BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GANTZ

GANTZ、いよいよ劇場公開ですが、俺は別に超ファンって訳じゃないけどコミックスは読んでた。

題名からしてあの「がんばれロボコン」のガンツ先生からの引用・・・と言うライトな感じなんだけど、面白ければなんでもありって感じで、スジさえも通っていない。

他にもタナカ星人→田中セイジとかホントに節操がない。
登場人物が着るバトルスーツもどっかで見た感じであんまり新鮮味もないんだけど、すごく読みやすいし、ワクワクさせてくれるんだよね。

それに、かなりエッチな場面もかなりあってワクワクって言うよりドキドキ(笑)してしまう時もチラホラ。

多分、今のCG技術を使えばこのくらいの描写は簡単かも知れない。
むしろ、このエッチ描写の方がR指定にしないとまずいかも知れない。

で、問題の役者さん。

まあ、今、旬な役者さんばかりで無難っちゃ無難なんだけど、あんまりイメージに合っているとは思えない・・・。
(だいだい吉高って誰の役!?)

ただ、番宣や予告編で見せるシーンは中々の仕上がり!

これは期待してるんじゃないかい?

ヤマトよりは・・・!?

スポンサーサイト
ブルーレイは買うべきか!?

昨年、やーっと日本初公開東宝東和版が公開された「死亡遊戯」ですが、果たして他の作品は公開される・・・いや、出来るのだろうか?

そしてソフト化は!?

ある意味、未公開映像を発掘する以上に我々第1世代にとっては感慨深い日本初公開版・・・。


ところで、やはり昨年いよいよブルーレイ化されたブルース・リー作品。

実はまだ俺は「燃えよドラゴン」はもちろん例のボックスセットも買っていないばかりか、ブルーレイプレーヤーも買ってないです・・・。

いや、DVDも再発する度に買ってたから内容自体は変わらないだろうと。
いや、日本初公開版だったら何が何でも買うけど(笑)。

でも、やはり画質はめちゃいいのだろうか?
気になるなあ。

値段的にもそれほど高い訳でもないし、やはりファンとしては買っておくべきか!?

次の給料日に次の給料日にと思っているうち先延ばしになってしまっています。

写真はシネマグッズエキスプレスのブルース・リー特集から。

新年第2弾は京都!!


さてさて地獄の深夜合宿も終了し、来週はいよいよ京都です!!

それにしても昨日の合宿はきつかったなあ・・・。
自分でやっといてなんなんだけど、普通の2時間練習と同じペースでたいした休憩もなしにガーっとやったからね。
おかげで今日はくたくた!!

めちゃめちゃ疲れ残ったなあ(笑)。
まあ、それでも午後から出かけて好きなCDとか見つけに行ったんだけど。

んで、ZONEのウラEベストとSPEEDヒロの写真集を新しく出来た雑貨屋でゲット!!
あと、SPEEDの曲をオルゴールで奏でているCDも見つけて、それも買ったんだけど、コレ聴きながらだとめっちゃ寝れんの!!
ツアーに持って・・・いや、早速車のハードディスクに入れました!

今回の合宿では主に今年出来たばっかの新曲をメインにあっと驚くニューセットのリハーサルをしました!!

この新しいセットでのスーパーライヴ!!早速京都で披露しますので、ぜひ関西圏の方はご来場を!!

待ってま~す!!




2/6(日) 京都祇園SILVERWINGS     
『やりたいことをやれ!vol.18』

18:00/18:30 \2000(+D)

SGT
SWITZ!
木村三郎
HELMET UNDERGROUND
ガチャキング
BLUEIII

深夜合宿!

今年最初の深夜合宿中!

途中、意識が飛びそうに(笑)!

朝まで頑張ります!

善徳女王最終回

韓流史劇ドラマ「善徳女王」が本日最終回だった。

計61回もの長いドラマだったけど、本当に素晴らしいドラマだったと思う。

やっぱり長いだけに、それだけ登場人物にも思い入れが深くなるし、演じている役者さんにもめちゃめちゃ愛着がわくんだよね。


今日はいよいよの最終回だったけど、ちょっと号泣な展開だったなあ。

韓国史劇って、かなり悲恋物語が多いんだけど、この「善徳女王」もそうだった。
てか、超悲劇で切なかったなあ。

それと、韓国ドラマって、視聴率がよいと、国民みんなが延期を期待するんだけど、前の「チュモン」もそうだったけど、「善徳女王」も本当は50話くらいで最終回だったのを無理矢理引き伸ばして61話になったの。
だから、ライバルのミシルが死んだところで終わっとけばかなりスッキリいい終わりかただったと思うんだけど、変に引き伸ばしたもんだから、身内の権力争いみたいな話になっていっちゃって何だか胸糞悪い終わりかたになってしまった。
それにこのドラマって、善徳女王、トンマンより、敵でライバルのミシルの方がはるかに魅力的なキャラであり、恐ろしいオーラを放っていたので、ミシルがいなくなってからはトーンダウンしてしまったのも確か。
てか、実質、本当の主役はミシルだったしね。

