BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
あと三日!
20061130000020
つう訳でいよいよあと三日で「ブルー・スリー大会2006」!25日発売の「こおりやま情報12月号」にも広告が掲載されました!郡山イベントカレンダーにもしっかり載ってるよん!つう事は“ブルー・スリー大会”は郡山の重要行事てな訳(笑)!まあ、こないだの#9てぃ~びぃ~でもやってたけど“これを観ないと県民の恥”とまで言っていたぞ!な訳で、今週末、12月2日は郡山#9に集合!さて今夜は「ケロロ3rdシーズン」最新巻でも観て寝るかあ!今回の3rdシーズンの主題歌はあの小室なんだけど、だんだん主題歌がつまんなくなってきたなあ。やっぱり「ケロっとマーチ」が懐かしいなあ。
新精武門!
20061129005725
友達のハリーがジャッキー・チェン主演の「新精武門/レッドドラゴン」のDVDを買ったと言うので、早速DVDーRにしてもらった!この映画、かなり前にビデオで観て、超つまんなかったんだけど、今あらためて観てみたら面白いかなあ?と見直してみたが、やっぱりつまんなかった。これ、言わずと知れたあのブルース・リーの名作「ドラゴン怒りの鉄拳」の続編なんだけど、とても同じ監督、ロー・ウェイが監督したとは思えない酷い出来なのだ。その為か日本で劇場公開もされていない。しかし、あの!怒りの鉄拳の続編って事で、一部熱心なファンの間では劇場公開もされなかった事で尚更この作品が伝説的な作品として見られていた。ただ単に出来が悪いから公開されなかっただけなのに(笑)!で、何が悪いかって言うとまず、脚本が悪い!そして演出。だから途中までストーリーがよくわからないし、あの夢も希望もないラストはあんまりだろう!ただし、今回のDVD化で特典映像についてた“もう一つのオープニング”でなんとなくストーリーはつかめた。で、この映画の最大のダメダメは、何と言っても主役のジャッキーだろう!とにかく華がない(泣)。整形前で目が一重なのもスター性に欠けるし、あのきらびやかでカリスマ性のあったブルース・リーの後を継がせるには、無理があった。おまけに肝心のカンフーが駄目!まあ、これはジャッキーだけでなく殺陣師の責任もあるだろうが、それにしてもいらいらするすっきりしないアクションがたらたら続く。たまに酔拳以降のアクロバチックなキラリと光るアクションの断片も見られるが面白みに欠ける。とくに酷いのが、怒りの鉄拳でブルース・リーが見せた迷そう拳の再現。真面目にやってください(笑)。まあ、それでも、ドラゴン危機一発のハン・イン・チェとかチェン・シンとかその娘役のネエちゃんとかそれなりに頑張ってるんだけど盛り上がりに欠ける。きわめつけは怒りの鉄拳ではヒロイン役だったノラ・ミヤオ!今回のDVD化で画質がクリアになったせいでモロに肌荒れが分かっちゃってんの!多分、ブルース・リー映画のヒロインで大スターになったから不規則な生活してたんだろうね。さて、口直しに「ドラゴン怒りの鉄拳」でも観て寝るかあ。写真はその、怒りの鉄拳の1シーン。精武館の生徒が道場荒らしにあう直前の稽古シーン。ノラミヤオじゃない方のネエちゃんと練習するのは・・・!?なんとジャッキー・チェン!ジャッキーと言えばこの映画では敵役の鈴木のスタントマンとしてブルースに蹴られるシーンが有名ですが、こんなとこにも出てたんだね。さて、そのうち、もう一本の続編、そっくりさんブルース・リイ主演の「ドラゴン怒りの鉄拳2」でも紹介しますか(笑)
66歳!
20061127230500
今日はブルース・リーの66回めの誕生日だね。いや、ほんと生きていたら66歳になってたんだなあ。なにげに俺の母親も66歳、辰年だったりするのだが、子供ん時、気がつかなかったけど、俺のお袋とブルース・リーは同い年だったんだなあ。俺のお袋はもう婆ちゃんだが、ブルース・リーが生きていたらどんな爺ちゃんになっていたんだろ?でも彼の事だからきっと爺ちゃんでも鍛練を怠らず、めちゃくちゃ強かったんだろうなあ。それに燃えよドラゴンの大ヒットで、もちろんハリウッドでも活躍していただろうし、死亡遊戯だってちゃんとした形で完成しただろうし、ショーブラザーズの映画にだって出ていただろう。しかし、もっと気になるのが、もしブルース・リーが生きていてジークンドーが発展していたら一体、今の格闘技界はどうなっていたかと言う点!そしてジークンドーそのものも一体どのように発展していったか?これは興味が尽きない。わずか32年の間にあれだけの事を成し遂げたのだから、もっと凄い事を遺していったのだろう、きっと・・・。しかし俺たちはわずかなブルース・リーの財産から、自分の人生 をも変えさせられるほど多くの事を感じ、学び、貰った!だからこれでよかったのだ!さあて、今日はブルース・リーの映画を片っ端から観て寝るべ!写真は俺が7歳のクリスマスプレゼントに買ってもらった「ドラゴンへの道」のサントラレコード!ガキだったので、ジャケットに落書きしたりして、コレクター価値ゼロだが、俺にとっては思い出の一品だ!あの当時、今から31年前(!)DVDはおろかビデオさえなかった時代、このレコードは宝だった。このレコード、音楽以外に映画の音声が入っているんだよ。だからこれ聴きながら目をつぶると映画館にいるみたいにいろいろなシーンが思い浮かぶんだ。今はたくさん情報もあって、この、「ドラゴンへの道」の声はブルース・リーじゃないと分かるんだけど、何故か怪鳥音は完璧に本人で、海外版のヘタレ怪鳥音じゃないのが今、考えると凄いね。また映画館で、主題歌入り、マイク・レメディオスバージョンの日本初公開版が観たいなあ。ブルース・リ
ー、懐かしいけど永遠だ!
あひゃ!
