BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
今週末、三軒茶屋へヴンズドア!!


さてさて、今週末はBLUEIII、東京は三軒茶屋へヴンズドアでライヴです!!

なんと、ヘヴンズドア、20周年記念イベント!!
友達のエドウッズも出るし、もの凄い濃厚な一夜となること間違いなし!!

俺もトミー・ボーリンで頑張ります!!(ヘロ○ン打ってライヴはしませんが・・・)

みなさん、ぜひぜひおいでください!!

三軒茶屋へヴンズドア
12/4(土)
【Smash your Brain!!】

前売\2,000
当日\2,300
(※e+発売中)
open/start 18:30/19:00

ED WOODS デッドバンビーズ
QP-CRAZY
Japonica'10(1000000$boyz)
BLUEIII



写真は「ラスト・コンサート・イン・ジャパン」商品一覧(笑)

ラスト・コンサート・イン・ジャパン


今日は第4期ディープパープルの「RISES OVER JAPAN」のフイルムコンサートヴァージョンを見てます。

この日本武道館コンサートはあの悪夢のライヴ盤「ラスト・コンサート・イン・ジャパン」としてレコード~CD化されていますが、そう、俺のNO.1フェイバリットギタリストであるトミー・ボーリンが、前の公演のジャカルタだかで打った悪性のヘロインの影響で、腕がイカれてしまい最悪な演奏が収められてしまった・・・。

しかも、尚悪い事にこの模様がビデオとして商品化もされてしまいトミー・ボーリンの評価を下げてしまったことだ。

しかし、俺くらいの信望者となると話は別で、意外な聴き方をしているから、こんなトミーもまた好きなのだ。
で、改めてCDの「ラスト・コンサート・イン・ジャパン」を聴いてみると、やはり面白いくらいに弾けていない・・・。
トミーもトミーだけど、仲良しのグレン・ヒューズもまた「カリフォルニアジャム」のグレンはどこへやら!?の手抜きぶり・・・。

トミー「BURN」のとっぱじめのリフからして弾けていなくてジョン・ロードのハモンドであの有名リフを弾く始末・・・。
ギターソロになると更にボロボロで、自分のいつもの手癖フレーズを無理やりぶち込もうとして、スケールアウトしてるし、リッチーがバッハのコード進行を取り入れたというあのクラシカルフレーズももちろん無視!
代わりに中学生でも弾けそうな単純なソロにしてしまっている(そのソロさえ怪しい・・・)。

で、ライヴ全体的にこんな状態が続く・・・。
特に第2期の曲が酷い・・・。

でも、何故か俺はこんなトミーも好き!!
なんか、めちゃくちゃパンクな感じが素敵で!!

しかも、今日見てる映像つきになると更にカッコよく見える。
こんなぐだぐだなのに、スカした顔で演奏をするトミーの姿がめちゃカッコイイのだ!
で、観衆はすごすぎる熱狂ぶり!!
確かに日本でのトミー評価は酷いんだけど、当時、このコンサートを実際に見た人の証言を聞くと、みんな絶賛しているんだよ!!
やっぱり、記録として残ったもをの聴くのと、実際に生で観た人の感じ方は違うのかもしれない。

今日観ているこのフイルムコンサートヴァージョンはブート」で最近出たものなんだけど、商品化されたヴァージョンより、この熱狂ぶりがよく伝わってくる!!
最後の「ハイウエイスター」では熱狂しすぎてグレン・ヒューズに、抱きつくお客や、グレン自身、乗っていたのか、愛用のプレベをステージに放り投げる(!)という行動までしている!!

それに、何年も前にリリースされたこの「ラス・コンサート・イン・ジャパン」の2枚組完全盤CDでは、意外によい演奏も聴く事も出来る!!

特に、第4期の曲になると、不調にも関わらずかなり健闘しているトミーのギターが聴けるばかりか、グレン・ヒューズでさえ、「ディス・タイム・アラウンド」などではいつもの素晴らしい歌唱を聴かせてくれているのだ!!

コレ聴くと、「ラスト・コンサート・イン・ジャパン」は、酷い、悪い演奏ばかりをわざと選んで編集したのでは?と勘ぐりたくなるくらい完全盤はいいところがたくさんある。

まあ、日本での公演だし、かの「ライヴ・イン・ジャパン」と曲目も似たように第2期の名曲ばかりに絞ってああいう編集にした結果ではないかとも思う。

俺はまあ、これはこれでありだと思うのだが・・・。
これがあって、あの発掘ライヴアルバム(ブートや渋谷陽一先生のサウンドストリートでも前やりましたが)「ロングビーチアリーナ」もあるとトミーの二つの面が見れてとても面白い。

現在の毎晩、可もなく不可もない無難な安定した演奏を繰り返すミュージシャンばかり見ていると、やはりムラはあるが、毎回違う演奏をするこの時期のアーティストの方に魅力を感じるかなあ、俺は・・・。
仙台enn3rdレポ


昨日の仙台enn3rdに来ていただいたお客さん、主催のThe Black Light Junkysさん、お店スタッフのみなさん、対バンのみなさん、ありがとうございました!

全10バンドという長丁場という事もあり、さすがに全てのバンドさんは見れませんでしたが、見たバンドさんの感想などを・・・。

jami jami JUNKYS はThe Black Light Junkysのメンバー+じゃみネエというトリオ編成だったんだけど、今回はケロちゃんというサポートギタリストを加え、4人編成でのライヴ。
これが、かなりよかった。
R&RのスタンダードカバーをじゃみネエのVOに乗せて演奏するスタイルはかなりスゴかった!

