルバムがブルース・スプリングスティーンの「ザ・リバー」だ。

このアルバム、高校2年の美術部の夏の合宿で、絵を描きながらず~っと小さいラジカセでかけっぱなしにしていたんだ。

で、福島の相馬の海で船を写生していたんだけど、今でもあの時の風景や匂いを「ザ・リバー」を聴くといつでも思い出すことができる。

あの日もうだるような暑い日で、スプリングスティーンの歌声が更に暑苦しくさせていたもんだった(笑)
だから、今でも夏になるとこのアルバムをむしょうに聴きたくなってしまうんだ。


ブルース・スプリングスティーンと言えばオレら世代じゃやっぱり「ボーン・イン・ザ・USA」で、言わずと知れた全キャリア中、一番売れたアルバムだ。

オレはその2年前くらいに初めてスプリングスティーンを知った。
初めて聴いたアルバムは「ネブラスカ」

いや、アルバムというよりあの当時放送していた渋谷陽一さんのFMラジオ「サウンドストリート」を聴いてからだ。

かなり衝撃的な歌詞の内容と全曲アコースティクで弾き語りという地味で暗いアルバムながら、どこか胸を打ち、渋谷さんの解説によるといつものスプリングスティーンは実はエレキでギンギンなR&Rをやっている・・・っていうので俄然、そっちの方に興味を持った。

かと言ってもお金のない高校生のオレはレコード屋ではなく、貸しレコード屋に行ったのだ。
本当は雑誌で知っていて、ジャケがめちゃカッコよかった「明日なき暴走」ってアルバムが聴きたかったんだけど、なかったんで2枚組っていうボリュームの「ザ・リバー」を借りてきた!!

早速。レコードに針を落とすといきなりのエレキによるイントロが・・・
がっ!!ってドラムからじゃじゃ~ん、じゃ~ん、じゃ~ん♪のエレキだけでぶっ飛ばされたよ!!

はじめに聴いた「ネブラスカ」とは間逆の超ハイテンションなR&Rが一切だれることなく、あっという間に全20曲ぶっちぎっていった・・・。

よく、タイトル曲の「ザ・リバー」くらいしか知らない似非リスナーは「ボーン・イン・ザ・USA」なんて陽気すぎてダメだよ。オレは昔のスプリングスティーンがいいな・・・」とか抜かす人いるけど、逆に「ボーン・イン・ザ・USA」ほど暗いアルバムもないと言える・・・。

てか、この「ザ・リバー」を1枚に凝縮したのが「ボーン・イン・ザ・USA」といえなくもない。
「ダウン・バウンド・トレイン」って曲はまさにタイトル曲「ザ・リバー」によく似ているし・・・。

とにかく全編カラッとスカッとするアルバム「ザ・リバー」

さきほどの1曲め「タイズ・ザット・バインド」から聴くだけであがる「ハングリーハート」
「ポイントブランク」みたいな切ない曲もあるし、陰と陽のバランスがメリハリがすごく効いていて、全曲メロディーがキャッチー!!

尾崎豊もタイトルや曲そのものモロに影響受けてるねこのアルバムからは・・・

このアルバム後にようやく「明日なき暴走」を聴いたんだけど、結果的に「ザ・リバー」から聴いてよかったと思っている。

「明日なき暴走」はスプリングスティーンの最初のブレイクになった重要アルバムなんだけど、「ザ・リバー」のコンパクトで一撃な雰囲気に比べると、ちょっと曲が冗長な感じで何回も聴かないと子供には理解できないアルバムが多かったからだ。
もちろん、今ではどちらのアルバムも好きだし、1st、2ndに「闇に吼える街」もめちゃくちゃ好き!!

やはり、この頃は一緒にやっているEストリートバンドの力が大きい。
最近もEストリートバンド再結成で往年のパワーを取り戻してはいるが、やはりこの頃のパワーと衝撃度には叶わない。


今年の夏も「ザ・リバー」

もともとあったフォークちっくな歌詞にファンキーさ・・・それに’50年代の懐かしいR&Rを惜しげなくキラキラ輝くこのアルバムに封じ込めてある。

もう何10年も昔のアルバムなんだけど、ROCKっていうのは時代を超越しているんだなと考えさせられる素敵なオレの青春アルバムでもあります。


スポンサーサイト
PINKISS



またまた連チャンでAKBネタですみません(笑)

こないだ放送したAKBの番組「AKBINGO!」サマースペシャルでAKBがバンドで演奏する「GIVE ME FIVE!」をカバーする最強バンドバトル「全力バンド選手権」ってのやったのよ。

そこに出場したPINKISSっていうバンドがカッコよくて!!

審査員はAKBメンバーとダイヤモンド☆ユカイに真矢とか・・・


で、何がすげえってこのバンド、なんと子供(笑)

しかし、一生懸命演奏する姿に涙しちゃったぞ!!
他バンドさんもすげえよかったけど、初期衝動以前のもんを見たって感じ!!


辛口だったダイヤモンド☆ユカイもめっちゃ大評価!!

演奏もよかったし、なにしろバンドやんのに一番大事なJUMP決めただけでオレはもうとりこっすね!!
個人的にはAKBヴァージョンよりよかった!!


いいな~、こういう企画!!
来週は後編だ~(郡山は)


AKBあっちゃんとデヴィ夫人の暴走



最近、デヴィ夫人が暴走気味で・・・

ブログで例の大津市のいじめた側の写真を確かめもせずにどっかのネットから拾って来て貼ったり、しかもそれが人違いだったり・・・

確かに大津のいじめ事件のいじめた奴らはオレでもぶっ殺してやりたいくらいむかつく奴だし、つるし上げられても仕方ない連中だ!!(ここ断言!)
しかし、別にデヴィ夫人が裁くことではない。

いや、あそこの学校ならびに警察から教育委員会に市、みんなろくでもなかったし、全員死刑でもいいと思うけど、なんか違う気がする。
ネットとかでやりたい放題って実に怖い世界になっちまったなあって思うよ。



で、今度はAKB批判だ。
例の前田あっちゃん卒業に加熱する中年ファンに対し、「今、尖閣諸島、竹島の領土問題で戦争でも起きそうなこの時期に何やってんだ!」ってことらしい・・・。

確かに今回のあっちゃん卒業に限らず、ここんとこのAKBのごり押し感はちょっと引くところがあることも確か・・・
しかし、子供でも踊れるようなダンスと歌・・・とか、NEWSの方がましとかいうのは無知な証拠!!
あんなのにうつつを抜かすな・・・ってのも余計なお世話だと思う。

オレ自身もそうだけど、ただでさえ日本のサラリーマンは毎日現実と戦いながらそれでも頑張ってるんですよ!!
自分たちで頑張って稼いだお金を一時の現実逃避に使って何が悪いのか?


それ言ったらオレたちROCKやってる連中だってそうさ。
確かに領土問題は連日、報道されているけど、オレたちにはそんなことより命がけで頑張ってるもんがあるんだ!!
そして、そんなオレたちを見て一時でも現実を忘れ、夢の世界を味わってパワーをもらい、また「頑張るぜ!」とくっだらない日常へ戻っていくわけですよ。
これ、AKBもROCKも何も変わらない。

ただでさえくだらない現実と毎日戦ってる人たちが、更に落ち込むような問題を提議してどうするよ?
AKB以上にくだらねえよ、なにも出来ない国の政治家がぐだぐだやってる様子は!!
向こうの大統領が乗り込んでも、向こうの活動家が乗り込んでも、なんにも出来ないで傍観してるだけじゃん?

そんなの見てどうしろっての?


あっちゃんが8月に卒業するのは前から決まっていたこと。
ただタイミングが重なってしまっただけ!!

前から楽しみにしていたファンの方に失礼だぜ!
野田総理のきもい顔見るより、今まで頑張ってきたあっちゃんの神々しい顔観た方がいいだろ?(笑)

てか、デヴィ夫人が来てくれたことはめっちゃうれしかったけど、AKBだって被災地に来てくれたんだぜ!!

しかも、まだ20歳そこいらの女の子が、たとえ低線量とは言え放射線舞う福島に来てくれた!!
まあ、秋元氏の戦略かもしれないし、裏には何かあるかもしれない・・・

でも、少なくともオレらは来てくれたってだけで嬉しいことなんだ。



それにおっかけだろうがなんだろうが、熱中できるもんがあるだけでオレは素晴らしいことだと思うけどな。
こんなに何かに熱狂してる日本は全然大丈夫だぜっても思う。



AKBヒストリーって500円くらいでコンビ二とかでも売ってる本あるんだけど、これだけでも読んでみるとちょっと見方が変わるかも!?

あの厳しい評論家の田原総一郎先生が言ってたけど、政治的資質は野田総理よりたかみなの方があるとさ(笑)

まあ、それもどうかと思うが今のくだらない政治よりは面白いことやるかもね!?




ROCKは趣味なんかじゃねえ~!!義理もなにもねえ普通ヤローどもが!!



「いい趣味あっていいね~」

そう言われんのすんげえむかつくよ。


別に「ROCKはオレの生き様だ~っ」
・・・なんて言うつもりはさらさらない。


しかし趣味なんてえもんじゃないんだよ。


ちょっと人より好きの次元が違うんだ!!
そして、他の普通って言われてる、だせえ人間よりずっと先にやりたいことを見つけて突き進んでるだけさ。

仕事なんてはっきし言ってど~でもよかった。
バンドやるためにやってるだけだしさ。

バンド続けるためだけに、今まで履歴書5枚くらいになるほど転職もしたな。

しかし、仕事場にちょっとでもだせえ奴いたら平気でぶつかって来たし、ぶっ潰してきた!!

オカマじゃねえんだから、ROCKのために普通の奴らに負けられないだろ???


まあ、そんでもかなりマルくはなってきたけど、むかつくことあったら、ふざけんなって剥きますよ!!
心の怒りの鉄拳を!!!!!



まあ、何か自分が一生懸命やって頑張ってたら、いいこと以上にむかつくことだらけさ。
それは未だに変わらない。

昔より簡単に牙をむかなくなったのはオレが経験を積んだから・・・
ありがたく思えよバカども!!!!


いや、バカには何も期待しなくていいっていうことだよな。

義理もへったくれもないような奴らが自分らのちっけえ世界でみみっちくやってりゃいいんだから(笑)!!
それが普通って言われてる奴らの正体さ!!


あんたらにキラキラ輝く瞬間あったか?
くだらねえ、ちっぽけな金のためにしがみついてるだけじゃん!



しかし!!!


わり~けど、オレには例え一瞬でも最高な瞬間が何回もあったし、最高な仲間も世界中にいる!!
みみっちい世界で自分の老けた言い訳を自慢するようなクソとはちげ~ぜ!!


一瞬だろうが、キラキラした自分でつかみたいHAPPYを求めてオレは今日も24時間、R&Rをし続けるつもりだ!!!






今日の写真は青森のkumikoさんからいただいたオリジナルうちわ!!

すんげえ嬉しかったで!!
こういう瞬間があるからオレはやっとこさ、つっぱっていられんだぜ!!!!



うわっ面のつきあいなんてもう要らん!


オレが欲しいのは本音だけだ!!!!!!!



やっぱりBoogie Woogie Night!!







日曜日のNamiちゃん主催のBoogie Woogie Night、今回も最高だった!!
てか、ROCK最高!!

もう、オレ、自分でイベントやんなくてよいな~って思ったもん!!
R&R世代交代(笑)

さて、11回めを迎える今回のイベント、やっとピークアクションのジョンさんも打ち上げ来たことだし(爆)


またまた勝手にレポいくぜ~っ!!