20061127005723
日付が変わっちまったい!なんてこった!こりゃ、明日のネタなのに!つう訳で、本日11月27日はブルース・リーの誕生日だよ!まあ、この話はあした(だからもう、今日だって!)!今日はバンドのリハーサルと打ち合わせだった。いよいよ今週末「ブルー・スリー大会」なんで最後の仕上げ・・・のはずが!途中でヘンなオッサンの乱入で、2時間は“人生を無駄に”したぜ!空気読めよオッサン!まあ、このオッサンの事は個人情報保護法(笑)があるから詳しくは書かないが、オッサンが去った後もテンションは下がりっぱなし。仕方なくギズに八つ当たりをしてみたが、(笑)それでもテンション上がらず・・・。で、上がるまでいろんなロックのスタンダードをやろうとジャムろうとリフを弾き始めるもメンバーが、ついてこず。さらに機嫌が悪くなる俺・・・。仕方なく時間を与え、やろうとした曲を“今頃”コピーさせる。が!以外にこれがいいのだ!かなり新鮮!こないだもキャロルの以外な曲を新宿でやったばかりだし、今回もイケるかも!?しかし今回のは
もしかしたらハブノッツのマット氏にしかウケないか?まあ、そんだけで十分だけど(笑)さすがに例のオッサンの為に時間を(人生を(笑))かなりロスしたため今日は走りに行けなかった。くそーっ!俺はアナーキーの「心の銃」ならぬ「心の拳」をオッサンにぶち込んだのだった!さて、昨日サーフィン帰りに新しく移転したTSUTAYAで中古でゲットしたKISSのDVDでも見て寝るか!
波!
20061126013948
今日は朝早く起きて海の予定が、ニャンとちょっとした事件で、遅くなってしまった!朝、どうにも酷い身体の異変で目覚めたが、いきなり激しい胸の痛み・・・。たまらやく起きて水を飲むも一向に治まらない。しかも体、全身が痒い!ニャンと全身に蕁麻疹が!“さては、何かにあたったかあ?”と、思い当たるものがあった!昨晩、晩酌のツマミに食べた“ワカサギ”だ!俺、昔は何を食べても平気な人だったんだけど東京で一人暮らしして不規則な生活してたら、体質が変わったらしく、それまで超好きだった蟹や海老、(エビちゃんは好き)甲殻類を食べると何故か蕁麻疹ができて、食べれなくなってしまった。実は昨夜のワカサギも予感はあった。食べてる時、微妙に口ん中が痒かったから。んで、蕁麻疹がおさまるのを待って、結局昼頃に海に出発!当たり前なんだけどもう12月なんで、寒いが、そのぶん人も少なく冬の海は最高だ!今日もサーファーは俺を含めて五人くらい!波もすこぶるよくて2時間はたっぷりトリップしたよ。3本ほど本当にいいライディングができて大満足で海を後にしたけど、さすがに体が冷えきってしまい、車じゃすっかり睡魔が襲ってきたね。で、サーフィンするとめちゃめちゃ腹へるんでいつもの店“竹の家”で飯食って帰った。帰りにははく息が白かったよ。
カ・イ・カ・ん?
20061124225256
なんやかんやで忙しくてぜ~んぜん見れなかったドラマ「セーラー服と機関銃」やっと見れたと思ったら最終回!気になる機関銃乱射シーンは、中々カッコよかった!薬師丸版と比べるのは酷だけど、かなりオリジナルに敬意を払ってるよ。ただし、80年代の星泉は笑って機関銃をぶっ放したが、2000年代の星泉は泣きながら機関銃をぶっ放した。やはり時代の差か!?あの軽薄で陽気な80年代がちょっぴり懐かしいような気がするが、もう20 年も昔なんだなあ。仕事中よく「夢の途中」を口づさんだりするんだけど、うちの課のネエちゃんは誰も知らなかった(泣)だってあのコらまだ生まれてなかったんだなあ・・・。カ・イ・カ・ン!も、死人にチューシーンもナッシング!・・・。(まる)
東京ラストライブ!
20061124033054
つう訳で奇跡は起きるんだぜ!ちゃーんと俺の姿は新宿にあった!しょっぱなから、じーなはーぱんくろっか!のロマーンズ!いきなり、80S入ったシャツで本番やっちゃうマット青木さん率いるハブノッツ!ちなみに、コータのジェームス・ブラウン風ニューヘアスタイルも俺的には○!シミーはこないだのニッキー以来ファイヤーバードで、○!ついでに夫婦喧嘩も○くおさまるみっちゃんも平原綾香で○!今日のマットは札幌パワーでブライアン全開!最高!さて俺たち!いつも通りのヘロヘロ演奏!しかし気合いのみ(笑)バリバリ!どうやら勝利とギズの二人は俺が来なかった用のセットも考えていたらしく、わざと行かないで客席でこのブルー2を見たかった(笑)!しかもリハーサルではギョガンのパッチさんが、ギター弾いてくれたそう!ってそれ凄くない?で、そのギョガンだけど、なんでこの三人が集まるとこうなるんだよ?やっぱり凄い!んで、ドメニコ!相変わらずクスモっちゃんは俺のギターヒーローだが、この2006年にあのサイケなサウンドは貴重だ!とくさんのカリスマ性も健在だし。なんか凄い得したイベントだったなあ。写真は大阪のバニーズのリーコさん!昨日、ライブだったんだってさ!またまたサプライず!最高な東京、締め括り!次は大会だな!
