BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
あの花最終回!

東京じゃとーっくに終わってる今年最高の話題作アニメ「あの花の名前を僕達はまだ知らない」

あっしの地元郡山では放送すらされていないのです・・・

てか、東京では深夜たくさんの良質なアニメが連続で放送されていると言うんだからうらやましい限り!


まあ、んな事も言ってらんないんで、レンタルで頑張って借りて見て来た!


で、最終回の巻!

やっぱり中々借りられなくて、今日やっと借りれた!


ストーリーはニート生活を送るハリー・・・いや、主人公のジンタの家に子供の頃に亡くなった友達の女の子、めんまが幽霊となって住み着く。

ジンタはめんま他のメンバーと子供の頃、超平和バスターズと言うグループを結成していたが、ある事情によって起こっためんまの死により、それまで仲よしだった超平和バスターズがぎくしゃくし始める。

どうやらジンタがニートになったのも、他メンバーが心にトラウマを持ったまま大人になってしまったのも、どうやらめんまが死んだ事に関係している!?って感じで進む・・・



で、本日最終回!
見たよ~


スーパー号泣っすよもう!

てか、ホントに日本のアニメはレベル高いよね~


下手なドラマや映画見るよりずっと面白いよ!


ちょっと感動し過ぎたなあ最終回!


もう、泣くしかないってくらい途中から大号泣!

で、またZONEの代表曲である「Secret Base」のめんま他声優さんによるカバーがまた物凄い効果的なんだなあ。

時代変われど、名曲は変わらず!

俺はサイコーなカバーバージョンだと思います

てか、まだ見てない人、はじめの方こそ、めんまちゃんのテンションの高さに引くけど、徐々に盛り上がってく展開には引き込まれる事間違いなし!

で、もう最終回!
ヤバイです


でも、心配なのがまた安易に実写化とかにしないで欲しいってこと!
「君に届け」とか・・・
俺の中ではナシです!

ヘンリーヘンリーズ

ヘンリーヘンリーズ!!


この人たち、俺の中ではオレスカバンド以来の衝撃!

オレスカで、若いバンドでもすげえのがいるんだって免疫は出来ていたけど、ヘンリーヘンリーズは若いだけじゃないっ!
彼らは本物中の本物ですよ!

今年、2月くらいにご一緒させていただきましたが、ライブでの衝撃がハンパなくてさ、ライブの様子が未だに忘れられない!

はじめてのヘンリーヘンリーズのライブ、ギターウルフの UGくんと一緒だったんだよ。
はじめて会うボーカルのみなとくんが何処にいるのかわからなかったんでUGくんに、「どれがみなとくん?」って聞いたら「ちっちゃいから出て来たらすぐわかるよ」と教えてくれた。


で、始まったライブ!

みなとくんは・・・


デカかった!!

いや、小さな巨人と言うべきか・・・!?


出て来た瞬間、すげえすげえオーラ!

てか、バンドが奏でる音のうねりが凄くてさ!

タムタムくんの叩くドラムは現代的なソリッドさとは無縁!
ドカドカダカダカ、手数の多い、60年代風スタイルで純くんのベースも、まるでモータウン!
ぶりぶりファンキーにうねるうねる!

大夢くんとみなとくんのツインギターはまるで大地を揺るがすようなおおらかさでぶっとい音!

てかバンドの音だけで、めちゃめちゃヤバイの!


しかし、そこに乗っかるみなとくんの歌がすんげーんだ!

世の中にうまいボーカリストはいるけれど、すんげーボーカリストは少ない!


カラオケとかが今や若者の娯楽となった現代では、うまく歌唄う奴なんて溢れるくらいいる。


しかし、人に訴えかけるような歌を唄う奴はやっぱり限られていると思うんだ。





・・・で、どうしてもみなとくんの歌声が忘れられなくて、今頃なんだけど彼らのアルバム「ヘンリーズ革命、後の」聴いた!

一曲めから「オーッ!ライブでやった曲だあ!」と大感激。

てか、改めて聴くとめちゃ古臭い音だな~
俺ら世代にはこれぞロックなんだけど、よくこんな音出せるなあ~って感じ(笑)

でも、今の人には逆にめちゃ新鮮で新しい音楽に聴こえるだろう。


で、サウンドは本当にマニアックなまでにロックの音を出しているのに、曲はめちゃめちゃキャッチーでカッコイイ!

そして、歌詞がイイッ!

まさか、こんな若いバンドさんから元気貰えるとは思ってもみなかったよ!
パワー貰えるわあ!


しかし、やっぱりすげえのが、みなとくんの歌!

馬鹿でかいサウンドの中で、歌が突き抜けて来るんだ!

これはライブの時にも感じたけど、こういうのをソウルフルな歌と言うのだよ!
まさしく本物!!

それに本当にライブでの立ち振る舞いからアクションから、めちゃめちゃ出まくってるオーラがハンパない!


ロック高齢化が騒がれる中(笑)彼らのような新たなスターが出て来るのはめちゃめちゃ歓迎したいっ!


ロックの未来はヘンリーヘンリーズにかかっていると言っていい!

とにかく必聴!

ライブで堪能!




絶対、必見!!!

ブルース・リー誕生日!

今日はブルース・リーの誕生日ですよ~


六本木行った人も、家で彼のDVD見てる人も、ジークンドー練習してる人も、トラックスーツ洗って干してる人も、今日はみんなで祝いましょう!


俺は家で「G.O.D/死亡的遊戯」見てます

どれか一本、今日見るとしたらこれかなあ・・・


出来は最低ですが、目下、最新作だし(笑)

いや、これ公開されたのも既に10年前になりますが、このDVD全盛の時代にあって俺は映画館に二回行ったもん!

ホント、そこには俺が知っているブルース・リーがいたから!

なんか70年代に戻った気分だったよね!

列んで「ドラゴンへの道」とか見に行った日を思い出す・・・


ありがとうブルース・リー!

お誕生日、おめでとうございます!

明日はブルース・リー誕生日



明日はブルース・リーの誕生日ですね!


六本木のシネアートでは本日よりブルース・リー映画が随時公開で、実は明日あたりいこうかと目論んでいたのですが、先週までのライブスケジュールが忙しかったので断念・・・

だって、ツアー車のオイル交換もしてないばかりか、タイヤ交換もしてなかったから・・・。

来週からも宇都宮とか名古屋にも行くし、毎回同じセットリストでは飽きてしまうから、新しいアイデアを練り直したり・・・あと二ヶ月もほったらかしにしてた部屋の片付けがしたい!

来週も日曜日に宇都宮あるんだけど、土曜日に行ければ行きたい!


それにしても明日は「ドラゴンへの道」「燃えよドラゴン」って言う好カードなんだよなあ・・・
来週土曜日は土曜日で「危機一発」「怒りの鉄拳」のリターン・オブ・ザ・ドラゴンでナイスですが・・・。


で、今日は仕方なく家で「ブルース・リーの生と死」「死亡の塔」と言う、六本木でやらないのを見てます。

「ブルース・リーの生と死」はリーの死亡直後に作った作品で、70年代当時は日本で未公開だった

それが90年代のあのリバイバルブーム時に突如公開!
たいしたことない作品だろう・・・のファンの予想を裏切り、「死亡遊戯」の未公開シーンや、「燃えよドラゴン」のハンの拷問博物館での貴重なトレーニング映像、それにTAMのシングルレコード「マイ・ウェイ・オブ・カンフー」に収録されていた元ネタとなった幻の企画「遥かなる道」のイメージシーン等、激レアな映像に驚愕した!

それにブルース・リーの葬儀の映像も、たくさんのドキュメンタリーで見られるけど、時間の流さではこの作品が圧倒的!
葬儀に参加した当時の香港の大物の姿見れるだけでも感動的!



で、やっぱり「死亡の塔」(笑)

ファンの間では未だにブルース・リー作品と認めてもらえず、今回の六本木でも当たり前のようにプログラムから外されています。

しかし、俺的にこれほどブルース・リーを感じさせる映画もないと思うのです!

