BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
さらば2011!

地元郡山#9でのライブも無事終え、いよいよもうすぐカウントダウンですな~


今年はまあ、あらゆる意味で特別な年だったけど、来年はサイコーな年にしたいね!


てか、来週もすぐ下北沢でライブだよ!



頑張るで~


みなさん、よいお年を~

明日は今年ラストライブで大晦日

いよいよ明日は今年最後の日!


そして、今年最後のライブでもある!

最後まで手を抜かないサイコーで最強なライブを俺らの地元郡山にお届けしたい!

なんか、年末でワタワタしててボケてて、俺らのライブスタート時間間違えてた!(昨日のも訂正済みです)


明日、午後3時半から郡山#9にて爆裂ライブやる予定!
最後まで燃焼したい人は来て超だい!
まあ、歌謡曲、J-POP見たい人は家でテレビでも見てて。


いや、歌謡曲もJ-POPもサイコー!
俺も大好き(笑)

だけど、俺たちはロックだからさ。
ロックしたい人だけ来て下さい~!


そういや今日はレコード大賞だったね
俺らの世代だとレコード大賞っつったら、大晦日。

レコ大見て、NHK紅白歌合戦にリレーすんのが常識だったのに、最近は日にちずらしてんのね。

しかも、今年の紅白には芦田なんとかって言ううぜー子供出す為に時間帯まで早めて放送なんだってさ。
そこまで媚び売ってどうすんだNHKっ!?
高い受信料払わせといて、お前らロック魂ねえんだよっ!
あ、いやいやNHKはロックじゃなかった(笑)


で、今日のレコード大賞。
EXILEも辞退して、 AKBのデキレースかあ!?と思ってたら、やっぱ実際その通りだったんで、ドンビキだったなあ。

受賞直後のあっちゃん、たかみな、優子のあらかじめ考え抜いたコメントに、泣きかたまで、入念にリハーサルしたんだろう、泣きかたも超うまかった!

育ての親の秋山様のコメントは残念ながらシリギレ(笑)


ただし!


AKBの受賞曲「フライングゲット」だけは、昭和色を感じさせるJ-POPとは言い難い歌謡曲で、レコード大賞っぽいのが皮肉だった・・・

だって最近のアーティストって、辞退したEXILEにしろ、西野カナにしろ、みんな洋楽のR&Bみたくなっちゃったから

まあ、どっちみち投票券求めてCDを乱買いするファンは楽曲をマトモに評価しているとは思えないのだが・・・


いやいや、そんな事はどうでもいいが、口直しに今、ピストルズとAC/DCのDVD見ながら晩酌!
明日の為にテンション上げて気合い入れてる訳です!

歌謡曲もJ-POPも所詮は流行歌。

ロックこそ1番正直でピュアでガッツあるもんだって事を信じて、明日の今年最後のライブをキメたいと思います!

スタジオ納め

今年のスタジオ練習納めをして来たで!

今年はいろんな事があったが、俺たちはまだ生きている
まだロックする気力が残っている


今年のライブ納めはあさって大晦日、 12/31だ!

前のblogで時間間違えてたけど、夕方3時30分より地元郡山の#9でやります


レコ大や紅白にも十分間に合う時間帯なんで、是非よろしく~!

ゲイリー・ムーア

ゲイリー・ムーアの昨年のライブを収録したDVD「Live At Montreux」をやっと見た!

ゲイリー・ムーア、今年亡くなってしまったんだけど、ホントに最新でラストのライブ作品かも知れない。
昨年だかは数十年ぶりの来日公演もし、その時は定番のブルースセットでのライブだったらしいが、次はいよいよハードロックセットでの来日を公言していた。

このDVDはまさに幻となったハードロックセットでのライブ映像!

一曲めからなんと「望郷の果て」ですよ!
しかも、メンバーがスゴイ!
80年代の往年のファンには堪らない、あのニール・カーターが参加しているのですよ!


バックに盟友ニールを迎えてのハードロックセット!

流石に 80年代には髪もふさふさのイケメンだったニールも、まるでクラプトンバンドのパーカッションの爺ちゃんみたいなハゲ頭に・・・

そして主役のゲイリーも、もともとルックス的にはイケメンでないどころか、若い頃の喧嘩で殴られた事によるブルドックみたいな頬が男らしさ全開だったが、更に激太りの超メタボに劣化が激しく、若い頃の凛々しさもナシ!

肝心のギタープレイだが、若い頃は激しいとは言え、めちゃくちゃ正確できめ細かいプレイだったのに、かなり雑だし、ミス多過ぎ


しかし、んな事はどうでもいいのだ!


あれだけ過去、特に80年代の自分を嫌い「あれは食う為にやっていた」と言う、未だブルースゲイリーを肯定出来ないでいる日本のファンを更に更に落胆させていたゲイリー。

そのゲイリーが何故か晩年に80年代そのままのハードロックを奏でたのかが本当に不思議!

このセットで日本にこそ来れなかったものの、わざわざニール・カーターまで呼び戻しての魂こもったハードロック時代の名曲の再現は、まるでスティーブ・マックイーンや松田優作が遺作で自分の原点であるアクション映画で生涯を終えたのに似ている。


多分、曲の展開は間違うは、押さえるフレット間違うはのミス連発のこの映像、完璧主義なゲイリーのこと、生きていたら絶対リリースしなかったろう・・・

しかし、逆に考えると何もいじっていない本当のライブ映像が見れるのでめちゃくちゃ貴重だ!

結局、CDとしては日の目を見なかった新曲も入っているが、その新曲が、ホントに名盤「ワイルドフロンティア」を彷彿させるアイルランド色濃厚な曲で、なんとかこのDVDで聞けただけでもありがたい!

とにかく、ぶっといギターの音、ガッツあるボーカル、男らしさ満載なライブなんで、今のちゃらちゃらしたロックに飽きた人にこそ是非!

これぞ本物!


「パリの散歩道 」に泣け!

戦国鍋テレビ

なんとなく歴史を学べる・・・でお馴染みの深夜バラエティー番組、「戦国鍋テレビ」

テレビなんて、ホント、つまんない芸人が身内ネタで視聴者も盛り込んだ勘違いして、くっだらない事を垂れ流すもんに成り下がってしまったと思いこんでしまっていた!


しかし、この「戦国鍋テレビ」のハイクオリティーぶり!


サイコーです

圧巻です


架空音楽番組のコーナーも素晴らしいんだけど、戦国バーの最終回に引き継いだ形でスタートした「戦国にほえろ」

あの国民的番組「太陽にほえろ」のパロディーなんだけど、これが単なる番組の1コーナーにしておくのが勿体ないくらい素晴らしいのだ(笑)


例えるなら「ケンタッキー・フライド・ムービー」の燃えドラパロディーくらい・・・

いや~、今後の展開楽しみと同時に、変にウケてゴールデンに移行してやりたい事やれずにダメになった「笑う犬の生活」みたいにならない事を願う。
てか、オセロの黒い方は大丈夫か?
「笑う犬」の頃のあなたはイカしてたぜ!

年末!

年末なのに、なんだかめちゃ慌ただしいわ。

今年の事より、来年の事考えてる自分がいるわ。


しかし!


今年のライブ納めはニャンと久々の大晦日!
しかも地元郡山では初じゃ!

場所は#9!
時間は午後3時くらいだから、紅白も余裕で見れるし、除夜の鐘も聞ける!


まあ、俺あいつも通り客が一人でも全力でやるけどさあ、どうせなら最後までバカやりに来ね?

詳細は・・・

知らん


とにかく大晦日の午後3時に郡山の#9で待ってるわ!


バカやろうよ!
ロックしようよ!


よろしくアチャーッ


写真は全然イベントと関係ないが、俺のロックヒーロー、ロッカチェリーのよーちゃんだぜ!

GLENNHUGHES

1番影響受けたボーカリスト、グレン・ヒューズの自伝を注文してたんだけど本日、届いた!

洋書で英語ちんぷんかんぷんなのに(笑)

しかも、200ページ以上あるかなりぶ厚い本だけど、中学生程度の単語だけでなんとか頑張って読もうと思う。


同じ感じで、トミー・ボーリンのも買って、そちらもなんとなく楽しめたんだよ

しっかし、写真だけでもトラピーズ時代のからすげえレア!

てか、最近「PHOENIX RISING」って4期パープルのドキュメンタリーも出たけど、俺みたいな80年代からグレン・ヒューズ、トミー・ボーリン派にとっては何故に今頃!?って感じなんだけど、それでも嬉しい!

何せグレンの「ヒューズ・スロール」アルバムやトラピーズの1stなんか2万円以上のお金出して、しかも探しまくってゲットしていた俺にとっては感慨深いものがある

90年代にグレンが復活するまでは、多分世界一のグレンファンだったと自負しているから!


しっかし、相変わらず日本でのグレン人気がイマイチなのが腹立たしい!

