BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
ボンのおじちゃん
親戚の叔父さんがかなり容態が悪い・・・のをすっ飛ばして、今週が山らしいの報を受け、遅過ぎるお見舞いに行ってきました。

この叔父さんの家で昔、ボンという犬を飼っていたこともあり、オレの従兄弟連中はみんなこの叔父さんのことをボンのおじちゃんと呼んでいた。


ボンのおじちゃんは物凄いアクティヴな人で、釣り、パチンコから仕事も含め常に動きまわっているイメージのカッコいい人だった・・・。

オレのこともすごくかわいがってくれて、よくおもちゃをもらったり、花火とか穴釣りとかに連れて行ってもらったり、本当にお世話になった。




大人になると各自の生活もあり、親戚付き合いも気薄くなり、たまに会うときは誰かの結婚式であったり、誰かのお葬式とかしかなくなってしまった・・・。

子供の頃はよく遊びに行っていたんだけど・・・。

ボンのおじちゃんの家は凄く明るい家で、いつも笑いに満ち溢れていてオレはここが大好きだった。
先に亡くなったボンのおばちゃんも、すごくオレをかわいがってくれて面白くて楽しい人だった。
まるで、ドリフのコントみたいに楽しいんだ!!


オレは悩みがあると、親よりもこのボンのおじちゃん、おばちゃんの家に言ってよく相談していたもんだった。
おばちゃんが亡くなる直前、「よういちとは本当に馬があった」と言っていた話を聞いて、涙したよ。



今日、言ったらおじちゃんの息子であり、オレの従兄弟でもある、やっちゃんが温かく迎えてくれた。

やっちゃんは、一部のブルース・リーマニアの方ならご存知だと思うけど、オレにブルース・リーを教えてくた本当にオレが心から大好きな世界一の兄貴だ!!!!
やっちゃんの息子さんももうかなり大きくなっていた。

近況を報告しながら、何故もっと早く来なかったんだろうと後悔と反省だらけだったよ・・・


ボンのおじちゃん・・・

意識はなかった

しかし


昔と変わらない気骨な感じ・・・

いや、すごく強そうに感じた。

たくさんの思い出が頭をよぎる・・・
鮮明に・・・・


オレもおじちゃんみたいに人を楽しませることの出来るような人間になろうとずっとやってきた。

もしかしたら、一番影響を受けた人かも知れない。


スーパーリスペクト!!!!

ボンのおじちゃん!!


神アニメ決定!



たまんね~っ!!

「坂道のアポロン」

1話めから、ぐっと引き込まれる内容だったけど、今回見た7話めでもう、完全にとりこ!!

ジャズファンも必見のこのアニメ!!
とにかく最高なんである!!

硬派な日本男児がここにいる!!
硬派な音楽がここにある!!


毎回、ジャズスタンダードの曲名がその回の題名になってるのがいい。


この7話め。

文化祭でちゃらい友達の口車に乗って、ビートルズやらGSやらの当時女の子に受けそうな節操ないちゃんぽんバンドに誘われた主人公のせいいち・・・。

しかし、途中、楽器のトラブルでエレキが使えなくなって、繋ぎにともう一人の主人公のカオルがピアノを弾き始める・・・
そこにからむせいいちのドラム・・・

いつしかジャズの大セッションとなり、見ていた生徒・・・いや、お客はみんなその演奏に引き込まれていくという・・・

もう、このシーンだけで、何回も見ちゃったぞ!!

ラストは「卒業」のごとく、感動したお客さんそっちのけで新しい世界へ走り出す・・・・



ん~!!たまらん!!

てか、何で日本のドラマは実写でこれ出来ないんだろう??
こういうのが見たいんだよ~っ!!


いや、日本のアニメのクオリティーの高さに脱帽です!!


今後の展開もまた期待大!!!!

りっちゃんのお父さんの台詞もカッコよかった~
コルトレーン!!!!!!!!!!!!!!!!



最高です!!



言い訳




昨日は枝野氏、そして今日は管元総理の東京電力福島第1原発事故を検証する国会の事故調査委員会・・・

スゴイことに、これ、テレビで中継しなかったんだよ!!
呆れるね!

河本の記者会見とかはやるくせにさ~

もっと重大なのはこっちじゃね?


いや、どうせまた言い訳大会に終始すると思ってたから期待どうりの回答でしたが・・・


ただ、一年経ってオレにも冷静さは出てきたね。
一年前はただ怒りまくってただけだったけど、今なら例え管氏でなくても、誰が総理大臣やってもそれほど変わらなかったと思うから。

百歩譲って、自民党の方が少しはマシだったかなあ・・・?っても思うけど、まあ、何も解決できないまま右往左往してたんじゃないかな?



今、仮設住宅に住んでいる人たちはまだまだはらわたが煮えくり返る気持ちだろう。

浪江に住んでいたおじさん、一時帰宅時に行方不明になったと思ったら、自ら命を絶った・・・


この現実をもっとちゃんと受け止めて欲しい。

世の中に勝ち組と負け組なんて言葉がいつから出てきたかは知らないけど、勉強して偉くなって国会議員になったら自分さえよければいいのかなあ~??

オレら庶民は所詮虫けらみたいなもんなのかなあ~??



いや、ガチで心から詫びを入れてくれるなら、オレは一円だって要らないよ。

しかし、言い訳ばっかしてるから、じゃ、放射能で生きがいなくなったぶん一生分保障せいって話になるんだと思う。

素直に間違いを認めて謝る気持ち、とても大切!!
小学生のときに道徳の授業で習ったもん。

本当の気持ちが伝われば、相手から怒りを消す!


明日はいよいよ福島県知事の佐藤知事の登場だ!!


原発自体を福島に誘致することを許した男が何を話すのかが見ものだ!!


そろそろ被害者面するのはやめて、私が県の利権のために前の知事を落とし入れて原発を福島に持ってきてしまい、今回の事故がおきました!福島のみなさん、どうもすみませんでした・・・と一言言ってくれれば少なくともオレは許すぜ!!!!!!!!!!!!!!!!!



昼呑み!




あ~、ほんと震災以降は今までやりたかったこと・・・っていうより、やってなかったことをたくさんやろうとしている。


オレはBLUEIIIってバンドやってるし、それが人生の大半を占めていて、BLUEIII中心に人生が廻っている・・・。
それは今でもそうだけど、人生、バンドだけではない・・・ってことを知ったのもまたBLUEIIIな訳で。

こないだ#9の福井さんや福島ロッカーズのみなさんと呑んだときに、オレのことを多分、郡山では一番知ってる福井さんが語るんだよ。

他のバンドマンに!!

BLUEIIIってバンドじゃなくて、部活なんだって(笑)

いや、ホントにそうなの。


今はもうないけど、BLUEIII山岳部とかBLUEIIIスケボー部とかBLUEIII映画製作部とか(笑)

バンドのBLUEIIIはただのBLUEIIIバンド部だっただけで・・・



これがさ、すげえ面白かったの。

別にメジャー狙うとかとか有名になりたいとかじゃなくて、ただ自分たちが本気で楽しみたかった・・・っていうかさ。


バンドのBLUEIIIが突き抜けたたけど、それでもただの遊びでさ・・・


第1期BLUEIIIのとき、菅生サーキットでバイクレースの余興みたいな感じで、ライヴしたことあったんだ。

客は5人・・・それも、もう一つの出演バンド(笑)って状況で・・・

ライヴ・・・

やりたい放題で楽しかったよ!
ギャラはお弁当で


しかも、特等席でレースも見させてもらえた!!


表彰台に立った金メダル優勝した選手が言った言葉がオレが今BLUEIIIをやり続ける理由!!


「あなたにとってバイクとは?」の司会者の質問にその人は・・・
「遊び」と答えたんだ!!

「でも、本気でレースしてましたよね?」の野暮な質問に

「本気じゃないと、遊びじゃないですから!!」



カッコよかった


オレ、そうだと思ったもん。


オレも真剣に人生を遊んでやろうかと!!!!!







今日はめちゃ天気よくてさ。
昼間っから近くの公園で呑み!!

いや、こういうのしたかったの。

したいしたいと思いながら、ライヴとか忙しくてず~っとできなかった。


それが、4月の花見で初めて敢行してさ、病み付きになっちゃった(笑)

時間を忘れて、ず~っと太陽の下、お酒を飲む!!




いや、まだまだこのへんも除線したからと言って放射線値は高いんだけど・・




しかし、こんなくっだらない当たり前なことをこれから何回できるか誰にもわからない。

これからまだまだ長生きすると思うけど、一日一日を噛み締めて、楽しんで、オレは生きていきたい!!