だってブルース・リーが全くといいほど出ていないのですよ(笑)
「死亡遊戯」はリー自身のアクションシーンがあったからまだよかったけど、この作品にはそれすらない。
あるのはリーの代役と弟役を演じたタンロンのアクションのみ!

しかし、そこがスゴイでしょ?
ブルース・リーが出ていないのに、ブルース・リー映画を一本作ってしまった当時の勢いと気合い!

もちろん、かなり困難だったようですが、ホー・チョンドー、ブルース・リ、ドラゴン・リー等の数あるバッタモン偽ブルース・リー映画の中では断トツの作品でしょう(笑)

見る度に資料的価値、ツッコミどころ満載ですが、今回も前から気になってた事を・・・


まあ、いろいろありますが、あの偽の銀座だか、歌舞伎町(このスタジオセットのいい加減さも堪りませんが)で、車に追い掛けられるブルース・・・いやタンロン!

今日見てるブルーレイでは流石にカットされてたけど、追い掛けられてる間もずっと怪鳥音を「あたっ あたっ うぁぁぁああおうおお~っ」て叫びまくってたのがバカでサイコー(笑)

あと、75年だかにサモ・ハンが監督したという香港版「死亡遊戯」からの流用である温室でのシーン。

やたらとカサノバ・ウォンの方が実力が上だったからか、蹴られまくるタンロンが痛々しいのは置いといて、花瓶を持ち上げるシーンは何だったのだろう?

カサノバまで、顔狙えばいいものを、まるでテコンドー教則ビデオみたいに綺麗に花瓶を蹴ってくれるのは何か意図が・・・!?

残念ながら、タンロンも今年亡くなってしまい、真相は闇へ・・・!?
いやいや、カサノバ・ウォンを探しましょ!


てな訳でブルース・リー誕生日には多少、不適切な話しだったかとも思いますが、ヘンなフイルムを無断で使用した訳ではありませんのでご了承願います(笑)

secretbase~君がくれたもの~





今、福島じゃ井上真央ちゃんの「キッズウォー3」やってんだよね~


このドラマが放送されたのって、今から10年前・・・
何故か俺、リアルタイムでこれ見てたんだよ

放送時間が「王様のブランチ」と交換されるまで見てたなあ。

真央ちゃん演じる茜が男前で情があってカッコよかった!

だから、井上真央ちゃんって言うと、男前で乱暴なイメージあったから、「花より男子」で再び現れた時はびっくりしたなあ。

いや、あの茜ちゃんが大きくなったんだなあ・・・なんて。
しかも今、「おひさま」でしょ?
まさかこんなに綺麗になるとは思わなかった!

そして「キッズウォー3」と言えばやっぱり主題歌!
それまでの「キッズウォー」「キッズウォー2」ではイマイチ三流昼ドラ主題歌みたいで垢抜けなかったが、3に来て新人のグループ、ZONEが主題歌を担当!

結果その主題歌「secretbase」は空前の売上を記録し、ZONEの代名詞ともなってしまった!

そして、この曲の歌詞、「10年後の8月 また出会えるのを信じて」のとおり、ZONEもこの曲がリリースされた10年後の今年8月に奇跡の再結成!

もち!

ZONEファンの俺も行きましたよ~!
詳しくはこのblogの8月のZONE再結成ライブレポを読んでね!


それに今年は話題のアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」の主題歌に出演の声優さんによるカバーの「secret base」が使用!
これがもう、感動的に物語を盛り上げる!

俺もこのアニメの大ファンなんだけど、秩父を舞台に繰り広げられる物語は本当に今年の目玉アニメ!

渋谷PARCOでも「あの花展」と題され、ドラマ中の秘密基地を再現するなど大盛り上がり!

やはり夏には町起こしも兼ね、ZONEが秩父でのフェスに出る等、まだまだ盛り上がりそう。
先日、俺の友達も秩父に行っそうだけど、駅ですぐ「あの花」マップが渡され、ロケ地に行けると言う・・・
俺も生きたいっ秩父(笑)


で、本家「キッズウォー3」

今見ても、めちゃくちゃ面白い!

まあ、マンネリ感もあるんだけど、懐かしさも手伝って超面白いよ!

それに、ZONEファンにも堪らない、劇中でいろんなバージョンの「secret base」が流れるから、その度に涙が流れるんだよな~


いや、奇跡か偶然か「キッズウォー3」まで観れたし、今年はまさにsecret base、そしてZONEの年だったよ!

写真は「secret base」のジャケに「キッズウォー3」「あの花」
それから今年8月のZONEの再結成コンサート、赤坂BLITZに贈られた花輪!


いつまでも10年前を懐かしんでばかりもいられない。
これからの10年後に、みんなと出会えると信じて・・・

刑事ヨロシク






最近、俺とイワタ・リーの間でブームなのがこれ!

「ビートたけしの刑事ヨロシク」

今や巨匠と言われるビートたけしの若かりし日に出演した刑事ドラマだか、これがヤバイ!


このドラマが放送されていた80年代・・・てか、82年!

まだ時代はバブル期までもいってない、高度経済成長・・・って感じでもない、中途半端な時期!

まあ、よく言えばのどかな時代でしたね~


リアルタイムで見ていて、当時は楽しんで見ていたんだけど、今見るとホントにスゲーね!


こんなにアナーキーでパンクでロックンロールでカルトなドラマもないです!

もちろん、時代柄、ツッコミどころも満載!



あってないような台本

たけし他、出演者はみんなセリフは噛みまくっていたり、間違えて二回言ったりは当たり前(笑)

それが平然とオッケーテイクになっています。


ストーリーもあってないようなもの!

セリフも、ほとんどがアドリブで展開していくのでストーリーも、ホントにその場で思い付いたような感じ・・・


しかし、それがたまらなくよいのだ!

今のドラマみたいに何とか視聴率を稼ぐ為に、展開を面白くしようとか、そんなもんは一切なし!

当時人気が出始めたたけしを主役に持ってきて、好きな事やっちゃえ的なノリ!

しかし、それがかえって80年代って言う時代性をリアルに現していて、今見ると貴重な資料的価値もあって、あの時代を知りたい人にとっても絶好のアイテム!

特に話のメインキャラである、虚無僧の面々が着る革ジャンや、女の子のファッション等、80年代ファンにはたまらないはず!


それにリアルタイムファンには堪らないスター、ミッキーの存在感が素晴らしいっす!

他にも、若き日の戸川純の可憐さや、岸本加世子らの姿が懐かしい!


それと、ロックンロール的にも秋野暢子が経営し安岡力也アニイが用心棒を勤め虚無僧がタムロするママリンゴがサイコー(笑)

この店に飾ってあるポスターとかもヤンハマーとかジミー・ペイジとかめちゃくちゃだが、かかってるBGMは本物!
キャロルの「ラストチャンス」とかマニアックで楽しい選曲なのだ!
まあ、それよりもなによりも主題歌「ライオンは起きている」がサイコー!

この曲、ジム・キャリーの「エースにおまかせ」とかでもお馴染みなんだけど、文句なしにこの主題歌バージョンがサイコー!



まあ、ホントにくっだらないドタバタドラマなんで、良識ある大人にはオススメできないが、ロックな人、馬鹿やりたい人には超オススメです!


もう、中身なんて何もない!
からっぽでその場しのぎ・・・
アクションシーンでは緊張感あるBGMどころか毎回のどかな音楽が流れる・・・

この感じ・・・

リアルタイムで見てた人には文句なしですが、まあレンタルビデオ屋で見かけたら、見てみて下さい(笑)

THEHAVENOT'Sサイコー!




ずーっと具合悪くて、しかもビンボー暇ナシ!

久々にライブも入ってないしで、今日は昼まで寝てしまった。

で、起きたらまためちゃくちゃ具合悪いの。

熱計ったら、けっこうあるし、また寝込んでしまった・・・


はじめインドア決定したものの、今日は休みだぜ~

人生短いんだから、楽しまなきゃ!



てな訳で、福島に大好きなTHE HAVENOT'Sが来るので行って来たで!

で、で、やっぱり行ってよかった!

やっぱサイコー過ぎ!
サイコーだぜハブノッツ!