究極!無駄CD
20061123000144
ここんとこ、ず~っとくそ真面目な話ばっかで、俺まで暗くなっちまったじゃないの!俺は本来そんなキャラじゃないぞっ!て感じで今日からまた大バカフマジメ路線に戻るぜえっ!今日、紹介すんのが、マジ、無駄CD!しかも、今日の帰りに見つけたのが二枚!(笑)まずは「VAN HALEN/MINI BEST」!いやあ、こんなの出てたんだなあ。それがさ、いくらMINIって言ったってたった5曲って酷くないすか?しかもちゃんと曲で入ってんのってそのうち3曲だけ!んじゃ残りの2曲は何が入ってるかって言うと、ニャンと“カラオケ”なんだよ!しかも聴いてみたらなんと!ちゃんと本人の演奏!!これスゴくない?しかも曲はあの「JUMP」だぜえ!俺は思わず帰りの車ん中で「あ・ゲロ~!」と熱唱してしまったぜい!しかもVAN HALEN本人の演奏バックで!すっげえゴージャス!ってこれ、ただの無駄じゃねーの!?で、お次もまたカラオケネタ!これも今日、手に入れたんだけど、(なんか今、凄いカラオケづいてるな俺!)タイトルが「おもいっきりKARAOKE」しか書いてない。しかもサブタイトルに“KABAKA LAND”と書いてあり、その脇にへったくそなカバのイラストが・・・。で、曲目を見ると、「15の夜」とか「I LOVE YOU」!この時初めてこれが、尾崎豊のカラオケCDだと言う事が分かった。早速聴いてみたが、これはさっきのVAN HALENとは違い、どう聴いても(ひいき目に見ても(笑))スタジオミュージシャンの演奏。クレジットを見ると“演奏T.A.B”とあった。誰それ?こちらはよくカラオケボックスや飲み屋で聴かれる馴染み深い(笑)サウンドでまたまた車で熱唱してしまったが、わざわざカラオケボックスや飲み屋に行ってやるカラオケの練習をカラオケでやる必要もないっつー訳でこれも無駄CDだな。さて本日のトリ!タイトルが、「ロックン・リズム/ヴァンヘイレン ザ・メドレー~イラプション」!これぞ!究極!なんと、VAN HALENの曲をユーロビート(死語)みたいなダンスリズムにのせ、22曲もメドレーで一気に聴かせてしまうと言うもの(聞けないけど)で、演奏するのが、これまた無駄なVAN HALEN公認(ほんとかいな)トリビュートバンド、アトミックパンクス!もうこのバンドの存在そのものからして無駄なんだけど、演奏が本人たち以上に本人みたいにクリソツ!これまた無駄!つうかそもそもVAN HALENみたいな王道ハードロックバンドをユーロビートに乗せると言うその企画自体が“無駄”な訳で、あまりにも無駄過ぎて多分、熱心なVAN HALENファンですらこのCDの存在は知らないと思われる(泣)。しかもこれ、あの天下のエイベックスから出ているのだ!これまた超無駄(笑)!しかもしかもこれ、なんとシリーズ化してるらしくて、あのKISSバージョンもあるんだって!(笑)このブログに遊びに来てくれる熱心なKISSファンの振藩さんや哲人さんたちは果たして持っているのだろうか?まあ、俺的にはサイコーにイカシテるCDたちであり、貴重?なコレクション(笑)なのではあるが!ちなみに全部、中古で200円で手に入れたんで、どっかのレンタル落ちワゴンセールで見掛けたら単なる“ネタ”として無駄にゲットしてみてくれい!あ、その際、一切の苦情はおひきうけいたしませんのでそこんとこよろしく!さて明日はいよいよ今年最後の東京ライブ!“新宿レッドクロス”だが、俺が出れる確立は今んとこゼロに等しい。それこそ福島にアルマゲドンでも来ない限り・・・ってそれじゃ地球が滅亡するって!大丈夫!前もレッドクロスでは勝利くん抜きのブルー2・5でライブをこなしたし、そんときは多少レアだが、サイコーなライブになる事間違いなし!一体どうなってしまうのかあ~?怒涛の木曜日、結果は明日っつう事で!
パワーブログ!
20061122023641
今日はあえて一人の友人の為だけに書く!んで、このブログ見てくれている他のみんなは、今日だけは付き合ってくれ!
このブログに“遺書”をコメントした君へ・・・。俺のブログはパワーブログだ!クサいかもしんないけど、俺のブログは単なるバンドのブログではない。ここは人生を勝ちにいくための目的とした場所なんだ!時にマジな話、時に怒りの話、時に趣味の話、時にバカ話と、毎日、俺が思った事、思う事、思いついた事を書いているが、全て一環してスジを通しているのが、スーパー前向きで、スーパーポジティブ、スーパーやる気全快!そんだけ。だからここにコメントしに来てくれる人たちも、自分のやってる事を再確認したり、パワー有り余ってるけどもっとパワー欲しかったり、パワー足らないからパワー貰いにきたりとか、そんなパワーの集いの場所だよ。時には俺と考えかたが違ったり、俺だったら、私だったらもっと別のやり方でやるよってのもあるし、人間にはいろんな考えかたがあるから、それは自由だが、基本的にはみんなどうしたら前に進めるか?どうやったらジャンプ出来るのか?そういう感覚の人たちが集まったらいいなと思う場所なんだよ。そういうあなただって本当は“生きたい”んでしょう?ベイビーさんなら助けてくれるかも知れない・・・、そう思ったからここへ来て、俺にサインを出したんだね?図星だろ!あなたの文章を読む限りあなたはかなり“鬱”入ってるね。前にも書いたが俺の親父は躁鬱病だ。だから俺には分かる。ただし俺は医者じゃないし、カウンセラーでもない。俺があなたに言える事は一つだ!俺のブログに“遺書”を書くパワーがまだ残っているのなら、親に相談しなさい。病院へ行きなさい!もし今既に病院へ行っていて今の状態なんだったら”病院を変えなさい!ただし、絶対一人では行かない事!必ず親と行きなさい!ちゃんと自分に適した病院が見つかるはずだ。そこで、きちんとした薬が処方されるはずだから。俺の親父は今でもドンブリ一杯分くらい(まあ、これは大袈裟だけど・・・。)の薬を飲んで生活している。別に薬に頼る事は悪い事ではない!目が悪い人がメガネやコンタクトレンズをする事と一緒だよ。俺の親父はそんな生活をもう40年もしているが、学校の先生、つまり公務員のオカタイ仕事を定年まで勤めあげる事が出来た!大丈夫だよ!いつまでも悪い事ばかり続くはずはない。ただし、それをやるのはあなたですよ。親に全てをぶちまけ、(ちゃんと遺書も見せるのです。もし、あなたの家の生活が大変で、あなたが遠慮しているのであれば、そんな遠慮は入りませんよ。自分の子供が死んで悲しまない親がいるはずがないし、親にもあなたを産んだ責任もあります。親への恩返し、親孝行は病気がよくなったらやればいいのです。)まず親と一緒に病院へ行くのです!