JETT3は、いい意味で変わらない感じがたまらなく感動した!!
彼らには変に小器用にならず、ずっとこのまま突っ走って欲しいものである。

THE VIP KILLERSはとにかく曲が最高によかった!!演奏もタイトで、リズム隊のグルーヴ感が素晴らしく、女性ドラマーのコーラスも凄くよかった。

THE WAYBARKは、VOのダイチくんが髪型変わった以上にライヴ自体がすごく締まっていてびっくりした!!
余計なアクションはあまりやらず、曲で勝負とばかり次々と素晴らしいナンバーを演奏するスタイルはこれはこれでありかも!?と思った。
俺的には、前までのはっちゃけたライヴも素晴らしかったですが。

LAZYgunsBRISKYは女の子4人のR&R!
4人ともめっちゃ可愛くて、まるでバンド版のKARAか!?というくらい全員美しいですが、奏でる音楽はそれ以上かも?
特に、異常な歌のスキルを持ったボーカルと、髪を振り乱しながらコーラスをとるグレン・ヒューズばりのベーシストが個人的にカッコよかった!

カイサンキングはビートパンクというか、懐かしい感じもするパンクバンド!
G,VOのキャラが楽しくて、歌詞がまた面白くて引き込まれるバンドでした。

主催のThe Black Light Junkysはレコ発後とあって気合い十分!!
相変わらずG,VOの愛ちゃんのブルースギターはすごい!!
多分、あのスタイルのギターは東北一ではないですか?
リズム隊も本当にタイトでジャンクでカッコイイ!
ベースのコのデス声コーラスも最高でした!!

で、俺たちBLUEIII!
何故かまたもや大トリをつとめさせて頂きましたが、お客さんもかなり残っててくれたし、大盛り上がりでうれしかったなあ。
前のブルー・ワンのKENちゃんも来てくれたし、嬉しかった!!

打ち上げでも信じられないサプライズもあり、とにかくいい日でした!!

てな訳で仙台も大成功のうち終了!!

さて、来週はまたまた東京でライヴです!!
頑張っていこう!!






楽し~ッ!仙台!!

や~、マジで楽しかった!
これだからやめらんないぜバンドライフ!

で、またまた朝帰り・・・。
いや、これでいいのだ!

レポは明日!
とりあえず寝ます!


みなさん、ありがとうございました!
お疲れ様でした!

明日は仙台enn3rdでライブ!!

さあ!明日は仙台enn3rdにてライブです!

実は明日は・・・

そうです!

明日11/27はブルース・リーの誕生日なのです!

しかも、今年は生誕70周年記念!

我々、BLUEIIIも、NHK「熱中スタジアム」のブルース・リー特集に二週に渡りゲスト出演したり、大阪で行われたあの「ドラゴン怒りの鉄拳」の共演者、勝村淳さんとご一緒に70周年イベントに出演したりと、ホントに素晴らしい年となった!
また、六本木で行われた「奇蹟のブルース・リー展」ではマニアのみなさんとご一緒に観覧できたし、ブルース・リー関連の書籍やドキュメンタリーDVD、「危機一発」の正規盤CDや、「グリーンホーネット」CD再発、ブルーレイの販売等、70周年に相応しい商品リリースラッシュに、財布の紐が緩みっぱなしでした(笑)!


そして、いよいよリバイバルブームの火付け役とも言える書籍が再販された!

そう、あの映画秘宝の傑作書籍「ブルース・リーと101匹ドラゴン大行進」が装いも新たにリニューアル出版!

まあ、中身は全く変わっていないんだけど、未だにこれを超えるブルース・リー本はないんじゃないか?と思っている。

どうしても、ブルース・リー関係の本と言うと、格闘技方面もしくは、映画方面だけとか、単にサブカルっぽい扱いの偏った感じになってしまうんだけど、この本はかなりバランスよくブレンドされていると思う。
いや、とにかく面白いのだ!
ブルース・リーを見たい気持ちにさせるのだ。

しかも、この本ではブルース・リーだけでなく、70年代第一次カラテ映画ブームに活躍したスターも対等に紹介。
この辺も、70年代当時、映画館でブルース・リー映画や香港カラテ映画を観まくった人たちには堪らないだろう。

今回のリニューアル版は、中身こそ同じながら、表紙デザインが抜群にカッコイイ!

しかも、唯一、新しく付け加えられた新しいあとがき!
これがかなりジンと来ます!

もう何十回読んだがわかんないけど、また読み返してみたい。

そして明日!

いよいよブルース・リー70回めの誕生日!

ご一緒にBLUEIIIと一緒に祝いましょう!

ぜひ明日は仙台へ!

よろしくお願いいたします!

今週末土曜は仙台enn3rd!!


KARAのニューアルバム・・・てか日本デビューアルバム「ガールズトーク」が本当に最高なんだけど、先週の新代田FEVERの興奮も冷めやらぬうち、またもBLUEII、仙台にてライヴです!!

今回は、The Black Light Junkysさんのイベント!!
今回も、大好きな主催のThe Black Light Junkysはじめ、WAYBARKや、友達のjami jami JUNKYS まで出演する楽しすぎるイベント!!

今週末土曜は仙台enn3rdに集合です!!


11/27(土) 仙台enn3rd 
 
『GROOVE JUNKY NITE 004』
15:30/14:00 \1500/\2000(+D)

w/カイサンキング(東京)、JETT3、The Black Light Junkys、LAZYgunsBRISKY、ロマンチスト
 THE WAYBARK、THE TRADITIONS、THE VIP KILLERS、jami jami JUNKYS 

チケット予約


よろしくで~す!!
SPEEDLIVE2010DVD

もう、ジャケからしてカッコイイSPEEDの最新ライブDVDが届いたぜ!