今回は曲の順番が意外な感じで面白かったし、現在レコーディング中と言う新曲がまた新鮮さを通り越してサイコーだった!

なんかマット師匠の趣味丸出しと言うか・・・(笑)
「イッライラするぜ♪」

たまんね~ッ!

で、コータのドラムは年を追うごと鋭くなっていくね。

そしてシミーはめちゃくちゃカッコよかった!
プレベの硬質な音も素晴らしかったし、コーラスもサイコー!


いや~、楽しかった!


今日は他バンドも俺の昔からの親友であるNUMBERS HIGHが凄かった!

なんか突き抜けたと言うか、ちょっとヤバイカッコよさだったなあ。

新しい曲も、古い曲も超超超カッコよかった!

ながっちょボスのドラムの音だけで、心臓ぶち抜かれたなあ。

最後の方には涙出たよ、感動して・・・

長くやってるバンドには特別なものがあるよね。


そしてプライベーツ!

残念ながら最後まで見れなかったですが、やっぱり別格!
出す音が違うんだよな~

ノブさんのギター、スゴイ形でした(笑)


てな訳で、更に熱は上昇中ですが、やっぱりロックンロールはサイコーだ!


寝るで(笑)!

ブルース・リー生誕祭

いよいよ今週末から六本木シネアートにて開催されますね~

ブルース・リー生誕祭
ETERNAL LEGEND

11/26~12/8まで、11/27の誕生日に合わせ代表作5作品が放映されるようです!
残念ながら「燃えよドラゴン」以外はデジタル上映でフォーチューンスター版らしいので、当然初公開版ではないです。
ファンが求めているのは画質のよさではなく、初めてブルース・リーに出会った時の雰囲気でしょう。

「死亡遊戯」東宝東和版(初公開版)は既に発見され、劇場公開までしているんだから、「死亡遊戯」くらいは東和版にしてほしかったです。

それに「燃えよドラゴン」のみプリント版とは言え、こちらもディレクターズカット版(とは言え公開当時、既に監督亡くなってたから、どこがディレクターズカット版なんだか!?)ではなく、ノーマル版にして欲しかった気も・・・


まあ、そんな愚痴はさておき、ブルース・リー映画が一気に劇場の大スクリーンで見れるのは本当に画期的出来事なので、新たな発見や感動も間違いなくある!
いくらテレビの液晶画面がでかくなって来たとは言え、劇場には敵わないですから!

それにやっぱりブルース・リーは映画館で見るモノと俺は思うのです。


ブルース・リー自身もグリーンホーネット出演時、いつか映画館の大スクリーンで暴れまくってみたいと語っていたのですから!!


詳細はここをクリック
THENINGLERS/OVERVOLTAGE

はっきし言って今年最大のサプライズ!

仙台が・・・てか、日本が誇るサイコーなロックンロールバンド、THE NINGLERSのニューアルバムがカッコ良すぎるのだ!

彼らとの出会いは、もう10年くらい前になるのだろうか?

あの頃から奴らが弾き出す音はカッコよかったよ

忘れ去られたバッドボーイズロックンロールを迷う事なくやっていた。

何にも媚びず、自分を信じて頑張っていたね。


ベースのヨウジロウさんがある日の打ち上げかなんかでこうボヤいた事がある
「ベイビーさん、俺らみたいな音楽が受け入れられる時が来るんすかね?」と。
で、俺は「間違いなく来るよ!またバッドボーイズロックンロールの時代が!」と、その日の素晴らしいライブを見て確信したのもあって言ってやったのさ!
ニングラーズの時代が来るとね(笑)

あの頃、トリオ編成であの頃のニングラーズもカッコよかった!
なんか人に媚び売ったり、流行りの音楽に染まったり、受けを狙ったりもしない、本当に自分たちが好きなAC/DCとかハノイとかモトリーみたいなバンドを自分たち流に消化してやっていた!
てか、今の若いバンドにしたら、マニアック・・・になるんだろうけど、これが王道だとリアルタイムに経験してるニングラーズや俺にとってはこれぞロックとしか言いようがないのだ!

そして、ホントに久しぶりに共演した横浜でのハブノッツイベント!


この日はマット青木師匠のはからいにより、東北バンドばかり集めたイベントで、ニングラーズほか、大好きな青森の大御所、CAPTAIN13や、ファック・トゥー・ザ・フューチャーをそれこそフューチャーしたイベントだった!

そこで俺はただのカッコイイバンドから超絶スーパーカッコイイバンドに変身したニングラーズを目撃する事となる!


いつの間にか新しいドラマーと、もう一人のギタリストを補充してのカルテット編成になっていたが、もうカッコ良すぎてたまんなかった!

もう一人のギタリストも前にバーブってバンドにいた知り合いだったのが嬉しかったけど、ツインギターになった事で、ますます迷う事なきタイトで硬質な音に磨きがかかっていた!



で、ニューアルバム!


もうね、間違いなく今年のベスト!

てか、神アルバムですよ!

無茶苦茶カッコイイ!

カッコイイとしか言いようがない!


ドラムはフィル・ラッドに成り切ってるし、ニューギタリストはアンガスの魂が乗り移ったようなペンタトニックブルースギターしか弾きませんオーラ!

ヨウジロウさんは唯一、ニッキー・シックス的オーラ(笑)でめちゃくちゃカッコイイし、ボーカル&ギターのゼツさんはやっぱりシンプルでストレート!
ロックは野郎のものだってめちゃ主張!

で、ニングラーズ、何が良いってまた、歌詞が素晴らしいッ!
ナヨっちくてちっけえ最近流行りの青少年の主張なんて一切なし!
まるで、俺がはじめてディープパープルの歌詞を聞いた時と同じすかっと爽やかさ!

とにかく絶対聴いて欲しい今年の最重要ロックアルバム!

そして、ライブ観なきゃ!

これぞ日本ハードロックの復権!

女々しいロック、気取ったロック、媚び売りロックはもう、要りません!

ロックが好きと名乗る人なら絶対必聴!


個人的にAC/DCのニューアルバム「BLACKICE」より名盤!

これぞロック!
これがロック!!

サイケデリック市川



昨日は今年のBLUEIII、東京ライブラストでしたあ!

ちょっとヘビースケジュールだったけど、ニャンとかやり遂げられて感無量!


今回の主催のサイケデリック市川さんは今年7月に新潟でライブやった時に知り合いになったバンド!
本当に楽しいバンドで、まさかこんなに早く再共演出来るとは思ってもみなかった。


さてイベントレポ!

キングサーモン
まるで現代のブルーチアーみたいな轟音バンド!
しかし根底にあるロック魂が素晴らしかった

一蔓P
ネクストジェネレーション型ロックンロールバンド
ボヘミアンズとか抱きしめるズとかに続く新たなヒーロー登場って感じがしました

BLUEIII
お客さんはいっぱいいたけど、みんなうちらを見るの初めての人ばかりで、はじめ超アウェー(笑)
まあ、いつもの事ですが、こういう中でやるの大好き!
気合いでぶっとびライブをやっつけたで!
古くからの友達や、ツイッターでお知り合いになった友達も来てくれてめちゃめちゃ嬉しかったす!
今年の東京ライブの集大成でした!
みんなありがとう!

Led Naked
ルックスは 60年代風ビートグループ・・・なんだけど、ソフトで気持ちのいい音からハードでガッツある音を出す素晴らしいバンド!
楽しかったです


サイケデリック市川

本日の主役!
めちゃめちゃ素晴らしかった!
てか、こないだ一緒にやった仙台のニングラーズ共々、日本ハードロックの復権!
とにかくリフリフリフとガッツある気合いの歌で攻めまくる!
合間に連呼する「ハードロックやります」の言葉もサイコー!
しかも、それを彼らだけのオリジナルなエンターテイメントに仕上げているのが素晴らしい!
それに、まるでレッドツェッペリンみたいなアコースティックタイムもライブに立体感があって楽しい!

最後は新作CDの無料配布という AKB握手会もぶっ飛ぶ斬新さでイベント終了!
いや~素晴らしい!
素晴らしいよサイケデリック市川!