それと、トンマンも子役時代の役者さんの方が活力あって生き生きして魅力的だったなあ。
ぜひ、この子役の役者さん主役で一本見てみたい。

まあ、 61話もあるから中弛みしてしまった回もあるけど、それでもやっぱりこのドラマは素晴らしい。

日本のテレビで放送したのはかなりカットされているんで、一週間レンタルになったら、改めて全話見てみたいと思う。

今回の最終回も、本当はトンマンこと善徳女王が亡くなった後、数十年後に歳老いたユシンとアルチョンが、トンマンの墓を訪れ語り合うと言うシーンがあるはずたがら。

いずれにせよ、本当に素晴らしいドラマだった。
韓国スタッフの底力を感じるね。

日本でも大河ドラマだけでなく、目先の視聴率なんかにとらわれない永遠に語り継がれるようなドラマを作ってもらいたい。

1クールじゃ、登場人物に感情移入する前に最終回だよ(笑)!

MUDHONEY

俺の人生を変えたアルバムの一つであるMUDHONEYの「Superfuzz Bigmuff」のDELUXEEDITIOがいつの間にかリリースされていた。

俺がMUDHONEYを知ったのは80年代も後半・・・いや、90年代はじめくらいだったかな?

当時の世の中はまさにバブル時代!
音楽に至ってもかなりバブリーで中身のないものが流行っていた。

洋楽、邦楽に関わらず流行りのバブリーでポップなものや、似たりよったりのヘアメタルバンドばっかりで、俺にとっては同時代的には本当に聴きたい音楽はなかった気がする。

だから、古いブルースロックやパンクばかり聴いていた。

そんな時にMUDHONEYをパンク友達から借りて聴いたら一発でやられてしまった!
なんじゃこりゃ!ストゥージズ?ツェッペリン?

いや、この MUDHONEYは80年代の巨大ビジネスの一つに成り下がり失ってしまったもの・・・本来のロックが持つ原始的かつ暴力的なダイナズムに溢れていた。
ジミヘン以来、聞いたことがなかったようなギターエフェクターのファズ、ビッグマフを極限まで歪ませ、それを更にワウでコーティングし、過激なパンクビートに乗せてガサツに演奏する様は本当に新しかった!

そして、このMUDHONEYの同じレーベルメイトが、この後大ブレイクするニルヴァーナで、このニルヴァーナのブレイクによって逆にMUDHONEYやSONICYOUTH等のバンドが次々と注目され、世の中の音楽シーンや、果てはファッション性まで変わってしまったのだから革命的だったのだ!

そして、ここ日本でも同時期にギターウルフをはじめとしたガレージムーブメントが起きた!

なんか、ホントに70年代のパンクが発生した時の状況に似ていたと思う。


で、この「Superfuzz Bigmuff」はそんなMUDHONEYのインディーズミニアルバム。

先にシングルでリリースされてた「Touch Me I’m Sick」でこのアルバムはスタートするが、俺はこの曲聴いて一発でファンになりました。

そしてこの二枚組DELUXEEDITION」は未発表デモや、未発表ライブまで含め、音質まで向上されたスゴイ内容で、今やノーマル盤もあまりCDショップに置いてあるとこ少ないので、どうせ買うならこちらをオススメです!

この音に来ない人は、ロックを聴く資格なし!と、個人的には思ってしまう程、ロックに溢れている!


さあ!シールドをファズにぶち込め!(笑)

キネマ旬報2上旬号

「グリーン・ホーネット」「イップ・マン 葉問」公開記念として‘ブルース・リーのルーツを探る’と題してブルース・リーが特集されていますね。

初心者にもわかりやすい内容でなかなかよい特集だと思います。

個人的に、この特集とは別に、昨年亡くなった映画人に日野康一さんの名前を見つけて感慨深かったです。
映画秘宝では取り上げられていましたが、改めて追悼特集をどこかでやってくれないかなあ?