今年、夏のツアーから大阪城ホール公演をパッケージした「GLOWING SUNFLOWER SPEED LIVE2010@ 大阪城ホール」

先行でWOWOWでもショートバージョンを放送したけど、これは当日やった曲順通り、アンコールまで収録した完全版!

俺はこのツアー、仙台公演のみ行ったんだけど(新潟は前から10列めをチケット取ったのに、NHK「熱中スタジアム」収録で行けなかった・・・)この大阪公演では、仙台ではインストのみだったあの名曲「April」をフルバージョンでやった・・・てか、この曲って、言わばSPEEDが解散決定した時の曲で、今まで生で歌われた事がなかった。

だから、めちゃくちゃ貴重で、この曲の後、いきなり「my graduation」て、俺あ、DVD見ながら泣いてしまったよ。

と、思ったらエリちゃん、泣いてんじゃん!
感動だなあ。


今回の選曲って、意外にも03年の再結成アルバム「BRIDGE」(名盤です!)からの曲が多くて、オープニングからして、めちゃロックな「Bridge tO Heaven」から「Still Blowing」、続けて「S.P.D」「Body&Soul」と言う、硬派な感じのSPEEDでぶっ飛び!

中盤にヒット曲をおき、アンコール一発めが「Go!Go!Heaven」
仙台公演では、なんと間奏部分ではヒトエちゃんのギターソロならぬダンスソロ!
その後、エリちゃんが客席にダイブ(!)した後、ステージ階段を3周ダッシュしてジャンプ!と言うミック・ジャガー顔負けのアクションで、目が点でしたが、本DVDでは!?

てか、最近、はじめHIRO派だったんだけど、完全にエリ派です(笑)!
まあ、SPEEDは全員カッコイイんですが・・・。


二回めのアンコールでは、この時最新曲だった「指環」に、何と01年の一回きり再結成曲「One More Dream」でシメた!(他の公演先ではこれやる前にエリちゃんのソロやったとこもあったそう)


てな訳で、SPEEDファンマストアイテムですね!
WOWOWで見た人も絶対買うべし!
あんなのただの予告編です(笑)!


それにしてもこれ見て改めて思ったんだけど、やっぱりSPEEDは当たり前なんだけどカッコイイってこと。
この無敵な感じが凄いんだなあ。
各ソロ活動も、それなりにはよかったんだけど、四人集まると、ホントに無敵って感じがする。

俺にとってSPEEDはアイドルなんかでは全然ないの。ブルース・リーとか、ストーンズとかさ、最強のヒーロー(ヒロインではない!)であり、アーティストなんだよ。

やー、やっぱりSPEEDカッコイイ!


今回のDVDジャケってさ、「Go!Go!Heaven」の PVを思い出すよね。
子供の頃もカッコよかったけど、今のSPEEDもカッコイイですぜ!

SPEEDサイコー!

スゴかった新代田!


昨日の新代田フィーバー、来ていただいたお客さん、主催の撃鉄さん、新代田フィーバースタッフのみなさん、対バンのみなさん、本当にありがとうございました!!

さてさて、昨日は本当にカルチャーショックな一日だったなあ・・。
やっぱり今の若いバンドさんには本当に刺激を受けますね!!
俺たちと発想からして違うというか・・・。

とにかく新しいんだよね。感覚とか考え方とかが。

まず、1バンドめ・・・てかソロの坂上弘 さん。
全くと言っていいほどライヴハウスに何故?なご高齢の方ですが、まずイベントの「撃人間コンテスト」の開会宣言と、自らのパフォーマンス!!

これがまたスゴカッタ!!
いきなり「千と風にのって」で見事な歌声を披露!!
最後は尾崎豊の「卒業」で締めたんだけど、あんな感動的な「卒業」は聴いたことが無かった!

で、2番目がBLUEIII。

昨日はワイヤレスの調子悪くて、てけてけのサウンドで、納得いかない感じだったんだけど、お客さんの受けはもの凄かった!!
またまたでかいラインダンスの輪!!
CDもよく売れたけど、やっぱり外国の人の方が絶対的に喜んでるなあ・・・。

3番目がBOGULTA!
ギター&ドラムの2人編成(最近多いね!)なんだけど、異常に音が厚い!
多分、オクターバーとかピッチシフターとか使ってるんだろうけど、それを豪快かつたくみに使いまくってしかも、バリバリ変拍子なんで、スゴイ演奏!!
お客さんも熱狂してましたね!!

トリの撃鉄さんもまた、新世紀バンドというか、まるでルーツが見えてこない不思議なロックだ!
しかし、何故か凄くキャッチーなんだよね!
めちゃめちゃ音はハードなんだけど、一緒に歌えちゃうというか・・・。
凄く楽しかったですね!!

そんな訳で昨日は本当に勉強になったイベントだったなあ・・・。
それに、面白かったです!!

昨日は。あと、ミート ザ ホープスのノブさんや、パーティーズのべティーちゃんとかも来てくれて楽しかったなあ。
うちのCD出してくれてるWさんや、CDのデザインしてくれたNatsuyoさんも来てくれたし、嬉しかった。

今回のイベント誘ってくれた撃鉄のマネージャーのツルギさんもかなり前からのお知り合いで、KARAのマニアック話で盛り上がったしで、やっぱライヴは楽しいです!!