また絶対観たい・・・と、思ってたら来年1/7の下北沢Daisy Bar新年会にて再再共演決定!

これは楽しみ!


写真はサイケデリック市川のライブと、CD配布の様子・・・

そして俺もいただいたそのCD。
これ、名盤です!
ライブでやった曲入ってるし!
途中で邪魔された「Weekly Calendar」もフルで聞けるのが嬉しいっ!
キラーチューン「頑張れ!サティスファクション」「ファットボーイスリム」・・・いや、全曲名曲だぞ!
ライブツアーのヘビロテ決定(笑)!

今回、来れなくてゲット出来きなかった人も絶対サイケデリック市川のライブ会場で!


やー

楽しかったyo
来てくれた方、タイバンのみんな、そしてサイケデリック市川、サイコーにありがとう!


次は宇都宮だあ~ッ!

サイコー!下北サンデーズ

もう、サイコー過ぎて笑った笑った(笑)!


今日の下北沢デイジーバー!

サイケデリック市川さん主催イベント!

もう、超超超楽しかった!


レポはまた明日!


てな訳で、鬼のようなライブスケジュールも一先ずキメた!

こんなアホっぽい無理矢理ツアー、誰がやる!?(笑)


今、帰宅なうで、運転して腹減ったんで、カップ麺つまみに朝酌じゃ。

今日は割と早く帰れた・・・って、もう3時かよ!(汗)

明日の仕事を乗り切ればとりあえず終了。

なんで、サクッと2リットルくらいでやめて寝ます。

来て下さったみなさん、超絶ありがとう!

サイケデリック市川、神カッコイイ!

明日はシモキタにGO!

さて!

三日前に新宿LOFTでやったばっかなのに、もう明日またシモキタでライブだあ!
てか、今週は週三日も関東でライブだよ!

まるで東京に住んでるみたいだぜえ!

てな訳で明日で関東ライブはシメ!
気合いでスーパー頑張るぜえ!


てか、パソコン壊れててホムペの更新出来てない・・・いや、こう忙しくちゃ、パソコン直してるヒマもねえよ!
来月も実は・・・


12/4(日)宇都宮KENT
12/18(日)名古屋OYS
12/31(土)郡山#9


と相変わらずビンボーひまなしです!

そして来年は久しぶりのアメリカツアーも予定しています!
頑張るよ~
ロックだよ~


まあ、とりあえず11月の締めライブ、明日の下北沢DaisyBarでスーパー気合いライブするんでみんな来てくだせえ!

よろしく!
刑事ヨロシク!


明日は今年、新潟で知り合ったサイケデリック市川さんのイベント!

サイケデリック市川、めちゃめちゃおもしろいんで絶対来て下さい!

よろしく!
刑事ヨロシク!




11.20(日) 下北沢DaisyBar            
   『DaisyBar Autumn Fes 2011~サイケデリック市川 presents~』
   OPEN/START 18:30/19:00  ADV/DAY ¥2000/¥2300(+1D)
w/
サイケデリック市川
BLUEIII
一萬P
キングサーモン
Led Naked



営利目的ライブ





今回はあの大御所、死ね死ね団のイベント、しかも新宿ロフトってこともあって気合でGOでしたね!!

死ね死ね団・・・俺が18で東京出て、世の中にインディーズってものがはじめて現れた頃の最重要バンドですからね。

俺にとっては憧れの神アーティストですよ!!

夏にやった親友のよっすぃさんのイベントで初めてご一緒させていただきましたがVOの市長は昔と何一つ変わらない本物のロッカーでした!!

その死ね死ね団のイベントにまさかうちらが呼ばれるとは・・・



先日の横浜ライヴの疲れもなんのその!

気合10000%で今回もやりました!!

平日のトップバッターってこともあり、お客さんの数こそ少なかったけど、んなもん俺には関係なし!!
スーパー全快フルMAXでやりきりました!!

いつもは友達多えど、全然誘わない俺なんだけど、今回はけっこう誘って・・・

しかもみんな来てくれて、ホント嬉しかった!!
本当にありがとうございました!!


W.A.R.P. 
いや~、ホントにすばらしかった!!!
てか、めちゃクオリティー高すぎ!!

ケムールさんがいうようにホントギターの方がまるでスティーヴ・ヴァイばりにスーパーギタリスト!!

見た目やばすぎなVoは更にやばくて、ハードロックからパンクすべての教科書ともいえるすばらしさ!!

よいもの見せていただきました!!


蛇ーJaJaRen
ルックスはV系なんだけど、出す音はまったく男らしすぎのガッツある音で更に和風の音使いが超絶!!
打ち上げでもお話させていただきましたが、なんとバンドと本物の和太鼓の融合というとてつもない感覚を実践しているすごいバンド!!

俺は和太鼓がこんなにもロックなもんかっての初めて知りました!!
タオっていうやはり和太鼓で世界をわたっているグループがいるのは知っていたけど、尋常じゃないです!!

すごくたのしいライヴでした~



死ね死ね団
圧倒的存在感・・・

てか、この包み込むような雰囲気はなんなんだろう???


前に見たニューロティカとかロリータ18号とかと同じオーラ!!
(あ、ロンサムのたーし兄貴はまだパンクだからパス(笑))


なんかさ、人をロックな気分にさせてくれるんだよね!

中卒市長、ケムール星人さん、プーマさんに、サポートのキューピークレイジーのドラムの方、全員すげえよね、なんか・・・。

あんなかっこいい余裕あるロッカーになりたいです!!



さて、そんな訳で久々の新宿ロフトも楽しかった~


しかも、今回のロフトスタッフの人がなんと、福島県人で、04年の郡山野外・・・FLYAWAYでのBLUEIIIを見てたんだって!!
いきなりリハで声かけられてびっくりした~
「今日は楽しみでした!!あん時の暴れっぷり、すごかったです」なんてさ・・・。

当時、彼は高校生・・・
確実にロックの芽が育ってるわ!!


俺にとっちゃ、つい昨日のことなんだけどさ、やっててよかったって瞬間だよね!!




今回は古い友達も新しい友達も、みんな呼んだので、いろいろと感慨深い1日でしたね!!


歩むことをやめるな!!


walk on!!


次・・・てかあさってもライヴだよ!!

みんな、シモキタでロックしないか???


待ってるぜ!!!!


ありがとう死ね死ね団!!
あるいがとう来てくれた友達!!


ありがとうロック!!!!!







明日は(今日か)新宿ライブ

なーんかめちゃくちゃ無茶苦茶忙しいyo

ライブのスケジュールも無理承知なんだけど、それに加えてリアル仕事がバカ忙しくてさ~

明日は大事なロックの大御所、死ね死ね団のイベントだっつ~のに、一年分の仕事が今日一日に凝縮したんじゃねーのか!?ってくらいギンギンに忙しかった。
残業バリバリで帰ってから気絶すんじゃねーか?ってくらい超疲労した(笑)

まあ、これで明日は心おきなくロックできらあ!

てか、こんな日常生活ですら俺はめちゃくちゃロックだと思っている。

なんでかって?

いや、ロックしたいからキツイ事も耐えられるんだよ。
ロックする為には全てをぶん投げられる!
ロックする為には全てを犠牲に出来る!


やっと今、明日の準備も終わり大好きなバンドやブルース・リーの映画見ながら晩酌タイム!


明日も命懸けのスーパーライブをやってやる!


みなさん!

明日は新宿ロフトに集合だよ!

うちらは早い時間に出るんで、みんな明日は仕事と学校を早引けするように(笑)


楽しも~ッ!

次はもう木曜日!!新宿ロフトでロック


横浜の余韻に浸っていて~

・・・のもつかの間!!

今週はなんとライヴ週3のハードスケジュール!!

これがホントのハードロック・・・なんちって(つまんね~ぞべーべーささき!!)


で、


17の木曜日、あの死ね死ね団のイベントにて新宿ロフトでライヴだあ~


死ね死ね団!!

俺が20歳くらいの頃から活躍している大御所だよ~

ナゴムだよ~

ナゴム知らない奴は似非ロックファンだぜ!!