SCRAP
はっきり言おう!!

オレ的に一番カッコよかった!!
てか、一番本当にROCKしてたというか・・・。

とにかく彼らみたいなバンドがいてくれる、存在してくれるだけでこの国は救われる!!
そう思ったよ。

全曲が心に響いた。
YOUTUBEでも話題のあの曲も生で聴くと本当に同じ福島県人として、オレももっとやらなきゃ!!と気合入れられる!!

ありがとうSCRAP
最高でした!!



THE MIDNIGHT TV PROGRAMS
この人たちのライヴの楽しさは半端ないよね~
なんつ~か、人柄が音に出てるっていうかさ。

毎回、笑って踊って上がっていく!!
’50~’60Sの懐かしいR&RをTHE MIDNIGHT TV PROGRAMS流に現代に蘇らせている感じがたまりません!!

打ち上げでのバカ話しも最高なんだけど、今回は出来なかったんで次こそは!!
AKB話したい~っ!!!



CEDIN'DEDEN
これぞリアルパンク!!
硬派でガッツあって、一番信じられるバンド!!

笑えたのがミッテレが女の子中心に盛り上がる雰囲気に対し、CEDIN'DEDENのフロアを占めるのはヤローばっかり(笑)
いや、なににも媚びず、自分たちの音の信念持って突き進む彼らの生き様はものすごくカッコいい!!
ぜひ、見てない人は絶対観て欲しい!!



THE HAVENOT'S
もう、出音からして全然違う!!
流石にツアーバリバリやってるバンドは音がすげえのよ。
なんつ~の、このバンドサウンド!!

シミーさんもコータちゃんもすんげ~タイトなリズム刻むのね!!
世界最高のビートコンビよ!!

改めてのレコ発であったんだけど、横浜ワンマンの頃より格段に音がタイトになってる!!
前の日もライヴだったのに、マット先生の声も絶好調でいつも以上に楽しめました~

BLUEIII
楽しかった~
そんだけ!!



VIOLETS
オレ的に今のVIOLETSははっちゃけバンド!!
最初期から見ているんだけど、今のVIOLETSが一番好き!!

とにかく曲が最高!!
知らない曲でも聴いた瞬間に恋に落ちる!!

しかも、今まではパッチ先生とクスモトギターヒーローのツインギターが各自好き勝手やってたのが楽しかったんだけど、最近はめちゃ決めるとこ決めてくるのね!!

このタイトさがまたカッコよくて!!
もちろん、ハチさんとヨダッチさんの鉄壁のグルーズ隊も素晴らしいです(打ち上げ話しも!)

アンコールではTHE HAVENOT'S メンバーも全員参加で赤いギターで大団円!!
素晴らしかった~



てな訳で今回は全員が友達(!)という素敵なイベントだったんだけど、来た人もたっぷりROCKを堪能したんじゃない?

これからもみんなと突っ走りたいし、Namiちゃん、本当にありがとう!!

写真、ぶれぶれですみません~っ!!!!




ROCK最高~っ!!!!

あっちゃん卒業してもROCKは不滅だ~(笑)







サーフィンライフ復活!!




今日もサーフィン行ったよ~

てか、明日ライヴあるし来週ゆっくり・・・とも思っていたんだけど、平日の鬱積した生活から一端リセットするにはサーフィンが一番だからね!!

サーフィンやるとホント、心が落ち着くし、マトモな精神でいられるから!!

今日はホントに天気も最高で波こそそんなによくはなかったけど、海に入れるだけで最高な気分だよ。

まあ、これ、この感覚は何度も言うようだけど、他の特に陸上のスポーツでは味わえない特別なものだ。
神様は水の上を歩くとか言うけど、ホント、そんな崇高なものにオレは感じる。

波悪いとは言ってもかなりの波に乗ったし。かなりの波に巻かれた(笑)
普通、巻かれると苦しいもんなんだけど、今では巻かれることさえも楽しい。


震災後の原発事故で海おろか外に出ることもままならなかったあの時期に比べると、ホントに夢のようだよ。

それでも海に来ていたサーファーは震災前に比べていくら、海水から放射線が検出されないとは言っても、風評や怖さのせいか激減してしまった・・・。
そのぶん、こんな真夏のいつもなら激込み合う海でまるでプライベートビーチのように波に乗り放題ってのは考え方次第ではホント素晴らしい!!

「佐々木さん、福島の海に入るんですか?」とか心配する人もいるけど、起こるかどうかわからない被爆被害におびえてサーフィンできないストレスで病気になるよりはものすごく健康的だと断言できるよ。


最近も福島でとれた魚から高濃度のセシウムが検出されたと報道されたけど、もう飽きたよ。
震災時にバカみたいに流されたACのCMや猪苗代湖ズの歌と同じくらい飽きた!!


もう、風評なんてどうでもいい。
オレは福島ロッカーズの「希望の唄」のとおりここで生きてく決意あるし!!



さて、今日は久々にいわきの小名浜にある海産物の食堂にも行った。
震災前によく行っていた「うろこいち」って食堂は津波被害で再開のめどが立っていないため、別の「どんぶり屋」ってところがやっていたので、行ってみた。

こんな夏の最中はこういう食堂ってめちゃ混むんだけど、全然お客さんが入ってなかった。


オレはうに丼を頼んだけど、めちゃ美味しかった!!
こういう甘くてとろけそうなうにってそこいらの回転寿司とかスーパーじゃ絶対に食べられない。

お客さん少ないのに、やっているだけでもありがたかった・・・。



午前中、さくっと海に行き、明日のライヴの準備しながら今、ROCKを貯めているところ。


明日のライヴは最高になります!!




次のライヴは郡山でBoogie Woogie Night vol.11



本題に入る前にめでたい話が二つ!!

親友であり、いつもお世話になっているあのテクマ!さんがなんとあの日暮愛葉さんと婚約発表!!

ちょっと前にお2人が付き合っているとはご本人から聞いていたんだけど、まさか婚約するとは~っ!!

しかも、しかも、なんとヤフーのトップページにまで掲載されるという・・・!!
うわあ、テクマ!さん、すげえ~

本当におめでとうございます!!


それとオレが大ファンなSPEEDのタカちゃんも結婚だって!!
お相手はET―KINGのTENNとか・・・

いや~めでたいっす!!

よかったね!!



てな訳で本題!!


さてさて次の日曜日8.26に 郡山PEAK ACTION にて友達のNAMIちゃんのR&Rイベント「Boogie Woogie Night vol.11」に出ます!!!

しかも共演者が凄すぎる!!
てかみんな友達(笑)

こんな楽しくて豪華なイベントはそうないよ~


最高な夜になるので絶対4649!!



あ、オレのギター、福島テルサの怒ライヴで頭きて床にぶん投げたりしたから、ネックが骨折・・・
皮一枚でつながってるんだけど、とりあえずこないだの東京では大丈夫だった!!

とりあえず、セメダインとガムテープで補強しといたから大丈夫でしょう・・・。


てな訳でギターともども根性出していくぜ~っ!!!!




8.26(日) 郡山PEAK ACTION   チケット予約  →予約 
   『 Nami Presents Boogie Woogie Night vol.11』
   OPEN/START 18:00~  ADV/DAY ¥2000/¥2000(+1D)
   w/VIOLETS、THE HAVENOT'S、THE MIDNIGHT TV PROGRAMS
     CEDIN'DEDEN
   DJ/Paul Ramone、HIROE 、Nami


今年の夏もおわっちまう

君と二人で歩いた~
浜辺の思い出~♪


残暑すげえけど、陽も短くなってきたし、夏の終わりを感じるよな~


オレ、夏生まれからかしんないけど一年中で夏が一番好き。

いい思い出は夏が多いし・・・


今年の夏


福島の海でサーフィンできた


まだまだ問題は山積みさ
今日も原発反対派と推進派の協議があったり、浪江町の町長は闘い続けている

避難しろって言われたとこが一番放射能舞ったとこだったり、バカにし過ぎてるし!

しかも本日、福島原発で作業してた下請け作業員が意識不明の末に亡くなられた。

ただでさえ放射能が舞う危険な場所で、この夏の時期、どんな劣悪な環境で作業していたのか?

てか、21世紀の現代だよ
70年代の高度経済成長期じゃあるまいし、人が死んだんだぜ?

大津市のいじめで亡くなった生徒もそう。


人の命


軽過ぎるよ


まあ、そんなオレらだって未だに自分がどれくらい被曝してんだかも知らない状態・・・




まだまだ楽しい思い出作るには複雑だったね、2012年の夏は



TITTEEE BUTTOCK-BOOBS AND SAVAGE-#9




JOE ALCOHOL AND WONDERFUL WORLDの1stアルバム「KILL THE MUSIC」聴きながらこのブログ書いてるんだけど、これ、1発でぶっとばされるぜ!!
てか、もう鼻血出そうなくらいぶっとぶかっけえ~~~よ過ぎの完全ROCKアルバム!!
しかも、1stなのにライヴアルバム(!!)ってのがジョーさんらしくてまたすんげ~っ!!

1曲めのイントロ聴いただけであっという間に持ってかれて、18曲までMAX興奮状態!!
アドレナリン全開になること間違いなし!!


とにかくものすごくカッコいいんで絶対に絶対に必聴だぜ!!!!!!
あ、絶対爆音で聴くこと!

18曲全てが神曲という奇跡のアルバムですよこれは!!

あ~、ライヴ観たい~っ!!!!!




さて!!悪夢の福島ライヴ後に待ってたのはまさにROCK WONDERFUL WORLD!!

うちらは前にお世話になったTHEEE BATさんから誘われたんだけど、この日DJもやったMR.DEATHさんとのイベント!

もうさ、時代間違えたかのようなすこぶるカッコいいR&Rイベント!!
場所も幡ヶ谷HEAVY SICK ってとこで、もうROCKな退廃的イメージそのままな不健康なパワー溢れる雰囲気でサイコー!!

まるで’60年代のような妖しいダンスあり、PUNKなDJ陣の過激な音楽の合間にこれまたROCK過ぎるバンドが出演していくという・・・



THEEE BAT
新宿JAM以来ですが、この幡ヶ谷へヴィーシックの舞台のイメージとマッチしすぎて全くカッコよ過ぎた~!!
めっちゃ硬派で古臭いガレージサウンドにやんちゃなアクション!!
ホント、素晴らしいっ!!
完璧に’60sオリジナルバットマンをバンドでやってる!!

で、みんなルックスがカッコいい!!
オレ的に爆音でやさぐれた演奏とボーカルの女の子の突き抜けた歌が最高にキマシタ~っ!!


オレらBLUEIII
これこれ、これが本来のオレたちの姿なの!!
クソでかくて中身ない会場よりこういう狭くても熱気あるとこがオレにはめっちゃあってるわ~
お客さんのノリかたもめっちゃはっちゃけてて、現時点で最高なライヴが出来たと思います!!
ありがと~


YOUNG PARISIAN
いや~、もっと早く知り合いたかった~
そんくらい彼らは本物!!
日本でこんなにすんげえグラムロックバンドがいたのか!
とにかく全員のメンバーがキャラだちしててみんなカッコいいんだけど、やっぱボーカルの人のオーラが半端ない!!

日本人でこんなマーク・ボランでヨハンセンでボウイでシルヴィアンしてる人いないぜ~っ!!
もう、出てきた瞬間のオーラと歌いだしたときの感動は凄かった!!