俺に出来る事はライブやCDであなたに少しでもパワーを与えられるか?とか、そのくらいしか出来ません。つうか、俺が出来る事はそれだけです。だから病気がよくなったらライブにおいで!いつでも歓迎するから。焦らず、自分のスタンスで頑張りすぎず、まわりも気にせずゆっくりといきましょう!あなたはまだまだ若い!どうせ死ぬならせめて俺の歳まで生きましょう。20代は悩みの年代です。迷いの年代です。俺だってそうでした。音楽なんて好きな奴はみんな素はデリケートですよ。それから・・・病気がよくなったら、自分を磨きましょう。メールの返事が来ないくらいで、勝手に自分の中で妄想と想像を膨らませ決めつけ、勝手に人を、自分を責めても仕方がないよ。“佐々木さんみたいに強くなりたかった”????俺はいつも自分の弱さばかり赤裸々に語ってるじゃん?はじめっから強い人間なんていないとも書いてるつもりだけど。俺は強くなりたいだけ!自分の人生を勝ちにいってるだけ!俺はアマチュアながらバンドやってツアーとかして、そんな俺たちを支持してくれるお客さんもいてくれるけど、やっぱり俺たちは例えアマチュアでも“やる側、見せる側”って言う意識があります。実際この俺もお客さんに電話したり、メール返したりって言うのはほとんどない!ちゃんと自分の中で線を引いているのですよ。それに俺なんか普通の友達ですら送ったメールに返事が来ないとか当たり前だよ。そんなちっこい事にこだわっていないで病気がよくなったらまず自分を磨きなさい。今のありのままの自分を好きになってくれ!と言われても俺は断ります。カッコイイって言われる人は必ず努力してますよ。一見、華やかそうで、人種が違うと思うモデルみたいな男や女の子だってその影ではダイエットしたりメイクの勉強したり、みんなそれなりに努力している。まあ、俺は別にイケメンでもないし、カリスマ性なんて持ち合わせてないけど、毎日走ったり曲作ったり努力して、それなりには少しだけモテるようにはなったかな?(笑)あなたも病気がよくなったら、自分を磨くのです。言っとくけど、恋愛の基本はもちつもたれずですよ!片方が片方に依存するのではなく、おたがいが相乗効果で上がっていく!相手が悪いとか自分がダメだとかは考えず、見返してやれるくらい自分を磨いてイイ女になりなさい!誰もあなたの事を放っておかなくなるでしょう。何故ならあなたにはその才能があるからだ。それにはまず、親とちゃんとした病院を探し、病気をよくしなさい。病気である事は何も悪い事ではない。そして、過去も未来もどうでもいい!来年の3月の事もどうでもいいし、遠い昔の3月もどうでもいい!あなたが生きているのは、”今”だよ!パワー足りない時はこの場所に来なさい。それでも足らない時は、ライブに来なさい!そのかわり次から“死にたい”と思った時はどっかの自殺サイトにでも行ってそれなりの人たちと勝手にやってください。ここに来て俺に助けめに来たのなら俺は真剣に対応するが、俺が人に説教するのが嫌いなのはこのブログみてりゃ分かるよね?うちの会社の誰かさんじゃないけど俺はちっけえ権力みたいなので、人の上下を決め、命令したり束縛すんの大っ嫌いなんだ。だから俺が今日あなたに書いた事は命令ではなくアドバイスだと思ってくれ。俺はあなたの事は別に否定も肯定もしていないから。まあ、最後に!これはあなたにではなくここの場所にパワー求めに来てる人に対して俺のポリシーの一つを教えときます(笑)。俺は負ける言い訳よりも勝つための方法論を見つけたいね!
限界!
20061121011326
さすがに、我慢の限界にきている!23日の新宿レッドクロスに俺の姿はないかも知れない!今年最後の東京ライブ!しかも対バン最高!客はSOLD OUT!うちらだって入念なリハーサルのおかげで多分、今年の東京を締め括るに相応しい素晴らしいライブになったはずだ。今日は久しぶりに9時まで残業し、おかげで楽しみにしていた“のだめ”も半分しか見れなかった。外は土砂降りの雨だった。構わず走りに行った。案の定、いつもの公園はどろどろでとてもジョギング出来る状態じゃなかったので、道路を走ったが、いつもよりかなり長い距離を走った。次は空手の稽古!かなりのセットをこなしたな。俺が身体をただ鍛えているとみんなは思っているだろうが実は全然違う!喧嘩に勝つためだよ。そんだけ。身体鍛えるだけならインチキフィットネスクラブにでも行きますよ。道場に通ってた頃は頭くる事があると、血が出るまでマキワラに正拳突きを打ち続けたりあばらが折れるくらい組み手稽古をしたりしたものだが、ちょっと俺も丸くなりすぎたのかもしんねーな!来年、アルバムが出るまでの間、完全にライブ活動も中止して今一度、道場へ行ってシゴカれるのもいいのかも知れないな。さすがに俺も我慢限界!このままじゃ全てをぶち壊しかねない。たかが仕事でそこまで自分を落とす事もなかろう。強いものには向かって行け!弱いものは助けろ!ああ、そして大事な事も忘れてたな。例え物凄い遠回りな道でも正しい道を行け!どんなに大変で、辛くとも自分だけには嘘つくな!と。人間、守りに入ったら既に“死”だな。
超リハーサル!
20061119224502
今日は久々にマトモな練習をしたね。ここ2年くらいちゃんとした練習やってなくて全てインプロヴァイズにばっかり頼っていたんでかなりライブにムラがあったからこれは貴重だった。俺はあんまりきっちり練られたソロより例えスケールアウトするリスクがあってもインプロが好きだね。時にミスタッチも出すけど、後で聴いたらよかったりするから面白い。しかし今日はかなり本格的なセットを想定しての練習で、下手くそながらバンドのグルーヴ感みたいなもんが出てきたような気がした。(多分、一晩寝たら忘れるんだろうけど(笑))帰り道にギズと二人で駅前をほっつき歩いたが、激寒っ!なにしろもう勝利くんちの近くの阿武隈川にはもう白鳥が来ている。昨夜のロッキンの影響じゃないが、ギズと新しいコームを買って帰った。つーかギズ!コームより先にグリースだろ!(あ、いや、ロッカーズ・ヘアのあいつじゃないぜ!)
ロッキンパラダイス
20061119032242
ロッキンに行ったよ!何と!68回め!やり続けるって凄い事だ!しかも相変わらず素晴らしいクオリティ!そして、いつどんな時行っても、そこには同じ空間がある。俺も自分のバンド活動があったり、ここんとこずっと顔を出せなかったりする。しかし、久しぶりにそこへ行くと、俺が常に会いたいと思ってる顔ぶれがそこにいて、みんなでサイコーな音楽を楽しんでいる。出来る限りこの空間に来たいなあ!みんなありがとう!パワー貰ったぜ!写真はGENE氏と!来月は一緒に“愛を叫ぶ”(笑)からみんな覚悟しろ!
田舎で聖者になるのは大変だ!