そんな訳で来週土曜日も仙台にてライヴです!!
頑張るぜ!!!
無事帰還!

またまた楽しかったス!

詳しいレポは明日にでも!
とりあえず・・・


寝ます!

明日は新代田フィーバーでライブ!!

さてさて今日は、朝8時に起きて明日のライブの準備と、レコーディングのデモ録る為のデジタルMTRの操作方法の確認したり忙しかったなあ。

あと、当たり前だけど洗濯したり、掃除機かけたり、お風呂のカビとり及び洗ったりと夕方まで大変大変(笑)!

で、7時から3時間びっしりスタジオに入って、明日のリハとレコーディングのデモ録り!

おかげさまでバッチリ決めました!


そして明日は、東京は新代田フィーバーにて撃鉄さん主催のイベントにBLUEIII、出演いたします!

またまたパワーアップしたBLUEIIIライブ見て、元気になりに来て下さい(笑)!
明日の昼12時までご予約受け付けておりますので、焦らないでぜひぜひ!
次の日も勤労感謝の日でお休みなんで、みんなで騒ぎましょう!

お待ちしてまーす!!


11/22祝(日)

新代田 FEVER 
    
『撃鉄 presents 「第一回 撃人間コンテスト」

open18:30 start19:00 
adv2000 /door 2300(共にドリンク代別)

出演

撃鉄
BOGULTA
坂上弘

チケット予約

明日から超忙しなので

明日は夜にレコーディング用のデモ録りと、あさってのライブリハでスタジオ!!

日中も、デモを録音する為のデジタルMTRのチェックと、ギターのタブリングパートやオーバーダビングの確認とかいろいろ忙しいや。

で、あさっては東京は新代田フィーバーにて撃鉄さん主催によるイベントに出ます!

で、今日は先週、レコーディングの準備や、仕事までめちゃくちゃ忙しかったんで、完全オフ!
完璧に遊びまくりました(笑)!

で、リフレッシュに海へサーフィンへ!

まるで台風来てんのかな?と思わせる荒れた海でしたが、かなり乗れたんで大満足!
帰りも、また古着屋寄ったり、雑貨屋寄ったりして遊びまくり・・・。

さてと完全に魂洗浄も済んだんで明日からバッチリ決めます!

さて、頑張っていきますか!

今度の月曜、新代田フィーバーでフィーバー!!


さてさて、次の月曜日11/22に新代田フィーバーで撃鉄さんのイベントに出演いたします!!

平日ですが、次の日は勤労感謝の日で休みだし、ぜひぜひおいでください!!よろしくで~す!!




11/22祝(日)

新代田 FEVER 
    
『撃鉄 presents 「第一回 撃人間コンテスト」

open18:30 start19:00 
adv2000 /door 2300(共にドリンク代別)

出演

撃鉄
BOGULTA
坂上弘
燃えよドラゴンテレビ放送版

こないだの「ドラゴンへの道」テレビ放送版に引き続き、ニャンと!会社の先輩が、昔のベータビデオを整理してた時に「燃えよドラゴン」まで発見!

これ、日曜洋画劇場と同じバージョンなんだけど、85年に神奈川で再放送した時のモノなんだって!
85年て事は、「リターン・オブ・ザ・ドラゴン」公開時に近いし、つまり神奈川の人たちは「ドラゴン怒りの鉄拳」「ドラゴン危機一発」同時期に「ドラゴンへの道」と「燃えよドラゴン」も見れたんだなあ。
うらやましい!

で、結局、またまた一気にラストまで見ちゃったんだけど(笑)、やっぱり富山敬版はいいわあ~!
来月、いよいよスペースバトルシップヤマトが公開されますが、古代進の声は富山さんでしょう!

で、英語で「どんっしんっ、ふぃ~~~る!」よりも、富山さんの声で「考えるな。感じるんだ!」の方が日本人には説得力あったかも!?
てか、当時、俺みたいなマセガキはともかくクラスのガキどもで、映画館でブルース・リーを見たのって全くいなくて、テレビ版の方がみんなには馴染み深かったなあ。

俺はやっぱり、はじめて映画館で見たのが凄く心に残ってますが・・・。

ただ、テレビ版は例のディレクターズカット版(監督死んでるのに・・・)のロイ・チャオの説法シーンも、もちろんないし、最後の捕まったリーとローパーが試合場へ出てくるところのBGMもちゃんと入ってる!
そう、このテレビ版も、初公開日本版にかなり近いバージョンなんだよね。

この後、やっとセル版の VHSビデオがワーナーから発売されたけど、テレビ版より、画質は悪いわ、トリミングも酷いわで、めちゃがっかりしたもんなあ。

出来る事なら次にDVDやブルーレイにする時は、このテレビ初放送の富山敬版を収録し、ディレクターズカットの他に、初公開日本版、アーナ・カプリフイルム完全版の3枚組としてリリースして欲しいです。

あ、ジョン・リトルフイルムは要らないです(笑)。

SPEEDSPIRITS

SPEEDの写真集コレクションです!

SPEED、写真見るだけでも気合い入りますなあ。

新曲「Let’S Heat up!」がめちゃくちゃカッコよかったんで、もう上がりっ放しですが、いよいよ来週にはこないだの夏ツアーの大阪公演でのライブDVDもリリースされる!

いやあ、楽しみだあ!
それにしても全盛期はたった数年の間にこんなに写真集出てたなんてね。

ドームツアーとかさ、いくらAKBが人気出ても、まだまたこれは無理っしょ?