「テレグラムサム」からマドンナなんかのフレーズもさらりと曲の中にさりげなくぶち込むセンスもカッコいいし、最後にぶち抜きのナンバーで攻めるとこなんかも、ROCK理解ってるな~と納得!!
しかも、DJで参加のジョー・アルコールさんのカバーまでやっちゃって、それをご本人まで歌ってしまうというサービスぶりに大感動!!

いや~、素晴らしい~っ!!

病気してて心配だったジョーさんの復活して元気な姿が見られたのも嬉しかったし、ジョーさんのかける曲がまた半端なくカッコよかった!!
早くバンドも観たい~


会場にはリトル・ジョニーさんやエドウッズのビリーさんなんかもいて楽しかったな~

主催のDEATHさんのDJとMCも最高だったし、ダンスコーナーも凄かった(笑)

いや~、こういうイベント、待ってました~って感じなんでバリバリやって欲しいです!!


とにかく本当にありがとうとしか言えない素晴らしい日になりました!!

これからみなさん4649です~!!



写真はTHEEE BATさんと!!
あ、THEEE BATさんには「バットマンVSブルース・リーのグリーン・ホーネット」のビデオ送らなくちゃ!!(笑)





no title

感無量!

素晴らしいイベントだったよ幡ヶ谷!

素晴らしいロック仲間に乾杯!



ライブはやっぱこうでなくちゃ!



詳細はまた明日にでも!!



一昨日のリベンジどころか一生悔いがないくらいよいライブ出来たし!


ありがとう

ありがとう!



とりあえず寝ます。

明日の仕事も軽く乗り切れるぜ!!




明日は幡ヶ谷でぶっとばす!!
てな訳で昨日の怒ライヴの興奮も冷めやらないまま・・・

てか、一晩寝てもまだ頭きてますが・・・


どう考えてもリハなしで、しかもわずか10分の転換時間にも音出しもさせない・・・(ちょっと音出したら怒鳴る!!)
あげくは歌おうとしたマイクをマイクスタンドごと勝手に移動する・・・
しかも、お客さん側には歌のボリューム出さない・・・バンド側にも一切の音の返しなし!!(結局、バンド側の音・・・ステージにが最後まで音を返してくれなかった・・・)

よくあんな状況で最後までライヴをやり遂げたと思う。
「こんなこともあります・・・」
いや、ない。
絶対ないし、こんなことは起こってはいけないこと。

こんなライヴは全く教訓にならない。
こんなことする人はイベントに携わる資格なし!!

昨日ははっきり言ってライヴなんてもんじゃなかったよ。
ただでさえ、ライヴって機材のトラブルあったり、体調悪くて声が出なかったり、移動で疲労していたり・・・とたくさんの問題をかかえながら、ベターな状態に持っていって素晴らしいものにしたいって誰もが思っているはず・・・。
ステージに出る側、音響、照明にドリンクからもぎりの人から、そしてお客さんみんなで楽しい空間を作り、普段の生活と違う時間を共有したいと思うんだ。

どんなに音が悪いような会場、しょぼい会場、デパートの駐車場でだって作る方に情熱があれば最高な神ライヴにすることだってできるんだ!!

明日は昨日の分までリベンジする!!


明日は東京!!
THEEE BATさんのイベントに出演だ!

素晴らしいライヴにしますんで絶対よろしく!!




8.19(日) 幡ヶ谷HEAVY SICK   
   『TITTEEE BUTTOCK-BOOBS AND SAVAGE-#9 』
   OPEN/START18:00~  ADV/DAY ¥2000/¥2300(+1D)
   w/〈BURLESQUE DANCE〉Violet EVA (紫ベビードール)、SAFI
    〈TRIBAL FUSION BELLY DANCE〉E-chan & Milla
    〈LIVE〉YOUNG PARISIAN 、THEEE BAT
    〈DJ〉JOE ALCOHOL、TAKUMA(TRASH) 、SAFI、MR.DEATH


屈辱、そして怒りのライヴ!!!!
今日、福島市の福島テルサって会場でクダラナ庄助祭ってイベントに出たんだ。

まだ確立していないイベントのようで、それは開催前からもなんとなくわかっていた・・・。

オレは今までも喫茶店でやったり、人もいないへんな広場でやったり、PAもないような場所やアメリカツアーやフジロックとかアラバキとかのフェスじゃリハなしも当たり前のとこだって経験してきたし、どんな音が悪い会場だってガッツと気合とROCKで最高なものにしてきた自負はある!!
だってバンド歴28年だもん(笑)

だから今日も多少、雑な段取りになることだって予測していたし、その中で最高なショーを見せてやるという気合も込めて会場へ向かったのだ!!


着いた福島テルサはなんとホール!!
ものすごくでかい!!

これはどんなことをしても成功させてやる!と心躍った。
受付でパスをもらい、前もってFAXしといたセット図を持っていざ会場へ・・・

ところが、責任者もいないし、受付に聞いても機材の搬入もどこでやっていいかわからない状態!!
「多分、建物の後ろから・・・」の言葉を信じ、裏側にまわったら鍵しまってるし(怒)

それでも、まあこんなこともあるなあ、慣れてないから仕方ないよね?・・・と怒りを沈め、何とかステージ裏に搬入完了!

てか、受付で説明しろよって感じ(怒)

で、こういうイベントだからリハなし当たり前だし、転換にちょろっとあわせようと思い、ギターをさらっとカッティングしたのよ。
そしたらいきなりPAだかなんだかわかんねえオッサンに怒られた!

「おい!!筒抜けだぞ!!(客席に)チューニングは音出さないでやれ!!」



は???????????????????

なんかモニターからはヘンなお笑い芸人の語りが聞こえるんだけど、「ああ、転換中に誰か繋ぎをするんだ」となんとなくその時わかった。

しかし、仮にも出演者に向かっていくら年上(!?)だろうと「おい!!筒抜けだぞ!!」はないだろう!!
なんの説明もなしにさ!!
それに、演奏者より転換の人の方が偉いのか????

普通だったら「転換中に別の方のショーがありますんで、音は出さないでください」って事前に断るのが普通じゃん!!!!!!!!

てか、ただでさえ本番前は出演者はナーバスになっている!!
ぴりぴりしてんだよ!!
こんなオレでも・・・
そこに、そんなガミガミ言われたらめっちゃやる気なくすよね??


しかし!!


百戦錬磨のオレは「まあ、郷に入ったら郷に従え!」と大人の対応をしたのさ。
で、リハなしはもちろん、音だしもダメといわれたオレたちはそのままボリュームもボーカルの確認もやらせてもらえず、本番に入ったんだ。

一応、希望ってことで、何の音を返すかの注文だけは、かろうじてしていただきましたが・・・(笑)

で、本番3分前くらいにまたそのオッサンにいきなり「今日やる曲は?」と聞かれた!!

は????
今までたくさん時間あったのに(20分は余裕で)3分前に聞かれても・・・(怒)

さすがに頭きたんで「今日、たった20分しかねえんだから3曲しかやんねえよ」と答えた!!
で、オッサン、オレのエフェクターケースの置いてある足元のセットリスト表見て、「それが今日やる曲かと思った」とか抜かしたから「これは明後日のだ」と答えてやった・・・(超怒!!!)


てか、たった20分で何やんだ?って感じだし、他バンドもオレらの前のなんちゃら鑑定だかも、全然平気で時間押してるし(笑)
いや、みんな軽く30分以上はやってるから時間押しまくり・・・
こいつらの方を注意しろやオッサン!!!!(怒)



で、なんの連絡もないままいきなりオレたちのSEがかかり(おいおい!!)緞帳も上がり始めたんで急いでステージに!!

こっからがすげえよ。信じられない。



じゃ~んっと始まってトミー・ボーリンばりのディレイをしゅるしゅるのところでさっきのオッサンがいきなりステージに来てなんかごそごそやってる。

「なんだ、邪魔だどけよこのクソ野郎!!」と思いながらもイワタ・リーのカウント・・・

1曲めはDEEP PURPLEの「BURN」だ。

こういうイベントにふさわしいと思って必死に練習してきたカバー曲だよ!!

そして歌い始めようとした瞬間・・・
オレがセッティングした場所にマイクが無いのよ!!!!!!!!!!!!!!!!

それもスタンドごと!!

てか、ギター弾きながらボーカルだと、おのずと自分の足元にエフェクターだとかセットリストだとか、置くわけ。

オレはマイクスタンドにエフェクターボードのフタをのっける形で置いて、フタにセットリストやらを置いてる。

よく見たらエフェクターボードはおろか、ステージはるか前方にマイクスタンドが置かれていた・・・・

さっきのオッサンの仕業よ!!


で、フタがこっぱみじんにエフェクターの上に飛び、残骸と化したバラバラになったエフェクターが・・

オレのエフェクターはギターだけでなく、ボーカルにかけるエコーとかも全部足元に置いてるわけよ。
言わばオレのサウンドの心臓部!!


「あのクソ野郎、ぶっとばしてやる!!!!!!」

しかしもう演奏は始まっている!!
少ないながらもお客さんもいるのにどうやって切り抜けるんだ!??????

しかもしかも、オッサンがエフェクターボードを乱雑に扱ったせいで、エフェクター自身のセッティングも変わってしまっていた。

妙にギターにディレイ(やまびこみたいな効果音・・・)が掛かりすぎていたんだ。
はじめオレは会場がでかいから、ナチュラルなエコーなのか?と思ったんだけど、明らかに変だったから、ディレイ自体のスイッチを切ったの途中で・・・!!

出てくる音は味気ないつまらないサウンド・・・
しかし、掛かりすぎのエコーより、何もかからないサウンドに仕方なく切り替えた。

てか、これBLUEIIIの隠れサウンドだったんだ・・・。
これあるからBLUEIIIってわかる・・・。
なのにこんな大事なサウンドを捨てたのよ途中で・・・!!

ショー・・・てか、お客さん重点に臨機応変に対応したわけ。


後から、帰って調べたら唖然とした。
オッサンがエフェクターボードいじった反動でディレイのつまみがフルアップになっていたんだ。
どおりで、ギターの音が変・・・てか残響にしか聴こえなかったわけだ!!!!!!!(FUCK)


しかし、仕方なくオレの機転で、その移動されたマイクスタンドまで行って歌ったよ、ボーカルの音もギターの音もなにも操作できないながらも・・・(しかも、返しの音も何も聞こえません・・・)


一生懸命歌った!!
頑張った!

しかし、なんか変なの。
返しの音が返ってないのはまだ我慢できる!!

びっくりだよ!!

お客さんにもオレのギターが聞こえていなかったんだ!!(歌まで!)

普通だったら、オレは・・・
てか、どんな状況でもオレは生まれてからステージに上がったら一度も音を止めたことがなかった!!

しかし、あまりのこのオッサンの横暴ぶりにオレは生まれて初めて音を止めたよ!

そして

「オッサン、マイクずらしたら歌えねえだろっ!!」

とステージ上で叫んだ。


で、演奏再開したんだけど、どうにもオレの歌が変すぎる!!


また音を止めた!!


「なあ~、オレの歌聞こえてる??」とお客さんに問いかけたら

「聞こえな~い」だって!!!



中音(バンド側に聞こえる音のこと)どころかお客さんにもオレの歌は聞こえていなかった・・・・・・。)スーパー怒!!!!!)


あんなに本番前に「音出すな」と偉ぶってたから、本番ではばっちりキメてくれんだろうと思っていたら、な~んにもできていなかった!!

しかもそれだけじゃないんだ。


次のバンドだかのセッティングの都合だかなんだか知らね~けど、本番前からステージ上に邪魔なアンプも置いてあるし、マイクスタンドなんて真ん中に3本もあんだぜ!!