20061118003741
いやあまたまた不条理な事が、うちの会社で起こったよ。来週の23日と言ったら俺たちブルー・スリー、今年最後の東京でのライブで、対バンもこの上なく物凄くて、俺たちも全身全霊でこの日の為に賭けてきた。もちろん暦も、勤労感謝の日で23日はお休み。うちの会社の勤務カレンダーも休み(そのかわり年間休日のつじつま合わせのために土曜日、25日は出勤)で、半年前から受けてたこのライブ依頼を受けられる状況だったので、メンバーの都合も合わせ、この依頼を快諾した!お蔭様でこの日、23日の新宿レッドクロスはSOLD OUT!売り切れね!俺たちもスーパー気合いでこの日に望む予定だった。ところがである!今日になって、会社の工場工事のために出勤日である土曜日、25日と本来の休みである23日を振り替えると回覧が従業員に廻ってきた!あと一週間切ってるのにだよ。なんでも、会社の設備担当のオッサンが、勤務カレンダーを把握してなくて、土曜日を休みと勘違いし、土曜日に工事を入れてしまったんだと。で、土曜日を休みにして23日、木曜を出勤日に勝手に従業員に相談もせずに社長に話しを持って行って勝手に決めちゃった。もちろん全従業員は全く納得出来ない。だってたった一週間前にいきなり休みを変更だぜ!だからとりあえずそのオッサンは事務所の朝礼で俺が、シメてやった。「みんなに謝れ!」とね。だって前からその日に予定入れてた人はどうすんだい?しかもその回覧には“なるべく有給休暇はつかうな!”みたいな事まで書いてあったから、従業員みんな頭きたよ。で、従業員代表(労働組合みたいなもん)が、気を利かして23日どうしても休みの人の出欠をとってくれて社長にお願いしに行った!そしたら社長は開口一番、「会社都合だ!誰だ!文句言ってる奴は!」と、なってしまった。それは何と俺にまで飛び火したんだよ。俺も前は従業員代表を努めてたから、俺がみんなを先導したと思ったんじゃないの?いきなり仕事中、俺んとこに内線で電話をしてきて「佐々木!お前が、首謀者か?」と聞いてきた。俺は「いや、わかりませんが何か?」と逆に問いただしたんだけど、「お前ら、会社都合で、休みが振り替えになったんだから、誰も有給休暇なんかで休ませないからな!」と言ってきた。俺は俺で、「社長、わたしも実は23日、お休みだと思って予定を入れてしまいましたが・・・。」そしたら社長は「お前は責任者だろう!(係長って言う意味ね。役職ついてる身分だろって事)じゃあお前、会社とお前の用事どっちが大事なんだ?」と言ってきた。まあ、若い時だったら、ソッコー辞表出して、その足で労働基準監督所直行ってとこだろうね。会社都合なら会社都合で本当なら従業員にお願いするのが、普通でしょう?そんな、たった一週間も前にちゃんと話しあって決めた勤務カレンダーを勝手に、しかも一人のろくでなしなオッサンのミスで変えちまうんだから。しかもその日は有給休暇も使えないと言う。俺たちは刑務所に勤めた訳ではないんだけどし・か・し!確かに不条理、しかも完全に法律にすら引っ掛かってしまうような事が、当たり前のようにまかり通ってしまうのもまた世の中!下手に、誰かが、“それは法的にも引っ掛かかる。うちの会社はおかしい!”とか、訴えてみたまえ!その一瞬は勝てるかも知れない。しかし、長い目で見ると完全に負けるね。何故ならまた新しく入った会社で同じ事が起こるからだよ。俺は今までそんな経験をずーっとしてきた。時には事務所のテーブルを蹴っ飛ばしたり時には社長の胸ぐらをつかんだり。集団で20人くらいでやめて、労働基準監督所に訴えて“法律的には”完全に勝った事もあった。しかしいつも思うのはスカっとするのは一瞬だけで、現実はまた新しい職探しをして、中途採用で自分より年下の嫌な奴にこき使われるのが関の山だ。それでもまだ若いうちはすっきり後腐れなく嫌なごたごたと縁が切れるし、新しい職場でもまたマジメに頑張ってく気合いがあれば食ってはいけるだろう。しかし今の俺にはそんな無駄な事に労力を費やしてる暇はない。今回の事件も物凄く理不尽だし、サラリーマンとは言え俺たちは囚人ではないのだからやっぱり、納得はいってはいないと思う。しかも超大事なライブがあるのに休みはとらせないと言う・・・!しかし、俺は意外とお気楽だよ。何か方法があるはずだし、絶対、お客さんの期待を裏切らないサイコーなライブを実現してみせますよ23日は!何故、余裕かって?昨日も書いたけど、物事には柔軟な姿勢で向かって行けばいいんだよ!そんなにカッカッと熱くなる事も必要なし!しかも明日、会社の大事な同僚の結婚式なんだよね!しかも俺の席は社長と一緒の席!!ついでにその結婚する同僚は俺に歌まで頼んできやがった!(笑)俺は笑ってまた定番の「マイ・ウエイ」を熱唱してきますよ!忘れずに言っとくけど、俺だって凄く嫌なんだよ。そんな重い空気の中、無理に笑ってヘラヘラするのは。意地はって、結婚式だって行かないでツッパリたいって悩んだよ。でもちゃんと俺の大事な友人のためにも、そして会社のためにも、そしてそしてまずなによりも自分自身のために俺は明日、笑うつもりです。それが、本当に勇気がある事、それが一番カッコイイ事と俺は思うから・・・!
最大の敵!