ブラック・カントリー・コミュニオンなんて、あんなにすげえのに日本盤出ないしね!

相変わらず、リッチー信者やイングヴェイ信者の国なんだなあ日本は・・・

まあ、70年代からツェッペリンとパープルが人気を分かちあってた国だから(海外ではツェッペリンはビートルズ以上、パープルはあまり人気なかった)

4期って、トラピーズもトミーのソロもそうだけど、基本的にツェッペリンみたいなファンクロックだから理解されないのかも?

AC/DCが日本で人気ないのも頷ける・・・


まあ、とにかく!

グレン・ヒューズの自伝が出たのは本当に画期的な事なのだ!


日本版なんてとても無理だが、本物のロックファンは是非ゲットだ!

グレンいわく、ロックがロックだったのは74年だとか

コレ、ブルース・リーブームの時期と重なる!

俺がドラゴン見てた時期にグレン・ヒューズはカリフォルニアジャムに出てた訳だ!


これは偶然ではない!

アベックパンチ

全然期待してなかったけど、低予算ながら中々の秀作!

大ファンの武田莉奈ちゃんが出てるってだけで見たんだけどさ

いや、莉奈ちゃん作品って、失礼ながらホントにどれも面白くない・・・

「ハイキックガール」「KG」「女忍」と、主演作が続くんだけど、莉奈ちゃんが出てるってだけで作品的にはいまひとつなんだよなあ・・・

莉奈ちゃんがめちゃくちゃ光る逸材なだけにホント勿体ないんだけど・・・


で、今回は脇役だけど、とりあえずチェック程度のつもりで見てみた!


ところが、ツカミOKなばかりか、どんどん引き込まれる演出で素晴らしかった


ストーリーは、ひょんなことからアベックパンチなる男女が手を繋いだままする格闘技と出会った二人の不良ボンクラが、人間的に成長していく青春ドラマ


残念なのは、やっぱりチャンピオンとの対決までしっかり描いてほしかった

こないだ見た「ボックス! 」って作品は最後までしっかり描いて爽快な感動だったけど、「アベックパンチ」はちょっと中途半端だったかな。
まあ、これはこれでありって気もするけど、シリギレトンボだった

やっぱり予算の都合か?
わざとか?


まあ、それはしかたないとして、莉奈ちゃん、ルー大柴以外は全員無名の役者さん
逆に感情移入出来るかも!?

莉奈ちゃんの爽やかな魅力も生かし切ってるし、風景も綺麗なんで、気になる人は是非です

名古屋観光レポ




ずーっとバンド活動して、全国をツアーしてるけど、ほとんど・・・てか、全く観光出来ないのがツアーバンドの性でもある


京都とか大阪なんか何回行ったかわからないけど、ホント、お寺巡りも行けないばかりか、ご当地グルメなんか夢のまた夢


俺たちが向かうのは薄暗い、タバコと酒にまみれたライブハウスだけだ

ライブハウスは全国どこ行っても、会場の大小あれどほぼ同じ

グルメどころかほとんどがコンビニ弁当で間に合わす

コレ、アメリカツアーでもそうだった


まあ、基本的に俺たちは観光・・・見に行くんじゃなくて、ショーを見せに行く立場だからね
コンビニ弁当でも、食べられればいい方よ

長時間の移動、現地に着いてからのライブハウス探しに、駐車場確保・・・そんな事してる間にもうリハーサル

リハーサルと本番の間の少ない時間を移動で疲れた身体を休める為にどのくらい寝れるか?ってのが戦い

いや、この時間に回復しとかないと、本番に万全な態勢で挑めないから
あと、声が出ないんだよね、ハイトーンが・・・



今回の名古屋も着いたらすぐリハーサル

車で10分ほど寝たら、もう顔合わせ

しかし、今回はどうしても近くの大須観音を見たかったから、ダッシュで・・・15分で観光したよ(笑)


まあ、バンドマンなんてライブで気持ちよくなって、打ち上げでバカ話し出来ればそれでオッケーだからさ(笑)

今回も打ち上げ会場、サイコーだったよ
だって、オプションメニューに、料理の温め直しはともかく、携帯の充電からうちわ(笑)、揚げ句はお店スタッフによるお悩み相談なんてのもあった(笑)

あと、マルシンハンバーグとかのインスタント料理とかもあったり、とにかく楽しいお店だったなあ


で、今回は泊まりだったので次の日はなんとあのコメダコーヒーでモーニング!
ここ、こないだテレビで紹介されててたまたま知ってたんだよ

コーヒーを注文するとトーストとタマゴがついてくるの!
こんだけで大満足!


最近は他県にも出来たらしいんだけど、是非とも福島にも進出して欲しいな~

あと、歩いただけでも、やたらと個人店が多いし、お好み焼きが200円からってありえない金額でしょ?


結局、泊まりと言ってもまたまた長時間移動があるから長居は出来ず、コメダコーヒーしか行けなかったけど、それでも大満足の名古屋ツアーだったな

そろも、ライブの成功あってこそなんだけど・・・
ライブいまいちだったら、ありえないからな


てな訳で!

名古屋に行ったら、ぜひコメダコーヒー!

おいしいよ

忘年会

バンドが本命の俺としては、普段やってる仕事なんて不本意もいいとこだし、金の為だけにやってる


それでも、毎日いろんな人たちと関わるから情はおもいっきりうつるし、ダチだって出来るわな




今日はそんな仕事の忘年会

ライブの打ち上げなんかに比べると、当然つまんないし面白くはない


なんつってもバンドの打ち上げは志しが同じような人間が集まるからして、はじめっから楽しい

しかし、生活の為だけって接点だけで無理矢理一つの箱にぶち込まれた仕事は違う


どっちかって言うと夢なんかはじめっから持ってない、仕事だけで就職した人が多いからして、やっぱり世間的にはとっかズレてる


保守的だし、夢なんかない・・・てか、はじめからわかってたし(笑)



まあ、今日の忘年会も同じ!


まあ、それなりにはよかったけどね(笑)

ZONE

今年8月・・・10年後の8月に赤坂BLITZで行われたZONE再結成のライブDVDが今日、届いた!


当日、(二日間のうち初日)会場に行った俺としては大感動、大号泣必至のDVDでしたよ~



しかも、二日間の模様を各二枚組にして完全収録!


サイコーな夏の思い出が蘇る!

気をよくして、今年いっぱい~・・・いや、これからずーっと活動する!!!・・・の発言もつかの間・・・


その直後に呆気なく体調不良により、ともか脱退・・・引退・・・

ファンにとっちゃ二人だけのZONEなんてどうでもいい・・・てか、認めたくなかったろう


しかし!


二人になってもZONEはZONE!


先日、若手実力すげえストポニとこれまたすげえSCANDALとZEP東京で対バンだったそうだけど、そんな中にいても、やっぱりZONEは別格だったと友達にも言われた



まあ、ファンとしては複雑すぎる大人の事情だが、それでも曲は残る!!



しかも、今回のDVD、なんと2枚組で二日間完全収録!!



ちゃんとしたニーズに答えた商品もまたよい!!(ほろよい)


とにかく!!

ロック原点はZONEにある!!!!


必見す・・・・・・・・・!!!!!!!!!!!!!



名古屋OYS 爆裂レポ!!





いや~、今年2回めの名古屋、さいっこ~に楽しかったYO!!

名古屋っていうと、初めて来た10年前くらいは大変でさ。
友達のバンドにも、「名古屋は鬼門だから、大変ですよ~」と言われてた。

これ、インディーズに関わらず、メジャーのアーティストもそうなんだって!!

俺たちもホントにその通りで、初めての名古屋の時、お客さんは満杯に入っているのに何やっても全然ウケないんだ・・・

なんか、じっと観察されてるというか・・・
もちろん、物販も全然売れず、楽屋で「あ~あ、今日は全然だったな~」なんてがっくりと肩を落としていた・・・

ところが楽屋のドアを開けていざ、帰ろうとしたらお客さんが出待ちしてんのよ!
そして、もう物販、片付けてしまったのに「CD下さい」とか「Tシャツください」とか「サインください」とかスゴイの(笑)

そうか、名古屋の人って感情出すのに時間かかるんだな・・・と思ってた


ところが、今年のロッテちゃんさんのイベントあたりから、全然スゴイの

で、今回は本当にここ、名古屋なの???と思っちゃうくらい名古屋はアツかった!!!

元ガソリンのシュウヘイロックさんも言ってたけど、いい感じになってきたね~
さてレポ!



エビデビビデビー
全員、白いTシャツがトレードマーク(?)なラモーンズ型疾走パンクバンド!!
若さ溢れる青っぽいライヴが楽しかった!!