それを動かさないようにといわれた。

空いてるとこでやれと・・・。(ふざけすぎ!!!!!!!!!!!)


だから、オレたち3人編成のバンドなのに、ステージには使わないアンプやら訳わかんないマイクスタンドがたくさんあったわけ。

しかし、それでも「まあ、こんなこともありますよ」と大人の対応してライヴに挑んだオレたちは立派だったと思う・・・。


しかし、ライヴ中、自分のセッティングを勝手に変えられたり、歌ってんのに歌のボリュームゼロにされたら、さすがにオレの堪忍袋も大爆発だ!!!!!!!!!!!!!!!!!


てか、何回ギターぶん投げて、帰ろうと思ったことか!!!!!!!!!!

しかし、オレはその怒りをパワーに変えたぜ!!


完全にぶっ壊れたPUNKでFUCKなライヴを展開!!

しかし、ラストの矢沢エーちゃんのカバー「黒く塗りつぶせ」では最高で極上な歌を聞かせてやったつもり!!

「オッサン、わかんねえかもしんないけど、こんな歌てめえには歌えねえだろ!これが世界レベルだ」って!


もちろん、会場をぶっこっわす寸前の大爆発ライヴ!!
最後はステージ中央に並べられた次のバンドだかなんかしらね~マイクスタンドをエーちゃんのごとく何回もぶん回してステージ上は修羅場!!

客席も跳ね回り、モニターのでかいアンプに駆け上がってギター弾きまくるの大熱演!!



マイクスタンドなんてもう中央にはない(笑)
オレが蹴っ飛ばしたから。

アンプにも横蹴り入れてやろうと思ったけど、後で火をつけて燃やそうか?!と思ってやめといた(笑)

ついでにステージ袖にあったマイクスタンド2本も蹴っ飛ばしたりして、全部ぶっ壊したろっ!!って思ったけど、オレはアクションの天才だから綺麗に落下!!(惜しいっ!)

そんな感じでぶっぱじけた怒りライヴも無事(!?)終了・・・。








オレの行動って幼稚か?
ガキくせえか?


いやいや、幼稚にもガキにも劣るオッサンの仕事ぶりの方が子供以下だろ!!!!!!!!!!!!!!!



こんなに誠実に音楽やってるオレたちに対してあんなクソな態度はねえもん!!

ただ・・・


ギターもぶん投げて壊れたし、弦もみんなぶっちぎった!!
最後はノイズしか残んなかったけど、最高で最強なROCKを奏でてやった!!


イワタ・リーもスノウもよくあの状況の中で頑張ってくれたと思う!!
やっぱりオレたちは最高だぜ!!!!


見てたお客さん、5~6人だったと思ったけど、みんな喜んでくれたみたいだしね・・・PAも含め・・・。


これがオレのROCKなんだ!!



しかし、オレはまた思い知らされたぜ!!
オレが戦い続けてきたのはこういうくだらねことなんだって。


さすがにオレにビビッたのかオレにはそのオッサン、開演後近寄りもしなかった。
多分、オレに殴られると思ったんだろうし、来たら殴ってた!!!!!!

しかし、その後の司会者の対応が素晴らしかったんで、オレは怒りを沈め謙虚にインタビューに答えたよ。
オレ、プロだろ!!!???(笑)



てかさ、オレより歳上かもしんねえけど、親しい仲にも(親しくねえし、初対面なら尚更じゃね?)礼儀忘れんなって感じだよな。

確かにオレらはしがないアマチュアバンドマンで無名かもしんねえけど、少なくともあんたよりは世間、世界見てきてるよ絶対に!!!!!!!

アメリカでだってオレたちは頑張ったし、少なくともあんたよりすげえ世界見てきたし、世間に揉まれてらあ!!

オレだったら初対面の相手にあんな対応しない。
あの対応だけで、あんたがどんだけ浅い人だかわかったさ。

ボランティアかもしんねえし、ギャラなんて出ないけどやってんだかもしんねえ。

だけど、一度引き受けたからにはプロの仕事しろよな!!!



そして!!


こういう思いしてる夢追っかけてる奴らたくさんいると思うけど!!

絶対、自分のやってることに誇りを持って欲しいし、プライド持って欲しい。


くだらね~つまんねえ大人の言うことなんか信用すること全くなし!!!!!

世の中、くだらね~、つまんね~奴らがはびこってる!!!
まあ、そういう奴らは自分だけのちっぽけな世界だけで、くだらね~人生送りやがれ!!

夢持って頑張ってる奴を馬鹿にすんな!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!






ベイビー佐々木45歳・・・
まだまだガキですが、突っ走りますよ~~~~っ!!!!!!




FUCK!!!







あさってのライヴ!!

完全にリベンジするわ~




ROCK









明日は福島でライヴ!!



てな訳で今日はスタジオでちょっくらROCKしてきた!!

明日は福島市にてくだらな庄助祭ってイベントに出るよ~

あのギターパンダさんらの福島市のいろんな会場で同時にやるすげえイベントだ~
友達の夜ストやパイナップルひとりウェイも出るし、初代BLUEIIIブルーワンのほいどりあんさんのほいどの森も出るよ~っ!!


うちらは福島テレサにて17時くらいに出演予定!!
頑張るよ~
ロックるよ~

では明日!!!!!!!


親父、ネハンで待たない!!テレサで待つ!!!


小龍記



きました~っ!!

「小龍記」最新号はスゴイ企画!!

なんと!ブルース・リー研究家の松宮康生さんと、ブルース・リーショップ「DDD ON LINE」も交えてのボリューム版!!

ものすごい読み応えです!!

松宮さんの「ブルース・リー最後の真実2」のポストスプリクト版からいきなりDEEPなブルース・リーワールドへ持っていかれます!!
ここまで書いちゃっていいのか!?ってくらいヤバイ情報満載!


それに幻の作品と言われるあの「ブロンディー」にゲスト出演したときのシナリオを紙上公開!!
これ、スゴイし、読めば必ずますますこの映像が観たくなりますね!!
なんか「鬼警部アイアンサイト」に出たときの役に似た雰囲気ですね。

あと2年前に京都にて開催された「李小龍生誕70周年記念祭」の様子も完全紙上公開!!
豪華出演陣でスゴイ内容なんですが、個人的にツボだったのがやっぱり「小龍記」編集長であるちゃうシンイチーさんの発言!!

質問コーナーにて「一番好きなブルース・リー作品は?」の問いに対して鑑賞回転率1位は「死亡の塔」と答えているところ(笑)
いや~、素晴らしい~っ!!
これだから信頼できるんですね~

あと勝村淳さんはホント、カッコいいな~と思いました!!

それにDDD ON Lineの「燃えよドラゴン」DVD紹介は本当に素晴らしい!!
各国のあらゆる「燃えよドラゴン」を丁寧に紹介しているばかりか、ブート版まで紹介!!
今まで見過ごしていたあらゆる国の「燃えよドラゴン」にも興味持ったばかりか、欲しくなりました!!



それと忘れてならないのが今年4月に亡くなられた「空手バカ一代」でおなじみの影丸さんの特集!!
表紙も影丸さんによるブルース・リー!!

オレ個人も芦原先生のエピソードは当時、めちゃ燃えて読んだのを覚えていますね。
素晴らしい漫画家でした。
改めて合掌。



てな訳でブルース・リーファンはぜひともGETしていただきたい一冊であります!!
必読ですよ~



ご購入は

DDD On Line
今日も海だぜ!!




今日も海!!!

てか、昨年一年棒に振ってるんでホントは毎日サーフィンしに来ても足らないくらい・・・
いや、そのくらいストレスたまりまくってたわけですが、こんなに早く福島の海でサーフィンできるようになるとは思わなかったし、まさに奇跡というかさ。

いや、未だに怖いと思っている人の方が圧倒的に多いと思うし、風評もすごかったから唯一海開きをした勿来海岸は震災前のおととしは18万1726人だった来客数が今年はたったの7970人だったそうだ。

しかし、それでもこれは福島にとっては大いなる第一歩ですよ!!

今日、オレが行った海岸にはたくさんのサーファーがいて震災前と変わらない賑わいだったし、足だけ浸かりに来た家族連れや海を見に来たカップルもたくさんいて、なんか震災前まで当たり前に見えてたあの風景が戻ってきた感じがする!!

あとはいわきの漁が復活してくれれば言うことなしなんだけど・・・

とにかく!

いわきの海では放射線が検出されなかった!!
来年はもっと海開きする海岸も出てきそうだし、オレはいけなかったんだけど小名浜の花火大会も今年は開催されたそう!!

復活だよ福島!!

まだまだ原発近くの場所はヤバイ状況だし、仮説住宅で苦労している方もたくさんいる・・・


しかし、そんなに時間をかけなくとも絶対福島は元に戻るって!!
「福島ロッカーズ」をテレビで特集したときにさ、プロデューサーで#9店長の福井さんが言ってたじゃない?

福井さんの故郷である宮城とか、ここ福島も津波で亡くなった方が半端なかった。
てか、町全部まるごと津波に流されたところもあった。

あの状況考えたらさ。

オレたち生きてんじゃん?
とりあえず、先のことはわかんないけど、この際、楽観的に未来だけ見たいよ!!

生きてりゃなんとかなるぜ!!!



・・・

とかカッコつけてないで、遊び三昧の夏休み前半は終了!!
さて、これからは本気で(!)遊び三昧の夏休み後半始まるぜ~


てな訳で後半はライヴライヴ~っ!!!!


みんな来てよ~



8.17(金) 福島テルサ   
   『福島クダラナ庄助祭り 』
   OPEN/START 13:00~  ADV/DAY ¥2000/¥2500
   w/マダムギターパンダ、OBANDOS、ハッチハッチェルバンド、EL DORADO、
     カンザスシティバンド、モアリズム、ザ・たこさん、ボンクラ峠、ズクナシ、
     ソウル・パウダー・ダイビング!、ナオユキ、リクオ、パイナップル独りウェイ、
     Kechon Kechon Jug Band、ペーソス、大内アパートフィーバーズ、三本美治、
     上海マリー、The Young Folks、サイモンガー・モバイル、萩原佳明、のぐお、
     ナスカス、ザ・スリーメン、ファンシートラックス、剛連合、キンジョリーナ・セピア、
     三浦カズー、衰退羞恥心、和合亮一、ロボ宙+岡地曙裕(ex. ボ・ガンボス)、
     ほいどの森+石塚俊明(頭脳警察)、パンチの効いたブルース with 大友良英、
     夜のストレンジャーズ、小象、福島・メール・ハーモニー、アニキーアゴーゴー!、
     夢野カブ、あうんさん・すうじぃ、味香苑、デフロック、佐藤正彦、
     久住昌之 presents I.M.O(イチロー・マリック・オーサダハル)、
     渡辺俊美(TOKYO NO.1 SOUL SET/猪苗代湖ズ)、他



8.19(日) 幡ヶ谷HEAVY SICK   
   『TITTEEE BUTTOCK-BOOBS AND SAVAGE-#9 』
   OPEN/START18:00~  ADV/DAY ¥2000/¥2300(+1D)
   w/〈BURLESQUE DANCE〉Violet EVA (紫ベビードール)、SAFI
    〈TRIBAL FUSION BELLY DANCE〉E-chan & Milla
    〈LIVE〉YOUNG PARISIAN 、THEEE BAT
    〈DJ〉JOE ALCOHOL、TAKUMA(TRASH) 、SAFI、MR.DEATH

チケット予約

BLUEIII

猪苗代花火大会





今日は猪苗代の花火大会に行ってきたよ~

昨年も行ったここの花火、規模は小さいんだけどとにかく素晴らしいんだ。
山で行われる花火なんで、ただでさえ幻想的なんだけど、とにかく派手な演出もデカい花火が上がる訳でもないんだけど、なんつ~のかなあ・・・?
しいて言えば愛があるっつうか。

とにかくテンポよく進んでいき、あっという間にフィナーレに・・・

今回もまた期待を裏切らない素晴らしい花火大会だったと思う。

露天の場所が違ったり、メインステージの位置が違っていたりもしたけど全然問題なし!!