年末には各ソロ活動再開らしいけど、来年の展開も楽しみですな。

てか、オリジナルアルバム早くリリースして欲しいなあ。

ちなみに俺が1番好きなSPEEDアルバムは、名盤の1st、2ndよりも、3rdかなあ。
地味なんだけど、しっとりした名曲多しです!

「プレシャスタイム」はもちろん「スノーキッス」「ユー・アー・ザ・ムーンライト」・・・聴けば聴くほど味があるアルバムだなあ。
03年の再結成アルバムも最高!
てか、やっぱり全部最高ですな。

選べねえや。(笑)

天国のギタリスト

シンコーミュージックから出版されたムック本「天国のギタリスト」になんと俺が世界一好きなギタリストのトミー・ボーリンが!

メインはジミヘンなんだけど、極端にこういう本とかで特集されることが少ないトミー・ボーリンなだけに、例えページ数は少ないだろうとかなり貴重だ。

俺が知ってるだけでも、05年11月号のギターマガジンや、遡って96年9月号のギグス創刊ギターでの特集くらいしかない。

今回の特集では、簡単なトミーのバイオグラフィーに、代表作の紹介、特に「TEASER」が詳しく紹介されている。
せっかくパープルの「カム・テイスト・ザ・バンド」の35アニバーサリーエディションが発売になったばかりだから、プッシュしてくれてもよさそうなものだが、残念ながらそれはなかった。

他、何の曲だかわからないが、トミーの代表的なカッティングプレイの譜面少々・・・。

あと、何とトミーのセッティング図が書いてあるのがかなりナイス!

そういえばトミー・ボーリンファズってのが発売されていたけど、やっぱりアンプもハイワットにしないとあのサウンドにはならないと思うんで購入断念・・・。
ファンとしては持ってるだけでもいいんだけど、あんまりお金に余裕が・・・(笑)。


いつかトミー・ボーリンについての詳しい書籍が出版されてくれないだろうか?
未だにここ日本では、パープルのリッチーの後釜のイマイチなギタリストと言う認識を持っている人も多いし・・・。

あと、未発表音源発掘も是非です!

月刊秘伝12月号

オーッ!
またまたスゲエ特集が!

月刊秘伝の12月号、ブルース・リーの大特集だぞ!

今回もまた中村頼永さんによる丁寧なジークンドー5アタック戦術や、貴重なブルース・リー直筆イラスト公開に、珍しい写真も多数公開!

今年、4月に六本木で行われた「奇蹟のブルース・リー展」レポートもあり、某書籍に対抗してか?の内容も少々・・・(笑)!

まあ、俺なんかは純粋にめちゃめちゃ楽しかったなあ、このブルース・リー展!あわよくばリンダ夫人とシャノンさんが来た時に行きたかったですが・・・。

いや、ホント、素晴らしい特集なんでファンは必読ですね!

あと、今月末には映画秘宝からもあの名著「ブルース・リーと101匹ドラゴン大行進」の新装版が発売されるみたいだし、本当に楽しみ!

てか、もうすぐですよ!
ブルース・リーの70回めの誕生日!

Rhythm&DramsMagazine12月号

なんとドラムマガジンでも、ジョン・ボーナムを特集!!

「真像 ジョン・ボーナム」を参考に、また違った視点からジョン・ボーナムを特集している。

ボンゾはジャズをよく聴いていたって話から、ボンゾはジャズを嫌っていたって証言や、カーマイン・アピスを真似てツーバスで叩いたとかのガセっぽいネタまで、盛り沢山で混乱も必至(笑)!

機材を眺めるだけでもサイコーです。

てか、何でお前、ドラマーじゃないのにドラムマガジン買ってんの?とおっしゃるなかれ!
全てのギタリスト、ボーカリスト、又は曲作る人はジョン・ボーナムのドラムが欲しいはずだから(笑)!
いや、ボンゾほど曲を劇的にしてくれるドラマーもいない。
地味な曲だって、ボンゾのドラミングにかかれば劇的で輝きのある曲になってしまうから。
いや、嬉しい特集でした。

真像ジョン・ボーナム

いきなりこんなスゲエ本が出たからびっくりしたけど、ジョン・ボーナムが亡くなって今年で30年経つんだなあ。

レッド・ツェッペリンのメンバーで1番好きなのは誰か?って言ったら、やっぱり俺はペイジよりも、プラントよりも、ジョーンズよりもボーナムですね!

巧いドラマーも、上手いドラマーもたくさんいるとは思うけど、スゴイドラマーって言うと、ボンゾだけって事になると思うんだよ。
まあ、全てのロックドラマーの憧れでもあり、見本でもある訳なんだけど、あまりにも独創的で、オリジナルでありすぎる為に、お手本にはならないとも思える。
パワフルなだけでなく、ものすごく繊細で、すごいテクニシャンでもあるんだけど、決してプログレとかジャズのような技巧ではないテクニック・・・。

ボンゾと言えばあのバスドラだけど、やっぱりドラマーらしいドラムのいい鳴りを追求したスネアや、タムのチューニングや叩きかたなど、めちゃくちゃこだわりがある。


この本は、そんなジョン・ボーナムの謎の一端を、親切に紹介。

ツェッペリンファン、ボンゾファンは必読!

知らない人はまずツェッペリン、全アルバムを聴き込んでから読むべし!!

凄さはまず耳で聴いてから。
よりスゴイのがわかります!

山形その3

今日は朝から山形青年の家にて、朝食バイキングもご一緒させていただきました(笑)!


こちらも、本当にありがとうございました!