EYO.EYO.OiC.
東京のバンドらしいんですが、なんかスゴイもの見ちゃいました!!
演奏も曲もめちゃグレードが高く、技巧的にもアクションもめちゃカッコイイ!!
実質、ツインドラムなとこも変だし、ステックのままキーボードまで弾く、キーボードの方とギター、ボーカルのはじけっぷりもまた素晴らしかった!!!


The Blue Beat Bang
大学生のけいおん感ばりばりなブルースパンクバンド!!
ぴよんぴょん飛び跳ねる、どこかぎこちなさを残すボーカルと、やたらとまた歌が上手いギターが印象的!!
クールで熱かった!!


The Dead Leaves
めちゃカッコイイ正統派R&Rトリオ!!
ガッツある歌と演奏、それに楽しすぎるMCがサイコ~なバンド!!
ぶっぱじけてるのに、演奏がやたらといいのが素晴らしかった!!


BLUEⅢ
うちら!!
新セットで挑んだ名古屋ライヴでしたが、1曲めからお客さんはもう、頂点へ・・・!!
なんなんですか?この盛り上がりはあ~!?ってくらいの盛り上がりにこちらのテンションも上がりまくり!!
バンドやっててよかった~って瞬間がここにある!!
いや~、気持ちよかったです!!


ギャラクシアンズ
今回の主催者であり、今夜の主役!!
なんで、名古屋がこんなにアツいのかの謎が解けたよ!!
彼ら、ギャラクシアンズがいたからだ!!
てか、ホントにギャラクシアンズみたいな若くてカッコイイロックバンドが現れたおかげで、ホントに名古屋のロックはスゴイことになった!!
ライヴがまたぶっとび!!
久久に笑いが止まらない素敵なライヴだったな~
楽しかった~


てな訳で今回の名古屋、本当にスペシャルなものになった!!
お客さんの中には、なんと郡山出身のロッカーもいて、まさか名古屋で俺たちを観れるとは思わなかった!!と喜んでいただけたし、もう、お客さんが野郎ばっかのロックばっかでめちゃ素晴らしかった!!


打ち上げではEYO.EYO.OiC. さんや店長のシュヘイロックさんらとアツくアニメ話やらロック話やら最終的に「けいおん!!」~「リンダリンダリンダ」話まで、ギリギリまで語りまくった!!

もうね、これだからバンドは楽しい!!
バンドは辞めらんない(笑)


みなさん、本当にありがとう!!!



名古屋、本当の本当に最高でした~

明日は名古屋プチ敢行レポになるかも!?
















ロックROCK名古屋サイコー

なんかナマクビみたいな写真で申し訳ないですが、無事名古屋から帰って来ました!


詳しい事はまた明日!


とにかく!


ロックバンドにとっちゃ、はっきり言って鬼門の名古屋・・・


ライブやるごとにすんげー事になってる!


今年の5本指に入るサイコーな盛り上がり!


ありがとうとしか言えない!


レポとか詳細はまた明日


とりあえず寝ます

明日は名古屋!

明日は名古屋OYSにてギャラクシアンさんのイベント出演です


明日もロックンロール24時間!


今日は朝から忙しかったけど、おもしれーDVD見つけた!


「BEST OF ROCK DVD」ってチープな題名からは想像出来ないディープな内容!

明日も移動中見よ

さて、俺あ、完全に今、ロックモードだ!


明日、名古屋で会おう!


よろしく

燃える勇者

コレ、リアルタイムで映画館で見てる


当時は「セーラー服と機関銃」だっけかなあ!?
とにかく角川映画の添え物的な感じで見た記憶しかない


が!

今見ると、なんともたまんない面白さ!

てか、これアクション映画として超傑作だよ


とにかくデューク真田のリアルなアクションがすげえ!
当時のジャッキー他香港映画と比較しても十分色褪せない・・・てか、完成度では超えてるんじゃなかろうか?

他のキャスティングも太陽にほえるテキサスに、コータローまかりとおる(笑)、それに多分、これがデビュー作の伊藤かずえがヒロイン!
しかも、なんと当時大人気だったもんた&ブラザーズが暴走族役で出演!
劇中でも、ライブシーンあり!


それに、この映画にはアクション監修にとどまって千葉真一が出演せず、デュークの独り立ち映画となってるのもいい
主題歌もデューク自身歌唱でカッコイイ曲です


しっかし82年かあ。
しかも正月映画!


ストーリィは基本「ドラゴン危機一発」

それに「悪魔の報酬」とかちりばめた感じ


日本にもこんな素晴らしいアクション映画があったんだと再確認!


いや、なかなか楽しめマシタ!です

今年も終わる・・・

今年がもうあと二週間とちょっとで終わりなんてとても信じらんないよ


今年は地震に原発ってのがとにかく大きかったし、3.11の前と後とじゃ、何かが変わったのは言うまでもない

いや、PUNKなHEART持ってる奴だったら、ひょっとしておかしいのは自分なんかじゃなくて、世の中の方なんじゃないか?って薄々気付いていたはずだ。
それが、今回の出来事で確信に変わったというか・・・


世界は正しいところなんかじゃ決してない


小学生ん時に学んだ道徳とやらは国のトップからして守っていないばかりか、世の中は間違っているんだって、日本中のマトモな奴にバレてしまった

平和ボケした奴にはそれでもわかんないんだろう


いつから人間は進むことをやめちまったんだろう?

どうせ何言ったって無駄じゃん?とか言うバカモノもいる


しかし、俺は言いたい!

生きてる上で無駄な事なんてないって事を!


そして、頑張れば頑張るほどちゃんと結果だってそれなりに出るって

もしも、すぐに結果が出ないんだったら、まだまだテメエの頑張りが足りないだけ


いや、今の俺は別に結果なんて出なくたって無駄な抵抗をしたいと思っている



何もしないで、流されて生きるなんて、んなもん本当 に生きてるって言えねえと思うんだよね


バカやるならとことんやって、抵抗するならとことん抵抗してえわ



いつまでも丸くなんてなりたくない!


俺が丸くなった時はロックンロールなんてやめる時だぜ!


その前にとことんやってやる!
とことん抵抗してやる


俺くらいのちっぽけな力じゃ世界は変えられないかもしれないけど、宇宙は変えられるかもしれない!



まだまだ無駄に夢おっかけてますよ~!


今日の俺がblog書いてる部屋の放射線量は写真(笑)

ボランティアで、郡山の除染募集だって!

やりたいな~

郡山のクソガキどもが外でドッジボール出来るようになあ。




ただ、放射線量が多い少ないに関係なく、身体への影響は全然わかんないみたい


福島県のガキどもが5年~10年後にチェルノブイリHEARTにならん事を祈りたいが、そん時は今政治に携わってる奴もいないだろうし、放射線浴び損だわな。


やっぱり福島はノー・フューチャーなのか?

アイ・ラブ・ベイベー・福島なんて、腐った言葉を並べるのもいらいらするが、本当のとこはどうなんだ?

原発廃ろは40年かかるって、俺あその頃死んでるっつーに!


0.77マイクロシーベルト・・・

まだ国の年間量には至ってないけど、がっかりはするよ


放射線舞う部屋で寝泊まりしてんだから(笑)

スタジオでロックしたで

今日はスタジオ!

いよいよ日曜日の名古屋に向けての練習。

今回から新しいセットになるんで超気合い!

今回も意外なカバーあり、久しぶりの曲ありで楽しみ!

前回まではハードロック色が強いセットだったけど、今回からはロックンロール色が俄然強いセットになると思う


まあ、基本的にはまたバカでアホでくっだらない事を命懸けでやるいつものライブになる!

言ってみれば千葉真一の「直撃地獄拳」とか「死亡の塔」の世界にピリリと数分だけ倉田先生とか、ブルース・リーが出る感じ(笑)


みんな次の日曜日12/18は名古屋OYSでバカやろう(笑)

待ってます!

追悼小島くん

君には本当のダチっているか?


俺の人生の中でめちゃくちゃ影響力を持ってるのは、やっぱり親でも兄弟でもなく友達だったと思う

いや、今でも大切な友達はたくさん・・・てか、増え続けるばかりなんだけどね


で、今日紹介する小島くん!
俺が22くらいの頃に知り合った友達だ

ちょうど別の友達の紹介で、当時、バンドやるには時間も欲しい、金も欲しい・・・って事で1番理に叶っていたのが土方のバイトだったんだ

解体屋!

一軒家からビルからハツリから全て!
無茶苦茶肉体労働!