前より楽しかった!!



てな訳で今年の1回めの花火は猪苗代!
今年も最高な夏満喫ですね~(笑)


葉問 イップマン



ドニー・イエン作品は正直苦手なところがあった・・・。

もちろん、彼のブルース・リーをリスペクトした一連の作品(特にドラマ「精武門」や「ドラゴン危機一発’97」など)は観ているし、面白いものもあるんだけどいかんせんドニーの早回しがダメでね・・・

しかし、今回のこの「葉問」はあらゆるところで評価も高く、何しろ扱っている内容がブルース・リーの詠春拳の師匠、葉問のお話しですから!!

観なくちゃ観なくちゃ・・・と思いつつずっと後回しにしてしまっていた。

で、本日やっと観たんだけど、これ傑作です!!!

ドニー・イエン、歳を重ねて素晴らしい役者になりましたね~
武術指導もサモハンだし、ホントアクションも完璧!!

他の出ている役者さんもみんなキャラ立ちしていて面白いし、日本人将校役を演じたのが反町版「GTO」に出ていたあの村井役の人だったのがまた感動!!

とにかく、ドニー演じる葉問がとにかく武術の達人でありながら人格者であり、本当に魅力的!!

たぶん、事実と違うとは思うし、大きく脚色しないと娯楽映画としては成立しないと思うんだけど、この際、そんなん余計なお世話です!!

ストーリーがもろ「ドラゴン怒りの鉄拳」な感じなのもご愛嬌ですが、それをさっぴいても観る価値ありの大傑作だと思いました。

てか、序章から観たのですが、すぐパート2の「葉問」も続けざまに観ました!!
続編ではサモハンも出てきますが、サモハン演じるキャラも素晴らしいです!!

最後にブルース・リーネタがあるのも感慨深いし(笑)


てな訳ですぐレンタル屋に行ってパート3を借りてきました!!
今度はエピソード1ですね~

早速、観てみることにします!!



夏休みだ~っ!!!!





先週、いわきにあるサーフショップから情報を得て、もう福島の海で泳いでも大丈夫と聞いていた・・・。

で、本日!!!

お盆休み・・・てか、大人の夏休み初日!!



行って来ましたよ~  福島の海で1年ぶりサーフィンに!!!!!!!!!


てか、ホント、昨年に起こった震災のせいでもう福島の海でサーフィンすることはオレが生きているうちは不可能なんじゃないか?と思っていた・・・。

てか、オレにとってサーフィンは言わばライフワーク!!
これがあるから精神が常に安定させていられるんだよね。

だからサーフィンがなくなったこの1年、本当に精神的にバランスを崩していたと思うし、何をやっても今ひとつな日々が続ていたと思う・・・。
知らない人にとってはサーフィンなんて単なるマリンスポーツの一つだと思われるかもしれないが全然違う!!

どんな陸上のスポーツや武道とも全く違う次元のモノとオレは言いたい!!
てか、スポーツですらないと思うし!!

よく神さまが水の上を歩く・・・とか言うじゃない?
あれと感覚は似ているかもしれない。



てか、ベイビーさん、バンドがあるじゃない?とも思うなかれ!!
バンドのライヴとかの感動ともまた別の感覚なんですよ!!


で、どうしても我慢できない場合のみ、オレはここ1年のうち数回お隣の新潟まで行ってサーフィンを堪能したんだよね。

ホント、福島とは違うサーフトリップにすごく感動したものの、やっぱりサーフィンは毎週くらいバリバリしたいもの!!

ストレスは相変わらず解消できなかったのも事実で・・・



そして本日!!


震災前によく行っていたいわきの永崎海岸!


心配していた瓦礫も一切なし!!
(いわきの方々、本当にありがとうございます)

オレがよく知るあの海岸に戻っていた!!


そして!!


今日はそんなオレを祝福するかのように今日は波が最高によかった!!

時間も忘れて何回も乗りまくったよ!!
それに何回も巻かれたよ~(笑)



勿来海岸では海水浴も解禁になったというし、来年はもっともっと解禁される海岸も増えると思う。

確かに福島第一原発の事故で、海水に大量の放射線汚染水が垂れ流されたのはニュースでも何回も見て絶望した。
もとの状態に戻るには下手すると数十年かかるとの噂も・・・!



しかし、今、福島の海から放射線は検出されておらず、水道水と同じレベルにまで達した!!
怖い怖いと風評をばら撒くのではなく、福島の海に誇りを持ってオレは福島の海に帰りたい!!


やっぱり福島の波は最高だったよ!!


そして!!!


帰りに震災以降見つけた最近よく行く本格的カレー屋さん「カレーの国」に行ってカレーとナン三昧!!
美味しかった~

こういうグルメもサーフィン後だとより楽しめるのです!!



あ、あと今日のTシャツ見て~
最近GETしたブルース・リーTシャツ!!

センス最高!!
めっちゃカッコいいっしょ!?(笑)



夏休み初日は新しい人生の始まりでもありました!!






キターっ!祝!!「ブルース・リー日本初公開版」遂に遂に発売決定!!



昨日のブログコメント(李小龍特派員さん、哲人28号さん、素晴らしい情報ありがとうございます!!)からわかった情報ですが、なんと~っ!!

遂に!遂に!遂に~っ!!!

ブルース・リーの主演作4本の日本初公開版ブルーレイが正規リリースされます!!


どんだけこれを待ち望んでいたか!!
普通に考えて「ドラゴン危機一発」「ドラゴン怒りの鉄拳」は映画館で観たときから既に38年(!)ぶり・・・

そして「ドラゴンへの道」が37年・・・
「死亡遊戯」は34年ぶりとなる!!!



’70年代当時、ブルース・リーファンはビデオがなかったので、何回も映画館に通ってブルース・リー映画を堪能したもんだったし、当時、TAMレコードってレーベルからリリースされたブルース・リーのレコードは音楽の他に映画の音がそのまんま入っていたからね!
そう、VHS・・・ビデオすらない時代だったんでせめて音だけでも・・・ってレコード会社の心意気は素晴らしかったと思う。


そんなオレも「ドラゴン危機一発」が公開された’74年!
映画を観た後、次の日にはもうレコード屋さんに行ってTAMの「ブルース・リーよ永遠に」ってレコードを買ってもらったんだよ!!

で、「あっ!!映画で流れた音楽だ!」とか子供ながらに理解ったもん!!
それに、最後に流れるマイク・レメディオスが歌う「TO BE A MAN」の印象が強すぎて、その後、誕生日に買ってもらった「ブルース・リーの世界」に「TO BE A MAN」が収録されていた時の喜びときたら!!!

で、やっとテレビで「ドラゴン危機一発」が放送されたときの喜びと落胆・・・
これは映画館で「ドラゴン危機一発」を観た人じゃないとわからないことだろう。

だって最後に「TO BE A MAN」が流れないんですよ~!
最初もエンディングも同じメインテーマだし、他の音声も全然違っていたし、なにより日本語吹き替えだったから・・・

まあ、その後’80年代に入りやっとポニーから発売されたビデオに比べたら全然、このテレビ吹き替え版の方が素晴らしかったんだけど・・・。
今では吹き替え版も好きだけど、やはり初公開ヴァージョンがあってこそのテレビ版!!


いよいよ’80年代に発売及びレンタルも開始されたポニー版のビデオをデッキに入れたときの落ちこみ度といったら・・・(泣)

冒頭から全然知らない今ひとつの曲が流れ、喋る言葉も中国語・・・
違和感ありあり!!
「危機一発」に限らず、他の映画全く同じ傾向だった!!

そして、同じ映画なのに、こんなにも印象・・・インパクトが違うものかと絶句したもんだった!
多分、全国のブルース・リーファンが思ったことでしょう!!

で、オレが観たブルース・リー作品。及びTAMレコードに入っている音声は英語なので、当時入っていたファンクラブ会報などの情報をもとに、ブルース・リー映画には輸入版がある!!ってことを知り、買いましたよ~、世界各国のブルース・リービデオを!!

高いお金払って!!

ところが、喋ることばや劇中の音声はいくぶん近いにせよ、あのカッコいいマイク・レメディオスの主題歌や、「ドラゴンへの道」では「ビッグガイ」すら流れない!!

なんで~っ!?

で、今度こそ・・・今度こそ・・・の思いを胸にいろんな国のブルース・リービデオを買いまくるんだけど、初めて映画館で観たあのヴァージョンを観ることは不可能なのか?思いはじめていた!!

’90年代に入り、実は日本で初めて公開されたヴァージョンは当時の映画会社がそのままで公開したらイマイチなんで日本独自の音声編集を施したという事実が判明!!


しかし、インターネットの普及とともに、日本にはオレのようにストレスを抱えている方がたくさんいて、なんと「ないなら自分で作ってしまえ!!」と現在残っている資料や音声、映像の断片断片を切り貼りして当時の日本版を復刻してしまった勇者が数人いる!!


中でもオレ的にマニア界の神、あの方が製作した復刻版はこれから先、どんな正規メーカーでも太刀打ちできないであろう素晴らしい作品を我々に提供してくれるのであった!!

このマニアの神の恩恵のおかげで我々ファンの一部は当時の気分を十分に味わえたし、これ以上のものはもうないだろうと大満足している!!


ところが2年前!
なんと「死亡遊戯」の日本発公開版のフイルムが発見され、東京にて一般公開!!
関東の人は映画館にて本物の「死亡遊戯」を再見したのであった!!!



そして来たる2012年!!

10月にその日本初公開版の主題歌を歌ったマイク・レメディオスが再来日!!
マニア界の神AKさんオフ会という形で実現する!!
レインボー師父、哲人28号さんという神3同時主催という形で!!

これだけでもファンにとってはお腹いっぱいの出来事なんだけど!!


で、それにあわせるかのような今回の正規メーカーでのブルース・リー映画4作品の日本初公開版のブルーレイリリース!!
しかも、「ドラゴン怒りの鉄拳」と「死亡遊戯」に限っては復刻版ではなく、当時のフイルムがそのまま収録されるという・・・!!

おまけに各国の音声はもちろん、なんと~っ!!
テレビ吹き替え版の音声も収録されるという!!

多分、「ドラゴン危機一発」「ドラゴンへの道」は復刻版なんだろうけど、「ドラゴンへの道」には特典映像として、やはり’70年代ビデオがない時代、唯一自宅でブルース・リーを観れた8ミリフイルムヴァージョンも収録されるという!!

てか、これAKさんが裏で総合プロデュースしてんの?と思うくらいマニア心わかっているけど、このアイデア、間違いなくAKさんに影響受けてる・・・てか、パクッてますね~(笑)

まあ、ジョン・リトルも哲人28号さんとマキオさんのロケ地めぐりパクッたくらいだからありえるね~(笑)


とにかく、オレ的には生きているうちには絶対実現しないであろうと思われていただけに大事件!!
内容的には間違いなくAKさん作品には劣る気がしますが、メーカーがやる気出してくれただけで嬉しいし、死ぬときに棺おけに入れて欲しいブツであります!!