20061117023405
今日はリハーサルでした!みんな個人練習不足すぎ!仕事や他の事で忙しいのは分かるが、一日たった30分の時間は絶対作れるはず!俺たちは普通の人が出来ない事をやってるんだから普通の人と同じ生活をしていたんではダメ!さて、ちょっと宣伝!明日の夜中、1時15分からKFB福島放送の「#9てぃ~びぃ~」で来たる12月2日のブルー・スリー大会の特集やるんで福島在住のみんなは見逃すなあ!うちらブルー・スリーのPV「ロックンロール24時間」やテクマ!の新作PV「ないないない」が放送されますんでよろしく!うちらのPVはもちろんテクマ!の新作がもう涙もんの傑作なんでお楽しみに!さて今日の話題は昨日の続き。俺の場合は今の子供たちと違って“死にたい”って事は考えた事なかったなあ。かなり追い詰められてはいたけど、俺が思う事は、「なんで、俺がそんな奴らの為に死ななきゃならんの?」って事だったよ。逆に007のタイトルじゃないけど「死ぬのは奴らだ」って思うってたもん。だって馬鹿馬鹿しいじゃん?まだまだやりたい事あんのにそんな、人として最低で下劣な奴らの為に死ぬなんてさ(笑)それに、当時組んでたバンドのメンバー、クレイジーフジシマって人に「バンドでそんな奴ら見返してやれ!」って励まされたんだよ。どんなにこの一言に助けられたか。ほんと、あの時の事、感謝の気持ちは今だに忘れていない。ところがこのフジシマさん、ずーっと音信不通で電話番号も住所も分からなかったのだが、つい最近、このブログを通じて何と16年ぶり(!)の再会を果たしたばかり!ほんと頑張ってりゃ奇跡は起きるもんだ。開口1番に「いやあ、佐々木くん、円くなったなあ」と言われてしまった。(笑)フジシマさんはうちの今のメンバーに「昔のベイビーときたら、そりゃ殺気だってて楽屋とかでも気にいらないバンドの奴なんかいるといつ喧嘩がおっぱじまるかわかんなかった」なんて力説してんの(笑)そりゃ、敵も作るって!んでも、そんだけ自分の人生にひたむきで一生懸命だったんだ。だから誤解を招きやすかったと言うか。昨日も書いたけど、ガキだったら、不登校すりゃいいの!学校なんて行かなくたってマジに勉強すりゃ大検とかだってあるし、死ぬ気持ちになれば不登校で親に怒られるくらいどうって事ないじゃん?それでも親が行けって言うんなら今、ここで首つるけど、そんでもいいのか?って親、脅せばいい。もし社会人で親元に居る奴らだったらソッコー、ニートになりなさい!世の中的にニートってどうしようもないものとか勝手に決めつけてるけど、自分の人生は自分だけのもんだ!そんな世の中の価値観どうだっていいじゃん?生きたもん勝ちだよ!あ、俺かい?昨日も書いたけど、そんな(イジメがあるような)嫌な会社、さっさと辞めてやったぜ!それから“合わない仕事だから”とか、“嫌な奴がいるから”とか“上司と反りが合わない”とか“バンド活動に支障が出る”とかで、いつの間にか履歴書は書き切れない程の職歴!とても自慢できるもんじゃない。しかしね!どんな事をしてたって、人間、何とか生きていけるもんだよ。こんなろくでなしの俺が言うんだから間違いないっ!しかもそんなたくさんの仕事を転々としてきたからこそ、物凄く応用も効きし、水の理論じゃないけど物凄く昔より柔軟にはなった。そんな時、今の会社に拾ってもらい、今じゃ何故か役職まで就いている(自慢!)でもね、今や公務員だってクビになるし銀行だって潰れる時代。俺の今の会社だって今は安定してるけどいつ潰れたっておかしくはないと思う。まあ、俺が言いたいのは生きている限りは死ぬまで安定なんてないんだからいちいち親とか世間体なんて気にするなって事だよ。サイテーなイジメなんてやるやつの為に死ぬなんてもったいないし、それなら不登校になってもニートになっても俺みたいに職を転々としても(笑)生きた方が面白いって!俺もまだまだ全然未熟だけど、こんな俺でもあの頃、イジメやってた連中よりはマシな人生送ってると思うよ。中には死んだ奴もいるし。死ぬ前にそいつと話した事あるんだよ。俺が、今だにあの頃と同じようにバンドやっててしかもあの頃俺が言ってた目標を次々と達成していたから「お前は昔からカッコよかったよ」とそいつは言ってたな。妬ましかったんだと。だから一人じゃ叶わないから集団でやったと。で、俺も若かったから・・・、許してくれ。と言われた。俺は“気にしてないよ”と言ったが、俺が死ぬまでは絶対許さないと思った。しかしそいつは皮肉な事に俺より先にあの世にいっちまった。今?全部、許してるよ。しかし今はもうそんな、“恨み”とか“見返してやる”とか、そんな無駄な事人生を費やさないようにしている。30過ぎて思う事だが、人生って思ったより短いね。だから残りの人生、無駄な事に時間を割かないで、好きな事を命懸けでやるんだ。イジメとかで死にたい人いると思うけど自ら死ななくとも、人生ってほんと短いぜ!俺のこれから(今から)の人生で本当に最大の敵は自分自身なのかもしれない。
水のように・・・。
20061116013513
“水になりなさい、水のように・・・。”
俺はこのブルース・リーの言葉が大好きだ。これは彼がアメリカ時代に出演したテレビシリーズ「ロングストリート」の中の台詞だが、今、DVDでも出ている「ロストインタビュー」でも、司会者に頼まれ再現している。最近でこそブルース・リーが最高のアクターで武道家と言う以外に、最高の思想家だったと言う事もわかりはじめたが、今から10数年前までは日本では情報も少なくほとんどの人、かなりのブルース・リーファンでも分からなかったと思う。ところが、あのジークンドーの中村先生が、日本で初めてジークンドーを本格的に広めたり雑誌の「映画秘宝」が、本格的なブルース・リーの特集本を出したあたりから97年頃にはホンッとに久しぶりのブルース・リーリバイバルブームが到来し、やっと日本でもそれまで知られなかったブルース・リーの思想家としての側面も知れ渡る事となる。まあ、俺の中ではもっと早くに知りたかったなあと思った次第だ。まあ、今でも全然、間に合ってはいるのだが。(笑)とくにこの“水になりなさい”と言う思想。これは武道だけではなく、人生そのものに活用できる言葉なのだ!“水になれ”と言うのはどんな状況になっても水のように柔軟な姿勢で向き合いなさい・・・、超端的に言えばそう言う事だ。水はカップに入ればカップの形に、急須に入れば急須の形になる。俺は若い頃、物凄く一直線な男だったと思う。曲がった事が嫌いで、よく人とぶつかるし、トラブルも多かった。それに世の中は正しいところなんだ!と勘違いもしていた。だから正しい事をしても報われないとか、不条理な事に真剣に悩んだし時には今で言う“イジメ”を受けた事もあったよ。まあ、今日のテーマは“いじめ”だな。まあ、今、マスコミで騒ぎまくってるのは、なんか胡散臭いけど。だってマスコミとしては、あれほど面白いネタはないじゃん?だってイジメほど不条理で酷いものはないじゃない?そういうのに飛び付くから、マスコミなんてもんは。それより某掲示板とか、常識はずれのもんを騒いでりゃいいものをね。