日野康一さん全仕事とか。

あ!ちゃうシンイチーさんあたりやっていただければめちゃ面白い内容になるかも!?(笑)

21世紀版グリーン・ホーネット!

てな訳で昨日、遂に「グリーン・ホーネット」リメイク版を見れた訳だけど、俺的にはすごく楽しい作品だったと思う。

俺が思うに、この映画ってあのカルト映画「007/カジノロワイヤル」に似ていると思った。

いや、ダニエル・クレイブのじゃなくて、デビット・ニーブンとかオーソン・ウェルズとか無駄に出演するあのドタバタパロディー映画の方ですよ!


そう、この21世紀版グリーンホーネットって、一言で言えばリメイクって言うより、ドタバタパロディー映画と思えば、めちゃめちゃ楽しく見る事が出来る。

いや、ホントに全編くっだらない小ネタギャグのオンパレードで、俺なんか始終笑いっぱなしだったなあ。
ホント、ここには 60年代版のようなクールでスタイリッシュな世界観は皆無!てか、全く真逆の世界観ですな。

60年代版のヴァン・ウイリアムス演じるブリット・リードは、イケメンでカッコイイ出来る若社長。
で、今回のセス・ローゲン演じるブリットは親の七光もいいとこの絵に描いたようなバカ息子(笑)!

でも、どこか憎めないキャラなんだよね。

カトー役のジェイ・チョウもやっぱりブルース・リーとは真逆のキャラ。
で、007の Qみたいにいろんな武器をあっという間に作ってしまう。
そう、あのブラックビューティーまでも、カトーが作ってしまうのだ。
しかも何台も(笑)!
で、ブルース・リーと違ってやたらとブリットに対抗意識出しちゃったり、そこがまた面白い。

ブリットを出し抜いてヒロインのキャメロン・ディアス演じるレノアを口説こうとしたり、部下であることに不満を持っていたり・・・。

しかし、このセス・ローゲン、ブリットと、ジェイ、カトーの凸凹コンビが凄く魅力的で、この二人が喧嘩したり、笑いあったりしながらグリーン・ホーネットと言うヒーローに成長していく様がとても爽快だ。

で、ブルース・リーファンとしてはやっぱりアクションが気になるところだけど、かえってジェット・リーとかドニー・イエン等の本当に武術が堪能な役者を使うよりも、ジェイを起用したのが成功していると感じた。

ちゃんと意外な形でブルース・リーをリスペクトしているし、(映画で確認してね!)、ヌンチャクはもちろん、あの技も披露してくれます!

で、 60年代テレビシリーズを見た人ならわかるけどちゃんと、ちゃんと再現したシーンもあってびっくりでした!(このシーン直後にあのテーマ曲が流れる!)

で、劇中の活躍はもちろん、エンディングテーマまで、本業歌手であるジェイ・チョウが歌ってて、この曲がまたカッコイイ!(さすが、ジョリンの元カレ)

あと、ロック的にもヴァン・ヘイレンが挿入歌と使用されていたりしてなかなかナイス!


キャメロン・ディアスも、相変わらずの可憐さで華があるし、このトリオでの続編なら見てみたいかも!?

いや、前評判悪かったし、期待しないで見たからかもしれないけど、なかなかよかったですよ~!

さて、皆様の感想はいかに?


あ!あと、お寿司のシーンが爆笑です(笑)!

見た!グリーン・ホーネット

見に行きましたあ!

21世紀版「グリーン・ホーネット」!


で、俺個人的には、かなりよかったです!

いや、60年代版には俺だってめちゃ思い入れあったけど、これはこれでありかも?と思っちゃったもん。

あえてコメディーにしたのがまずよかったと思うし、全く期待してなかったカトー役のジェイ・チョウもすげえよかった!

詳しい感想は明日にでも!

DVD&ブルーレイでーた2

それが、このクイズ!
立ち読み必須(笑)!

DVD&ブルーレイでーた

コンビニに売ってたから買った。

「グリーンホーネット」表紙ですなあ。

なんでもアメリカでは初登場一位だったとか。

よく見るとカトー役のジェイ、ダーツの代わりに銃を持ってるけど、今回のホーネットは60年代版と違い、バリバリ銃で人を殺しまくるみたい。

60年代版ホーネットは、人を傷つけないで、ガス銃や、カトーのクンフーで悪人をやっつけるのが魅力だったのに・・・。

んな訳で、明日あたり俺も映画館に見に行きたいと思います。

それと、このDVD&ブルーレイでーたの映画クイズで、ブルース・リーの「燃えよドラゴン」のセリフ当てクイズもありました!