ナゴムはやっぱ80年代!!!
80年代といえばロックな時代




つまり死ね死ね団のライヴ見ればロックワカルよ~


平日だけど、みんなロックでなんとかしてみて~


待ってる新宿!!

最高の夜を保証よろしく!!



俺らは燃え尽きろ!!!!!!




11.17(木) 新宿LOFT           
   『営利目的ライブ』

   OPEN/START 18:30/19:00  ADV/DAY ¥3000/¥3500(+1D)
   w/死ね死ね団/蛇ーJaJaRen/W.A.R.P. 

横浜!








昨日の横浜ライブは超スーパー楽しかったと同時に、めちゃくちゃ感慨深いイベントだったよ

実は4月にハブノッツ、マット師匠からの依頼で、ギターウルフ、ビリーさん追悼イベントに参加する事になってたの。

ビリーさんには生前、本当に可愛がってもらったので、俺はなんとしても出たかった!

しかし、あの忌まわしい3.11の地震のせいですべてパーさ。
俺はぎりぎりまで出る気だったんだけど、イベント数日前にかなりデカイ余震が来てね。

メンバーからも、ドタキャンになったら主催のアオキさんに迷惑をかけるから・・・って感じで泣く泣くキャンセルになったんだ。

俺はこの日ほど悔しい思いをした事はなかったね。
大好きなビリーさんとハブノッツの顔に泥を塗った気持ちでさ


俺はもうアオキ師匠に声かけてもらえないんじゃないだろうか?って、すげえ不安で本当にべっこり凹んでいたんだよ・・・


たがら、「ベイビー!リベンジしない?」って声かけてもらった時は天にものぼる気持ちだったよ!



そして迎えた当日!


やっぱり横浜はあつかった!

今回はマット師匠のはからいにより、東北のバンドばっか集めたスペシャルなイベント!



楽しかったなんてもんじゃないよ!


しかも、なんと師匠から生涯初DJの指令まで(笑)!
いや~、生まれながらのメカ音痴!

絶対に今まではDJにだけは手を出さないと今まで思っていたのに~!



レポいきま~す

CAPTAIN13
青森の大御所っすよ!!!
出す音がいちいちカッコイイ!
この言葉が1番似合う!
ダイチくんの青森のイベント以来だったけど、スーパーパンクスピリットはそこいらの若手バンドには出せません!
今年、前ドラマーが亡くなられたそうだけど、彼らは走る事をやめなかった・・・
圧巻で感動のライブだった
本当にかっこいい!!!!


FUCK TO THE FUTURE
初対バンだったんだけど、パンクでユーモアあって、俺たち、ロックしかできません・・・てなオーラ全開の素敵なバンド!
こんなかっこいいバンドが東北にいたってだけで感無量!!!
楽しかった~

THE NINGLERS
昔からの盟友!!
新ドラマーにギタリストを追加した新たな編成!
なんとニューギタリストも知り合いで嬉しかったが、出す音、楽曲が本当にヤバカッタ!
俺個人的には今日の出演バンド中、1番好きな音!
前からボーカル・ギターのゼッさんのやりたい事はわかってたけど、相棒のヨウジローくんをはじめメンバーがそれをよく理解し、ブレない圧倒的な音!
カッコよかった~
また見たいっ

THE CHOCOLATES
何回見ても素晴らしい!素晴らしいグルーヴ!
なんでこの人たちはこんなに気持ちいい音を出せるんだろう!

しかし、そんな事すら些細な事に思えるくらいスゴイ、トクちゃんの圧倒的存在感にまた脱帽!
今のTHE CHOCOLATESはホントにやばい!!
無敵っすね!!
すさまじかった!!!



俺たち・・・
BLUEIII
ノリに乗ってサイコーのライブが出来たと思う!
てか、試練のDJやり終えた開放感もあったし!
しかし、開放し過ぎて、くったらないオバQの話しなんかして、肝心の今週木曜日のロフトライブの告知なんて一切忘れてた(笑)
いや、ロックはその場その場が一瞬の輝き!
次の事なんか考えちゃいけねえっ!
くえーしょんくえーしょん君は誰?
ぼく反町って感じっすよー

楽しかったす


THE HAVENOTS
ありがとうとしか言えねえっす!
むちゃくちゃカッコよかった!
ホームでのライブは更にスゲー!
こんな素晴らしいバンド世界中探したっていやしねえ!
現在、レコーディング中との事ですが、アンコールの新曲がまたサイコーっ!
てか、ハブノッツって尋常じゃないライブやってるから、いつの間にか音源なってない曲も、おぼえちゃってて「アレ、あの曲聴きたいんだけど、CDなかったんだっけ?」と思う事しばしば(笑)

そして最近の俺のヒーローはベースのシミー!
奴はホントのホントにカッコイイ!
ベースの刻みもハイトーンなコーラスも面構えもサイコー!
俺、シミーになりたいもん!


てな訳で、超超超楽しかった横浜!

会場にはあのロンサムのターシさんや、バイオレッツのクスモっちゃんも来てたりして、嬉しかったなあ。
久しぶりの友達との再会や、まず横浜でライブ出来た事に感謝!

人生初DJもなんとか頑張ったし、てか乗り切ったし(笑)マット師匠に超感謝!

来てくれたお客さん、ありがとうッ!


ちなみにDJでかけた曲は・・・


1 あ~あ/ロッカチェリー
2 ルイジアンナ(試作バージョン)/キャロル
3 ロックバルーンは 99/NENA
4 監獄ロック/ジェフ・ベック・グループ
5 アイム・ゴーイン・ホーム/テン・イヤーズ・アフター
6 ぶっ飛ばせティーンエイジ/ストレイ・キャッツ


でした~


すげえ超超緊張したんだけど、いざやってみたらめちゃくちゃ楽しかったあ!

これもマット師匠のおかげ!
てか、マット師匠は人の潜在能力を引き出すプロデュース力がスゴイですな!

ありがとうマット師匠!
なんか、ハマリそうですわDJ(笑)


てな訳で、次は木曜日にあの大御所、死ね死ね団の企画で新宿ロフトだあ~
この勢いで歌舞伎町を占拠するぞ!

みんな来てくれーっ!

あ、ダチでチケ代ない人も相談乗るからメールとかツイッターのDMよろしく~(笑)


頑張っていくぜ~


ありがとう横浜~


写真、いいっしょ~!!

みんなに聞かれたから白状するけど、俺がライヴ中着てたTシャツはDJでも流した俺が勝手に作った非正規ロッカチェリーのTシャツ!!!

オイラのヒーロー、シミーもツイッターでつぶやいてくれたけど、サイズは目立つ為とスリムなロッカ姉妹に対抗する為に子供用キッズサイズTシャツだよ~ん!!
着れるなら着てみろ一般人!!!!!


これがロック!!!!!!





横浜ありがと~



忘年会行きたい~


明日は横浜でハブノッツ!

先週の膀胱変則ナイトから一週間!

その前の週は日本屈指の洋式美メタルバンド、コンチェルトムーンとのライブに、夜中の外人さんたちとのハロウィンナイト!


今度はバリバリなパンクイベントの出演じゃ!

しかも、パンク界の大御所、ハブノッツのイベントに参加です!

出演バンドも、今回は東北の大御所、CAPTAIN13にニングラーズに初めて対バンなファック・ザ・フューチャーと言う、バリバリ東北バンドばっかりの我らがマットアオキ、またやってくれたぜな企画!
関東勢もハブノッツにチョコレイツ!

萌えるぜ~

燃えるぜ~

で、明日はマットアオキアニイの粋な(!?)はからいにより、俺も人生初となるアレにチャレンジ(笑)!
いや~、マット先生に軽く騙されて、軽く引き受けたのはいいけど、めちゃくちゃ緊張してますよ・・・

てか、明日はロッカチェリー大会!


何度も言うけど、来ない奴は死刑!


そこんとこよろしく!!


ちゃーいなたう~
この街をゆけば

ROCK-A-CHERRY

今、超超超ハマってるバンドがいて、名前はROCK-A-CHERRY!

カタカナでロッカチェリー!!