まあ、イジメって別にガキだけのもんでもないし、必ずしも勉強や運動神経がわるくて暗いやつが受けるとは限らないから。俺の場合は20代前半だね。東京で四畳半の部屋に一人暮らししてバンド活動バリバリやってる頃だ。俺はあの頃、現場仕事始めたばっかでさ。それまでは布団の営業やってたの。前も書いたけど、俺は家出同然でギター一本かついで、高校で新聞配達して貯めた10万の金持って行くあてなく上京したからね。気合いはバクバクよ!で、なんで布団の営業の仕事やったかっていうと、住み込みでオッケーだったから(笑)。まあ、この仕事探すまでも2~3日ホームレスやって大変だったんだから。で、現場仕事だと金もいいし、時間も早いからバンド活動もバッチリできると思って始めた。俺は別に真面目って訳でもなかったんだが、布団の販売とかしてたからとにかく、そこで叩き込まれてたんで、肉体労働できつい仕事になったものの無遅刻、無欠席でバリバリ頑張ってた。社長はそんな俺をとても可愛がってくれて、給料もどんどん上げてくれたんだよ。ところがこれを妬んだ前からいた奴らが、一斉に徒党を組み始めたんだな。中でもズル賢い奴がいて俺が、他の仲間に対してあることないこと、悪口を言ってるとばらまきやがった。俺は職場で孤立し、奴らの陰湿なイジメが始まった。とにかく口を聞いてくれないし、さすがの俺もかなり精神的には追い詰められたよ。だってこっちは親にもタンカ切って家飛び出して来た手前もあるし、東京じゃ助けてくれる知り合いもいない。そう、逃げる場所がないんだな。学校だったら不登校と言う手段もあるし、実家にいる社会人ならニートになればいい。しかし俺には何もなかった。毎日、毎日もがきまくったよ。食わなきゃいけないから仕事には行かなきゃいけないし、行けば物凄い重い空気だ!いや、あいつら俺とタイマンで喧嘩する勇気はないんだよ。だから集団で精神的に追い詰める。まあ、今考えると俺も空気読んでなかったとも思うんだよ。絶対、間違っ事すんのいやだったし、自分を曲げなかったから。だからヒンシュクを買ったんだって事は今なら分かる。しかし若かったし、一直線にぶつかってく方法しかなくてね。結果?イジメに耐えながらも仕事に行きながら別の仕事を探しましたね。学校で行ったら社長は先生と同じで・・・。ただやっぱり一応社会人だしさ。社長とかに相談とか出来なかっよ。だってカッコ悪いし、目をかけて貰ってたしさ。だから次んとこ見つかるまでは、じっと耐えて気合いで仕事に行ったよ。そしたらそんな俺の姿に感銘を受けた若い奴もいて、それが一人、二人と俺のもとに集まってきた。ついには社長は俺を職長にしてくれて若くて根性ある奴をつけて、言わば佐々木班みたいなのが出来たんだよ。しかも誰も務まんないようなきつい現場専門!今の幕張メッセの基礎工事とかさ。しかも現場監督が超厳しい人でね。ところが俺たちの班の頑張りが通じたのか、その鬼の現場監督が俺たちに酒をおごってくれたんだよ。あん時は嬉しかったな。しかし、凄くいい仕事が見つかって俺はここは辞めた。しかし、イジメこそなかったものの、俺はそれから職場を転々とする事となる。上司と反りが合わなかったり、仲間で嫌な奴がいたり、そして一番が、バンド活動に影響を及ぼすような職場はソッコー辞めた。だから、履歴書には書ききれない会社数がある(笑)。俺が思うのは世の中いろいろな考えかたがあり、必ずしも俺みたいな一直線でがむしゃらな奴が正しいとは限らないと言う事だ。いや、違うか。正しい事をしても時に報われないばかりか、世の中ほど不条理なところはないと言う事かな?まだまだ20代前半で、人間が出来ていなかったとは言え、社会人にもなり、しかも高校ん時には、仮にも空手の試合で全国大会に出場したり、学校じゃバンドで人気ものだったこの強い俺だってイジメにあうんだから、今、小学校、中学校、あるいは高校でイジメを受けている子供たちはどんなに酷い事をされているんだろう?俺の場合は社会人でそれでもかなり常識の範疇内でのイジメだったと思うけど、それですら、っつうか、それのほうがつらいかも知れないけど、子供は残酷だからね。多分、もっともっと陰湿なんだろいなきっと。“水のように”!このシンプルな言葉が示すとおり、もっと柔軟になって発想を転換させれば上手くいくんだよ。いや、それをやっと悟ったのが、俺も30過ぎさ。まだまだこれから苛酷な運命が、俺が人間である限り待ち受けているだろう。しかしほんの少しでも、この悟りを開けた今、俺は絶対に負けない勇気が心に宿っている。柔軟な姿勢で・・・。べつに“いい加減にやれば”いい訳ではない。頭をやっこくして自分の人生を諦めずに生きていきたいなあ!
ブルース・リー中級編!
20061114233746
さてさて、いよいよ近づいてまいりました「ブルー・スリー大会2006」ですが、当日のスペシャル企画“ブルース・リー講座/中級編”ですが、その内容の一部をご紹介いたします!まず、国によって異なる「死亡遊戯」78年版の違いの説明。とくにエンディングの違うのには、初心者のかたでも驚愕するはず!そしてシーンごとにこの78年版「死亡遊戯」を検証していったり、クリス・ケントとブルース・リーの怪鳥音の比較。「燃えよドラゴン」では、ジム・ケリーの部屋にジミヘンのポスターが貼ってあると言う基本的な事から、80年代のカンフースターたちが、どのシーンで出ているか?とか親切に(?)解説していきます。このほか、カンフーハッスルの「ドラゴンへの道」パロディシーンを実際、両方の映像を観ながら解説。おまけに「死亡遊戯」スタンドインのタンロンの紹介からさらにそのタンロンが出演した「シンデレラボーイ」と言う映画の中での「燃えよドラゴン」パロディシーンをやはり実際、比較しながら解説(笑)!そして、ハイライトと言うかきわめつけは、「燃えよドラゴン」鏡の間シーンの間違った編集の解説!これは、二年前に新宿ロフトプラスワンにて行われたブルース・リートークイベントでブルース・リーマニアの大御所の方から教えてもらった驚愕の事実!多分、ジークンドーの中村先生くらいの方だったら、全然当たり前に知ってる事かも知れないけど、ブルース・リーファンでもびっくりなはず!あと、もちろんあの“トリビアの泉”でやったエキストラリラックスシーンや有名すぎるエキストラ爆笑シーンなども紹介します!これ、郡山で、しかもライブイベントの一環としてやるもんじゃないなあ!それくらい中身の濃い内容ですので、みなさん絶対お楽しみに!あ、でもこれ、まだまだ“中級編”ですから!俺の壮大な夢はそのうち“武道家編”とか“思想家編”とか上級編をやることかなあ。特にここ日本だと、ブルース・リーと言うとまだまだ俳優としてのイメージが強いので、俳優以前にまず武道家として物凄い人だったんだと言う事は、たくさんの人に知って欲しい部分でもあります。まあ、とりあえず12月2日、郡山#9にて“中級編”開催しますので、ぜひみんな楽しみに!あ!必ずイベント前にとくに初心者の方は「燃えよドラゴン」と「死亡遊戯」は観て来るように!写真は「死亡遊戯」北京版エンディング。ビリーとアンが船出でハッピーエンド!こんなんばっかやりますよお!