しっかし、このマイレメ来日のタイミングに・・・!?

やっぱ、奇蹟は起こるべくして起こるのかなあ・・・!?


それと余談ではありますが、ブルース・リー作品を手本としていたはずのジャッキー・チェン作品も続々と日本初公開版+吹き替え版のブルーレイが今日から発売されるそう(ブルース・リーと同じメーカー)
これも楽しみではあります!!

が・・・!!!



はじめっからこれ出してくださいよ~
デジタルリマスターとか画質云々より、これを~

って嫌味のひとつもいいたくなりますね~、40年弱待ったんだから~(笑)


いや~、とにかくスゴイ事件です!!

よかったよかった!!!




アマゾンで予約も始まってます!!

アマゾン






I AM BRUCE LEE




久々に登場のブルース・リーのドキュメンタリー「IAM BRUCE LEE」を観てます!!

全く期待していなかったのにも関わらず、これかなりよい内容です!!
てか、ブルース・リーファンからすると、’90年代から量産されるこの手のドキュメンタリーはいささか食傷気味ではあるんだけど、逆の見方をすると一人の映画スター(武道家でありますがここではあえて・・・)でここまでドキュメンタリーが製作されているのはブルース・リーだけだと思う!!

マックイーン、ジェームス・ディーンにヘプバーンにモンロー(今度、久々に映画ありますが)とかハリウッドスター数あれど、ここまで常にいつの時代も話題になる人もいないでしょう!!

で、この「IAM BRUCE LEE」

現時点でのリンダ夫人やシャノンちゃん、ボブ・ウォールにダニー・イノサント先生の姿が見れて、尚且つブルース・リーを語りまくっているのがスゴイ!!
ゆかりの人こそそれほど出て来ないんだけど、ブルース・リーの動きに感銘を受け、実践しているダンサーとか若いコメンターがいい。

何故か俳優のミッキー・ロークまで出てくるんだけど、スゴイのは未発表写真の数々!!
ファンやマニアなら、こんな写真見たことない~って驚愕するはずだ!!

動画は特に驚くようなものはなかった気がするけど、一瞬だけどジャバーに教えるブルース・リーとか感激したんあ・・・

いや、この作品、動画は全てほんの数秒・・・的なテンポいい編集なのですが、数秒でも見せるとこはきちんと見せているので全然飽きが来ない、今の人でも鑑賞しやすい編集となっております!!

しかも、主演作5本の映像に関しては何故か画質もめちゃよいので、すごく見やすいです!!

「グリーンホーネット」はもちろん「ヒア・カムズ・ザ・ブライズ」とかの映像も出てくるんで、得した内容ではあります!!



あとは字幕つき日本版リリースだけですね~


頼みますよメーカーさん~っ!!!



今日もROCKでお酒が美味い~



今日はスタジオでROCKしてきました~

いや~、自分で言うのもおこがましいですが、今のBLUEIIIは最高かもしんない!
てか、イワタ・リー入って4年・・・スノウが入ってから早3年めですよ!!

やっぱりバンドは長くやんないとグルーヴが出ないっていうかさ。
まあ、うまいバンドさんは即やれるのかもしれないけど、オレたちBLUEIIIはオレらなりのグルーヴがあるからさあ・・・。


「バカやりながらすげえ音出そうぜ!!」っていう・・・(笑)

やっぱ3年って必要な年月かもしんないね。
まあ、まだまだ完全ではないんだけど、すげえ固ってはきたよね。


今じゃ「BURN」みたいなめちゃくちゃ難しい曲を軽く楽しんで演奏できるようになったし、すげえよバンドってのは・・・
微妙に進化していくんだから・・・。

イワタ・リーは強力な足を持っているからね!!
BLUEIIIにはイワタ・リーの足だけでスペシャルなバンドになったと思うよ!!
「どうだ!こんなん出来ないだろ!?」っていう最強の武器だ!!

スノウはとにかくプレイがとにかく正確無比!
下手なベースギタープレイヤーよりグルーヴあるし、やっぱりBLUEIII最高って思えるんだ!


で、ここにオレのへたっぴいだけど個性的なギターと誰にも負けない声が乗っかれば天下無敵!!


いや、絶対的にカッコいいぜオレたち!!
まあ、こんくらい自分らに誇り持ってねえとカッコいいことできねえじゃん?

オレらより上手いバンドはめちゃいると思うけど、オレらみたいな音出す奴らいな~だろ?って自負はある!!


まだまだやるよ~
ガッツ!!!


大人音楽



最近、大人のロックとか、昔のロッククラシックミュージシャンばかり取り上げる、その名の通り50代ロックリスナー向けの雑誌をよく見かける。

内容は素晴らしいんだけど、別にタイトルに大人の二文字を入れる必要性はあまりないと思える・・・

ちょっと前だったらジャズとかがこの大人!?ってカテゴリーに入れられたりした気がするが、別に音楽をそんな大人とか子供とかの区別しなくてもよいんでは!?と要らぬ心配をしてしまう・・・。


で、この大人音楽の表紙でもある矢沢永吉さんだが、大人なリスナーはもちろん、最近はフェスなんかに出て若いお客さんに楽しんでもらえて嬉しいみたいなこともインタビューで答えていた。


いや、本物は年齢や国籍も超えるでしょう!?
だからこそROCKはカッコいいのさ!!


この「大人音楽」

表紙の矢沢さんはもとより、先日オレがコンサート見た藤木直人さんのインタビューまで掲載!!

オレにとっては最高な内容になってますが、エーちゃんも藤木くんもまだまだ全然大人音楽ではないと思うのだが・・・(笑)


藤木くんがインタビュー中、「40になってもへたっぴなギターをかき鳴らす・・・」みたいなこと言ってるんですね!!

カッコいい!!


こんなこという事態が全然大人じゃないっていうか・・・(笑)



オレ的にROCKって?

ん~

やっぱいつまでもガキのままでいられる場所ってとこですか~っ!!




ブルース・リーファンよ!10月は大阪でマイク・レメディオスだ!!



先日、バドミントンダブルス女子のカナダチームの名前が一人がブルースさん・・・一人がリーさんだった!!という我々ブルース・リーファンにはなんともにんまりしてしまう出来事がありました(笑)

正確にはBRUCEさんとLIさんなんで、これじゃあ、当時そっくりさん映画で名をはせたブルース・リイさんことホー・チョンドーさんになっちまうんだけど、この際そんな細かい事あどうだっていいっ!!(ブルース・リーのスペルはBRUCE LEE)

世界はブルース・リーを中心に回っているということを実感した出来事でした!!




そして、今年10月、いよいよなんと11年ぶり・・・しかも今回がラスト!?という伝説のドラゴンシンガー、マイク・レメディオスが来日する!!
数年前からプロデューサーでもあるレインボー師父こと遠藤さんが「マイレメ、また呼びたい」と言っていたので、その夢がやっと叶った瞬間でもある!!


思い起こせばブルース・リー第一世代にとっては初めて観るブルース・リー映画と共に、ラロ・シフリンの「燃えよドラゴン」やジョン・バリーの「死亡遊戯」以上に思い入れのあったTAMレコード!!
その東宝東和、東映のブルース・リー映画の主題歌といったらマイク・レメディオスでした!!

ただし、その誰もがその姿も情報もわからなった!

そのマイクの正体を探り当て、新しいマイクのCDをリリースしたり、果ては来日公演までやってしまったのがほかならぬレインボー師父の功績!!

そして11年前、観た人も残念ながら見れなかった人の為にも、ホント最後のブルース・リーが実現する!!

しかも!!


オレもとてもお世話になっている「熱中スタジアム」でもロケ地めぐりのコーナーで活躍した哲人28号さん・・・
それに、あのブルース・リーファンにはこれまた伝説的なブルース・リーファンの神、あのAKさんのオフ会という形で今回の来日が実現するという・・・


だから、オレたちブルース・リーファンはマイクはもちろん、AKさんやレインボー師父に加え、哲人28号さんにも会えてしまうという贅沢さ!!
もしかしたら当日はやはりマニア界の重鎮、ちゃうシンイチーさん率いるスキマ商事による「小龍記」の物販なんかもあるかもしれない!!

場所が大阪だけに、やはり尊敬するドラたまさんなんかにも会える可能性大!!


てな訳でオレは即参加決定ですが、いろんな面で本当に楽しみ!!

もう、この日はブルース・リー漬になる予定です(笑)


ただし!!

限定80名とのことで、もうかなりチケットがなくなってきた様子・・・
急げ!!ブルース・リーファン!!

伝説を目の当たりにしましょう!!
アツい日にしましょう!!!!



AKHDオフ会第二弾!
SONG OF DRAGON Mike Remedios The Final LIVE IN OSAKA
 日時  ■2012.10.14(sun)
 場所  ■Live House VOXX http://live-voxx.com/(地下鉄 四つ橋線 肥後橋駅 2番出口徒歩2分、10番出口徒歩1分)
 開場  ■13:00
 開演  ■13:30
 終演  ■17:00(予定)
 参加券 ■9,000円(別途+500円1ドリンク)
    特典:AK制作マイレメ来日記念特別映像収録DVD(収録約10分)
    先行割引販売:LIVE IN OSAKA Blu-ray 先行予約受付(発売日2012.11.27予定)
       内容:LIVE IN OSAKA、LIVE IN TOKYO、メイキング(収録約90分)
       価格:送料・税込\3,000(参加者特別価格で提供)後日分販売価格は未定


 <予定プログラム>
 哲人28号のロケ地巡り最新レポート
 レインボー師父・AK・とその仲間達による4kings BLトーク
 マイレメ発掘苦労話、マイレメ&レインボー師父トーク、LIVE! SONG OF DRAGON
 マイレメと記念撮影&握手会(オプション:2ショット撮影\1,000)
 その他BL関連物販も予定しております。


  応援人 ■4 Kings
主催 :制作■レインボー師父&AK&哲人28号
    協力■studioPOD

 ■演目
 bruce lee's game of death
 the game of death
 alone in the night
 tomorrow song
 to be a man
 the way of the dragon
 fist of fury



 ★参加券発売日 2012.7.20 零時 限定80名★
  (当日ご入場は整理番号順となります)
   
 ※詳細はAKHD http://akhd.sakura.ne.jp/LEE/mike/ にて

(尚、録音・撮影は厳禁となりますのでご協力をお願い致します)











前より飛ぶよ!!



昨日の藤木くんのライヴの興奮もまだ冷めてないけど、ここんとこホントたくさんの素晴らしいステージを観てパワーもらった!!

もち、オリンピックにもね!!!

ZONEにT-ARAにピーターパン(舞台ですが)に藤木直人・・・と自分がすごく好きなアーティストのライヴを一気に観たので、パワー貯金完了・・・
いやいや、10月にはブルース・リーのマイク・レメディオスのライヴにも行くので、今年はホント、やるより観る機会に恵まれてホント嬉しい!!

これら、ジャンルが違うものを全て自分のライヴにフィードバックさせ生かせればと思っている。

やっぱ、よいライヴするにはよいライヴを見ないと勉強にならない。
今までのBLUEIIIとはまた全然違うモノを魅せたいしね!!


それと今日はオレにとっては劇的な日でもあったよ。

サーフィンしなくなったとはいえ、海・・・てかいわきには最近でもよく行くんだ。

で、いわきのサーフショップに行って聞いたところ、もういわきの海の放射線量は水道水と同じレベルまできたそう・・。
検出されないんだって!!