もう、ロッカチェリーはね、今、俺の中でストーンズとかグレン・ヒューズとかSPEEDとかキャロルとかと同じくらい・・・いや、それ以上なくらい好きなアーティスト!


出会いは全く意外で、ツイッターのフォロワーさんでバンドやっててドラム担当だって女の子が、わざわざうちらのライブ見に来てくれたのよ。

めちゃくちゃカワイイ女の子で、こんなカワイイコがドラム叩くなんて、まるで映画「リンダリンダリンダ」の前田亜季じゃねーか!とか思った!

ライブ後も、いつも通りバカ話をずーっとしてたんだけど、全然わかんなかったんだけど、そのコは何とずーっと昔からの友達のロマーンズのナツコロマーンだったと言う・・・!

いやあ、髪型も雰囲気も違うから全然わかんなかった(笑)


で、そのナツコロマーンちゃん、ナッチャンが今、やってるバンドがロッカチェリーだった訳!

ただ、俺、ロマーンズは今でもツアー中とか移動中の車で聴いてるくらいだったから、何故にあんなサイコーのフロントマンのナッチャンがドラムなんかでバックに徹しているのかハテナ?マークだったんだ!


で、ロマーンズの事かなんかつぶやいたら、親切に友達のネモトショボーレさんが、わざわざ俺んとこにロッカチェリーのYouTubeの動画リンクを送ってくれた!
これが偶然にも同じくロマーンズのメンバーだったミカロマーンのTHE FACKとやったばっかだった!(カッコよかった!)

で、パソコン苦手な俺はナッチャンがタイコ叩いてるの確認しただけで、あんまりマジメに見てなかったんだよ。


で、ニャンとナッチャンからロッカチェリー自身の企画へ依頼を受けた!

やっと見れるぜ!

でも、正直言うとまだね、こん時もロマーンズのナッチャンの新しいバンドくらいの期待しかしてなかった。


で、まだまだめちゃくちゃ暑い9月に彼女らのホームまで行った!

前に、ここ武蔵境スタットはトークショーと言う変則的な形で来た事があり、今回はちゃんとしたライブやれるんで楽しみだった!

で、ライブハウス見つけて駐車場探してたら、異様にど派手な二人組に遭遇!

ギターしょってカッコよかったけど、タッパでかいし、トッポイから始め男かと思ったんだ!


で、で、リハーサル始まったらそれがロッカチェリーってわかった!

で、金髪の人が楳図かずおの「猫目小僧」のTシャツ着てんだよ!
しかも、俺より足長いし、細い!!

もう、こんだけで負けた感じだったんだけど、ライブ始まったら完全に参ったね!

今時、こんな潔いカッコイイバンドいないっ!

なんか男にも女にも何にも媚び売ってない感も全開で、曲もアクションもめちゃくちゃカッコよかった!

最近、ゆるくてヌルイバンドばっか見て来た俺としては「ああ、こんなバンドがいたんだ」と感激したと同時にまだまだ日本にはこんな天才が隠れてんだなあ・・・と感慨深かったなあ。
ホントにあのロマーンズのナツコロマーンがドラムでバックに徹したいの理解ったもん。
この二人だったら、後ろでいいかって言う・・・。

で、この日は自分のライブで精一杯って事もあって・・・いや、いつもなんだけど、俺、対バンは常にライバルだと思ってるからさ、物販とかもよく見なかったのね。
バンドは打ち上げまでライブだしさ。


ところが後で大後悔・・・

ロッカチェリーの音源欲しい~ッ!


てな訳で本日!!

届きましたぜロッカチェリー7インチ!


もう、サイコー!!

ライブだけじゃなくて、やっぱり曲が素晴らしいッ!
めっちゃパンクでポップでロックンロール!!

しかも、ロッカチェリーって、三人とも曲作れて歌えるのね!

もう、ブイブイうなるあきちゃんのベースだけでタマンネ~っす!
ギターの王道フレーズがソリッド!なようちゃん!
ホントにあなた、ロマーンズだったの?と思っちゃうタイトゥンナッチャンなドラムがすげえ!


で、歌詞がまたこの人たちにしか書けない繊細かつぶっきらぼうさがまたスゴイ!


とにかく!

こんなつたない俺のくだらない文章だけでは言い表せないんで、絶対聴くべし!
そして、ライブでのカッコよさにまたやられろ!!


間違いなく2011年俺のベストレコード!

うちのVHS棚・・・

あるVHSビデオテープが必要になったんで、うちの押し入れ棚を整理する事に!

と、言うのも3.11の震災以来、めんどくさくて整理してなかったの。
いや、ライブでワイルドでバカばっかやってるんで想像つかないだろうけど、こう見えて俺、整理整頓と掃除にはうるさいのだ!

だから、震災前にはこの押し入れの中のビデオ棚も、キチンとDVD、 VHSともに、ジャンル、アーティストごとに分けられてたの。
それも、かなり時間かけてやったんだよなあ・・・

それがあの地震のせいで一瞬でパーでしょ?
家も倒壊する勢いだったんだから・・・



で、テキトーに並べたのが今日の写真

目的のモノは見つかったけど、どうにも我慢出来なくていよいよ本格的に整理整頓計画に乗り出すことにした!

詳細はまた明日!?(笑)

オススメ本2冊

まずはブルース・リー友情報により、ゲットした「ジャッキー・チェン物語」

最近よくあるコンビニで500円くらいで買えるマンガなんだけど、舐めてはいけない!
めちゃめちゃクオリティー高いです!
「ブルース・リー物語」書いた人と同じらしいんだけど、絵もそっくりだし、かなり細かいとこまで掘り下げていて好感が持てます!
特にジャッキーとブルース・リーが絡むエピソードは、実際、こんな感じだったんだろうなあ?と感じさせてくれて感慨深いです。

それと豆知識みたいな感じでマンガとは別にいろんなエピソードも紹介されてるんだけど、ブルース・リーの「リターン・オブ・ザ・ドラゴン」パンフに載ってたジャッキーのインタビュー、ブルースとボーリングに行った話まで入ってるのがナイス!

まあ、もっと詳しく知りたい人はジャッキー自伝とかを買えばよいし、とにかく500円くらいで買えるんで読んで損ナシ!


もう一冊は「仰天カルトムービー」

これ読むと、カルト=映画通=王道ってことに気付かされる。


だって、紹介されてるのに「ブレードランナー」「ゾンビ」に「時計じかけのオレンジ」ですよ!
このへんは映画好きやロッカーは押さえとかなきゃいけない王道だし、「続・荒野の用心棒」「片腕カンフー対空飛ぶギロチン」なんて、カルトだけどカルトじゃないもん(笑)

ただし、若い人とか最近映画が好きになった人とかには便利なアイテムかも!?
まあ、この本が全てじゃないけどきっかけにはなるはず!

カルトマニアにも再確認の意味でオススメ!


いつかカルトクンフー本をリリースしたいっ!
ブルース・リイだけで一冊出来そう(笑)

まだまだライヴは続く!!BLUEIII怒涛の関東殴り込み!!


今月は関東でのライヴが目白押し!!

こういうライヴ続くときに限って体調最悪なんだけど、それもロックの力でなんとかならあ!!

いくぜ来週、横浜、新宿2連発!!


来ない奴は死刑!!!!



11.13(日) 横浜元町BarGIG            
   『GREAT R&R SHOW』
   OPEN/START 18:30/19:00  ADV/DAY ¥2000/¥2500(+1D)
   w/THE HAVENOT'S、THE CHOCOLATES、The NINGLERS(仙台)
     CAPTAIN13(八戸)、FUCK TO THE FUTURE(八戸)


11.17(木) 新宿LOFT           
   『営利目的ライブ』
   OPEN/START 18:30/19:00  ADV/DAY ¥3000/¥3500(+1D)
   w/死ね死ね団/蛇ーJaJaRen/W.A.R.P. 