もう、「燃えよドラゴン」もクラシック映画なんだよなあ。

気になるCM

ソフトバンクのベストCM投票が行われてるけど、俺はもっと気になる・・・いや、お気に入りシリーズCMがある。

そう、あのかっぱ寿司のCMだ!

グレイ宇宙人が、せっかく地球に来て、地球人、それもなにやら作業衣を着た会社員の男性に自分たちの存在を知ってもらおうとするんだけど、その会社員はかっぱ寿司の値段に気をとられまるで無視・・・(笑)!

で、このシチュエーションがシリーズで続くんだけど、相変わらず全部気付いてもらえない。

で、最新CMでは宇宙人たちが、この会社員を徹底的にリサーチし、会議までして気付いてもらう作戦を立てる。

で、エレベーターからいきなり出て来て、待っていた会社員にや~っと気付いてもらえた!

が、「急ぐんで!」とまたまた相手にしてもらえず・・・。

いや~、なんかこの素朴さがたまらなく面白いんだなあ。

俺が1番好きなのは、やっぱり最新作かなあ?
やっと気付いてもらえた時の宇宙人たちの喜ぶ姿が(全く無表情なんだけど、しぐさで超嬉しそうとわかる)すごくカワイイのだ!


多分、みんな見てるとは思うけど、疲れた時見るとなんだか癒されるんだよなあ。

それに、宇宙人も頑張ってるんだから、俺も頑張ろうかと(笑)。

いや、必見です。


未見の人はこちらをクリック

かっぱ寿司CM
ショック!KARA事務所離脱!

いきな時事ネタでスミマセン!

KARAのメンバー四人が、扱いが不当だとかで、現在の所属事務所を契約解除だって!

KARAと言えば今や飛ぶ鳥を落とす勢いのK-POPアイドル!
韓国でも解散の危機を乗り越え、メンバーチェンジを経て代表曲「ハニー」が韓国で初一位となり、昨年はヒップダンスを売りにした「ミスター」で日本でもブレイク!

そんな俺も、日本のバラエティー番組に出た時のあまりのキャラの面白さで一発でファンに!

しかも、ミスター以外の曲もホントに素晴らしくて、とにかくサイコーなのだ!
で、韓国のテレビ番組とか見ても、この人たち本当になんでもやるのね。
その一生懸命なひたむきさが、本当に見ていて感動させられるのだ!


ただ、そのなんでもやるひたむきさが今回の事務所離脱騒動の発端になったかも知れないから皮肉なものだ・・・。

だって、向こうのテレビ番組で見たけど、あんな国民的アイドルなのに、アパートで共同生活させ、今時、二段ベッドですよ!
しかも、たんぼの畦道でパフォーマンスさせたり、阿保なバラエティーにたくさ出させられたり、めっちゃ過酷なの。

いつ、こんな事が起きるかわからない状態ではあった・・・。

しかし、やっぱりさ、東方神起もそうだけど、タイミングってもんがあるでしょう。
せっかく彼女らの魅力に惹かれファンになった人がたくさんいるんだからさあ。
本人たちだってやっと苦労して成功を掴みかけたところだったのに・・・。

まあ、一体どうなるかはわからないけど、頼むからあの五人でもう少しやってよお。

女の子アイドルは今しかない若くて輝いてる時期は短いんだから。
大人になって、もっと違った魅力が増しては来るんだけど、この時期にしか発しないオーラはめちゃ短い。
だから、せっかくの時間を無駄にしないで欲しい。

そして、ファンの気持ちをないがしろにしないで欲しい。

劇団ひとりも悲しむだろうなあ・・・。

今日は新年初スタジオ!!

今日は新年初スタジオでした!

で、かなり充実した練習だったんではないかい?

正月明けに作った新曲も、初めて試してみたんだけど、まだまだこなれていないとは言え、一回めにしては上出来だったと思う。

その他、既存の曲も新たなアレンジで新鮮に生まれ変わった感じだし、いいんでないかい!

まあ、今年は昨年出来なかった事、うやむやだった事をすべてクリアし、フレッシュな気分でいろんな事にチャレンジしていきたいと思う。


課題、宿題も山積みだが、気合いで乗り切り最高なバンドにしていきたい。


来週は早速、合宿です!やるぜ!