すげえ大変なスーパー3Kな仕事だったけど、金いいし、仕事も夕方には終わるんで、バンドやるにはサイコーな環境だった

この解体屋に関するエピソードもめちゃあるんだけど、今日は小島くんに関してを話したい


で、そこの解体屋、バンドマンも多く、特にハードコアとかパンク系が多かった
そんな中に、一際目立つ出で立ちの小島くんがいた・・・

赤と青に染めた長い髪に、袖なしの革ジャンにエンジニア。


第1印象、絶対に友達になりたくない・・・(笑)


で、誰かに紹介されて「こいつ、ベイビー」「こっちが小島のオッサン」って感じでどっだかの現場で初めて話した

「お前、何やってんの?」
「俺、キャロルとハードロックが好き。あんたは?」
「ハードコアじゃい」・・・と九州なまりで小島くんは話すのだ

で、出で立ちも凄かったが(今でこそ、髪染めてる奴、入れ墨入れてる奴なんて当たり前だが、当時は全くと言っていいほどいなくて、してる奴は相当気合い入ってる奴だった)帰りの電車じゃ、平気でホームから線路飛び降りて、別のホーム行ったり、電車ん中じゃ荷物乗せる棚に寝たりと、めちゃくちゃ(笑)

「小島のオッサンはバンドやってねえの? 」と聞くと「今はやってねえけど、喧嘩強い奴集めて組んでやるんだ 」と意味不明の返答だった(笑)

何故かこの小島くんと同じ現場が多くて、多少うざかったが、毎回、~当時のメジャーバンドの大物、ジュンスカを原宿でぶっ飛ばしたとか、ギターを万引きしたとか、車をかっぱらったとか、シャブをやったとかのワルの武勇伝ばかりを自慢気に話されるのであった・・・


それが後日、全て嘘、ハッタリだったと知る事になるのだが・・・(笑)

小島くんは仕事もフマジメで、遅刻は当たり前、仕事も来たい時に来るって有様で、意外と当時からそのへんはしっかりしてた俺からして見ればただのろくでもあった・・・

そんな小島くんと何故か週末は現場の仲間と呑み・・・てかそのうちほぼ毎日、仕事後に呑みに行くようになった


ある日、社長の知り合いと名乗るいかにもヤバそうなオッサンと呑みが同席する事になり、事件が起きた

いきなり「なんだ、お前のその爪は?」とそいつが小島くんに質問・・・

「あ、コレ、マニキュアだよマニキュア」

なんて事はない会話のやり取りに思えた

するとそのオッサンはいきなり小島くんの髪を掴みだし「なんだ、この野郎」と因縁を付けてきた

で、猛烈に怒った俺はそいつを外に出して、ボコボコにしてやった

安全靴の先でおもいっきり蹴って蹴って殺すくらいの勢いだったよ
だってむかついたんだもん!!!


しかし、そいつをボコボコにしたのはいいが、そいつは社長の知り合い・・・

しかも、某政治団体の構成員だったんだ
まあ、仕事取るにはそういう悪い組織とも仲良くしなきゃならない大人の事情があるのだろう

しかし、それとこれとは話が別だ

悪いのは先に喧嘩を売って来たアイツだ!


しかし、小島くんは一人で責任を被った

泣きながらそいつと社長に土下座して謝ったよ

帰りの電車で俺はめちゃくちゃ小島くんに謝ったが、小島くんにはどうでもよかったらしい

自分の為に喧嘩を買ってくれた俺が嬉しかったんだってさ

その日の帰りに小島くんの家に招かれてさ、身の上話や、大好きなハードコアのバンドのビデオとか俺に見せてくれるんだよ

小島くんは下関出身らしく、一人で上京したらしい

どうせ下手くそだし、プロなんか無理だからハードコアバンドで暴れまくりたいと・・・
二人で夢を語り合ったりしてね

ベイビー、すげえ強いけど、空手か何かやってんのか?とかさ、一晩中語りあったな

実際、奴は喧嘩も弱いし、入れ墨入れる根性ないくせにいつも会うと「ど~れ、スミでも入れんべ」とかほざくし、意外にマジメで万引きもヤクもやった事なかったのだ(笑)

そんな嘘つきで、悪ぶってて、すぐ人を威嚇したがる小島くんだったけど、本当はめちゃくちゃ情に熱くて、涙もろくて、友達思いのいい奴だった

俺がライブやる時は真っ先に駆け付けてくれたり、メンバー見つかった時もすげえ喜んでくれたり、なんと言っても約束は絶対守る男だった!

口先だけでちょっとの約束も守れないような調子いい奴とはエラい違いだった

やっぱり、遠くから上京して一人で頑張ってる奴はこのへんが違うんだね


そんな小島くん、俺が悩みがある時は別にわざとらしくでなく、自分家に呼ぶんだ
そしてまた、ビデオ見せたりレコード聴かせたり、気を遣ってくれる


俺が田舎に帰って、しばらくして新しいバンドを立ち上げて、東京でライブした時も奴は来てくれた!
ちょうどBLUEIII組む前かな?

いや、GIZUも会ってるからBLUEIIIも見てくれたなあ



そんな小島くん、残念ながら亡くなってしまったんだ

ある日の友達の電話

「ベイビー、小島くん亡くなったって」


確か小島くんて俺と同い年。

若すぎるよ

交通事故だった


小島くんの部屋からは、俺の写真もたくさん出て来たらしい・・・


ベイビー、取りにおいでよ・・・とも言われたんだが、俺は行かなかった

信じたくなかったからだ

あいつが死ぬはずがない!


人一倍寂しがりやで、人一倍情にアツイ男

嘘つきで、ハッタリ野郎で、喧嘩弱くて、でもめちゃくちゃ優しくて・・・

小島くんはロックの名にも、ハードコアやパンクの名にも名を残せなかったかも知れないが、俺の心の中には本当に今でも小島くんは生き続けてる!

サイテーでサイコーな奴!!


小島くん、あんたの事は忘れない!


またどっかで呑もう!
そん時は俺の愚痴を聞いてくれるか?(笑)



ROCKOVERJAPAN


今、超話題のアニメ・・・てか、俺もめちゃ大好きな「輪るピングドラム」

斬新な設定、先の読めないストーリー展開、可愛すぎるペンギン(笑)


で、中でも俺らロックファンの耳を引くのが、これまた奇想天外な挿入歌(笑)
何故か何故か?いきなり劇中、「生存戦略~」の掛け声と共にかわいらしく素直な主役の妹、ひばりちゃんが突如女王様キャラに変身!
で、そのバックに流れるのが、80年代、日本の代表的めんたいロックバンド、 ARBの名曲「ROCK OVER JAPAN」のカバーが流れるのだ!
いかにもな、音臭い歌詞なのに爽やかでかわいらしい女の子が歌ってんの(笑)
何故に ARB!?
何故に女の子が石橋凌!?

なんだけど、これが見事にハマっているのだ!

ARBファンは是非とも必見だぞ!



てか、俺のイメージって80年代の日本ロックってないように思われてるが、甘い甘い!

しっかり通ってますよ~めんたいロック!

最近の人はミッシェルガン・エレファントとかの影響もあってかルースターズをリスペクトする動きがあるけど、俺はザ・モッズにARBが超好きだったなあ。

ザ・モッズは高校ん時、テレビで坂上忍主演の「中卒東大一直線」てのがやってて、その主題歌がザ・モッズの「バラッドをお前に」だったの

初武道館とか行ったなあ

あと、昔仙台でロックンロールオリンピックてのやっててさ。

あれは今のフェスとかの走りだったね

そこにAKBとかよく出てたよね


で、 ARB!
とにかく野郎っぽい!

今の腑抜けロックにはありえない硬派な日本男児ロックだった!


残念ながら一度、 ARBは解散してんだよね

石橋凌が松田優作さんの意志を継いで俳優専念するって理由で・・・


で、俳優業も落ち着いた頃にキース以外のメンバーを一新して再結成!

俺、そん時の再結成ライブ行ってんだよね!

今から 14年も前!

なんと第1期BLUEIIIメンバー全員で#9店長の2913の誘いでさ

残念ながら2913は当日、来れなかったんだけど、本当に忘れられない


で、 2011年の今、何故か奇跡か偶然かこの日本屈指の伝説的ロックグループ、ARBの曲が新たな形でまさかの再登場するなんて思ってもみなかった!

やはり話題作の「あの花の名前を僕達はまだ知らない」にZONEの「Secret Base」が絶大な効果をもって復活したけど、今回のARBは衝撃だけとったら、ZONE以上(笑)


アニメもめちゃくちゃヤバイんで激オススメですが・・・てか、郡山じゃやってね~!
やっとDVDレンタルで見れたばっかなんで、出遅れてる~


やっぱりARB!

今こそ再評価!!
めんたいはルースターズだけじゃないぞ!

フジロックで再結成希望!!


今のなよっちい偽ロックはびこるロックもどきJ-POPに投げておくれよ一石を(笑)!!

THEHAVENOT'S

ロックンロールのJ-POP化反対!(笑)


現在、地球史上サイコーなリアルいや、トゥルー・ロックバンドがTHE HAVENOT'Sだと断言しよう!


THE HAVENOT'Sにはロックの全てがある!

THE HAVENOT'Sにはロックの真実がある!



ロックを知れば知るほど、THE HAVENOT'Sの凄さがわかるし、いかに奥深いかが理解るはずだ!