その場で新しいサーフWAX買ったよ!!
その足で日焼け止めも買いに行き、壊れてしまっていたポリタンク用の手動式シャワーも買いなおした!!

久々に福島の海でサーフィンできる!!

これだけで胸躍る!!


サーフィンできるようになればオレのライヴも確実に最高なものへとなる!!!


1年前・・・・
あの震災に原発事故を体現したオレにとってはこれは新しい第一歩でもある!!

やるぜ!!

みなさん、ぜひライヴに!!
友達で金ない奴はオレがなんとかすっから、ぜひぜひROCKしようぜ~っ!!

待ってます~


今日の最高の一枚!!
素晴らしい夕日!!

生きなくちゃ!!(by藤木直人)





  8/17(金) 福島テルサ「福島クダラナ庄助祭り」
 ★8/19(日) 幡ヶ谷HEAVY SICK
 ★8/26(日) 郡山PEAK ACTION
 ★9/7(金) 郡山PEAK ACTION
 ★9/29(土) 仙台enn3rd









藤木直人 不惑 IN 仙台!!ライヴレポ





いや~、待ったよ待った!!

3年ぶりですよ~。藤木くんのライヴツアー!!

前回3年前が10COUNTTOURって節目的ツアーだったので、これを機にもう藤木くんはツアーをやらないのか?とも思ってしまったもん!!

まあ、俳優としてひっぱりだこだから、別に過酷なツアー~音楽活動しなくてもよいんだが、理解ってる人はわかると思うんだけど、藤木くんはやっぱりアーティストであり、ミュージシャン!

きっと帰ってくると信じていた!!
てか、こんなに聴かせること、魅せることに関して真剣な人もいないだろう。

てか、絶対音楽やってる人にこそ見て欲しい藤木くんのライヴなんであるが、今回もまた素晴らしいショーだった!!

こっからネタバレあるので、セットリストとか知らずにこれから見に行く方はご注意です(笑)

場所は仙台市民会館。

やっぱりお客さんの90%が女性(笑)
会場へは16時くらいに着いたけど、お目当てのグッズはすべてGET!!

オレは・・・

Tシャツ、パンフ、缶入りハンドタオル(タイムトラベルで必需)、サイリウム(オレは藤木くんと同じグリーンでした!)を買いましたが、5千円以上だとROCK☆バック(300円)が貰えました!!
それと、恒例のがちゃぽんも1回だけやりましたが、オレは爪きりとピックが入ってました!!
あと、ハンドタオルのフタがそのままバッジになっていたり、藤木直人グッズは本当に楽しいものばかりです!!

さて、座席!
オレは幸運にも1階アリーナの20列めという席をGET!!
藤木くんの表情はもちろん、ギターの運指まで見れてしまうという・・・!!

定刻より5~10分遅れて暗転!!

だいたいツアーでは必ずニューアルバムの1曲めを持ってくる藤木くんなので、オレは絶対今回の1曲目はニューミニアルバム「卌-forty-」のオープニングアンバーでタイトルトラックの「卌-forty-」がくると思っていました!!

暗幕に’60年代~2012年までの文化を表したイラストがめまぐるしく流れていく・・・
(なんか、「噂の東京マガジン」みたいなイラストです)

で、聞き覚えのあるあの派手なイントロ!!

おお~っ!!やっぱり1曲めは「卌-forty-」!
お客さん、バカ盛り上がりです!!
2曲めは藤木くんのファンキーなカッティングから始まるキラーチューン「Anon」

もう、この2曲だけでオレは爆死です!!
3曲めは懐かしい~「Little Wing」
藤木くんのジミヘンばりのワウギターが炸裂~
MCでも初めてやったと語ってました!!

そして次が新譜2曲めの「Arrow」
ここで藤木くんはギターをエレキからアコギに持ち替え、壮大なパワーバラード!!

で、お待ちかねギターインスト「Summer!!」
ここまで、白いレスポールとイチロー51ギターストラトだった藤木くん、ワインレッドの変わった形のギターであの甘い夏のメロディーをもう一人のギターで今のバンマスのマルさんとツインリードのハーモニーで決めます!!

途中のブリッジ部のウーマントーンも藤木くんが気持ちよく弾く~
この後、ドラムとベースのソロ合戦なんだけど、藤木くんのギターにトラブルが!?

一瞬でギターを白いレスポールに代え、劇的エンディングですが、いや~、さすがプロだね~
決して動じることなく、アクシデントまでネタにしてMCで話す藤木くん!

カッコよかった!!

次はかなり昔1回やったきりのギターイントロによる「シュクメイ」
いつもは藤木くんのピアノ弾き語りが定番なこの曲もまるで新曲のように新鮮でした~


この後は今回はなんとジャズヴァージョンによるメドレー大会!!
いつもはアンプラグアコースティクメドレーが定番なんだけど、チャレンジを忘れない藤木くんはジャズに挑戦!!
「"A"」とか「CRIME OF LOVE」とかすごくハマッててカッコよかった!!
ちょっとこのへんから記憶があいまいなんでアレですが、「黄昏」とかもよかったなあ・・・。

ただ、すごくよかったけど「SAMURAI FUNK」はダンスヴァージョン+ライトセーバーアクションが最高だったので、SAMURAI FUNKなだけにFUNKヴァージョンがよかったかな!?(笑)


で、ジャズメドレーコーナー後はいよいよピアノ弾き語りコーナー!!
「シュクメイ」もやったし、なにやるのかな?と思ってたら新曲の「Self-Portrait」

美しい曲でライヴだと更によかった!!
そして名曲「パズル」

その後「七色」ははじめ弾き語りの流れでしっとり始まったのが、途中、藤木くんが立ち上がり踊り始めると、それまで座っていたお客さんもスタンディングダンスモード!!
そこから怒涛のノリノリキラーチューン連投!!

いきなり「恋のROCK 'N' ROLL! DRIVE!」
これ、ライヴで一番上がるね~
拳あげまくった~

次からも記憶あいまい・・・順不動です(笑)
「タイムトラベル」は始まりかたのアレンジがちょっと不思議な感じでしたが、いつもの元祖タオル回しが圧巻!!
あと、あのLED ZEPPELINみたいなミディアムリフをダンサー含めたみんなで上下する振りつけで弾くのがむちゃくちゃカッコよかった!!!

「愛のテーマ」が一番の目玉かな~!?
途中、例の藤木くんの愛の語りが入る前にいきなりブレイクするんですよ!!
お客さん唖然「え~っ!??」
そしたらなんと!!
映画「ホタルのヒカリ ザ ムービー」劇中の社交ダンスをコミカルに演じてくれて、もう、顎がはずれそうなくらい笑った(笑)

オレが藤木くんファンになった記念すべきドラマ「ギャルサー」の主題歌「HEY! FRIENDS」ではパラパラ!
これも盛り上がったな~


「コズミックライダー」はデビュー当時から右~中央~左~と行き来する楽器演奏者全員にあおられお客さんもバカのり!!
こんなすげえことを10年以上も前からやってるなんて藤木くん、ホントすげえです!!」

確かニューアルバムの藤木くん作曲の「ラフ」で本編終了・・・



ほどなくアンコール

1曲目は今、東北の人には胸にくる「生きなくちゃ」
これはオレもすごく響きましたね~

よかった


で、ラストはやっぱり「Oh! Brother!」
この曲、初めて聴いたときはてっきり藤木くんは、自分のお兄さんのことを歌っているかと思っていまいしたが(藤木くんには双子のお兄さんがいる)これ、「よう、兄弟っ、調子どう?」とかアメリカ人が使うみたいな言わば「ウイー・アー・ザ・ワールド」みたいな全人類仲間だぜソングなんだって今回思ったよ!!

エンディングはメンバー紹介の後、「卌-forty-」のインスト・・・てかカラオケをバックに藤木くんがたった一人だけ残って恒例のお客さんへのピック投げサービス!!
これ、ホント幸せな時間なんだよね。

幸運にもピックGETできた人はもちろん、藤木くんの最後の最後までお客さんにサービスしつくす姿勢がとても素晴らしく温かいものに感じられる至福のエンディングでもあります!!

しっかし、藤木くんのピック飛ばし、すげえなあ!
だって2階席まで飛ばすんだぜ!!
てか、3年前、これを見てからオレも自分のライヴでピック飛ばすようになったんだから(笑)



いや~、3年待ったかいがありました!
やっぱり藤木直人のライブは凄すぎる!!

まっちゃ楽しい~
日常を忘れ、夢の世界へ連れて行ってくれる!!!

男から見てもカッコいいぜ!!王子様だぜ!!

それもギターを弾きまくるやんちゃな王子様!!(笑)


まだまだ「言葉じゃ言いつくせな~いけど♪」
早くも次のツアーが楽しみなオレ!!


てか、役者としての藤木直人もカッコいいけど、もう3年も待たせないでくれ~っ!!
いつまでも夢を与え続けて欲しいです!!

あと、今回のツアーで初期のメンバーでバンマスでもあったベースのケイスケさんが参加したのが感慨深かった!!
で、ケイスケさんと昔の仙台ライヴの話したのも貴重だったなあ~

藤木くん、オレらがいつもやるような仙台マカナで一番最初のツアーをやったのですよ!!
この人、全然なりあがりじゃないの!!

すげえ苦労してここまで来た!
だからこそ、応援しがいもあるのです!!


毎回、思うけどMCもホント素晴らしいよね。
さすがにおしゃれイズムの司会に抜擢されるだけあるっていうか・・・


オレ的に今回はロンドンオリンピックのバトミントンの話、カナダチームでブルースさんとリーさんがペアで、2人あわせるとブルース・リーだよ!!の話がもう、BLUEIIIやってるオレからしたらめっちゃ最高でした!!






てな訳でつたないインチキレポで申し訳ないですが、全ての藤木直人さんファン!!!


フジッキーをこれからも応援していきましょう~っ!!












ラロ・シフリンと’70年代



超久しぶりにクリント・イーストウッドの「ダーティーハリー2」を見てる。

いや~っ、やっぱ落ち着くね’70年代の映画は!!
ホント、おもしれ~や!!

何気にかなりクリント・イーストウッドの超ファンだから、何回も見てるはずなのに、細かいとこ忘れてるから全然面白いんだよね。

てか、’70年代経験した人でイーストウッド嫌いな人の方が珍しいんじゃない?

オレはリアルタイムでは3からだね。
あと、「ダーティーハリー」シリーズじゃないけど「サンダーボルト」とかも全部映画館で見た!!



そして今日見てる「ダーティーハリー2」だけど、製作が’73年!!
そう、「燃えよドラゴン」と同じ年なんだ。


ストーリーから演じるイーストウッドのカッコよさ(オレなんかこの映画観てイーストウッドが着る紺色のスゥイングトップを買ったくらいだから!)もさることながら、やっぱりオープニングテーマから全編に響き渡るラロ・シフリンの音楽が超カッコいいですね!!

ジャズを基本にしてるんだけど、スケールが大きくてファンキーなんだ!
この音楽による力もかなりこの作品にはあるよね。

ラロ・シフリンはこの2意外でも「ダーティーハリー」シリーズのほとんどやマックイーン作品など、’70年代のハリウッドアクション映画をかなり手がけている。

’80年代に入るとやはり時代のせいか流行的サウンドを取り入れようとしてイマイチなんだけど、(ジャッキーの「バトルクリークブロー」とか「ダーティーハリー5」もイマイチ)’70年代アクション映画サントラと言ったらラロ・シフリン!!