新鮮にROCK~っ!!



今日は朝から「朝練だ!朝練だ♪」・・・いや「アイ・サレンダー」byRAINBOW・・・(笑)

てな訳でスタジオでした~

今日も新しい・・・と言っても前メンバーではすげえ昔やったような曲を今のメンバーで試したりして、新しいBLUEIIIを満喫して来たYO!!

いや~、ホント、ツアーとかライヴ連ちゃんの時はホント、スタジオってオレにとっては結構拷問でさ・・・
ライヴ本番の為だけに、とりあえずみんなで合わせとかなきゃ、間違える・・・程度の感じだからさあ。



だから、今みたいにじっくり時間をかけて集中するってのも大事なわけで・・・・

いや、オレ、同じことばっかやるの嫌いなんで、どんどん新しいことをやりたい。


今日も有意義な日だったYO!!


そしてやっと・・・


新しい曲も出来そうだ!!

前からタイトルだけは出来てた・・・

そのタイトルとは!?





「ロックンロールツイッター」!!!


これ、最高!!


あ~、久々にオレらしい曲できそう!!


頑張って仕上げます!!


凝り性!!



子供の頃から親や先生から凝り性と言われてた(笑)

好きなことにバ~っと集中して、勉強なんかそっちのけ!!
掛け算はよく知らないけど、ブルース・リーの妹役のアンジェラ・マオの名前は言える・・・

そんな子供だったね・・・・いやいや、未だに全く変わらないんだなあ、この体質、この性格(笑)


とにかく好きなことを見つけると、全て知りたい・・・知り尽くしたいっていうかさ・・・。

意外とこれ、ブルース・リーマニアの人にもその傾向が強いみたい。
ブルース・リーが好きな人って他のことにもめちゃ造詣深かったりするんだ!!

大御所のAKさんがまず、そうだし、ちゃうシンイチーさんやゆうぞうさん、テツさんに哲人28号さんなんかもホント、ブルース・リー以外のこともスゴイ!!

ロンサム・ダヴ・ウッドローズのターシさんもすげえ音楽の造詣深いし、ジークンドーの中島さんなんかもKISSやリッチーの語らせるとスゴイ!!


で、オレは・・・

かなり偏ってはいますがホント、未だに凝り性で・・・

ロック、パンク全般をまず深く浅く(笑)


まあ、今はやっぱSPEEDにZONE・・・それに、藤木くんかなあ・・・!?
あと、もちろんロッカチェリー!!


まあ、昔から好きなのはブルース・リーに矢沢永ちゃんにYMO、尾崎だけど、マニアックどころではアルヴィン・リーにグレン・ヒューズにトミー・ボーリン!!

他にもマンガや映画、ドラマ、K-POPとか好きなものたくさんあるけど・・・・これ、同時進行にたくさん知りたい・・・追求したいと思ったら人性短い~


まあ、好きなことあればめちゃポジティヴにもなれるし、人生楽しい!!


いや、一つだけこだわるのも素晴らしいことだと思うけど、もっと柔軟に水のように(笑)いろんなことを探求・・・いや、楽しんでいくとまた人生面白くなるわけです!!!


まあ、オレは柔軟てか、水のように・・・ってよりゴムのようにぶったるんだのびのび状態なんで、これはこれで問題ありかと!?


まあ、他の誰より人生楽しんでると思うんで、まっいいかあ~(笑)




ブルース・リー プライベート革ジャン




本日!

注文していたブルース・リーがプライベートで着用していた革ジャンのレプリカが届きました!!(写真上)

これ、マニアなら誰もがしっているあの「ドラゴンへの道」のロケハン時や、今日の写真下の髪型から「燃えよドラゴン」時期にブルース・リーが着ていたことでよく知られるモノ。

10数年前にブルース・リーが本当に着ていたブランドが本革のレプリカを発売し、購入したマニアもかなりいたと思う。

そういうオレも購入直前までいったものの、サイズが特注とかめんどくさかったので買わなかった(後悔・・・)

しかし、最近合皮のレプリカが売り出されたと、こないだ新潟へ行ったときにブルース・リー友のゆうぞうさんからお聞きし、早速注文しました~

ブルース・リーの写真と比べても、かなり似ているのでオレ的には十分に満足でした~

しっかし、トラックスーツやクンフー服ならまだ理解りますが、こういったプライベートで着ていたものまでレプリカが出てしまうというブルース・リーという存在には本当に驚きを感じますね!

「死亡遊戯」のエレファントブレスレットが発見されたときもびっくりしましたが、ホント、マニアは探究心が強くて素晴らしいです!!



いや~、この革ジャン、本当にカッコいいので今度、ライヴで着ようかなあ~!?(笑)



ロッカチェリー/あいさつ運動



大好きなバンド、ロッカチェリーの曲に「あいさつ運動」って曲がある。

この曲の歌詞の内容があまりにも共感・・・てか、オレそのものなんで紹介したい。

ロッカチェリーというと、ガレージ、パンクなガールズトリオなんだけど、ロック過ぎる三人のルックスもさることながら、曲はキュートでキャッチー・・・しかし、演奏はスーパー硬派というロック好きな人なら誰でも憧れる要素を全て持ったある意味卑怯かつ(笑)王道の、めちゃカッコいいバンドである!!

しかし、その素顔は意外にシャイで誠実でピュアであるといういまどき珍しい女の子たちだ。

で、バンドのカリスマ的ギター兼ボーカルのロッカチェリーAことようちゃんの書いたこの「あいさつ運動」という曲。

まさに彼女たちのピュアな感性とパンクな攻撃性を持った素晴らしい曲だ!!

三人とも派手でお洒落なうえにカッコいいときているのに、あいさつするのが実は苦手・・・ってなんかめちゃくちゃ理解るし、共感出来るんだな~



そういうオレも、今のオレからは想像できないかもしれないけど、こう見えて実は子供の頃はシャイを通り越して、めちゃくちゃ内気な子供だったの・・・
自分から他人に話しかけることなんて出来ないような内気で奥手な子供だったんだよね・・・

いや、ホントに!!


しかし、成長するにつれブルース・リーとか矢沢永ちゃんみたいな強い人に影響されて・・・それとある程度の人生経験を積んでからは、ちゃんと人並み・・いや、人並み以上に明るく社交的な人間になったと思うんだけど・・・。

いや、でも未だに実はオレ、人ってもんが本当は苦手でさ(笑)
初めての人と話すときはめちゃめちゃ緊張するし、話しかけるときはすげえ気合入れて勇気だしてる・・・

ホント、「は~い、ども~、こんにちわ~」とか勢いよくいけないんだよね。
やっぱこのへんは子供の頃の名残というか、人間、本質的にはそれほど変わらないというか・・・。

だから、すげえ大好きなバンドさんとかのライヴ見た直後でも素直に「かっこよかったです」とかその場で声かけらんなかったりして、かなり損をしている(笑)

だから、後でブログとかで感想とか書いて「その場で褒めてくださいよ~、ベイビーさん~」なんて言われることもよくあるんだ。

いや~、オレももう相応な歳なんだからもっと愛想よく話しかけられればと思うんだけど、オレの23のときにつけられたあだ名「ベイビー」が「お前、大人どころか、子供にもなりきれていない赤ちゃんだ」ってので「ベイビー」だから仕方ない(笑)

あと、この歌詞ではダセえくせに、えらそうに語っちゃうおばかさんの事も歌っている。

オレも「あ~、いるいるこういう奴~」ってこないだ友達のミッドナイトテレビプログラムってバンドのメンバーと話したばっかだったな~(笑)

「オレ、誰々ってメジャーバンドと知り合いなんだ」とか「あの有名な誰々と飲んだことある」とか自慢する奴!!



で、じゃあそういう有名人と知り合いの人だったら、ライヴもすげえんだろうな~?っと思って見てみたらものすごくショぼくてつまんないライヴだったりするのが大半でさ・・・(笑)
まあ、大抵そういう自慢して話盛ってる奴のライヴって本当につまんないんだけど・・・

ただ、オレもこの歌詞聞くと襟を正されるというか、絶対そういう奴にはならないようにしなければ!!って思うよね。

だから、いつもオレの打ち上げの話ってホント中身のないくっだらない話ばっかなんだけど(笑)
まあ、これも問題あると思うんだけど、みっともない自慢話よりはマシだろ!?