本当にリーダー、マットアオキさんの音楽に対する造詣はとても深く、素晴らしいミュージシャンであると同時に、優れたリスナーでもあるのだ!

だから、THE HAVENOT'Sの音楽には今まで影響を受けたロックの全てがまるで、宝石箱のようにキラキラと詰まっているのだ!

もちろんTHE HAVENOT'Sはパンクだ!
しかし、ただのパンクバンドではない!
THE HAVENOT'Sはラモーンズであり、シンリジィーであり、ベイシティー・ローラーズであり、ブライアン・アダムスであり、Michael Jacksonであり、U2であり、ポリスなクラッシュなのだ(笑)!
いや、全てのロックの最良な部分が詰まっているというか・・・


だから、THE HAVENOT'S初心者リスナーはいきなりロックの全てを知る事になる!


まあ、そんな事はどうでもいいが、とにかくロックが足りない今、THE HAVENOT'Sこそがロックを救うギリギリのとこで踏ん張っている!

年間、何十本もやるライブとツアーに、次々と送り出される素晴らしい楽曲!
しかし、作品のリリースはやたらと少ない(笑)

異常な数のライブをこなしているから、ファンはCDではなく、ライブで曲を覚えて、また次のライブに行くんだよね

まさにライブバンドのお手本!


俺個人としてはマットアオキさんの書く神曲の数々が本当に好き!

インディーズのバンドで何度も繰り返して聞くに耐えるCDって少ないんだけど、THE HAVENOT'Sの楽曲はそこらへんの売れてるメジャーバンドの 1000000倍素晴らしいからね!

あと、俺はマットアオキさんのボーカリストとしての声が好きだね。
特にハイ・トーンでの切羽詰まった感じの高い声がめちゃくちゃ感動する

最近は過酷なツアーをこなす為か、アルバムとは違うアレンジにする為かは知らないんだけど、ボーカルアレンジが違うんだ。これもカッコイイ!

あと、ベースのシミーさんが最近見たらオオバケしたね!
シミーさんのコーラスの声もめちゃ好き!

余計な小細工しないドライブベースの音がまたたまんない!

あと、コータさんのドラムも神懸かってますなあ。
すげえしゃっきっとタイトなんだよね!
これぞ8ビートの見本!


んな訳で、やっと重い腰を上げ、新作レコーディングに取り掛かったみたいですが、粒ぞろいな楽曲がライブでも披露されているんで期待大!

マットアオキさんの曲はどんな曲でも、めちゃ歌が抜けて来るメロディアスな曲なんだよね
特に最近はその傾向が強まっているように感じるけど、ハードな疾走パンクチューン満載な1stでさえ、やっぱり歌は超メロディアスなの!
この辺がその辺にいる凡百のパンクバンドと違うところ!


あとね、頑固なまでに自分のスタイルを突き通すところも本当にカッコイイ!

決してど派手なバカみたいな仕掛けをする事なく、あくまで素晴らしい楽曲を聴かせる!
あるのはジャンプとシャウトのみ!
余計なMCもほとんどない!
コレ、はじめて見てから全然変わってない!
誰に影響される事なく決してブレずに、自分たちのやりたい事だけ突っ走る!


何かとすぐに人に影響されたり、物真似したがる最近の若いバンドとは全く違う!

だから信じられる!
だからカッコイイ!


まだTHE HAVENOT'Sを見てない、聴いてないロックリスナーいたら、ホントに人生無駄にしてるぜ!

ロック好きってぬかしてる奴はTHE HAVENOT'S聴かなきゃモグリだ!


こんなすげえバンドが日本にいると思うだけでありがたいと思え!!!

スタジオ!月食!ロックンロール




今日は朝からスタジオ!

新たなセットによる練習

新しい曲や意外なカバー等趣向凝らした斬新なセットで、録音したテープ聴いてみたら、一回めの練習とは思えないくらいいい出来で・・・(笑)


そのまま遊びに行って、結局帰ったの夜・・・


ブルース・リーのフィギア買うか迷ったり、友達のお土産だけ買ったりと、久しぶりにライブない生活

で、夜にはなんと月食が!

月食てさ、俺が見たのって高校生ん時だったね

当時の写真部の連中の誘いで、友達ん家に泊まってさ
やっぱり、あの夜も今日みたいに寒い夜だったなあ
楽しかったよ


で、今日見た月食も本当に美しかった
月だけでなく、まわりの星もめちゃくちゃ綺麗でさ、ホントに天然プラネタリウムだったな

また10年後とかかな。
こんな綺麗な夜景見てたら、放射能の事なんて忘れちまうよなあ
(足元の芝生はしっかり1マイクロシーベルトありましたが)


てな訳で充実した日だったよ今日も

来週はいよいよ名古屋だ!
やるで!



写真はブルー・スリーのフィギア・・・じゃなくてスタジオのあっし!

それに、売ってたブルース・リーフィギアに月食。


月食は写真に写らないなあ。
まるでブルーハーツ!
写真には写らない~
美しさがあるから~♪

今年最初の雪の華

毎日、日に日に寒くなりますね~

今日は微妙だったけど、俺の住む郡山では雪が降りました


てか、いつの間にかもう2011年も終わりなんだなあ。
今年は地震に始まり、放射能に終わった一年だったけど、後半のライブの盛り返しがハンパなかったから、かなり充実したよ

来年は・・・


やろうやろうとしてて、中々出来なかった事を実践していきたいと思います!



俺個人的に最近パワーを貰った事は、新しい素晴らしいバンドの出会いや、古くからの付き合いのバンドのライブ見たりして、すげえみんな頑張ってるな~、生きてるな~って感じた事かな。


うざったい言葉とかより、自然体で一生懸命・・・だけどさりげなく頑張ってる人たちを見ているとすげえ感動するんだよね。

今年はたくさんの人たちからパワー貰ったから、来年は俺もすげえ燃えて来た。

ヤルゾ!

明日も朝からスタジオでいっ!


一発ロックしてくらあ!

カラテ愚連隊



あのジョン・ウーのなんと初監督作品です!

初監督作品がクンフー映画だったって事に、無茶苦茶喜びを感じますね~

しかも、公開されたのがブルース・リー第1次ドラゴンカラテブーム時だった事も感慨深いです

今やハリウッド「M:I-2」や話題作「レッドクリフ」のジョン・ウーですよ~

俺みたいな映画ファンにはやっぱり挽歌シリーズだけど、このデビュー作、はっきり言って挽歌シリーズより好きです


この映画のテーマは男の友情と、命懸けで闘う特攻隊魂!

美しいです

で、主演のユー・ヤンとラウ・コンがめちゃめちゃカッコイイです

いや、ジョン・ウーの演出が素晴らしいのか、本当に主役の魅力を引き出しています。

ボス役に「帰って来たドラゴン」ボスが、そのまんまの役で出演。

ラストの無敵の用心棒役に、ジャッキー映画でお馴染みの役者さんが出ています(ホー・チョンドーの「ブルース・リー物語」の燃えドラ撮影中に喧嘩売る人)

で、ジャッキーがなんと武術指導!!
しかも、これゴールデンハーベスト作品なんだなあ。
ブーム期公開だった為に、あんまり話題にならなかったのが惜しまれる・・・

それとこの映画 、あのブルース・リャンの傑作「必殺ドラゴン 鉄の爪」同様に本国である香港では当時あまりの残酷描写だった為に上映禁止だった・・・

後で香港でも、残酷描写をカットして編集したバージョンが公開されたそうだが、なんと日本で公開されたバージョンはノーカットだったそう・・・

だから、日本国内公開当時に見た人は本当にラッキーだった訳だ!


それと、やはり「必殺ドラゴン 鉄の爪」と同じく、ラストが相打ちになるのが似ている
ユー・ヤンが着ている白いクンフー服もだけど、風景も本当にそっくりなシーンがあるので、ロケーション場所が同じ可能性も!?

そういや微妙なエロシーンも似てた・・・てか、確か相手役の女優さんは確か同じ!

あと、主人公が手下チームを従えてるとこなんかも似てるかな。



とにかく、雰囲気が「必殺ドラゴン 鉄の爪」と似ているんで是非見比べてみてください

まあ、個人的感想ですが。


とにかく、70年代クンフー映画ファンは必見!

そして、ジョン・ウーファンは見なくちゃ死刑な映画です(笑)

祝!賠償金8万円 祝!稲苗代湖ズ紅白出場!!

ツイッターでもつぶやいたんだけど、俺の住む郡山区域の原発による賠償金額がやっと提示された。

妊婦と18歳未満が 40万円。
それ以外は8万円・・・


吸いたくて放射能吸ってる訳じゃないし、将来に対する不安だってみんなハンパないだろうに・・・
こないだだって、会社から久々にガイガーカウンター借りてきて、俺んちの居間を測定してみたら0.8マイクロシーベルトもあんだよ!!