写真は衝撃写真!(笑)
最上フェスのアイドルSAYAKA☆スイーツのジャージ姿!
いやいやこうやって地元の方たちがみんなで会場を作ったり、後片付けをしたり協力しあって、イベントを運営しているんですねえ。
本当に素晴らしいです。
見習わねば!!

昨日のライヴレポなど・・・


いやあ、ホント、また楽しかったね~!!
山形青年の家ライヴ!!

山形の県でのイベントだったので、県職員さんや、学校の先生ばかりで、さぞやお固いもしかして!?厳戒態勢の中でのライヴになるのかな?の思い込みも全く問題なし!!

みなさん、大いに楽しんでいらっしゃって、こちらもハッスルしましたね~(笑)!!

イベント内容も、四面楚歌による踊りから、ご当地ヒーロー、アルカディオンの楽しいショー、出演バンドによるトークショーと盛りだくさん!

ライヴの方はまず山形のmahora!
ストレートで素直な歌詞を山形弁の乗せて歌うロックバンドで、メンバーの人柄の良さと、楽しさがライヴから伝わってきてとても楽しかった!!
なかなかこういうバンドとやれる機会も少ないので嬉しかったですね。

お友達バンドである青森のTHE WAYBARKはどこでも、どんな場所でも元気いっぱい!!
こういう元気で楽しくて熱くてロックな若手バンド、あまり見ないので本当に素晴らしい!!
ジョニーちゃんのギター、相変わらずいい音してたなあ。
今回の体育館みたいな空間もよく似合ってました!


で、俺たちBLUEIII!
もう、会場が体育館ってだけでテンション上がりっぱなし!!
だって、大好きな前田亜季ちゃんの「リンダリンダリンダ」のメンバーになった気分だもん!!
そして、久々に神が降りてきた素敵なライヴが出来たなあって思います。
ラインダンスの輪も今年最大だったんじゃないかなあ。
今回のイベントの主旨にもあってたし、今回は久々に最後の飛び蹴りは止めて、ラインダンスで締めてみました!


で、その後の打ち上げがまたもの凄くて、山形の方たちって本当にあたたかくて面白くてユーモアがあってとても楽しかったです!!
それに、みなさん、山形を盛り上げようと取り組むその姿勢がハンパなくて、意気込みが素晴らしいですね!!
ホント、感銘を受けました!!

もち、誘ってくれた矢口くんにも大感謝!!

また何かの機会がありましたらぜひって感じですよ!!

みなさん、本当にありがとうございました!!


写真はTHE WAYBARK!!
めちゃカッコイイ!!!!

山形青年の家ライブ、無事大成功

いや~、めちゃくちゃ楽しかった!

山形の方たちは本当にあったかいよなあ。

おかげさまで凄くよいライブをさせていただきました!

レポ等は後日!

みなさんありがとうございました!


とりあえず寝ます!

ドラゴンへの道日本語吹き替え版

てな訳で明日はいよいよ山形青年の家にてライブです!

久しぶりの山形なんで楽しみ!

なんで、気合い入れる為にも今日は「ドラゴンへの道」見てます!
しかも、テレビ放送された日本語吹き替え版!

そう、あの柴俊夫バージョンだ!

何と最近、仕事場の先輩が、昔のベータビデオを整理していたら偶然見つけたと言う・・・!
まさにお宝発見なんだけど、かなり画質もよくてびっくり!

いやあ、なかなかテレビ放送版もいいよね!
音声も、日本初公開の東映バージョンに近いし、今出てるDVDなんかよりかなりいい。

スープ飲むシーンがまるごとカットされてるから、何故タンロンがトイレに何回も行きたがるのかが、小学生の時、同級生がわからなかったのが懐かしい(笑)!


さて、明日の山形、頑張っていきます!

グレン・ヒューズ関連2種

グレン・ヒューズ関連のスペシャルCD2種類が、偶然にも同時期に発売された。
まずは言わずと知れた第4期ディープパープルの「カム・テイスト・ザ・バンド」35周年記念エディション!
何と最新のリマスターに、ケビン・シャーリーのリミックスによる豪華2枚組!
これまでも、紙ジャケによるリマスターが発売されたけど、結局これて俺はこのアルバムを3枚買うことになる・・・。
アナログ混ぜると4枚めか。

で、今回のヴァージョン、リマスター盤の1枚めは、紙ジャケリマスターとそれほど違いがわからないが、問題はケビン・シャーリーリミックス!

各楽器の輪郭がハッキリわかるリミックスで、とくにトミー・ボーリンのフレーズや、カッティングが何を弾いているかがちゃんと聴けてめちゃ嬉しい!
(「ユー・キープ・オン・ムービン」のギターがベースとユニゾンだったり、「ラブ・チャイルド」のギターとキーボードがユニゾンなのもハッキリ聞こえる!)
あと、カバーデイルとグレンのボーカルハーモニーも、音量バランスが変えられていて、かなり丁寧に歌っているのがわかる!

あと、最もビックリしたのが、「カミン・ホーム」のギターソロが、ノーカットフルバージョンで収められていること!
てか、既存の完成版は編集でカットされてたのね!
あと、「ラブ・チャイルド」のジョンのキーボードソロも長いかもしれない。

それと、各曲のエンディングが、フェイドアウトしないで、中途半端な形だろうが、最後まで収録されているので、トミーのギターが思う存分楽しめるのだ!

とくに「カミンホーム」や「ゲッティン・タイター」が盛り上がるだけに完成版に収められなかったのが残念なくらいだ。

この、「カム・テイスト・ザ・バンド」は俺が生涯好きなハードロックアルバム5枚の1枚なだけに、今回の企画は涙もんでした!