その点、ミッテレとかはAKBとかの話しかしないから楽しいよな~


まあ、カッコいいバンドはライヴ観ただけでわかるわけで・・・



まあ、いろんな教訓ある曲だよなあ、オレにとっては・・・・

いい曲であり、よい曲であるよね「あいさつ運動」
ぜひ、なんかの機会に聞いてみて!!



今日の写真は秘蔵写真!!
ロッカチェリーとオレの4ショットだあ~

参ったか!!!!!







藤木直人 オレ的作品ベスト!!



こないだも書いたけど、オレ、ホントに藤木くんの大ファンなんだよね!!

で、今回もミュージシャンとしての藤木くんに限る記事となりますが、そのうち俳優としての藤木くんの作品も紹介したいです。


さて、もちろん全アルバム・・・全シングルを聴きまくったオレとしては、藤木くん作品にはずれなしと断言してしまいますが、超個人的なざっくり藤木直人作品紹介!!(笑)

アルバムですが、まず1st「BUMP!」
これ、思い入れありますね~

三年前のツアーのときのオープニングを飾った「世界の果て」や未だにライヴでおなじみの「コズミックライダー」だけでやられますね!!
まだ、アイデンティティーを模索中だったのか?のジャケのワイルドなリーゼント藤木くんも貴重かも!?

「03」も好きだなあ~
まず「SPYDER03~ロックスパイダーより愛をこめて」あたりからは藤木くんもろ、UK・・・ってか、まんまストーンローゼズからの影響を前面的に打ち出していて、アーティストとしての魅力を感じますね~

あと、定番の「タイムトラベル」が超カッコいいかな?
ライヴではみんなでタオルを振ろう!!(多分、コンサートでのタオル振りの元祖は藤木くんです!?)

「LIFE GOES ON!」も名盤!!
これまたストーンローゼズのジョン・スクワイヤーのソロからの影響濃い「knokin’on the door」がめちゃくちゃカッコいいし、オレが藤木くんファンになったきっかけの「ギャルサー」主題歌「HEY!FRIENDS」も楽し!!
しかし、オレはなんといっても「Horizon」!!名曲です~


「∞Octave」は「いいんだぜ~君がいてくれれば」入ってるだけで最高傑作!!
この曲はもともと中島らもさんの詞に藤木くん自身が更に自分の解釈で歌詞を完成させたもの!!
「イケ麺そば屋探偵」主題歌でもありました!

「COLORMAN」は「シュクメイ」かなあ~
この同名ドラマ観たけど、めちゃ切ないドラマで・・・
藤木くんの演技に泣けたなあ~

あと「ジェネレイションXセンス」はもろデフレパード!!
こんなメタリックな藤木くんも最高!!
はじめのギターソロ、ライヴでは藤木くんが弾いてるんだけどアリとキリギリスをモチーフにしたアニメも楽しい!!
「まっしろいカンバス」ってDVDで観れますよ~

「WARP」は「パズル」にオレが超好きな「wonderful day」が素晴らしい!!(MV最高!!)
「anon」も入ってる~ (これまたMVも最高!)

「Reverse」はもろワム!でテンション上がる「陽はまた昇る」にこの時期のライヴのオープニング「Dinosaur」がヘビーでいいなあ!
あと、藤木くん自身作の「Tuning Note」はミュージシャン藤木くんらしいチューニングってワードだけで、自信を感じますね!!
このMVも美しい!!



いや~、ホントにざっくりアルバムレビューになってしまいましたが、オレが特に推し曲は隠れた名曲「クローバー」!!!
これシングルの「シュクメイ」のカップリングで入ってるんだけど、ライヴでもたまにやったりしてるから藤木くんもお気に入りなのかも!?

あと「サンクフルエブリナイト」とか「愛のテーマ」はみんなで振り付けな楽しい曲で大好きだなあ・・・。


いや~、ミュージシャン歴10年以上の藤木くんをこんなブログごときでは語りきれないのはいたしかたないですが、いよいよの3年ぶりのツアーでどんな曲をやってくれるのか?めちゃめちゃ楽しみでありますね~

あ、ツアー前にリリースされるというミニアルバムもとっても楽しみであります!!

オレ個人としては藤木くんのギターがまた聴けるというだけで、今からめちゃくちゃ楽しみなツアーでありますが・・・

藤木くんファンのかたがた!!


震えて待ちましょう(笑)!!!!!!



ブルース・リーばか クマモト・リーさんカッコいい!!!!




今日テレビで「輝け!ニッポンお宝大賞」って番組に、NHK「熱中スタジアム」でもご一緒させていただいた熊本のブルース・リー・・・クマモト・リーさんこと岡崎さんが出演~っ!!!!

なんかめっちゃ嬉しかったですね!!!


「熱中スタジアム」でも見事なヌンチャク技で我々ブルース・リーファンを感動させてくれたクマモト・リーさん!!

司会のオリラジあっちゃんのエヴァ初号機も全然ぴんぴんな大活躍でしたが、今回もまたブルース・リーマニアとして登場です!!!


マニアうえに「人生やっちまったランキング」で6位になったクマモト・リーさん。

そのエピソードとは・・・?

熊本のブルース・リーマニアとして名高いクマモト・リーさんに、熊本三大祭り「火の国まつり」に出演依頼が!!

当日、特設ステージにて神業ともいえるヌンチャク技を披露している最中になんと!!
クマモト・リーさんの身体にブルース・リー降臨!!!

なんと!!
4メートルの高さの特設ステージから大ジャンプ!!!!!!


そのおかげで足を粉砕骨折・・・・・・!!!!!!

なんかブルース・リー・・・よりジャッキー・・・はたまた尾崎豊・・いやいや、「ドラゴン怒りの鉄拳」ラストシーンですよこれは!!!

うわ~・・・しかし痛そう!!!!



しかし、オレ個人としてはすげえめちゃくちゃ感動したなあこのエピソード!!

スタジオの司会者やゲスト(ローラとか(笑))には笑われてしまったし、実際バラエティー番組という枠なので仕方ないが、オレは全く笑えなかった!!

二人のお子さんには「ナルシスト」「ブルース・リーばか」と呼ばれるクマモト・リーさん!


ブルース・リーから教えをもらった者は常にカッコよくなければならない・・・常にこだわらなければならないという事を実践している、まさにブルース・リーファンのお手本のようだ!!

そして小さい画面(ここもっと強調してくれよテレビ局~)ながらクマモト・リーさん宅のブルース・リーグッズの数々に涙!!!


カッコいい!!カッコいいぞクマモト・リーさん!!!



そしてスタジオにて披露されたクマモト・リーさんのヌンチャク演武!!
それに、鍛え抜かれた肉体!!

もう、大感動でした!!


あ~、「熱中スタジアム」同窓会やりたい~


ブルース・リー好きな人はみんなカッコいいのだ!!!!



ありがとうクマモト・リーさん!!

いつかまたお会いしたいです~っ!!!!

とにかく久々に感動なブルース・リー大会でした!!!






ブログりません勝つまでは!!



久々のブログ更新です~

いや、ツイッターもやめていたの!!

実はあることを達成するまではブログもツイッターもやらない・・・てか、やってる暇ね~・・・って事であることにここんとこ一点集中!!


それは・・・!?


今更・・・いや、今頃ある好きなアーティストの曲を完コピする為だったのです!!

いや、ほんと、いい歳こいて・・・しかもバンド歴20年以上なのに今頃はないだろう?と思いますが、今だからこそやるしかない・・・いや、これを逃すと一生完コピする機会なんてないだろうから・・・。

バンドやり始めて、物心ついたときからアレンジ・・・いや、適当~さ加減に目覚めてしまってからは、完コピはダサい!!オリジナリティーのが大事・・・なんて勝手に言い訳してた!!

しかし!!

完コピしてこその、アレンジ・・・アドリヴが生きるわけで、今回はホントに手抜きしたくなかった!!


なんつーの?

カバーじゃなくて、完コピ!!(笑)

いや、物まねではなくて、その人本人になりきる!!
なりきることで新しい自分を見つけ出す作業をしているんだな!!!
この壮大(笑)な計画、目標を達成するにはブログなんて、バンドマンにとっては創造性のかけらもない、ついでのような作業に時間を費やしている場合ではないのだ!!!




そして本日、スタジオ自体も久々だったバンド練習!!
朝からハイテンションの勢いでがんがん、練習の成果を試したけど、日々の練習の成果がかなり出たと思った!!

バンド自体も各自、みんな個人練習を頑張ってきたようで、朝からいい歳こいて全開MAX状態で必死にROCKしてきたで!!


ああ、いいねえこういう空気!!