改めて

昨年11月から毎週ライブという過酷スケジュールだったのと、肝心の正月休みも悪性の風邪でパーにしたんで、改めて仕切り直し!!
既に新年ライブは東京で一回終わっているんだけど、相変わらず間違えたまんまのプレイを是正出来ない人もいるし、改めて明日から気合い入れ直し!

てな訳で明日、新年初スタジオ!

今日は今年のバンド課題と、個人練習をガッツリやったよ!
次のライブてこないだ作った新曲が披露出来ればと考えている。


さあ!改めて今年もいくぜ!


写真は今日の朝の大雪!

明日も早起きせねば!

新年2発めは京都!!


いや~、なんだか昨日のサーフィン、めっちゃ寒いなと思ったぜ~っ!

いきなり昨日の夕方からすっごい雪!!
おかげで今日はバンドの事務的なことや練習が沢山出来ました!!
スケジュールも追加アップしましたぜ!!

てな訳で新年2発めのライヴはなんと久しぶりの京都!!
燃えるぜ~っ!!

その後もまたもや渋谷Lushにて今年東京2回目ライヴ!!

今年も気合い入れていくぜ~!!
あっちょ~っ!!






2/6(日) 京都祇園SILVERWINGS 
     
『やりたいことをやれ!vol.18』
18:00/18:30 \2000(+D)

SGT
SWITZ!
木村三郎
HELMET
UNDERGROUND
ガチャキング
BLUEIII

チケット予約

BLUEIIIホームページ
燃えよドラゴンLD

サーフィン帰りにハードオフに行ったら懐かしや「燃えよドラゴン」のレーザーディスクが1000円未満で売られていた。

結局、買わなかったけど、DVDはおろかブルーレイが主流になりつつある今の時代、レーザーディスクはVHS、いやそれ以下の前時代的モノだが、この大きくて派手なジャケット。

アナログレコードと同じ大きさ!

なんかいいですね!
部屋に飾っておくだけでもいい。


でも、やっぱりなんだかんだで便利なモノには敵わない・・・。


そろそろ俺もブルーレイプレイヤー買おうかな?

初サーフィン!

年末から年明けてからずっと悪性の風邪をひいちゃって、正月休みとかなーんも出来なかった・・・。

で、先週のライブも微妙に治ってなかったんだけど、なんとか身体から風邪ウイルスが去ってくれました!

で、毎年恒例の年始サーフィンを遅れましたが本日無事行いました!

とは言え、今日は普段より更に異常な寒さ!
こんな日に海に入るのは正気の沙汰ではないですが、とりあえずこれをやらなければ今年が始まらない!

てか、この一回めの波に乗らなければ、今年一年上手く波に乗ってけないんだよね。


だから、激寒いけど気合いで海に入りました!


やっぱりと言うか当たり前なんだけど、サーファーの数は少なくたった四人!

そのかわり贅沢にも波が余ってる状態だった。

凍るような水の中、かなり乗り放題!

すごくいい波にも二回乗れた!

さて、今年もうまく波に乗っていけるだろう!


今年も改めて始まりました!

今年もやるぜ!

AKB48は日本を救うか!?

それにしてもAKB48の勢いはとどまるところを知らないね~!

ちょっと前は一部の熱狂的オタク的マニアだけのモノだと思われていたのに、今では知らない人はいないんじゃないか?と言い切っていい程、国民的アイドルとしての地位を確立してしまった!


しかも、今までのCD売る為に全国ツアーする・・・っていう売り方の観念まで逆手に取り、整地である秋葉原にAKB劇場を作り、そこで毎回公演をやるという画期的方法!

まあ、プロデューサーの秋元康氏は、計画的だったとは思うけど、まさかここまで大きなムーブメントになるとは思ってなかったんじゃないかなあ?

だって、三年くらい前には一度紅白出場だって逃してるし、普通にアイドル的人気はあったとは思うけど、今のこんなスゴイブームになるなんて!

いや、新しいモノ好きな俺は、それこそデビューして少し経ったくらいからちゃんとチェックはしていた。
見も聴きもしないで非難するのもなんだし、俺自身、気になってたから・・・。
で、多分、デビューして二枚めだか三枚めだかのシングル「制服が邪魔をする」はバッチリCDまで買った!
見たいから初回盤のDVD付きを(笑)!

で、見たんだけど、やっぱり秋元康氏の旧態然とした曲作りが馴染めなかった。
だって、これ、オニャンコじゃん!