水ぶきが効果あるっていうから、雑巾で部屋のいたるところを水ぶきしたのに効果ないじゃん!!
しかも、原発って全然まだ放射能出っぱなしみたいだし・・・



あ、ちょっと違う話ししていい?


「チェルノブイリハート」って映画あるんだけどね。

あすこの原発は爆発してから25年・・・

未だに状況は酷くなってく一方らしいんだけど、80キロ圏内の病院の子供たち・・・

健常児が15%~20%なんだってさ

後は水頭症とか成長しない子供とか・・・
タイトルのチェルノブイリハートの意味を知ってるかい?

みんな被曝した親から生まれた子供はみんな心臓に穴があいて生まれて来るんだってさ
チェルノブイリの穴あいた心臓って意味だよ!!


コレ、ホント、福島県だったらどうなるか?

郡山市も福島市も80キロ圏内に余裕で入ってる
これから生まれて来る福島県の子供はほとんどが心臓に穴空いたり、下手すると指がなかったりの可能性ある訳だ



放射能ってさ、目に見えないし、何年も経たないと症状がでないから、忘れちまいがちになる。

テレビでもほとんどやらないし、国もホントの事なんて教えてくれないしさ
放射線量の暫定基準値だって曖昧だしさ


福島県民自身がみんなどうでもよくなってるよ(笑)
見えないし大丈夫じゃね?って・・・


平気で駅伝やるし、女子高生だってマスクしてる女の子なんていないばかりか、雨の日には放射能まみれの雨にずぶ濡れになってても平気!

つまり、地震前と全く同じ生活してんだよ
一部を除き、危機感ないっていうか・・

めんどくさいのと、みんな考えたくないんだよね。



しかし、これでいいのかな?


ただ普通に生活してるだけで、毒まみれになってる!

俺の命の値段は8万円なのか?



1番不毛な争いに、福島県のものを買ってくれないと生活できないって人と、そんな危ないものよこすなって人。

福島県の米、肉、牛乳、魚・・・花火までみんな却下・・・。

でも、はっきしいってこんなん食べたい奴いねーよ!

国の暫定基準値も怪しい米とかミルクとか、いくら安全です~検査してますから~なんて言われても、福島県産のもんなんて、現実的に自分の子供に食べさせたくないだろって!

お互いに敵を間違えてるよ。

受け取ってくれ
要らない

・・・の不毛なやりとりじゃなくて、農家なら売れなくなった米から、生活から全て東電や国に保証させるのが先決だ!

よく、良識ぶったバカが東電前で、デモやってる人たちには食傷気味だ・・・とか言うんだよ・
福島県産のものをどうやって売るかが大事なんだし、金金ばっか言うのはどうなの?とか的外れな事言う奴いるんだ。

ばーか!

こっちは生活かかってんだよ!
農家や漁業やってる人たちはいわばみんな社長だ。
リストラされるより大変なんだぞ!
職を全否定されてんだから!

安全区域にいる奴はふざけんなって感じ!

その米食って10年後に指がない子供生まれなきゃ、目を覚まさねえのか?って感じだよ


俺は東電前でデモやってる人たちを非難してる奴、ふざけんなと思うね。


まあ、舐められてんだよ福島県民は

東北人って我慢強いし、文句も言わない

だから、ここに関係ない東京の電気を供給するだけの原発持って来たんじゃねえのか?


原発が直接ある双葉とか大熊には原発作った条件に金入ったかもしんないけど、郡山とか福島市とか何の恩恵も受けてないのに、被曝損してるだけじゃん。
この先、心臓に穴あく可能性ある子供がいるかも知れない・・・いや、自分たちだってガンとか訳わかんない事で寿命短くなってんのにさ

敵にすべきは東電とか国だろ!!!

テレビで怪しいお米セシウムさん・・・とか書いたバカもいるけど、あいつら現状知らないただのバカなだけよ。
シンナー吸って体に悪いのわからないバカと同じ!
しちゃいけないことだけどさ。

だけど、ここでも焦点はずれてる!!
それ以上、てか本当に悪いのは東電とか国!!


本当の敵はそこ


それとさあ・・・


俺はチヤりティーの名目で活動してる奴らもどうかと思うね!!






アイラブユーベイベー福島とか涙ながらに歌ってんなら・・・

後悔してんなら・・・

そんなに福島が好きなら・・・


ミュージシャンなんてやめて、福島の実家帰って来たら?某バンドのみんな!

昨年から福島県盛り上げる為に頑張ってるみたいだけど、福島は大いに盛り上ってるから大丈夫だよ!

原発って言う悪夢に・・・



はっきし言って、こんな街、金とか余裕があればみんなとっくに逃げたいんじゃないだろうか?
店持ってる人だって、極端な話、1億とかさお金持ってたら、別の土地に移るよ絶対!!

みんなそんなお金ないから、例え放射能怖くても仕方なく福島に住んでる。



俺は昔っから、福島なんて大っ嫌いだったよ!
こんな保守的で閉鎖的で何もないシケた街!


だから、某バンドだって上京して各自バンド組んで楽しくやってんだろ?


今、歌うべきはノー・フューチャー福島だよ!
ファック・ユー東電とかな。

こんな放射能まみれの福島!

いまだに垂れ流しの放射能・・・

こんな街を愛せるかっての!!


みんな生活のために仕方なくすんでる

声高らかに福島が好き~なんてバカいないと思う
こんな街には見切りをつけた方がいいと思っるよ、金ある人は






とにかく!!


チャリティの名目で活動したって、放射能被害ある場所には全く金入らないし、俺の住む郡山他、福島県全域にはわずか8万円、40万円の金しか入らない。

チャリティコンサートとか言っても自分らが怖いのか、郡山の開成山公園でとか福島市ではやってくんなかった・・・



みんなここで例年とおり市主催のイベント、ビール祭りとか駅伝とかはやってんのに(笑

はっきり言おう!
アイラブユー福島じゃないバカ!
ノー・フューチャー福島じゃないのか!?と・・・

目先の自由より、 5~10年後の福島ハートの子供たちを救ってくれ!
猪苗代湖ズ!!

紅白出てCD売れたら、売上金、赤十字じゃなくて直接もってこいよ!!
原発で苦しんでる人たちのために!!

てか、名古屋なんかの放射能ないとこでレコーディングした曲なんて自分の手も汚さないでおかしい

まず、自分の各バンドのCDの売り上げとか自分のこずかいから福島に寄付したら?

自己満足じゃなくて、福島の未来のために!!
そして、ミュージシャンなんて商売やめて福島帰ってきたら?


そんなに福島好きだったら(笑)


そして東電と国!!


最低一人、500万から一千万くらいじゃね?納得金額は


俺の命の値段がが8万円(笑)


ファック!ファック!ファック!



ノーフューチャー福島



パンクパンクパンクだよデストロイ!



今の福島は70年代ロンドンより燃えているぜ!






直撃地獄拳大逆転

恥ずかしながら、これ今日初めて観ました!


てか、全く期待してなかったのに、無茶苦茶面白いす

ソニーチバ、やっぱり天才かと思っちったもん


一作めは見てるんですよ

倉田先生があんまりな殺されかたするやつ(笑)


あれもまあ、楽しかったけど、今回のはあれ以上!


今の映画と比較しても、めちゃテンポいいし、ギャグもナイス!
てか、ジャッキー登場以前にこんなコメディーにも目をつけてた千葉真一先生はやっぱり神だよ!

ちなみに「死亡の塔」のタンロンが天井をつたうシーンまでこの映画の完全パクリでしたよ!

てかチバさん他三バカトリオがとにかく魅力的!

ヒロインの中島ゆたかの美しさもハンパないです!


衝撃(笑劇)なラストもスゴイですが、いい時代だな~



ちなみにこの映画、ドラゴンカラテ映画・・・第1次ブルース・リー世代直球の75年公開でした!

宇都宮ROCK








いや~、ホントに最高すぎました!!初宇都宮!!!

まさかお隣の宇都宮がこんなにもロックな街だったとは想像してなかった!!


ちょい前にキンゴンズってバンドと一緒にやって、彼らがあまりにもかっこよくてさ。
しかも宇都宮出身って聞いて俄然、興味はあったんだけど、まさかこんなにロックな街だったとは・・・!!


で、レポいきます!!



WONDERFULL HAPPENS
なんと!ギターの方が石橋勲バンドのサポートドラマー(現在は正式メンバー)で前に一緒にやったことあるんでうれしかった~

で、ライヴがすごくよかった!!
ロカっぽい感じなんだけど、すごく小気味よくて楽しいの!!
で、ギター・・・すごくうまくてびっくりしました(笑)


俺ら
BLUEIII
ブルー・スリー大会に来てくださっていたお客さん・・・主催のホソカワさんもそうですが、来てくださったり、郡山でのキンゴンズとのライヴのときのお客さんも応援してくださったりして、すごく盛り上がったなあ・・・

初めての土地なのに全然初めての気がしませんでした~


アップル齋藤と愉快なヘラクレス達
宇都宮のバンドさんなんですが、もうハイテンション、ぶっちぎり!!
若さを正しく使うバンド!!
フロントのギターのヘッドがやけに小さくて弦も4本しか張ってなかったり、もう全編ぶっこわせ!!だよ
しかし、意外に泣けるスイートな曲もあったりして可能性は無限大!!