20年以上バンドやってるのに、マンネリのかけらもない!!
すげえ新鮮な気持ちで音楽に向き合えた気がするよ!!


この成果が本当に試されるのが来月6/6、ROCKの日だ!!



完コピで原点回帰!!


やりますよ~

まだまだ進化し続けますよ~



オレはあ~ROCKだ!!ブルース・リーだあ~っ!!!(笑)



リスナー側で
今年、自分らのライヴをあまり入れないのは訳があるのです。

オレはバンドマン、ギタリスト以前にただの音楽ファンだからさあ。

自分の大好きなアーティストのライヴをたくさん見て感動したいのです!


こないだのハブノッツのワンマンは本当にサイコーで、めちゃめちゃ感動しました。
やっぱり、自分が感動しないと、人に感動させらるライヴなんか見せられないと思うのです。

ハブノッツは超一流のロックンロールバンドですが、ロックンロール以外でもたくさんのジャンルのアーティストを見て、感動して勉強していろいろ学びたい。


今日は大好きなZONEのチケもGETしたよ!

ハブノッツ、ZONE、藤木くんにT-ARA と、ライヴ見まくっちゃう。

9月は新潟の花火にも行くぜ!





人生短し!

やれることは今すぐ満喫したいです。

人生、サイコーに悔いなく楽しみたいから・・・
オレが訴えたい歌

ロックモードを高めている


曲が書けない。


あんまり怒りとかあると、いい曲書けないんだな~


オレが書きたいのは、ホント、くっだらないこと。

もっとバカバカしいこと




とりあえず身体鍛えてます。
アルコール大量に摂取してます。

ピュアで二日酔いでドラゴン危機一発な曲とライヴとJUMPで!

それがGET出来れば、他に何も要らない!



放射能のタブー




副島隆彦さんという評論家をご存知だろうか?

原発反対派の武田邦彦さんとも「原発事故、放射能ケンカ対談」という本を出している人であるが、昔流行った落合信彦さんの雰囲気を持ったズバズバぶった切るという感じの方だが、内容からしてかなり興味深いのでオレは立ち読みしているうち、ちゃんと読みたくなって2冊購入した。

内容の真意はともかく、この人の言うことはかなりオレたち福島県民にとっては勇気をもらえるし、今まで出ていた放射線に関する情報そのものを根底からひっくり返すほどのインパクトがある。


オレ自身やほとんどの福島に今住んでいる人たちも思っていることだけど、本当に低線量の放射線は身体に害がないのか!?って事に関して絶対大丈夫と言い切っている!!!

しかも、まだ福島原発が爆発して間もない昨年、3/28に福島原発そのものまで足を運び、自ら防護服など付けずに放射線の測定を行っている!!!
ちなみにこのときの数値が福島原発正門で860マイクロシーベルト!!
双葉町で130マイクロシーベルト・・・


続いて4/12原発正門前では127マイクロシーベルト・・・


なんかものすごい高い数値のような気がするんだけど、全然放射線値は下がっているからして、国は安全宣言を出してもよいとまで言い切っているのだ!!


まあ、いろいろ調べるとこの副島さんという人、かなり偏った感じの人で危険人物とまで言われているんだけど、ただいたずらに「放射能怖い、非難しろ!!」と何の根拠もないまま叫んでる似非教授なんかに比べると、なんか男を感じる!!!


流石に国や東電には騙されまくってきたし、風評でも痛い目にあってきたオレたちだから、今すぐ副島さんの話をそのまま信用することは出来ない。
ただ、自らのことも省みず、命がけで福島原発という現場に来て体験した事実はリスペクトできることではないか?
もちろん、小出さんや武田さんみたいな慎重派の話も無視は出来ない。


結局、国や東電の情報も含め、後は自分で判断しろっていう無責任な選択をさせられているオレたち福島県民ではあるが、オレみたいなここ(福島)で生きていくって決心した人間にとっては勇気をもらえる本であることは確かだ!!

オレはこの本を読んで、3/11前にずっと続けていた近くの公園でのジョギングを再開しようと決心したくらいだから・・・

ちなみにこの公園、除線前は3マイクロシーベルトちかくあったんだけど、今は0.6マイクロシーベルトになった・・・
それでもなんか高い気がするが、オレは生まれ育ったこの土地に骨をうずめるつもりだ!!



ちなみに今日、久々にいわきに行ったのであるが、海にたくさんのサーファーがいた!!


わざわざ新潟までサーフィンしに行ってるオレとしては複雑な限りだが、みんな自己責任で入っていると思う。
震災による瓦礫・・・テトラポットもばらばら・・・って状況だし、大量に流された放射性汚染水の影響とか考えると、やっぱり不安にはなってしまう・・・

これは単なる根性論では考えられない問題だ!!



てか、福島では未だに漁に出られない状況も考えると、めんどくさがらずにやっぱり多少は遠いけど、新潟の海に行く方が無難だとオレ自身は考えている。


漁も出来て、海開きが出来たその日

福島の海が完全復活する日なのではないだろうか??


副島さん、福島の海は大丈夫と言ってください~(笑)



風の谷なフクシマ



昨日、テレビで「風の谷のナウシカ」やってたんだよね~
もう何回テレビでやってるかわかんないくらいやってるし、オレも何回も観てるし、DVDも持ってる・・・

しかし、この作品をちゃんと見たこともないのもまた確かで・・・

ジブリ・・・てか、宮崎作品は実は苦手でどうしても女子供が観るもんと間違った偏見を持っているのも否定できない。
唯一、超好きなのは「ルパン三世 カリオストロの城」で、DVDを買ったくらい大好き!!
あれ、やばいっしょ。


で、昔から「風の谷のナウシカ」は周りにいた友達がやれ泣いたとか感動した・・・とかしつこく言うもんだから、ちょっと引き気味で観ていたのも確か。

まあ、いい話だけど、それほど感動する話かあ~!?・・・てな感じで冷めた視点で見ていたかもしれない。

ところが今回、事情が違った!!


そう。

3.11を経験したあとでこの作品を見ると全く違う感想になってしまうのですよ!!


てか、これ福島の話じゃん!!!

放射能で汚染された福島の話だよ!!


これ、今回めちゃめちゃ感動しちゃったなあ・・・。
こんなに深い話だったんだなあ、ナウシカって・・・

てか、宮崎監督は20数年前からこのことを予言していたのか!?

そのくらいこの映画は本当に今の福島の現状・・・てかリアルに描いているようだ・・
今日、たまたまテレビつけたらローカル番組で、子供を森に近づけない、土に触らせない、虫に触らせない・・・って、ホント、ナウシカの世界そのままなの!!



最強なはずの巨神兵の崩れ落ちる姿は爆発後の福島原発そのものだし、人間同士の醜い争いはまるで日本政府や東電、はたまた反原発派や原発推進派のくっだらない争いのようだ・・・。


流石にナウシカのような救世主は未だ福島には現れていないが、この映画を観て本当に人間ってのは本当に頭の悪い生き物なんだなあ~って改めて思った!!




ブルース・スプリングスティーン/WRECKIG BALL




ここんとこ、ボスことブルース・スプリングスティーンの出すアルバムが絶好調だ!!
9.11前後に再結成されたEストリートバンドはやはり圧倒的に存在感が違う!!

前々作の「MAGIC」あたりからはもう、’80年代に戻ったかのようなハイテンションぶりで、サウンド自体も若返ったかのようだったけど、ブルースにとっては’90年代がやはり必要だったし、タイミング的にも今、これをやるのがジャストだったように思う。

で、今作!!

いいですね~
グラミー賞でも披露された「WE TAKE CARE OF OUR OWN」からサウンドからアレンジからあのボスにしか出せないものなんだ!!

なんか、聴いてるだけですげえ落ち着く音だよ!!
リリース前のレヴューでは怒りのアルバムとか、へヴィーなアルバムとか、あのカントリーみたいなシーガーセッションみたいになるとか言われてたんで、ちょっと心配だったんだけど、フタをあけてみたらここ最近の音ですげえホッとした。


いや、歌詞の内容抜きに聴くと、あの名盤「ザ・リバー」みたいな感じの音なんだよね。
もちろん、近代的に加工されてはいますが。

とにかくボスファンは聴くっきゃないでしょ!!

残念ながら、相棒のクラレンスが亡くなってしまったけど、絶好調のボスがグラミー賞でも実証されている!!


また新たなる全盛期を迎えようとしているボス!!


頼もしいぜ!!!!!!!