いや、俺ら世代にはやっぱりオニャンコ時代とほぼ変わらない感じなんだよね。
まあ、この感想は比較的新しい曲の「BEGINNER」や「ヘビーローテーション」まで全然変わらない。

だから、初めて聴いた「制服が邪魔をする」でAKBは俺の中では、違うと思って、そのあと永久にこのCDは棚にしまわれる運命だと思っていた。

ただ、やっぱり戦略家と言うか何と言うか、しっかりこの路線を守り大事に何年もかけて育てていったんだろうね!

それとオニャンコ知らない若い世代には新鮮に聞こえるだろうし、オニャンコ世代には懐かしい感じがしてたまんないかもしれない。
それと、ホント、各メンバーのキャラ立ちがハッキリしていて、これも昔の操り人形みたいな事務所の言いなり的アイドルと違ってよいと思う。


で、改めて「制服が邪魔をする」見てみると、これがまたスゴイ。

たった三年でこんなに変わるのか!

いや、めっちゃ垢抜けちゃったなあ!
女の子って、たった三年でこんなに変わるのかよ!

いや、中には絶対整形してるコもいるし、AV女優になったコもいるとか・・・。
しかし、こんな頃から頑張ってたからこそ今の彼女らの大成功があるんだから、このPV見ると涙出てくるね。

しっかし、あっちゃんはもちろん、大島とかたなみなとかみんないるんだなあ。
あー、俺も頑張ろ!
写真は「ヘビーローテーション」の方。
「制服が邪魔をする」の写真にすればよかった(笑)!

死亡遊戯噂の真相

ちょっと前に知り合いのブルース・リーファンから、「2ちゃんで、死亡遊戯のビリーが変装するときのシーンはジェームス・ティエンが演じていると噂になってるけど、ホントすか?」と、質問されたことがあった。

72年の撮影当時、つまり「G.O.D/死亡的遊戯」の頃ならともかくロバート・クローズが監督してる78年当時、わざわざ似てもいないジェームス・ティエンがリーの代役で出演しに来る訳ないだろ!と、思うなかれ!

実際のシーンを改めて見てみますか!

うーん、眉をしかめてる顔はティエンっぽく見えなくもないけど、どっちかと言うと、「秘録ブルース・リー物語」に出てたBRUCE・K・L・LEAに似てるかも(笑)。

で、ホントの正体はタン・ロンか、例の実業家だかだけど、サングラス外す前が実業家だから、そのまま実業家の代役なんではないかい!?

さて、真相は?

ティエンだったら夢はあるけど・・・。

グリーンホーネット前売券

どうでもいいけど、我等がブルース・リーの出世作でもある「グリーン・ホーネット」のリメイク版、ちっとも話題になってないんですけど!

てか、やっぱり監督もよく知らない人だし、主演のセス・ローゲン、カトー役のジェイ・チョウも日本じゃ全然知名度ないしね。

せめて、ブリット役に、ジョージ・クルーニーとかトムクルーズとか使うとかさ、カトー役だって、せめてジェット・リーとかトニー・チャーとか使わなくちゃ!
唯一、知名度あるのがキャメロン・ディアスってのがまたイタイ・・・。

それか、思い切って近未来的な設定にするとかさ。


まあ、そんな文句言いつつ、俺の住んでる郡山の映画館でも3Dで上映されるってんで、間に合わないと思いながらも前売券を買おうと電話を・・・。

ところが、郡山ではやることはやるけど、前売券は扱ってないんだと。

いや、なんでも前売券買うと、特典で、ホーネットのマスクがプレゼントなんだと。
で、仕方なく、仙台に住むロック友に連絡したら、すぐに仙台の映画館に電話して、買って来てくれた!

てか、数に限りがあるってんで、既に来週から封切りだし、特典なんてないかなあ?と思っていたら、普通に買ってくれました(笑)。
写真がそのホーネット(アイ)マスク(笑)なんだけど、いくら話題になってないとは言え、この展開はないんではないかい!?

いや、不安材料ありまくりですが、映画自体は仙台遠いから郡山で見ようと思います。

いよいよ上映は1/22から!
さあ!21世紀のグリーン・ホーネット!
楽しみに見に行きましょう!?

やり直し!