うちのレコード棚

レコードが必要になったんで、うちのレコード棚を探索・・・


しているうちに、結局整理整頓大好きな俺は、いつの間にかレコード棚整理に(笑)


CDばっかり聴くようになったのと、レコードプレイヤーの針がダメになってから、全然レコード聴かなくなってしまったんで、レコード自体ちゃんと見るのも久しぶり・・・

で、「アレ、こんなのも持ってたのか!」とか「なんでこんなん俺、持ってたんだろ?」ってのばっか(笑)
例えばこないだツイッターで「イントロがたららたらら♪って感じで、SPEEDのウェイク・ミー・アップ」みたいなサビの80年代の曲、どなたか教えて下さい。」って呟いたら、親切な人が「マイケル・フォーチュナティのギヴ・ミー・アップ?」とわざわざYouTubeのリンクまで付けて教えてくれた!
永年の胸のつかえが取れたんでめちゃ感激したんだけど何と・・・
今日、整理してたら・・・

あったのよ何故かうちに!
いや、多分、妹とか前カノとかが置いてったやつかな?


まあ、それにしてもそんなんばっかり!

若い頃に大枚はたいて買った貴重盤とか超子供の時に買ったやつとかは憶えてんだけど、どうでもいいやつとかは憶えてないなあ。


そんなこんなしてたら、3時間くらいグタグダやっちゃったよ(笑)



しっかし、もう全くと言いほど聴く事もなく、前時代のがらくた的なもんでもあるんだけど、これだけは捨てらんないね。

忘れてたものもたくさんあるけど(笑)、一枚一枚に思い出が詰まっているから・・・

膀胱ナイト→変態ナイト復活!




あまりにもディープ過ぎる東京二日間の為、超疲労でblogを書けませんでした~

まず土曜日!

膀胱チョップ主催の膀胱ナイトVol.8!


今回は特に感慨深かった!

出演したバンドが膀胱チョップに、死殺団に、あの巨乳まんだら王国ですよ!
そこに我々BLUEIIIも混ざり、共同主催が神戸スタークラブ時代からお世話になってるあの本谷さん!!

今から約10年前に神戸でちょっとしたムーヴメントを巻き起こしたあの変態ナイトの復活でしたよこれは!

特に巨乳まんだら王国の参加は今回のイベントを別格にしましたね~


膀胱チョップ!
今回もすげえかった!

だっていきなりオバQネタですよ!(笑)
定番化してきた最近のハイライト、エロポリスが圧巻!
楽し過ぎた!
やっぱりすげえよ膀胱姉さん!スーパーリスペクト!
死殺団!

はとぽっぽはホントに名曲だよね
団長のテンションとツインギターの凸凹コンビがサイコー!
やっぱりカッコイイす!

巨乳まんだら王国

久しぶりの再会と同時に新しいメンバー(まさおくんもいつの間にか12代に!)になっても巨まんは巨まん!
昔と何一つ変わらない素晴らしさに、感動しっぱなしだった~
教祖、やっぱり貴方はスゴイ!


で、変態系ニューフェイスになりつつあるさよならロックブラザーズはホントに素敵なグルーヴと楽しい演奏が素晴らしい!
奴らはCDもサイコー!

DFO
かなり場違いな爽やかロックだったけど、清涼飲料水みたいによかったす

センチメンタル出刃包丁

今時、完全自爆な21 33世紀型スターリン
なにげにサポートの人が危ないのがよかった

SHEMONS
超パンク!
前回、俺と写真に写ってた凶暴姉ちゃんたちですが、すげえピュアでカッコイイ!
膀胱姉さんたちをリスペクトしてるのがまた素晴らしい!


俺たちBLUEIII

や~、今回も全力だったよ~
終わり


で、打ち上げもめちゃ楽しかったんたけど、俺は一人、東京に残り、次の日に昔からお世話になってる友達ノリベーの結婚パーティーへ・・・

体調限界の中、なんとかお酒注入で空元気バリバリ!
同じくロック友達もいたんで、めちゃ楽しかった!でも、バンドマンは俺一人だったんで、ほとんど女子会にオバサン(俺!)が紛れ込んだみたいでしたが(笑)
てか、結婚パーティーっていいよね!
すげえ幸せだもん。
こっちまで、幸せになるし!
お二人とも、末永くお幸せにです!


写真は膀胱ナイトの膀胱チョップのドロンパ&U子に、巨乳まんだら王国のライブ写真!
2ショットは俺のヒーロー、巨乳まんだら王国のイコマ教祖!

それに友達ノリベー&旦那さん、新郎新婦にバカ中学生俺の3ショット!
ライブ写真と一緒で不謹慎きわまりない気もしますが、結婚パーティー二次会はある意味、変態ナイト以上(笑)


楽しい東京二日間でした!

明日は明日の嵐が吹くぜ!


明日は新宿JAMでライブだ!

先週から長引いてる風邪もそろそろ・・・全然治ってね~ッ!


先週のライブは奇跡的に何とかガッツリ頑張ったが、今回もガッツリ頑張るぜ!

てか、先週からまたまた超忙し!

来週も再来週もガンガンライブだ!

ビンボー暇なし!

しかし、暇なセレブになんかなりたかないぜ(なれないけど)


とにかく!

明日もまた目にもの見せてやるんでよろしく新宿!!

写真は昨日の海の写真!
ちょい風早くん(笑)

も一枚は新しくゲットしたスニーカー!

ブーツ派の俺としては珍しいっしょ!?
某ロッカ姉妹に対抗する為に。

ちょいイメチェンだよちょいイメチェン!


BLUEIIIも 70年代から 80年代に突入かあ・・・!?

て、事はやっぱり「死亡の塔」(笑)

復興は着々と・・・


朝から咳が酷いし、熱もあったんだけど、家で寝込んでると余計に具合が悪くなってくる・・・


で、意を決して(!?)いわきに行く事にした。

理由は今日しか行けないから。
いや、こないだあるバンドマンからいわきの海にサーファーの姿を見かけた・・・ってのを聞いたからだ。

出発するのが遅かったんで、海に着いたのは夕方くらいになってしまった。

「来るの遅過ぎたかな?」と半分諦めてたんだけど、海から上がり着替えてるサーファー二人を発見!!

一人は男の子、一人は女の子だったけど、別々の車で来ている事からカップルではなさそうだったが、親しく話してるところからサーフィン友達らしかった。

で、早速 声を掛けてみたよ!

やっぱり、あの津波の被害と、福島原発・・・てか東京電力が何万トンもの放射性汚染水を海に捨てたから、俺はもしかしたら福島の海にはしばらく・・・てか一生入れないんじゃないか?と思っていたから。


ところがどうだい!

「もう、かなりサーファーも戻って来てますよ」だってさ!
豊間海岸とかはまだ無理らしいんだけど、四ツ倉、それにここ永崎海岸には既にかなりのサーファーが戻って来ていると言う・・・!
ただし!

やっぱり、テトラポッドや瓦礫がまだ海に散らばっているし、放射性汚染水の問題もあるから、みんな自己責任で海に入っていると言う・・・


まあ、それはさておきやっぱり嬉しいですよ!

あの地震から俺がサーフィン出来たのってわずか三回だから・・・

いわきの海にサーファーが戻って来たのが嬉しいし、せっかく素晴らしい海があるのに、茨城や新潟まで行かなければならなかった皮肉・・・

ようやく俺もここに戻って来れるなんて!

しかし、よい方に考えれば、いわきでサーフィン出来なくなった代わりに新潟と言う素晴らしいサーフスポットに出会える事にもなった!

俺はこれからも新潟の海にも行くよ!


で、サプライズはこれだけに留まらなかった!

津波で壊滅してしまった海近くの毎回通ってたコンビニ、ファミリーマート永崎海岸店が、復活し、復活祭をしているではないか!

おにぎりやチキンとか割引セールやっててめちゃくちゃ嬉しかったなあ。

てか、俺、震災直後のここに来ているんだよ。
今日の写真見て!

もう、ここでは営業しないんじゃ?とも思っていた。

それが年内中に、奇跡の復活!

郡山でも、続々と復活しているお店があるけど、津波の被害とは違う。
いつかは復活できるって可能性は高いと思う。


人間の力ってすげえネ!

奇跡を目の当たりにした一日でしたよ。


具合悪かったけど、無理してでも来てよかった!