そろそろ重い腰を上げようか
震災前・・・と言うか、原発が爆発する前に走っていた近くの公園でのジョギングをゴールデンウィーク後くらいから再開している。

ここの公園、ようや除線も終わったんだけど、もともとこの辺りは数値が高かったこともあり、まだ0.61マイクロシーベルトだから、それほど低くはない・・・
ちなみに、除線前は2.72マイクロシーベルトあったんだけど・・・(笑)

しかしさ、オレはここで生きていくと決めたんだ!

海でサーフィンこそ出来ないけど、外を走ることくらいはさせて欲しい。
低線量の放射線も身体にはよくないと唱える人もいるんだけど、このままではSF映画に出てくるような退化した人間になってしまうようで、それはそれでダサい・・・いや、カッコ悪いじゃん。

いや、たくさん努力はしたよ。
ホームセンターで走らない自転車・・・エアロバイクっての?あれ、買って部屋で漕いだり頑張ったけど、やっぱり地面を蹴って走る快感には勝てないというか・・・。

震災前のオレの生活と言ったら、仕事終わったらまず、3~5キロくらい走っての空手の稽古、ウエイトトレーニングして・・・ってのず~っと続けてきたから、今の状態はすげえ不自然なんだよね。

こないだ久々の新潟でサーフィンしたけど、すげえ身体が動かなくてビビッたもんね。



多少は放射能怖いけど、元の身体・・・いや、元の生活に戻りたいわ。


打製でライヴも昨年中ごろから始まったけど、ちゃんとしたパーフェクトな状態でまた本当の復活がしたいよ。

オレは同じことを二回やるのが嫌いなんだ。
人の真似すんのも、もっと嫌い。


オレにしか出来ない・・・オレだけが出来る・・・そんなことをまた始めたいと思う。
正直、慢性的腰痛が限界ってのもあるんでこのへんで辞めてもいいんじゃないか?って思うときもあるんだ。

別にプロじゃないし、これで飯食ってる訳でもないから、別にいつ辞めてもいいと思う。


しかし、オレがBLUEIIIで活動する理由は・・・
オレがインディーズ=アマチュアで活動する理由は・・・

プロやメジャーとか言われてる人たちには絶対に出来ないことをしたいからだったから!!


今、インディーズバンドって言っても、メジャーへ行く前の腰掛程度にしか考えてないバンドがいるんじゃないかな?
だから、インディーズって言っても、メジャーバンドを物まねしたりするようなバンドばっかになってきて、つまんないバンドが増えてきた・・・。

もちろんよいバンドもたくさん未だ生息しているけど・・・。


音楽で生活できればいいなって思うけど、魂まで売りたくないよ。
オレは子供の頃から大好きだったROCKをやり続けたい。

その為に身体も鍛え、走り続けるのだ!!!!







坂道のアポロン



これ、まだ数話しかやってないんだけど、早くも今年のオレの神アニメ決定かなあ~!?(笑)

テイストとしては・・・

「君に届け」ミーツ・マイルスって感じかなあ!?


いや、ホント、JAZZを扱ったアニメってこれ、初めてじゃない?
しかも、すげえマニアックだよ!!
「スィングガールズ」なんか全然問題外!!!!!!

’60年代のお話・・・つまりはJAZZがポピュラーだった古きよき時代の話なんだけど、感覚的には今と同じ・・・いや、今よりずっと自然体で音楽を楽しんでるよな~・・・。

主人公のメガネ男子カオルくんはいかにもな神経質そうな優等生・・・
で、このカオルくんに絡むのが、昭和の不良って感じのセンタロウ!!

こいつがぶっきらぼうな感じ全開なのに、やっぱりカオルくん以上に繊細な悩みを持つてたりして・・・

カオルくんの恋するりっちゃんはセンタロウに惹かれ、センタロウはドラマのマドンナというべきユリカちゃんに恋したりして、更に更にめんどくさそうな展開になっていきそうなんだけど、そこがめちゃいいっ!!


で、カオルとセンタロウが組んでいるJAZZバンドがまた本当にカッコよくてビ・バップな演奏やメロウな演奏をセッションしていくんだ!!

もう、JAZZファン、ROCKファン・・・いや、全音楽ファンに観て欲しい胸キュンものの素晴らしいアニメ!!

今後の展開が気になりすぎる~!



いや、是非是非!!!!


藤木直人 不惑 IN ROCK‘N’ROLL!!



尾崎豊以上に何故にオレが藤木直人を・・・!??

と思う方もいらっしゃると思いますが、超めちゃくちゃファンです!!
「藤木直人って俳優じゃん?」と言う人が大多数だと思うし、オレさえそう思っていた!

いや、俳優としての藤木くんも大好きですよ!!
オレ自身が藤木くんファンになったのが’06年放送の「ギャルサー」ってドラマだし(笑)

いや、「ギャルサー」はオレが現代ドラマの中では「GTO」と「下北サンデーズ」と並ぶ神ドラマ!!
未だに観ているくらいですからね~


ところがこの藤木くん、俳優としてのキャリアと同時期から音楽・・・てかバンド活動もしている実は本物のミュージシャン!!
てか、藤木くんがプロとしての活動をはじめたのが’00年だから、もう12年も活動してんだよね。

しかも、すげえのが初めのツアーなんて、例えば仙台だったら当時の仙台マカナ(!)だったりと、本当にオレたちがやるようなライヴハウスから始まって段々と会場が大きくなっていき武道館だもんね。

このへんがポッと出のミュージシャンと違うところで、藤木くんのライヴは本当のライヴバンドとしてのエナジーと意地が詰まっているのだ!!


中でもスゴイのが藤木くんのギタリストとしての存在!!
普通、この手のミュージシャン(俳優兼歌手)だったらライヴ中にギター抱えたとしても、単なる飾りというか、じゃがじゃが引っ掻き回すだけが関の山!!

ところが藤木くんときたら、弾けるようなカッティングはもちろんの事、なんとほとんどの曲でギターソロをとる!!
それも、めちゃ個性的で素晴らしいフレーズでインプロするのだ!!

オレは3年前に初めて藤木くんのライヴを観たのであるが、あまりの藤木くんのギタリストとしての才能に痺れまくったもん!!

ファンキーな曲からハードロックなど自由自在に弾きまくるんだから!!

必ず、歌なしのフュージョンタイプのインスト曲やるのもその自信ゆえだろう!!
「おしゃれ関係」のインストテーマ曲!!あれ、藤木くんのギターなんだよ!!

それに、初期の頃はバンドのみ一発勝負だったんだけど、中期からはピアノの弾き語り・・・しかも、藤木くんのピアノは独学なのだ!!(だから運指がちょっとヘン(笑))

それに、ダンスするコーナーもあるし、とにかくショーって事に関してめちゃめちゃ真剣なんで、ホント観ている人は全くダレることも飽きることもなく最後まで楽しい気分でハッピーになってしまうのだ!!

しかも、ツアー中でも毎日走っているというストイックぶり!!


いい男は見かけだけじゃなくて、本当に努力しているんだね!!


そんな藤木くん。
ここ数年は俳優業としての仕事で多忙だった為かツアーをしていなかった!!

そしてここにきて今年2012年!!
3年ぶりのツアーが発表されました!!ぱちぱちぱち・・・

「Naohito Fujiki Live Tour ver10.0 ~不惑 IN ROCK‘N’ROLL!!~」と題されたツアータイトル!!

10回めのツアーなんですね。
で、サブタイトルの~不惑 IN ROCK‘N’ROLL!!~・・・・・

なんと藤木くん、いよいよ40歳なんですね~
だからこのタイトルらしいんだけど・・・

いや、オレもそうだけど、頑張るよな~今の40代!!!

いやいや、まだまだ若い人には負けられません(笑)
元祖イケメンの意地を見せ付けて欲しい~

藤木くん主演のゆる~い深夜ドラマ「イケ麺そば屋探偵」も既に3年前になるのかあ・・・
主題歌の「いいんだぜ」は今もオレにとっての応援歌!!



そして~~~~~


キタ~~~~っ!!

仙台公演のチケットが本日取れました~
しかも1階20列目!!

いや~、今年は6月のT-ARAといい(行きます~)すげえツイてるよオレ!!


思い存分楽しんできますが、お前もサボってないでライヴばりばりやれよって?

いやあ、人生短いんだから、好きな人のライヴやハナビやサーフィンやブルース・リーを楽しむのもありでしょう!!
今のうち、やりたいことはやっておかないと悔いが絶対残るって!!!