今日は昨日、完成した新曲を一日中、ぼ~っと考えてたら、結局、またいろいろなアイデアが浮かんで来た。
で、帰って聴き直したら歌詞もイマイチダサいので、もう一度やり直すことにした。

お風呂でいろいろ構成を考えて、録音し直し作業が結局、夜中12時・・・。
明日にしようかとも思ったんだけど、一日も早くメンバーに渡さないと、憶え悪いからさ。

自分の課題、宿題は絶対に後回しとか次の日とかにまわさないようにしてる。
今日やれることを、やれ仕事だ、やれ買い物だとか忙しいせいにしていると、一年、結局、何も出来ないで終わってしまうからね。

そんな言い訳はしたくない。

で、頑張ったかいあって1時にはすべての作業終了!
これで、メンバーに明日には渡せるわ・・・。


さて、寝よう!

下北沢DaisyBar イベントレポ


さて、1/8に行われた下北沢DaisyBarのイベントレポです!!

1バンドめの青い麦!

オオッ!って感じの期待のニューバンド現るって感じでしたね!!
とにかくカッコイイオーラを放つボーカルに、きらびやかなギターを核に、タイトでコミカルなキャラのリズム隊が締めるスタイルで、とにかく曲がよい!!
なんと、ボーカルの人は同じ郡山出身というのも嬉しかった!!
それに、前にベースの人もBLUEIIIのライヴを見たことあるそう。

打ち上げでもボーカルの人とKARAの話で盛り上がった!!

2バンドめthe waruinamida!

このバンドと新年からやると、その年はホントいい年になるんだよね!
今回もスキルの高い演奏とテンション高めのボーカルは更にパワーアップ!!
なんやらメロウでキャッチーな曲も増え、すごくよかったし、勉強になりました。

トリがTHE MIDNIGHTS。

やっぱり長くやってるバンドは音のうねりか方が違う!!
それに、本当にTHE MIDNIGHTSもよい曲ぞろいなんだよね。
こういうバンドを見てると本当に安心します!!


3バンドめに登場のBLUEIII!

同じセットだったんで無難に決めたつもりなんだけど、相変わらず間違い多いし、今年はもっとちゃんと演奏できるように心がけたいよ。
同じことが出来ないなんて、音楽的にありえないから。

それでも盛り上がってしまうところがこのバンドの悪いところ・・。
今年はもっとしっかりやりたいね。

まあ、しかしライヴの盛り上がりはホントすごくて、幸先のよいスタートが切れたと思う。
この勢いで2011年も突っ走っていきたいね!!

来ていただいたお客さん、お店スタッフのみなさん、対バンのみなさん、本当にありがとうございました!

今年も頑張ろう!!!




LEGENDOFROCK

これ、前から気になってたんだけど、めちゃお得だねえ。

まあ、中身はテレビ番組のビートクラブを寄せ集めただけなんだけど、それにしてもこんだけ集めるのはスゴイ!

ラモーンズにTレックスに、ツェッペリンにドールズなど、とにかくロック黄金時間のアーティストをすべて収録した・・・って感じ(笑)!

いや、昔ビートクラブって、何組かのアーティストを抱き合わせてVHSで売ってたんだけど、高くて買えなかった。

だから、こんだけ収録して1260円って値段!

ホント、ロックビギナーにはうってつけだし、マニアにも珍しい映像があるんで買ってみては?

てな訳で、昨日のライブレポは明日にでも!

寝ます。

今日もサイコー!

いや~、新年一発めライブ、無事終了しました!

てか、めちゃめちゃ大盛り上がりで大成功でしたあ!
なんかすごく幸先のよいスタートが切れた感じ!


この勢いでBLUEIII、2011年を駆け抜けます!

てか、新年からまたまた朝帰りだあ!
いやいや、これがロックンロールって事で(笑)!


レポは明日!

とりあえず寝ます!

明日は下北で新年初ライヴ!!


てな訳で昨日から見ていた「戦闘少女」を見終えたんだけど、今回のは更に更にパワーアップしててすごかった!!

主役の3人はその名のとおり超美少女なんだけど、ナース服の一人はタコ人間になっちゃうし、(ポゼッションみたい・・・)敵の女の子もすごくて、耳が腕になってる子とか、お尻からチェーンソー出す子から胸が日本刀になってる子とか、もう、小学生でも考えないようなバカやり放題!!

残酷シーンのオンパレードなんだけど、何故かやりすぎで笑えてしまうという・・・。
「ロボ芸者」もすごかったけど、今回の戦闘少女が文句なしにナンバーワンですね!!

絶対、ヒマな人のみオススメ!!


そして明日はBLUEIII、新年一発めライヴです!!
ご予約は明日昼12時くらいまで受付ますのでよろしくお願いいたします!!

明日はBLUEIIIと東京でバッチリ新年をR&Rで飾りましょう!!!