PELOTAN
ロカビリーとメロコアが合体したような不思議なバンド!

それにしてもすげえ演奏力!!
コーラスのいハモリもハンパねえ!!
すばらしかったです!!


THE MIDNIGHT TV PROGRAMS
今日の主役!!
レコ発ツアーです!!
こないだ横浜GIGでもお会いしててっきり横浜のバンドさんかと思いきやお隣横須賀バンドでした!!

前もってCDも聴いていましたが、やっぱり実際ライヴ見ると印象がだいぶ変わりますね!!

全員、黒スーツでR&R全開な4人なんだけど、マージーってより、ロカビリー、50S色強しって感じですね!!!
とにかく音がすごくよい!!
テレキャスターとギルドのツインギターの音を中心に歌もすごくよい!!

いや~いいバンドだ!!


TELEPHONE GiRL SiSTERS
やはり地元宇都宮のバンドさんなんだけど、とにかく曲がすげえよいですね~

それに、
面構えもかっこいいし、楽しかったな~

メインボーカルのハイトーンボーカルと他メンバーとの絶妙な絡みも最高!!




てな訳で急に決まったライヴでしたが、得るものは無限大!!

すばらしい一日でした~

誘ってくれた主催のホソカワさんに、TELEPHONE GiRL SiSTERS、本当にありがとう!!



また是非よろしくお願いします~



宇都宮は餃子の街じゃないぜ!!!


ROCKの街だ~っ!!!!!















明日は宇都宮KENTでライブ!

何回か機会はあったんだけど、今まで行けなかった宇都宮でのライブが明日、いよいよ実現!

はっきし言って超楽しみである!


てな訳で今日は気合い入れる為にレッドツェッペリンの70年のロイヤルアルバートホールでのライブDVDを見ているぞ!

もう、しょっぱなのボンゾの音出しからしてヤバイんだけど、ボンゾもプラントも何とくわえタバコなの!

この余裕、このカッコよさ!


で、冒頭2曲がまたヤバ過ぎ!


「CODA」に入ってた「ウィアー・ゴナ・グルーヴ」と「君から離れられない」なんだけど、「CODA」発売した時の情報では、リハーサルでの音源って事になってるけど大嘘でした(笑)

しっかりライブバージョン!

「ウィアー・ゴナ・グルーヴ」は「CODA」でかなりオーバーダビングなされ、編集もしてあるんだけど、全くいじらない素のバージョンの方がカッコイイ!

神経質なジミーのこと。
スタジオ作品として出すなら、パーフェクトなものを・・・って感じで相当いじったんだろうけど、70年の演奏の方がジミーも華麗なアドリブしてて素晴らしい。
「CODA」のサイケな感じのスペーシーなギターもよいけどね!

あと、「君から離れられない」は頭にちょっとした前奏があるのと、ラストがしっかり終わるようになってるとこが「CODA」と違いますね!


それにしてもこの70年のツェッペリンは本当にスゴイです!

「永遠の詩」のライブ映像しか見た事なかった俺には衝撃ですね
てか、「永遠の詩」見る前にツェッペリンってこのくらい凄かったんだろうなあ?って言う想像と願望を叶えてくれたライブです!

とくにボンゾがスゲー!

人間じゃない!

これぞロックドラム!


てか、かっけ~良すぎるフロント二人を差し置いてボンゾが主役じゃないの?って言いたくなるライブだな~


うまい技巧が優れてるバンドはツェッペリンよりたくさんいると思うけど、このロックが持つダイナズムを究極なまでに形にしたのはツェッペリンみたいなバンドじゃないかなあ?


よく、俺はツェッペリンよりパープル派って思われてますが、パープルは4期だけで、やっぱりツェッペリンですよ

そんなパープル4期もかなりツェッペリンに近いですが・・・


そういえば4期ギタリストの俺が世界一好きなギタリストのトミー・ボーリンが17歳の時に組んだバンド、ゼファーがツェッペリンの前座した時、ジミーがゼファーを気に入って、おかげでレコード契約したっていい話も残っている!



しっかし、最後のエディー・コクランメドレーはサイコーだな!
所詮、ツェッペリンのルーツもロカビリー!


パンクもハードロックもロカビリーもカッコイイ音楽はみんな所詮ロックンロールだって証拠だよ!

ストレイキャッツが「ジーン&エディー」って曲でコクランから何からロックンロールの代表曲フレーズをちりばめてやってんじゃん?

俺も「サマータイムレザー」って曲で、いろんな名曲フレーズをちりばめたんだけど、みんな何曲くらいわかっただろう!?
曲名が「サマータイムレザー」だから、みんなコクランの「サマータイムブルース」からも引用してると勘違いしてる人多いけど、残念でした(笑)

サビのバッキングは「C'MON EVERYBODY」だよん

で、ギターソロ前のツェッペリンはみんなわかるとして、ギターソロのバッキングはゲイリー・ムーアGフォースの「ダンシン」だよん!

後は探してくらさい!


明日は頑張るロック!

スタジオじゃ

ライブ続きだったんで、久しぶりのスタジオ!

新しいセット、新しいアクションで今年最後を締め括りたい。


てか、スタジオ練習なんて大嫌いなんだけど(笑)


俺はライブとかツアーでライブの構成を構築してくタイプ

しかし、勝利くん脱退後は毎回、ジャンプ一つにしても紙に書いて説明したりして全然ロックじゃないライブを展開して来たと思う


でも、ダセエけど、そうしないと過去の BLUEIIIライブの再現が出来なかったから・・・


俺の理想は、その日の気分、場所とかで自然と何も言わないでライブ内容が毎回新鮮で輝きのあるものにすること。


まだまだロックしなきゃいけないよ今は!

新・死亡遊戯7人のカンフー



「G.O.D/死亡的遊戯」の後には、めちゃめちゃ不謹慎極まりないネタですが、ブルース・リー・シャオルン(公開当時の名前!?)ことブルース・リイことホー・チョンドーの「新・死亡遊戯7人のカンフー」

リアルタイムで映画館で観ましたよ~


最近では良識あるブルース・リーマニアから散々なる評価をもらう本作品!

公開当時も、今見直しても、マニアさんの言う通り全く面白くないです(笑)


でも、なーんか思い入れあるんですよこの作品!

やっぱり子供の頃に映画館で見た映画って言うのはどんな作品でも思い入れあると言うか・・・


俺の地元郡山では「恐竜100万年」と「ウエストワールド」の続編の「未来世界」との3本立てでした!


子供ながらに、主演のブルース・リイは全く似てないと感じたし、数年後に公開された本物の「死亡遊戯」と比べると(まあ、こちらもほぼ偽ブルース映画だったのに・・・)ホントに土曜ワイド劇場並の安っぽさに圧倒されました(笑)

内容は日本版DVDも出た事なんで書きません。


が!


日本版でリリースされたDVDはなんとバージョンが違うのです(どうでもいいんでしょうが、俺にはどうでもよくないっ)

日本初公開に流れた英語主題歌、カンディー氏(誰?)が歌う「キング・オブ・カンフー」が流れない!

そのかわり、まるでポール・モーリアみたいなのどかなイージー・リスニングが流れる!

しかも、冒頭に見た事ないどっかの陸上競技場でのシーンが入っている!

まあ、これはこれで貴重(笑)なのだが、できれば日本初公開版を日本版で出して欲しかったです・・・てか希望!

いや、うそうそ!

字幕こそないものの、アメリカ版のDVDではちゃんと「キング・オブ・カンフー」入りの日本初公開版と同じバージョンが見れますから(笑)!

てか、この映画も数年前にリバイバル公開したんだった!


映画館で見たかったな~(うそ)


てな訳で詳細はまたそのうち紹介したい未だに見る俺の癒し作品(笑)!



いや~、ホー・チョンドーが本物「死亡遊戯」に出てたら、多少歴史が変わっていたろうに・・・

タンロンには出会えなかったかも!?


しっかし、ホー・チョンドーにしろ、タンロンにしろ、ブルース・リーになろうとした人はみんな同じ道を辿ってるかも?

あ!俺もだよ(笑)


失礼いたしました!

今、明かすG.O.Dの真実!


はっきり言っちゃおう!

「BRUCE LEE in G.O.D/死亡的遊戯」は世紀の大駄作だと(笑)


いや、ホント、映画としての出来は最低、最悪、出来が悪過ぎてカルト映画としての価値もないのだ!