ライヴするのも楽しいけど、こういう時間もすげえ大切なんだって、昨年の震災から理解ったし!!
こないだのTHE HAVENOT'Sのワンマンも最高だったし、一緒にやると自分のライヴとかで落ち着いて見れないから、すげえよかった~~~


いや、いいミュージシャンはいいリスナーにもならなきゃよい音楽は作れないもんです!!


興味持った人!!
藤木くんのライヴ観よう~

あ、もうすぐ公開の劇場版「ホタルのヒカリ」もスーパー楽しみですね!!
映画館で見ようかな(笑)



夢の新潟トリップ その3







ゴールデンウィーク、いよいよ本日5/6が最終日!!
みなさんはゴールデンウィーク、いかか過ごされましたか?

流石のオレも今日は一日インドア!!
まあ、想像以上に昨日のサーフィンの疲労・・・てか、筋肉痛が残っていてあまり動きたくなかったというか・・・(笑)
それに、何故か今頃雷に大雨という悪天候!!
出かけない理由が出来ました。


さてさて、夢の新潟トリップいよいよ最終回です(笑)



昨日、(5/5)の朝「おにいちゃんのハナビ」ロケ地めぐりという最高のサプライズがありましたゆうぞうさんによる「地球の歩き方」ならぬ「片貝の歩き方」!!

ホント、あの映画の名場面がゆうぞうさんのお家から歩いてすぐというのもびっくりでしたが、今回は本当に新潟・・・というか片貝を満喫というか・・・。


ロケ地めぐりから帰ると、今度はゆうぞうさんのお仕事場へ・・・

ゆうぞうさんは前からお聞きしていましたが、日本伝承医学の先生であるのです!!
身体のいろいろな場所を把握して、魔法の手で治していく・・・

いや、魔法ではなく、あらゆる知識に基づいたすごい技術なんですが、まさにブルース・リーのジークンドーのよう!!

そんなオレも長年、慢性腰痛に悩まされていました。
いろんな病院や整骨院に通っても気休めでしかなく、常にライヴやツアーの時はぎりぎりの状態で、ライヴ引退も未だに考えてもいます・・・。
(そういえばブルース・リーも腰痛に悩まされていましたね)

そして、ゆうぞうさんのお言葉に甘えて診てもらうことに!!

いろんな箇所・・・(ツボっていうのかな?)をいろいろ揉んだり、叩いたりしながらオレの悪い部分を分析していく!!

で、ばっちり悪いところがわかってしまうという・・・!!

で、いろいろほぐしたり揉んだりしていただいて、終わったあとはホントにすう~っと腰・・・いや、身体が軽くなりました!!

すげえ~~~~~~~~
治った!???

たった一回でこんなに治るもんなのお~っ!!!!

おそるべし!!ゆうぞうさん!!!


いや、本当にこんなに軽くなったのは初めてで、ちょっと遠いけど、ライヴツアー前とか後はゆうぞうさんの所に通おうかと思ったくらい!!
いや、本当にスゴイです!!!

ホント、ゆうぞうさん曰く、どんな敵ならぬどんな患部にも臨機応変に対応し治していく・・・ってまさにこれ、ブルース・リーの精神を確実に継承している!!

いやあ、新潟のブルース・リーここにあり!!
スーパーリスペクトです!!!!!!!!!




さて、感動しまくり呆然もつかの間・・・それから車を走らせ今度はゆうぞうさんオススメのラーメン屋さんへ・・・

「碧空麺舗」というラーメン屋さんなのですが、オレは「魚出しチャーシュー味玉いり」を食べたのですが、これが超~~~~~~激うま!!!

なにしろ魚・・・ぶし系のスープ大好きなオレにしてはたまりません!!
しかも、色は薄いのに、スープにしっかり魚のぶしが効いていて、しかもこんな麺食べたことない~ってくらい麺がシコシコ!!
この麺とスープのだしが絶妙に絡んで、絶品の味になるんですね!!

で、チャーシューがまたふわふわ!!
めちゃ美味しい!!

それに味付けたまごですからね。

すっかり、お腹いっぱいになったところでゆうぞうさんとはここでお別れ!!
「また来てくださいね」とがっちり握手したところで、今年中に絶対に来ます~って約束いたしました!!

いや~ホント、なんか別れが切なくなりましたね~
ゆうぞうさん、本当の本当にありがとうございました!!





そのまま今度はいつも行くサーフポイントにてサーフィン!!



この日は昨日の最悪コンディションと違って、天気もよいし、サーファーもたくさんいました!!
ちなみに昨日はオレ以外にサーファーはゼロ!!


波はそれほどよくはなかったですが、なんとしても乗りたかったので気合で波を追っかけました!!

合計4本!!


BLUEIIIの3人分とゆうぞうさん一家に1本!!


いや、これでみんな人生が波に乗っていけるのだ~っと、勝手な自分のマナーを実行!!
最高の波に乗れましたところで、お腹GOO GOO!!


「大漁すし」っていつも行くおすし屋さんで地魚丼を食べたり、新潟の古着屋さんで遊んだりしてようやく郡山に帰ることにしました!!

結局、夜の8時過ぎに新潟を出たんだけど、郡山に着いたのは10時過ぎくらい・・・
新潟って意外に近いんですよ。

てか、本当に素晴らしい場所!!
地震や原発で福島の海ではサーフィンどころか、海自体に生きている間に入れない可能性もあり、サーファーのオレとしてはめちゃつらい時でしたが、本当に新潟っていうところに救われたという・・・

逆に考えると、あの震災がなかったら、永遠にこの土地の素晴らしさを知らずにいたと思うし・・・


更に更に今回は新潟を大好きになった貴重なゴールデンウィークでした!!


ゆうぞうさんとゆうぞうさんのご家族の方々には本当に感謝感激です!!
本当にありがとうございました。
お世話になりました!!



また近いうち・・・いや、毎週行きたい衝動を抑え(笑)、サーフィンと9月の片貝まつりに目標を定め、日々頑張りたいと思います!!!!!!








夢の新潟トリップ その2





さて素晴らしすぎる新潟滞在2日め!!

昨夜、ちょっとお話が出た「おにいちゃんのハナビ」はゆうぞうさんの住む片貝町が舞台のお話だったんだけど、なんと~!!!

そのブルース・リーの映画ロケ地ならぬ、「おにいちゃんのハナビ」ロケ地めぐり敢行!!!

それが、スゴイんです!!
なんと、ゆうぞうさんのご自宅からもう、ほんの少しの場所がもうロケ地なの!!

てか、ほぼこの町全部がロケ地だったというか・・・

実際に花火が上がる場所や、お兄ちゃんと妹が買い物行くときに歩く橋とかもう、この映画ファンならば大感動間違いなし!!

それにしても、はじめて見る四尺玉を打ち上げる際の筒の大きさ!!

福島では最大2尺なのかな?
てか、尺玉って1尺でもすごく大きくて特別なもなんだけど、写真でもわかるように三尺や四尺に比べるとこの小ささ・・・

しかし、映画を観てもわかりますが、この片貝町は本当に世界にも類を見ない花火の町!!
全ての花火に意味があり、全ての花火に人の心、魂が宿っているから本当に特別なのです!!

映画「おにいちゃんのハナビ」は’05年に放送された江口洋介さんが出演した中越地震から復興していったこの町を追いかけたドキュメンタリー番組から発展した実話なんだけど、本当に素晴らしい映画です。

この映画を観たら絶対にこの町で打ちあがる花火が本当に観たくなります!!
てか、今オレが大ファンのブレイク前の剛力綾芽ちゃんもこの映画に出ていて、映画の中で剛力ちゃんが立っていた場所まで見れちゃったのもまた嬉し!!

このブログで興味持った人は絶対観て欲しい映画だなあ・・・。


とにかくカルチャーショック受けまくりの新潟滞在記!!
まだ続きます!!




夢の新潟トリップ その1






いや~、最高・・・なんて言葉も陳腐に感じられるほど素晴らしかった新潟トリップ2DAYS!!
ある意味、バンドでツアーで行くのより楽しかったかもしれません(笑)

今回はブルース・リー友の会(笑)でお世話になっているゆうぞうさんのお誘いもあり、サーフィン+ブルース・リーぷちオフ会になるはずが・・・
予定を大幅に上回るスーパーサプライズありの超ディープな新潟2DAYSとなりました!!!!!



さて初日の5/4

早朝から仕度してまずは、サーフポイントに!!
あいにく天気は最悪で、土砂降り及び強風の中海に入りました。

視界もめっちゃ悪くて、波もないせいかサーファーも一人もいません・・・
たまたま冬用に持っていったモジモジくんみたいなサーフキャップがあったのでそれを被ってやったら、かなり寒さも凌げ楽になりました。
いや、横殴りの雨が頭を直撃すると頭がんがん痛くなるし・・・(笑)

しかし!!