写真は復活したファミリーマート永崎海岸店と津波で被災直後のファミリーマート。

信じらんない!

今月はブルース・リー月刊!

さて!今月はブルース・リーの誕生日11/27があるブルース・リー月刊!


11/5(土)には我々がちゃうシンイチーさん率いるあのスキマ商事「小龍記」主催による超オフ会が開催!!
今回もマニアの痒いところに手が届くような圧倒的な内容予定で、間違いなく盛り上がる事必至!

残念ながら、俺はこの日に新宿JAMでのライブが入っている為、断念ですが、ファンの方、俺の分まで楽しんで来て下さい!

それにしても夏のAKさんのオフ会にしろ、今回にしろ心底行きたいだけに残念無念・・・
バンドやめて~(泣)


そして今月11/26~12/9にかけて「ブルース・リー生誕祭」と題し、六本木シネマートにて、ブルース・リー主演作5作品が一挙劇場公開されるそう!

まあ、間違いなく日本初公開版ではなさそうですが、それでも劇場の大スクリーンにて一気にブルース・リー作品が公開されるのはまさに夢のようなこと!

この先、またいつ見れるかわからないので、絶対に見とくべき!

出来ればファン同士で行ければまた楽しいでしょうね!
絶対新たな発見があるかも!

ちなみに俺やちゃうシンイチーさんが熱望する「死亡の塔」はやっぱりやってくれませんでした(笑)

今週末は膀胱ナイトだ!

さて、今週末土曜日は新宿JAMにて関西の最重要バンド、膀胱チョップ主催による膀胱ナイト!


膀胱チョップはね~

本当のホントにスーパーリスペクトするバンドだ!

もう下手すると10年近く昔になるけど、初めてうちらが関西ツアーに行った時の事だ。

変態系大イベントで、昔変態系と言うジャンルが関西には存在し、猛威をふるっていた。

ソープランド揉美山、巨乳まんだら皇国、ナイトな夜、花団など、バンド名からしてヤバそうなバンドばかりが出演・・・

しかし、ライブは本当にどのバンドも楽しいしクオリティーは高いし、それぞれが全く違う色を持っていて、何バンド見ようとも全く飽きさせない!


その中でも一際異彩を放っていたのが、膀胱チョップで、いきなりの寸劇にはじまり、間に挟まれるオリジナル曲からカバー・・・てか替え歌からごった煮にしたエンターテイメント!

しかし、決してお客には媚びを売らず、どこかシュールな雰囲気・・・

俺が初めて見たライブは完全にお客さんがおいてけぼり・・・アウェー状態の中、完全に自分たちだけの世界を作っていく!


俺も初めて見た時はあまりの凄さに多少、引き気味・・・しかし、帰りの車では「アレ、凄かったよね!」と膀胱チョップの話題で大盛り上がり!

そう、膀胱チョップの魅力は後から後からじりじりと来るのだ(笑)

しかも、この人たち、一度たりとも同じライブをした事がない!

毎回、がらりと趣向を変えて登場するんで、毎回、今回はどんなライブになるんだろう?とワクワクさせられる。


今や、めちゃくちゃファンです!
いや、本当に毎回、楽しいと同時に勉強させられる!

今回は一体どんなライブを見せてくれるのか!?

それと今回はやはり俺がスーパーリスペクトする変態界の大御所、巨乳まんだら王国の出演も決定!

それにやはり俺が超大ファンの死殺団や、めちゃくちゃ楽しいライブをするさよならロックブラザーズも出演!


めちゃくちゃ濃厚な一夜となる事間違いナシ!


我々BLUEIIIも気合いで参戦しますので、今週末は新宿JAMへ!!

マイルスに酔う!

20代の頃、管楽器が苦手だった・・・


いや、リスナーとしてね(プレイヤーとしてなんて、吹ける訳ないよあんな難しいモン)

どうしてもギターって言う弦楽器を弾いている手前、それがエレクトロニックであれ、アコースティックであれ、ギターやベースの音に耳が行くのは当然でさ・・・

しかし、ギターを弾いている以上、ロックからフュージョン、ジャズまで聴いてみたくなるのも当然の流れで・・・

ジェフ・ベックの「ワイヤード」で、「なんだ、これは?」と思ったのが、高校一年の時かな。
続いてラリー・カールトンとかさ、リー・リトナーとかにも行くんだけど、とてもプレイヤーとしては自分には無理と、やる音楽に関してはロックに戻るんだけど、リスナーとしてはやっぱりめちゃくちゃ興味深いジャンルですよ


で、それから10年以上経って、トミー・ボーリン参加のビリー・コブハムの「スペクトラム」

そのコブハムが在籍していたマハヴィシュヌオーケストラやらリターン・トゥー・フォーエバーとか、マイルスの弟子たちを何の知識もなく聴いていた。

で、マクラフリンがいたマイルス・グループも聴いてみようかと、軽い気持ちで手を出したのがあの問題作「オン・ザ・コーナー」

マクラフリンの超絶技巧ギター目的で聴いたアルバムなのに、マクラフリンなんかカッティングしかやってない(笑)

主役のマイルスのペットの音もほとんど聞こえて来ない・・・

しかし、躍動するリズムと1コードをひたすら繰り返すポリリズムな音の洪水が、やけに心地よくて、なんか今のクラブミュージックみたいだった。

続いて買ったのが、ちゃんと聴いてみようと買った「カインド・オブ・ブルー」!
こんな名盤を何の予備知識もなく、ジャケだけで買った俺も馬鹿だが、「イン・ア・サイレント・ウェイ」と「ビッチェズ・ブリュー」で、マイルス中毒に!


もちろん自叙伝も読みましたよ~

あれはエーちゃんの「成りあがり」と同じくらいの俺のロックバイブル!



とにかく一回聴いたくらいじゃ、とてもわからない。
いや、何回聴いても謎だらけの部分がまた魅力的!


かえってマクラフリンとかのわかりやすい超絶技巧とか、ハービー・ハンコックのキャッチーさの方がスンナリ入れるかもしれない。(まあ、マクラフリンとか若い人には十分難解だとも思うが)


マイルスって、若い頃、ビ・バップの時代に、先輩チャーリー・パーカーとかの毎晩クラブで繰り返されるインプロによる超絶技巧を見ながらとても自分には無理と思ったそう・・・

あの当時のジャズ界ではマイルス程度の腕では下手な烙印を押されていたのだ。
それが何故後にジャズの帝王になりえたのか?


宿賃がなくて坊ちゃんなマイルスの部屋に居候していたチャーリー・パーカーは、居候してて悪いらか、マイルスの奥底に潜む才能を買ったのか知らないが、やたらと自分のバンドでマイルスを使ったんだってさ。
そして、毎晩落ち込むマイルスにこうアドバイスしたと言う・・・

「お前は独特の間のとりかたがある。それを生かしていけばいいんじゃない?」って。

で、これは名盤の「カインド・オブ・ブルー」に直結するんだけど、何もお前はお前なんだから、俺になる必要はないと言ってるんだよね。

もちろんマイルスがそんなにテクニシャンではないの?と聞かれれば全くそうではない。

「フォー&モア」ってライブ盤を聴いてごらんよ!

マイルスがチャーリーに負けないくらいすげえテクニシャンで、火を吹くようなプレイが聞けるから!


俺もこの言葉にはめちゃくちゃ共鳴出来るね。



マイルスもこの言葉を胸に、どんどんどんどんマイルスの音楽も進化していった・・・


俺もたくさんの音楽を聴くし、自分自身はロックプレイヤーだけど、最終的にはマイルス・デイビスに行き着いてしまう。


いや、こういった偉大な人たちってみんな似ていて、やる事が早過ぎるんだよね。
ブルース・リーもそうだけど、死んでからも更に更に評価が高まる!



俺はやっぱり70年代マイルスに1番魅力(魔力)を感じるけど、まあどの時代のマイルスでも、あのペットの音色聴いてるだけで気持ちが高ぶるんだよなあ。

今日はワイト島のライブDVD見ながら晩酌!

この赤い革ジャンのマイルスがカッコイイんだ!




プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する