そしてもう一枚は元々トニー・アイオミのソロアルバムとして製作されたブラックサバス・フューチャリング・トニー・アイオミ「セブンス・スター」のスペシャルエディション!

ボーカルに全編グレン・ヒューズを起用し、ドラムがキッスのエリック・シンガーと言う、完全にサバスとか関係ないソロプロジェクト。
・・・のはずが、レコード会社が、ジャケにサバスの名前入れないとリリースしないと条件つけた為に、こうなった。しかも、プロモーションツアーも、サバスとしてしなければなくなり、プレッシャーに耐えられなかったのと、ドラッグ中毒だったグレンが離脱・・・と言ういわくつきのメンツによるアルバムだった。
しかし、アルバムの内容自体は素晴らしく、とくにドラッグ中毒とは思えないグレンの絶唱ぶりが素晴らしい!
これも、前にリマスター盤がリリースされたが、今回のはPVも作られた「ノー・ストレンジャー・トゥー・ラブ」のPVバージョンがボーナスで入っている。
で、ニューリマスターによる1枚めと、86年のグレン離脱後のツアーによる発掘ライブによる2枚組!
このライブでは、この後バッドランズに入るあの故レイ・ギラン。
そのレイもこのツアーの後、サバスをクビになったようだが、それとは裏腹にやっぱり素晴らしいボーカル!
レイ・ギランがグレンの曲を歌うのも興味深いが、グレンの曲より、オジーの曲より、ロニーの曲がかなりしっくりいっている!
やはり、スゴイボーカリストだったが、やはりサバスにはトニー・マーティンの方が合っていたかもしれない。

とにかく今頃になって、こんな昔のアルバムが忘れ去られる事なく、新しい形で世に出ると言うのはかなり画期的!

もっともっと評価されて欲しい2作品である。

SPEEDとKARAの新曲

発売したばっかのSPEEDとKARAのニューシングルを聴きました!

どちらもアップテンポのダンスナンバーなんだけどまずSPEEDの「Let's Heat Up!」

イーオンのCMタイアップ曲としてテレビで流れていたんで、早くCDで聴きたかったんだけど、やっぱりカッコイイ!
SPEED聴くとしゃきっとするね!
てか、再結成後の曲で1番いくね!?


続いてKARAは「ミスター」に続く日本語歌詞の「ジャンピン」!
今回のもまたキャッチーだなあ。
てか、KARAの曲って、俺ら世代にとってはかなりダイレクトに伝わる曲ばかりだね。
ユーロビート以前の70年代風ディスコビートに、唄いやすいメロディアスな歌メロなんだよなあ。

まあ、もちろん俺はSPEEDもKARAも初回盤買いました!
んで、PVつき!
やっぱり絵があるとより楽しめますねえ。


てか、どっちもシングルじゃ物足りない。
早くアルバム出せって感じすな。

ゴーグルエースセッション野郎

いや~、待った待った!

今回は待たされ過ぎてどうなるかと思ったけど、待ったかいがありました!

ゴーグルエースのニューアルバム「セッション野郎」!

カマチさん、U1エースさん、オリジナルメンバーに加えNaotoTD 、 EMMY LEEら最強メンバーを加え魅力的ないつものゴーグルエース節が健在!炸裂!

そして、彼ららしい一ひねりあるカバーもまた全く違和感なくサウンドに溶け込んでいる!


そしてアルバムタイトル通り、今回のアルバムはまさにセッションアルバム!

てか、この今の時代にセッションっていうのが素晴らしい!
かっちりとCD通りに、同じメンバーと安定したスリルのない演奏を続ける現代のロック界に一石を投じますな。

で、そのセッションを繰り広げるゲストプレイヤーがまたスゴイ!
あのサエキケンゾウ氏や、歴代メンバーのエリクリちゃんや、ノリコオリーブまで参加している!

個人的にピーランダーZのピーランダーグリーンこと、チェリーくんの参加も嬉しい!


この豪華ゲストと共にゴーグルエースが繰り広げるスーパーセッション大会!

うわあ、これ聴いたら俺もセッションしたくなって来たぜ!


バンドマンたちよ、今こそセッションだ!

必聴!!

虹が出た!

何かいいことありそう。

今日も一日、気合いで頑張ろう!

今日はスタジオ!

今日はスタジオでした!

レコーディング用の練習と、ライブ用の練習!

BLUEIIIはレコーディングとライブではまるっきりアプローチが違うんで気持ちの切り替えが大変。

レコーディングではかなり譜面通りにカチッときっちりやるのが理想かな。

逆にライブではレコーディングでやったカッコイイところを拡大解釈して、自由自在にインプロヴァイズしたいんだけど、今のとこスキルが低過ぎてまだまだ夢のサウンドには程遠い。


まあ、はっきり言ってレコーディングもライブもどちらも全然なってないんだけど、やれるとこまで頑張りたい。


努力だぜ、努力(笑)!
はじめっからダメだと諦めてたんでは男じゃねえ!


まあ、とことんやってやりつくしたいね。

頑張るかあ。

今週末!!山形でライヴ!!!


てな訳で、今日も帰ってからいつものジョギング及びカラテ稽古を終えてからずっとレコーディング用のドラムの譜面起こし・・・!

結局、4時間ずっとかかってしまった・・・。
で、明日のリハには何とか間に合いそうなんでとりあえず一段落!

そしていよいよ今週末は山形にてライヴです!!
今回も趣向を凝らしたライヴになります!!