こんな最悪なコンディションな状態でさえ、オレにはとても楽しめたし、素晴らしい爽快感がありました!!


だって、福島では海に入ることすら不可能となってしまった今となってみれば、たいした問題ではなかったからです。

福島でだって、本当に波がよい日にあたるのは一年のうちでもそうないし・・・
こういう日はよくあることです!!


波に巻かれながら、雨に打たれながらも(笑)存分にサーフィンを楽しみました!!




さて、そこからゆうぞうさんの住んでいる片貝町へ移動・・・・

なんだけど、なんだか様子がおかしいの・・・
なんか、凄い峠に入っていく!!
いつの間にか車も1台も通らない危ない山をぐるぐるカーブ!!

挙句に、雪(!)は見えてくるはで、「ホントにこんなところにゆうぞうさんのお家があるのだろうか?」の心配を他所に、またもや第2の峠に突入!!


これ、絶対に道間違えてるよと思っていたら、ようやく民家が見えてきて、なんとかゆうぞうさん宅に!!

そして招かれたゆうぞうさんのお家・・・


まるで、オレが子供の頃にお正月とかお盆におじいちゃんの家に従兄弟とか親戚が集まった感じにタイムスリップ!!!
ゆうぞうさんの奥さん、お父さん、お母さんはもちろん、従兄弟の方やお母さんのお友達やおばあちゃんなど、たくさん集まってのお食事・・・というか呑み会!!

出てくるお料理も山菜やここでしか食べられない焼肉(これ絶品でした!!)お刺身に手作りのこんにゃく(!!)とか、すごい御馳走!!
お酒もすすむすすむ!!!

で、ゆうぞうさんが振舞ってくれた新潟のお酒がまためちゃめちゃ美味しくて、飲み口いいからいくらで呑めちゃう!!!!


ここで、オレはまた超サプライズなお話を聞く!

ゆうぞうさん宅に入るなり、やたらとポスターからカレンダーから花火がメインなんだよね。
いや、新潟は花火で有名だし、オレが昨年、年間で一番と思った映画「お兄ちゃんのハナビ」も新潟が舞台の話だから、花火はこんなにも身近なもんなのかなあ~なんて軽く考えていた・・・

ところが、ゆうぞうさんやゆうぞうさのご家族の話を聞いてるうちになんと~っつ!!


ゆうぞうさんの住むこの片貝町そのものが「お兄ちゃんのハナビ」だったという!!!!!
あの映画は片貝町のお話だったのだ!!

いや、「お兄ちゃんのハナビ」のDVDも、実はゆうぞうさんにいただいたもので、ご丁寧にこれの元となったテレビのドキュメンタリー番組(メイキングとかでなく、モデルになった実際のお話です)のDVDもいただいていたのです。

で、何の気なしに観て、大号泣するほどの素晴らし過ぎる作品とテレビだったのですが、これがゆうぞうさんの住む町のお話だったとは・・!!


映画劇中通り、ゆうぞうさんのお父さんもゆうぞうさんも、自分の年の会に入っていて自分たちの花火を上げたお話聞いただけで、もうテンションがMAXに上がりまくってまたまたお酒が進むのでした(笑)

いや、見てない人は絶対に絶対に必見中の必見映画ですよ「お兄ちゃんのハナビ」!!!

これ、ブログでも紹介しましたが、ブルー・スリー新聞でも年間映画、堂々のベスト1位ですから!!!
しかし、次の日に観るものは更に興奮MAXになるのですが・・・(笑)



さて、千鳥足になる一歩手前で、通されたのが離れにあるゆぞうさんのブルース・リールーム!!
いや~、本当にここは聖なる部屋というか、オレたちにとっては神々しい光を放つ特別な場所でしたねえ・・・

もう、見たことないグッズのオンパレードで、ぶっ飛びでした!!!!
オレなんか足元にも及ばないグッズと資料の数々に大感動・・・

いや~、まさにブルース・リーパワースポットというか、ものすごい感動でした。
このパワースポットでゆうぞうさんとブルース・リー話ですから、もう凄いです(笑)

で、本館に帰ったらゆうぞうさんの奥さんが「お兄ちゃんのハナビ」のDVD見て号泣しているところで・・・(笑)


ゆうぞうさんの奥さんとはラルクの話したり、グンさま・・・はたまたオレが好きな尾崎、藤木くんやSPEEDの話したりして、こちらも大盛り上がり・・・

いや~、ホント、あまりにもDEEP過ぎる1日めが終わったのでした!!

しかし!!

二日目もまたまた超上がる話にテンションスーパーMAXでぎみぎみする事間違いありません(笑)

続きはまた明日、2を!!!!!!!!



デヴィッド木下




ゴールデンウィーク、みなさんいかがお過ごしですか?
オレは明日からサーフトリップに行って心の洗浄して来ます!!

オレがサーフィン始めたのって、今から14年前くらい・・・つまりBLUEIIIはじめた時なんだ。

オレ、16くらいからバンド・・・てか音楽はじめて、一心不乱にがんがん頑張ってきたけど、すげえ煮詰まることもたくさんあってさ。
怒りもたくさんあったし・・・

そんなときに全く新しいことをしてみようと思ったのがきっかけかなあ・・・。
もともと海が大好きだったし、波に乗ることに惹かれていたから。

そんなとき、ある一本のビデオに出会ったんだ。

デヴィッド木下っていうロングボードサーファーのプロで、日本人にして海外のサーフィン大会でもものすごい実力を示した凄い人!!


テレビ「情熱大陸」にも出たし、オレの憧れの人だ!!!

オレはこの人の考え方とか、サーフィンスタイルもすげえ好き!!


だってホント、頭の中は海のことしか考えてないんだから・・・

そして、サーフィンってものはホントにブルース・リーのジークンドーそのものなの!!

一度たりと同じ波っていうのは来ないんだよ。
それを乗りこなす為にあらゆる角度から練習するんだけど、ホントにどんな波(敵)を乗りこなす(倒す)っていう感じ・・・

これは本当に似ていると思うし、事実プロサーファーにもブルース・リーファンは多いんだ!!

そしてこのデヴィッド木下は昨年の原発事故が起こる前から原発や自然についての活動をすげえしているんだよね。

いや、海っていう自然界が与えてくれた最高の恵みがないと出来ないサーフィンをしている身としては当たり前なことかも知れないが、彼はいろいろと活動してきた。

そういうところも含め、オレは最高に好きだ!!!

彼はハーフなんだけど、そのことで幼いときはかなり苦労したそうだけど、そのハーフならではのカッコいい容姿もまたオレは好きなんだけど、本人はいたって自然体で女の子よりも、お酒でバカ騒ぎすることよりも頭の中には波のことしかないのがまたカッコいい!!!

すげえオレは大ファンだし、尊敬するよね。


人生に転機って何回か訪れると思うんだよ。

絶対にブレない1本はあるんだけど、それを補う何かがやっぱり欲しい・・

昨日の尾崎豊もそうだけど、間違いなくオレの人生を変えた人の一人がデヴィッド木下だと思う。


明日は思いっきり、波を堪能し、魂を浄化したいと思う!!



明日は新潟にサーフトリップ行くよ~

よい一日になりま・・・いや、なるに決まってる(笑)



リスペクト!!尾崎豊





こないだNHKの「SONGS」って番組で尾崎豊が特集された。
常に何かの節目に尾崎の特集とかやったりするけど、どの番組も真の尾崎の凄さを伝える番組はなかった。


いや、現在聴ける彼が残した音源、ビデオなどからもその一断片くらいしか伝えられていないと思う。

オレが尾崎豊の話!?と不思議に思う人もいるかも知れないけど、もしかしたら一番影響を受けた人が尾崎かも知れない・・・。

尾崎の存在を知ったのはスーパーリアルタイム・・・
オレが高校生だった頃だ。

あの頃、オレは高校で仲間を集めバンドを組んでいた。

掛け持ちで二つのバンドをオレはやっていた。

一つは今で言う洋楽中心のコピーバンド。
もう一つが邦楽のコピーバンドだった・・・。


正直、オレ自身はあの頃、洋楽少年で、マイケル・シェンカーやらディープパープルのコピーなんかをする事によって悦に浸っていた。

邦楽の方も実質、オレがリーダーみたいなもんだったんだけど、オレが当時好きだったザ・モッズの「激しい雨が」とか、(この頃、ザ・モッズはドラマの「中卒東大一直線」って番組の主題歌「バラッドをお前に」を歌っていて、劇中にもカメオ出演したもんだから、かっけ~と思っていた)館ひろしの「今夜はオールライト」(この曲も当時の館ひろし主演ドラマの主題歌)とかがレパートリーだった・・・。

そんな中、ボーカルであり生徒会長でもあったオレのダチのエイジが「尾崎豊」を歌わせてくれないか?と言うんだ。

尾崎豊!?それ、誰?演歌歌手???