で、今日見てる「ダーティーハリー2」
製作が’73年ってこともあって「燃えよドラゴン」の音楽とかなり似ているのだ!!
見ていると、どこからか「燃えよドラゴン」のジム・ケリーとかジョン・サクソンが出てきてもおかしくない感じ・・・

音楽は「燃えよドラゴン」のオリエンタル風味をなくした感じ・・・。

面白いのが最近のラロ・シフリンのインタビューで、ラロ自身がブルース・リーと出会う前にマーシャル・アーツをやっていて(この当時、アメリカでブームだったんだね)ブルース・リーに演武見せようとしたら、ものすごい技をブルースに見せられてたじたじになったエピソードかな!?(笑)

まるで、サモ・ハンがブルースに初めて会った時のよう・・・

とにかく’70年代アクション映画にラロ・シフリンの音楽は欠かせない!!

おっと・・・


そろそろラストの悪警官チームとハリーの戦いだぜ~っ!!



今より全然お金はかかってないのに、この面白さ、この迫力はなんだ!?


やっぱいいな~’70年代!!
そしてラロ・シフリン!!!!




夏なのに~♪



柏原よしえの「春なのに」に題名引っ掛けました。
古すぎてスミマセン(笑)

てな訳で早くも8月!!
夏真っ盛りですな~
オリンピックも盛り上がってますな~
T-ARAも盛り上がってますな~(悪い意味で・・・)



世の中的には夏休みに入ったんだね。

てか、毎日朝早く起きて仕事行くじゃん?
なんかさ、全然仕事行く気分じゃないのよ!

どう考えても、これ海に行く空気じゃん!!

夏って他の季節に比べて、ちょっと空気が澱んで見えるんだよね。
暑さのせいで・・・

秋になるとこれが澄んだ青空になるからはっいりわかるんだ。

でも、オレは夏生まれとあってか、一年でやっぱ夏が一番好き!!
子供の頃から印象的な思い出はやっぱり夏が一番多い気がする!!

暑くて、過ごしにくい季節ではあるんだけど、なんか気持ちが踊るわ~


先週の土日も一生忘れられない思い出になったし、今週土曜はいよいよオレのフェイヴァリットアーティストである藤木直人さんのコンサートに行ってきます!!

しかし、まだ足らないぞ!!

そう!!

花火大会にサーフィンしなきゃ~っ!!

昨年は震災と原発による放射能問題のために福島の海では海開きが不可能だった・・・

しかし、今年はなんと、一個だけだけど勿来海岸が海開きしたそう!!

来週一週間を我慢すればお盆休みに入るし、いよいよ夏サーフィンと花火だな~っ



それと、今年は例外的に8月にもライヴやるよ~っ!!
詳細は後であげますが、とりあえず決まっているスケジュールを!!


8/17(金)福島テルサ
8/19(日)幡ヶ谷ホームシック
8/26(日)郡山ピークアクション

暑い夏を更に更に熱くしてやるんで、ぜひ!!

あ、熱中時代・・・じゃなくて熱中症にならないようにビールガンガン呑んで観戦よろしく!!



ショック!! T-ARAからファヨン脱退!?



ここ数日、韓国・・・てか世界中でT-ARAの話題で持ちきりになっている。

本国の韓国ではオリンピックを超えるくらいの加熱ぶり・・・

そう、オレも先日コンサートに行ったばかりのあのT-ARAからラップ担当のメンバー、ファヨンが脱退したとのニュースが!!
いや、これが普通の脱退ではなかったことから、ネットを中心にファンが騒然!

冷静なオレですら、かなり動揺している感じだ!!


事の発端はT-ARAが日本ツアー最終日である名誉ある日本武道館2DAYSを終えた直後から始まった。
武道館の前にファヨンは足に怪我をし、武道館には出られない可能性もあったが、1曲のみ新曲の「DAY BY DAY」のみ椅子に座っての参加となった。

事前にファヨンは今夜は怪我のため1部しか出られない趣旨のアナウンスまであったそうだ。

写真見るとかなり足が腫れている様子で、松葉杖で行動していたことから、見るからに痛々しいながらも頑張ってたんだなあ~・・・ってことが伺えた。

しかし!!


この武道館公演終了後、予期せぬ事態が巻き起こる!!

これが、今世間を騒がせるきっかけとなったT-ARAメンバー内いじめ問題!

武道館公演後にまずメンバーのヒョミンがツイッターでこうつぶやいた・・・

「意思の差^^ 私たちは意思を持ってファイティン!!!」

このツイート、かなり意味深だが、いろいろな想像を掻き立てる・・・



で、このツイートに対し、別のメンバー、ウンジョンが
「ポジションが人をつくるように、意思が人をつくると思う。はぁ、残念。自分の隣の人たちの世話をできるようにいつもしておくべき」

と、いかにも怪我をしてステージに出られなかったファヨンに対してのような更に意味深な哲学的かつ抽象的なツイートを展開!!

このへんでやめとけばいいのに、更にメンバーのツイートは加熱していく!!


次はAKBでいうセンターポジションな立場であるジョンが
「意志の違い^^センスを持って^^そしていつも謙遜に^^演技の天才に拍手します^^」


もう、ここまでくると明らかにこれは怪我で出られなかったファヨンに対する嫌味にしか聞こえない!

で、そのジョンのツイートに賛同するかのようなボラムのツイート
「拍手します^^ パチパチパチ」


もう、どうにもとまらない(誰か止めて~)T-ARAメンバー!!

最後はリーダーのソヨンまでもが追い討ちをかけるように
「意志+マナー+配慮の違い♡今日もファイティン!^^^^」

と呟いてしまったのだ!!!!(誰か止めんかいっ!!)



これ、どう見てもグループ内ミーティングとかで話し合うような内容だと思うんだけど・・・

そして、次に日にはなんと渦中のファヨンまでがこれら一連のツイートに返すかのようにへヴィーなつぶやきをしてしまう!!
「場合によって、意志だけでは無理なこともある。その時は傷ついてしまうけど、一方ではそれに込められた良い意味と神様の意志があると信じる。神様は、すべて知ってるんでしょう?」


メンバー内で余計なことを言わなかったのはキュリだけだった・・・



このメンバーのツイートを見たファンは「これはグループ内の集団いじめなのではないか?」と大騒ぎ!!
しかも、ホントか嘘かわからないような過去にファヨンが他メンバーにいかにもいじめられているかのように見える?写真や動画(ボーリング大会で他メンバーにハイタッチしたのに、ファヨンだけ無視するジョンの動画とか、バラエティー番組で無理やりファヨンに餅を食わせる写真とか)でいじめ検証したりと、ファヨンがいじめられているのでは?の疑惑浮上・・・


そんな中、T-ARAの所属事務所コアコンテンツメディアが重大発表があると発表!!!

こんなやばすぎる状況の中、ファンは(もちオレも)緊張状態のまま発表を待った!
で、一昨日、ついに発表!!

「T-ARAからファヨンが契約解除(つまりクビ!)」

え~っ!!!


これは狐に包まれた感じでしたよ!!
だって苛められていた側とされるファヨンが解雇なんてどういうこと~っ!!

この時点でファンからはファヨンの脱退についての真実が知りたいとクレーム殺到(当たり前!)

しかし、所属事務所コアコンテンツメディアの社長の発表では・・・
「この度、ファヨンは自己管理の不足・度重なるプロ意識の欠如でファンの皆様をはじめとした、多くの関係者の皆様に迷惑と失望を与えたことは、非常に残念であります」と説明。今後は先日加入が発表された新メンバーのアルムと、現在準備期間中のダニを加えた8人体制で活動する。」


はあ~っ!?


だって、ファヨンが怪我をしたのはオレが知る限り、今回が初めて・・・てか、他メンバーだって相当あったこと!
しかも、オレは日本ツアー、仙台公演でのファヨンを直接見ているからね~

本当に素晴らしいパフォーマンスで、その頑張り感はメンバーで一番だったと断言する!!
だって、ボラムファンだったのに、完全にこの仙台公演後にはファヨンファンになったくらい彼女の存在が素晴らしかったから・・・


これは他のファンも同様だったらしく、ファヨン脱退の真相を求める署名運動や、果てはT-ARA自体に解散を求める署名運動まで起こってしまった!!


そして渦中のファヨンがこの脱退発表後に・・・
「真実のない事実」
と、まるでこの脱退理由が嘘に固められたような意味深なツイート!!

このツイートで更に更にファンやマスコミ・・・いや、一般人まで巻き込む大暴走!!



で、流石にことの重大さに気づいたのか社長は更にあり地獄に陥るような言い訳じみた回答をしてしまう!!
「ファヨンが武道館コンサートを終え帰国した後、7月27日、KBS『ミュージックバンク』の生放送中に2グループを残して“ステージに上がれない”と突発的な行動を取った。ファヨンは足の怪我で、椅子に座ってステージでラップをすることになっており、カメラリハーサルを終えている状態だった。しかし、ファヨンはT-ARAのステージまで2グループを残した状態で、急にステージに上がらないと言った」と述べた。


こんな社長の言葉に納得する人は誰もいるはずもなく、ファンのT-ARAに対する不信感はつのるばかりか、大暴走!!

あまりのファンの加熱ぶりはT-ARAメンバーが出演が決まっているテレビドラマにT-ARAが出ているなら見ないと言った内容やら、T-ARAを扱っている数々のスポンサーがT-ARAを起用しない・・・など波紋が広がってきた!!

そして決定打が、今月11日に予定されていたT-ARAの本国での単独コンサート・・・
無期延期が決定!!

テレビの出演から映画のPRイベントに加え、新曲のプロモーションまですべてキャンセル!!



実質、活動休止となってしまったT-ARA!!


ファンのオレとしても、かなり不安な日々を送っているし、出来ればやはり真相を知りたい。
それより、ファヨンぬきのT-ARAはありえないと思う!!

今回の事件のオレの見解だけど、やっぱり人に見られる側に自覚ないメンバーにも問題おおありだけど、それを管理し切れていない所属事務所にも問題があると思う。

いじめがあったか、否かより、メンバーにあんなやり放題のツイートさせること自体がおかしいし、いったんスタッフが目を通してから、あげさせるとか配慮が足り無すぎた!!


社長は過去にもいじめらしきものはあった・・・と暴露しちゃっているが、ただでさえ未熟な20代の若者・・・しかも、女の子なんてふたり、三人集まれば派閥やいじめが起きるのは当たり前!!

学校だってこれだけ問題起きてるのに、まして芸能人で人からお金とって生活している身分なんだから、全てのケアも含めちゃんとタレントを管理して欲しいよ。


スターって存在はオレたち一般人を異次元の夢の世界へと連れて行き、つまんない現実を一瞬でも忘れさせてくれるもんだと思うからさ・・・。

スターがファンに日常生活以上にくだらないどろどろした現実突きつけてどうする!!!??
オレたちが知りたくもない情報を垂れ流してどうする??

まるで悪夢を見ているようだぜ!!

しかし!!



オレが見た6月の仙台公演はまさしく本物だった!!

ファヨンは手抜きなんて一切なく輝いていたよ。
オレは前から幸運にも2列目で見られたんだけど、間近で見たのも相まって、ファヨンの健気で律儀で真剣で優しいオーラにめちゃめちゃ感動しました!!
そしてT-ARAから、本当に素晴らしいパワーをもらいました!!


だからこそ辛い
だからこそ勿体無い


まだまだ素晴らしい奇蹟を見せてくれられるグループであったはずだから・・・



最高な形での復活を望みます!!
解散なんてしないでくれ!!!


























プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。