映画としての完成度だったら、あの「死亡の塔」の方が全然上だとも思う!

しかし、俺は断然、この「BRUCE LEE in G.O.D/死亡的遊戯」を支持したいっ!

と、言いつつ今日はダメな部分の検証と、今頃明かされるどうでもいい真実を書き尽くしたい。



まず、何がダメってまず題名が長すぎる!
名作、名画に長すぎる題名ナシ!

GAME OF DEATHを略してGODとしたアイデアはサイコー過ぎたが、それだったら「ブルース・リー G.O.D」とか「ブルース・リー第6弾 死亡的遊戯」だったら何かと厳しい第1世代ファンでも納得だったんじゃないだろうか?
しかも、ブルース・リーの字体も昔の東宝東和の字で!


それと、前半のドラマはもう少し何とかなんなかったのか?

普通に生い立ちからブルース・リー物語をダイジェストに見せてくれないと、初めて映画見た人、意味わかんないよ!

で、いきなり最後に死亡遊戯の未発表映像でしょ?

初めて見た人、デビット・リーとブルース・リーが同じ人物だって理解出来なかったんじゃない?

これ、ホントに映画として成立してないよ!
しかも、デビット・リー他、どこの香港Vシネ俳優連れて来たんだか知らないけど、みんな演技下手(笑)

とくにあの綾瀬はるかみたいな姉ちゃんのクサイ演技にドンビキした人多いはず!
てか、デビット・リーって名前で思い出したけど、デビット・リーってあのブルース・リイことホー・チョンドー主演作「ブルース・リーを探せ」のホー・チョンドーの役名と同じじゃねえかよ(笑)

日本ではあれほどソックリさんブルース・リー映画が当たらなかったのを、監督は理解らなかったのか?

あれだけ香港や台湾で作られた偽物ブルース・リー映画が日本では「新・死亡遊戯七人のカンフー」と「ブルース・リーを探せ」だけだった事を!

94年のジェイソン・スコット・リーの「ドラゴン ブルース・リーストーリー」が不発だったのも、とにかく日本ではソックリさんが毛嫌いされているのだ!
(俺みたいな一部マニアを除き・・・)


で、前半部分だけでもダメダメなのに、せっかくのブルース・リー自身による未発表フッテージの編集の酷さ!


ある雑誌ではブルース・リーをより長い時間見せたかった為と言い訳しているが、アレ、学生の8ミリ映画以下です!

だいたい格闘映画って・・・てか、ブルース・リーの映画ってスピード感が命なのに、あんな間延びした闘いかたする奴なんているかって(笑)

だって、ダニー・イノサントが倒れて起き上がるまでの数秒感をただブルース・リーが待ってるなんてありえないっしょ?(笑)

それと、ブルース・リーの声の吹き替え!

これはアメリカ版の「ウォリアーズ・ジャーニー」のジョン・リトルの物真似吹き替え(燃えドラ説法シーンも!)が超うざかったが、なんと「G.O.D」はあの未発表フッテージを発見した張本人(ハンじゃない)ベイ・ローガン!

いや、声優さんとしては割と無難な仕事してたけど、悪かったのが前情報!

格闘Kマガジンの2000年9月号の「ブルース・リー魂の君臨」なる「G.O.D」製作の大特集で、プロデューサーの竹田直樹氏はブルース・リーの声を本人の音声データを基に再現すると豪語していた!

だからてっきり俺たちファンは「燃えドラ」や「ロングストリート」でのあの特徴あるブルース・リーの声が聞けると楽しみにしていた・・・
しかし、劇場で聞いた声は似ても似つかない声・・・

それに、他のジャバーや池、イノサントの声は本人に調整すると言ってたのに、これも叶わなかった・・・

これも、棒読みながら池本人がアテた「ウォリアーズ・ジャーニー」に軍配が上がってしまった!


では何故俺が「G.O.D」を支持するかって言うと、映画館で俺たちがよく知るあのブルース・リーに再会出来たって言う感動もあったけど「ウォリアーズ・ジャーニー」に比べて音楽を含めて画質も素晴らしいし、やっぱりエンディングのNGシーンね!

「ウォリアーズ・ジャーニー」はラストのターキー氏のコメント後に続く暗~い音楽で「ああ、もうこれで本当にブルース・リーとはお別れなんだな」って言う切ない気持ちと絶望感でいっぱいになったけど、「G.O.D」は躍動する音楽とブルース・リーの明る茶目っ気たっぷりのNGシーンで、個人的には「ブルース・リーの神話」以上の感動だったもん!

ああ、まだまだ俺、これから頑張れる!ありがとうブルース・リーって感じでさ。

で、こっからはこのカッコイイ音楽と音声を担当したレインボー師父こと遠藤さんの証言から!


流石のレインボー師父も、あのフッテージに音入れてくれって言われた時はびっくりしたそう・・・

だってあんな間延びした編集ありえないし!

だから、早くちゃんとした完成編集版をよこせと、配給元のアートポートに迫ったんだって!

ところが、この学生映画にも劣る編集が完成版だと言う・・・


仕方なく効果音の音入れを始めた

ちなみにデビット・リーがとんぼ返りするとこの怪鳥音は竹田氏だか監督大串氏だかが、「ぜひ、ブルース・リーの声やらせてくれ」との事で、どっちかの声です(いいのか、こんないい加減で笑)

あと、ブルース・リーがチェン・ユアンにヌンチャク持って来いと、指をパッチンする音!
あれはレインボー師父自身の指の音だそうです(笑)

で、肝心の怪鳥音!

レインボー師父がアートポートを通じ、香港から持って来させた音!

なんとそれはあの忌まわしいクリス・ケントの声だったんだって!


流石にこれにはレインボー師父も大激怒!

ところがない!

バックに音入ってない怪鳥音が・・・

しかし!

ここでのレインボー師父の気転の効かせかたがハンパなかった!

怒りから、燃えドラまで、全てのブルース・リー本人の怪鳥音を使用してアテるには!?


そ~なんですよ!

今日のblogでの最大のサプライズ!

あの「G.O.D」での怪鳥音はなんと広東版「ドラゴン危機一発の怪鳥音を使っているのです!

なんと熱烈な第1次ブルース・リー世代に忌み嫌れた怪鳥音入りの広東版(ポニー版(笑)「危機一発」が「G.O.D」を救ったと!

いや~、なかなか興味深い苦労話でしょう!

それと、「G.O.D」公開時に映画館の売店で見つけ即買いしたマイク・レメディオス「死亡遊戯」なるCD!
これも後から知ったんだけど、レインボー師父の功績なんだけど、70 年代、初公開日本版では、広東版の「危機一発」「怒りの鉄拳」「ドラゴンへの道」(これはインスト)を謎の歌手、マイク・レメディオスに歌わせた英語主題歌を日本用に作って日本公開版に使用していた。

あれを現代に復活させてしまった訳!
なんとマイク・レメディオス本人をわざわざ探しだし、唯一、ジヨン・バリーインストで日本公開した代わりに、当時と同じく広東版「死亡遊戯」に北京版「死亡遊戯」をマイクに英語で歌わせたCDだったのだ!
(その後、マイク来日ライブを行いノラ・ミヤオまで呼んでイベント組んだのもレインボー師父の功績)

もう、あのマイクの声が流れた瞬間に大号泣した第1世代ファンも多かったでしょう!
だってこれ、TAMレコードならぬTAMCDだよ!

しかも、当初、このマイクバージョンを「G.O.D」に使用する計画もあったと言う!

残念ながらそれは叶わなかったが、おかげで俺たちはレインボー師父作曲による「BRUCE LEE THENE」なる神曲が誕生した!

この公開時期、「G.O.D」サントラはアルバムとマキシシングルがリリースされたが、エンディングで流れるバージョンはアルバム収録バージョン!

残念ながら二枚とも、入手困難になっているが、見つけたら即ゲットっす!


そして!

ファン・・・てか、ブルース・リーを心底愛し、頑張っていれば「ウォリアーズ・ジャーニー」の1000000倍はスゴイ、マニア界の大御所のあの方が作った、ブルース・リーが本当に作りたかったであろう「死亡遊戯」に1番近いバージョンに巡り会う事が出来るだろう!

既にファンのほとんどが見ているとは思うんだけど、アートポートさんがはじめっからこれ公開してくれたら日本は世界一のブルース・リー大国になっていただろうに・・・

世界で1番のマニアが集まる日本なのに本当に勿体ない話だが、本当に見たマニアなら大満足、納得な出来です!

しかも、もともとの「G.O.D」のテーマバージョンとマイク・レメディオス主題歌バージョンの二つがあります!


見てないファンには頑張って見て欲しい!

あ、俺んとこには問い合わせないで下さいね(笑)!


さて!いかがでしたか!?
まあ、たいした真実なかったかも知れませんが、最近ブルース・リーが足りないんで。

やっぱり世界はブルース・リー!!!!




プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する