誰もその尾崎豊のことは知らなかった。
しかし、オレは親友であるエイジがやりてえんだったらやろうぜ!!とその尾崎のコピーをやることに決めた。

聴いた瞬間、「なんだこのフォーク・・・いや、ニューミュージックは??」(当時、J-POPって言葉もなかったんだよ)
と、軽くゆる~いサウンドに拍子抜けした!!
しかも、歌詞の内容も「自由になりたくないかい?」とか、当時からただのおバカさんで、別に自由になりたきゃ、学校サボって喫茶店でたむろってタバコ吸えるし、全然自由じゃね?オレら・・・」って感じで何も感じなかった。

でも、エイジが好きだったから何のためらいもなく、頑張ってコピーしたのを憶えている。
いや、全然当時、プロ志向・・・今で言うメジャーになりたいとかなんて一切考えていなかったバカ高校生だもん、こういうのもやっとけば身になるなんてのも考えてもいなかった(笑)



この二つもバンドはこの後、オレの母校である高校の文化祭初のロックコンサートでライヴをすることになるんだけど、その話はBLUEIII誕生前夜でも書いてるっしょ(まだ完結してないけど・・・)


大成功だった高校の文化祭を終えた後くらいかな?

その尾崎豊がなんと郡山でコンサートをやるというんだ!!



自分がコピーしたアーティストが郡山に来るなんて、凄いじゃない?
バンドのメンバーや、友達たくさん連れて見に行ったよ。
今考えると、丁度サードアルバムの「壊れた扉から」リリースのツアーだったんだね。

何故か余裕でチケットも取れたし・・・・


そして当日・・・
この日の記憶ははっきりと憶えている!!

いきなりピアノの弾き語りによる「卒業」で始まったコンサート・・・

衝撃だった!!
それまでのオレの価値観を全てぶっ壊してくれた!!

尾崎っていうとよく、歌詞の魅力が取り上げられるじゃない?
10代の教祖とかさ・・・

当時からそんな歌詞に否定的な人もたくさんいたし、尾崎と同世代のオレですら歌詞だけには共鳴できなかった・・・

しかし、オレの観た尾崎はそんな些細な事さえこっぱみじんに打ち砕いてくれた!!

尾崎は全力で何かを伝えようとしていた!
これ以上動けないんじゃないか?ってくらい会場を駆け回り、照明のてっぺんに登ってコール&レスポンス・・・その後はステージにジャンプだよ!!

これ、あの骨折した日比谷野外のずっと後だよ!!
すげえ破滅的コンサートだった・・・。

カート・コバーンやもろもろのパンクミュージシャンもひるむくらいのはちゃめちゃ三昧のステージ!!!


もう、最後は立てなくなって床に這いつくばって歌うんだ。

この這いつくばって歌うとこだけ、ギャグ的にテレビで取り上げられたりするんだけど、この前にどんだけ凄いステージをやってたか知らないだろ??

で、こんなむちゃくちゃなステージが終わって一段落し、アンコール!!!

「シェリー」


いつしかオレは泣いていた・・・てか、号泣していた。
オレもこんなに、何かを伝えられるような男になりたいと思った。

フッとまわりを見渡すと、みんなが泣いていた・・・・


あんなコンサートを見たのは生まれて初めてだった!!!
この後、このコンサートと同様に感動したのは初来日のストーンズとジェフ・ベックくらいで・・・
初めてギターウルフを見たときも、この人は尾崎だと思っちったもん(笑)

あの後、ちゃんと尾崎の歌詞もちゃんと聞くようにはなったが、それでさえあの爆発的ライヴと一体化するからこその相乗効果だったと思う。

逆に言うと、よくCDの曲の歌詞だけでみんな感動できるんだろう?と疑っていることも確か・・・



だからこそ!!

ただしく尾崎を伝える為にも!!



未だに目指してますよ!!
てか、目標かなあ・・・

全力で毎回のライヴに命をかける!!
最後の一滴を絞りだすまで、絶対に手抜きをしない!!!

全て、尾崎から学んだことだよ。

晩年の尾崎はかなり落ち着いてしまって、それはそれでいいんだけど、オレが好きだった尾崎は初めの3作品まで!!

この3枚を聴くと、あのときに観たライヴを思い出し、オレも全然まだまだだな・・・と渇を入れられるんだ。




今日の写真はその初めて行った貴重な尾崎のコンサートプログラムと復帰ライヴの東京ドームでのプログラム・・・。


それに、初めて行ったときのチケットの半券!!

’85年だって!!!
しかも、値段が2500円!!

当時は2500円で尾崎が見れたんだね!!!


もう観ることはできないけど、あなたのことはオレが自分のライヴを通して後世に伝えてく!!


余談ですが、オレたちのアメリカツアーで尾崎のカバーやったら、外人さんにめちゃ受けてた(笑)
あと、CDでも「ドライヴィングオールナイト」をカバーしてます!!

いや、そのくらい未だに尾崎好きです!!
てか、オレは尾崎豊になりたい~っ!!!!!!




ブル-ス・リーの音楽的趣向について



今日の写真、2年前くらいに六本木で開催された「生誕70周年記念 奇蹟のブルース・リー展」にいきなり展示されたときはびっくりしたもんだった!!

この日はたまたまブルース・リーマニアの方たちとご一緒にこの展示会を観覧していたのであるが、本当に凄い写真の数々にびっくりしたもんだった!!

この展示会に対して批判的だった「世界ブルース・リー宣言」の江戸木 純さんのような意見も本当に重要だと思うし、なるほど!!とも思うのだが、おバカなオイラは純粋にイベントを満喫しましたね。


いや、絶対にブルース・リーはマニアの人たちと見るのをオススメします!!
ホント、マニアの人たちはいちいちいろんな角度からモノを見る事に長けているので、自分だけでは気がつかなかったことまで見えてくるのです!!


で、今日の写真!!

なんと~!!ギターを抱えたブルース・リーの写真!!

これ、バンドマンのオレとしてはヤバいです!!
てか、中村先生、これでTシャツ販売してください~!!!



これはこの時期に発売されたブルース・リーのデジタルフォトフレームになんと!!収録されていたものですが、マジで凄い写真です!!


てか、今でこそ音楽の趣味の話とか当たり前の世の中ですが、このブルース・リーが生きた'60年代~70年代・・・ブルース・リーは一体どんな音楽が好きだったのでしょう・・・!?

よく、ブラッド・スウェット&ティアーズが好きだったと聞きますが、コンサートにまで行くくらいだったから相当のもんだったのでしょう。

皮肉にも「僕が死んだとき」なんて不吉なタイトルの曲が好きだったそうですが・・・。
このへん、自分の主演作タイトルに「死亡遊戯」なんてつけるのとも興味深いですが・・・。

ブルース・リーとは関係ないですが、オレの大好きなトミー・ボーりンってギタリストもアルバムタイトルに「富墓林」なんてつけて、この作品後に亡くなったという経過がありますが・・・



その他、フランク・シナトラの「マイ・ウェイ」とかも好きだったようですが、特に’70年代はロックが盛んな時代でもあったので、ブルース・リーもビートルズとかストーンズとかも聴いていたんでしょうかね?

「ドラゴン危機一発」には勝手にピンクフロイドなんかも無断で使われていたりしますし・・・(笑)


それに、「ドラゴンへの道」のメインテーマはジョセフ・クーで有名ですが、やはり西部劇「ウエスタン」のサントラが使われ、そこにテリンパ二っぽいパーカッションがだダビングされていて、こういうパーカッションを一説ではブルース・リー自身が演奏していたとか・・・。


「ドラゴンへの道」では監督、脚本、プロデュースの他に音楽まで入っていたので、もしかしたら本当にブルース・リーが演奏している可能性大です!!

あのレストラン外の乱闘シーンでの民族音楽っぽい打楽器の音とか「ちちっちちっ♪」「ど~ん♪」もブルース・リーがやっていたら最高ですが・・・


う~ん、でも何を聴いていたのかは本当に気になるところではありますね~





プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する