で、何とこのイベント、地元青年会の催しなので、入場無料という凄さ!!
友達のWAYBARKも出るし、めちゃ楽しみだなあ・・・。

てな訳で今週末!!ぜひぜひ山形にお越しください!!



11/13(土) 山形県青年の家(天童市)  チケット予約 →予約 
   『山形青年交流事業やまわかねっとでつながろう~深~』
     受付/未定(10:00頃予定)/開演/未定(10:30頃予定) 入場無料!!雨天決行!
        ※ライブ開始時間は未定(12:00頃~予定)となっております。
   w/THE WAYBARK(青森)、mahora(山形)

※「なぜ地元にこだわって活動を続けるのか?」をテーマにインタビュー形式のトークショー(ロックの授業)を予定しています。

  ■オープニングアトラクション、南陽宣隊アルカディオン、(山形県南陽市ご当地ヒーロー)
  ■その他、山形県青年サークルワークショップ、山形県ご当地出店 他
  ■主催、山形県青年の家、青年交流企画運営委員会
        TEL 023-654-4545  FAX 023-652-2007  E-MAIL ieseinen@ic-net.or.jp



慌ただしい一日

昨日、偏頭痛で悩まされたんで今日は朝7時に起きてバンド関係の仕事三昧!

まずは昨夜徹夜で録音したドラムリックを譜面に再度落として、楽曲構成の見直し。

その後は新しいポスター&フライヤー制作!
で、ギターを練習して一休み!

サクッと準備して海へ・・・。

さすがに一昨日からめちゃくちゃ紺を詰め過ぎたんで、精神をリセット!

今日は天気もよいし、波もいいのに何故かサーファーは少なめ・・・。
短い時間内にガンガン乗りまくった!

帰りは古着屋に寄ったりして、新しいGジャンも購入!

まあ、ロッカーはファッションにも常に気を配んないとなあ・・・。
ブルー・ワンの冬物も早く探してやんないと・・・。

で、次に古本屋にG3のDVDが安くあったんで、ギターの勉強の為に購入!
あと、尾崎のトリビュートが100円だったからこれも買った。(つまんなかった!)

で、急いで郡山に戻り、地元楽器屋からライブハウス、VILLAGEとかに、朝作ったポスターを貼りに!

とにかくメンバーには一分でも多く、個人練習をしてもらいたいから、こういう雑務は現在は俺の仕事!

で、楽器屋とか廻るとまた欲しいモノが・・・!

なんとジョン・ボーナムの書籍が出てたんで迷わずゲット!
いや、ちょうど海に行くドライブ中にZEPのブートライヴDVDと、ボンゾの教則ビデオ観ながら行ったんで、まさにタイムリー!
あと、雑誌rockin'onの表紙が、ジョー・ストラマーだったんで、こちらも迷わずゲット!
なんと「サンディニスタ!」特集だと!
てか、こちらも「サンデニスタ!」、何故か最近ずーっと聴いててさ。
このアルバムも、世間のパンクファンには評判よくないんだけど、昔、何の情報もなく聴いていた俺にとっては最高なアルバムなんで、今回の特集はめちゃ嬉しい!

で、帰ってから今度はライブ用のフライヤーをコピーしに行き、新しくやる曲のセットや構成を考え、更に新しい曲のライブ用テロップ制作!(ライヴ中にあげるやつ)

それやってる最中も、仕事の同僚が子供の学校余興で使うCDを焼く作業(20枚!)をしながら、TSUTAYAでレンタルして来たDVD(10枚)を焼く作業も(笑)!

で、サーフィンで使ったラッシュガードとバスタオルも洗濯しながら・・・。


俺って、全て必ず何かやるとき二つか三つは同時にしながらやる癖があるんだよね。
時間勿体ないから。
そういや、ブルース・リーも腕立てとか腹筋しながら本読んだり、ながらやりをしていたそう・・・。

で、それが終わったら、ギターの練習!

そして今、焼いたDVD観ながらこのブログ書いてる・・・。

全て終わったのが11時くらいだから、なんとか今日の目標達成すね!




うーん、アクティブな一日だった!

ただただ忙しい

今日は朝からめちゃめちゃ偏頭痛・・・。


昨日、紺を詰め過ぎたせいだね。

いや、俺、めちゃ集中すると頭痛くなる体質かもしんない。


しかし、んな事も言ってらんないんで、少し寝込んだ後、作業に取り掛かる。


レコーディングが始まるんで、昨日、徹夜でデモ録りしたドラムリックパートを譜面に落とす作業と、自分のギターパートのアイディアを練った!

ドラムって言うのは、曲をより劇的に、ドラマチックに盛り上げるパートであるからして、特にリズムはもちろん、フィルインや、シンバル、ハットの入りまでも、正確にキメなければならない。
ただ、その場のノリや気分でテキトーに叩くだけでは楽器ですらないのだ。

あと、ギターもどのくらいオーバーダブするかとか、コーラスパートも入念に練らなければならない。

だから、俺、レコーディングって大嫌いだ(笑)!

今までレコーディングした作品だって、満足したもんなんて一つもないから・・・!


今回こそはしっかりやりたいかな。
今のメンバーになって初レコーディングだし、出来たら完璧にやりたい。

今のところ、意外にもベースパートは文句のつけどころがないくらい完璧だ。

後は個人練習のみにかかっているが、アラバキやNHK出演の時だって何となくやってのけた(ミスもあったけど・・・ )から、今回もまた気合いでやりつくしたいと思う!

やるぜ!




プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する