1/8(土) 下北沢DaisyBar   
『DaisyBar Happy New Year Rock'nRoll Show '11』
18:30/19:00 \2000/\2300(+D)
THE MIDNIGHTS
the waruinamida
青い麦

チケット予約

BLUEIIIホームページ





竹田梨奈 KG


「ハイキックガール」で颯爽と現れた竹田梨奈ちゃんの最新作「KG」がいよいよ公開される。

とは言っても前作「ハイキックガール」は、主演の梨奈ちゃんの魅力が出ていたとは言い切れず、しかもまるで空手の教則DVDを見てるような内容だったので、今度こそ期待したい!!

とにかく主演の梨奈ちゃん、清楚なかわいさと爽やかさがあって、しかも空手の実力は本物なだけに、ちゃんとした脚本とよいスタッフがいればブレイク間違いない!!

てか、どうせなら「ロボ芸者」とか「片腕マシンガール」の製作陣に好き勝手作ってもらいたいもんだ!!
そんな訳で今日はそんな井口監督最新作のい「戦闘少女」を少しだけ見て寝よう!


てか、個人的にこちらの竹田梨奈ちゃんのイメージDVDの方が気になるのであるが・・・(笑)!


竹田梨奈ANGEL RINA
どうなる!?グリーンホーネット

生誕70周年がなかなかの盛り上がりを見せた'10年!

またまたブルース・リー氷河期・・・まではいかないけど、このまま落ち着いてしまうのか!?とマニアはがっかりするのはまだ早い。

そう、ブルース・リーの出世作となったあの「グリーンホーネット」のリメイク版映画公開が新年早くもあるじゃあないかい!?

とは言えこの「グリーンホーネット」のリメイク、完成までに、チャウ・シンチーからニコラス・ケイジまでもが次々と降板・・・。揚げ句、せっかく完成したのに、プロデューサーから「こんなもん、グリーンホーネットじゃない!いっそ 3Dにでもしろ」とかのクレームで'10年公開予定が今年に延期に・・・と、言ういわくつきの映画だ。

で、チャウ・シンチー降板前も、なんと90年代から企画があがっては立ち消えを繰り返していたと言うから呆れる。
(カトー役にはジェイソン・スコット・リーやジェット・リーまで候補だったとか)


で、やっとブリット・リード役をセス・ローゲン、カトー役をジェイ・チョウ、ヒロイン役にキャメロン・ディアスと言うメンツで完成した。


完成したのはよいんだけど、問題なのはこの作品がなんとコメディーってこと。
あの、シリアスドラマが何故にコメディーに!?
まあ、同じテレビシリーズの「バットマン」がテレビではコメディーっぽい作りを映画でシリアスにして成功したから、「グリーンホーネット」では逆にしたのだろうか?

それと、ブルース・リーマニアが心配なのが、ジェイ・チョウにカトー役が務まっているのか?ということ。

だって、彼ってミュージシャンとしての才能はともかく、役者としては限りなく?だからだ。

彼の「頭文字D」も、「カンフーダンク」も見たけど、とにかく表情に乏しい!

さて、「映画秘法」今月号の表紙が主役二人を差し置いて、真ん中がキャメロンなんだけど、マスク付けていてもわかるこのジェイの無表情ぶり。
う~ん・・・。


さてと、今月いよいよ公開!
「映画秘法」で早くも特集されてるんで、ぜひ読もう!

「映画秘法」ではこの他、ブルース・リーに関してもいろいろあるよん!

それより「ハイキックガール」の武田莉奈ちゃんの最新作「KG」の特集インタビューもあるんでぜひ!です!

今週土曜は新年一発目!!


さてさて、新年始まって、いきなりライヴです!!

何も予定ない方!!ぜひぜひBLUEIIIとライヴモードを楽しみませんか?
待っております!!





1/8(土) 下北沢DaisyBar

  チケット予約 →予約 
    
『DaisyBar Happy New Year Rock'nRoll Show '11』
18:30/19:00 \2000/\2300(+D)

THE MIDNIGHTS
the waruinamida
青い麦
スターたちの最期

この本も、コンビニに売ってた昨年出たやつだけど、やっぱりブルース・リーの物語を紹介。

が!先日紹介した「ブルース・リー物語」と同じ人物の事を扱ったとはとても思えない内容(笑)!

情報がなかった70年代ならともかく、淡泊過ぎ!!


どっかの古本屋で見かけたらぜひ読み比べを!!




プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。