音楽を探して
20061114003056
いい音楽に出会うと心ときめく!と言った内容を昨日のブログでも書いたが、ほんと、うちのCDとレコードの量はハンパじゃない。いや、多分、バンドやってる人や音楽関係の仕事に携わっている人、仕事じゃなくても純粋に音楽が好きな人の大半はそうだと思う。何が、言いたいかと言うと、1番最初に“いい!”と思った感動を求めていつの間にかCDやレコードが増え続けていってしまうのだと俺は思うね。俺は別にコレクターではないのだよ。ただ、集まってしまうだけ(笑)中にはかなり高値のモノもあるにはあるけど、それは高いお金をはたいても、それを聴きたかっただけで、コレクションしている訳ではないのだ。だからコレクターたちが、すごーく大事に扱うモノでもものスゴイ雑な扱いだったり(笑)。ただ、これは音楽に限った事ではなくて映画もそうだね。俺はわずか六歳の時に、ブルース・リーの映画を見て、ブルース・リーは勿論絶大な存在になりましたが、それ以来、映画そのものの魅力に取り憑かれ、恐ろしい本数の映画を観ているなあ。結局それも、元を辿ればブルース・リーに行きつく訳で、初めてブルース・リーの映画を見た時の感動を求めていろいろな映画を見続けているんだと思う。今、俺はインディーズながら一バンドマンとして音楽をクリエイトする側になってはいるが、相変わらずリスナーとしての自分の方がデカイですな。いい音楽に出会うと、なんか気分がとてもよくなるし、全てが上手くいくような気がして、実際そうなるから不思議だ。俺にとってこれほど自分を上げてくれるものはないよ。しかもCDやレコードで足りなければライブに行けば間違いなく自分が上がる!迷ってる時にギターウルフやハブノッツのライブに行けば、絶対パワー貰えるし、煮詰まってる時にジェフ・ベックのライブに行けば、心が癒され、また頑張ってみよう!と思わせてくれる。現在、この音楽と言うものは世の中的には単なる嗜好品と言うか産業の一環みたいな認識かもしれないが、間違いなく俺にとっては、生きる糧と言うか宗教以上の存在だよ。さて、今日の写真は今の俺のトレーニングウエアです!何年か前に偶然、古着屋で見つけたレインボーのパーカー!年代モノ!これ着て走ると気持ちいいんだ!(笑)
冬かいな?
20061112234940
ここ、二日ばかり天気が不安定だね。そういや今、思い出したけど、昨日は物凄い落雷の音で目を覚ましたんだった!寝てたらいきなり目の前がパッと明るくなったと思ったら、いきなり一秒後ズドーン!ってありゃ、近くに落ちたね。まあ、その雷のおかげで、昨日は二日酔いももろともせず、ブルー・スリー大会用、ブルー・スリー新聞が完成したから良かったんだけども。んで今日は、またまた朝から、昨日書いた新聞の校正と、これまた大会用のトークショー用のビデオのダビングしてたら、結構な時間になってしまった。なにしろ俺のマニアック且つ、こだわりすぎの映像ばかり集めたんで、ほんと大変で・・・。しかし、かなり皆さん、期待出来るトークショーとなりますので、どうぞお楽しみに!んで、ヤアーっと全ての作業が終わったので、夕方から、ほんとひっさびさに街へ出掛けた!が!外は凍り付いたような寒さ!マジで突き刺さすような寒さだよ!んでまず、次のライブ用のコスチューム探しに!結局またバンドの事しか頭にはないのだが、いい買い物をして、#9に野暮用で寄って、久しぶりにタワーレコードへ!前から気になってたキッスのポール・スタンレーのソロアルバム「LIVE TO WIN」とアル・ディメオラ「CONCEQUENCE OF CHAOS」を買う。まず、アル・ディメオラの方だが、久しぶりのエレクトリックギターアルバムって事で、かなり期待したんだけど、もう!期待通りね。しばらく、アコースティックのアルバムばっかりだったんで、ずーっと買ってなかったんだけど。まあ、アコースティックも悪くないんだけど飽きちゃってね。リッチー・ブラックモアが、ブラックモアズドナイトをやるようなもんで・・・。いやあ久しぶりのアルのギター、いいなあ。速弾きはあまりないけど、絶妙なトーンだよ!そういや、やはりアコースティックばっかりやってたジョン・マクラフリンが、久しぶりにエレクトリックアルバム、「INDASTRIAL ZENをちょっと前に出したんで、感化されたのかなあ?ジョンのアルバムもサイコーでしたが。そしてキッスのポール・スタンレーの、なんと20数年ぶりとなるソロアルバム!もう、これが、個人的に今年を締め括る大傑作ね!いい音楽と巡り会うと、恋をするのと同じで胸が高鳴るのね俺!まさにこのアルバムがそれだよ。しっかりサイコーな楽曲をサイコーなシンガーが歌う、それだけで堪らないよ。いつの間にかハードロックやヘビーメタルのボーカルって、メタリカ以降からかな?みんなデス声になってしまってこういう正当派シンガーの声があまり持て囃されなくなってしまった。俺は個人的にデス声もカッコイイと思うけど、こういうポールみたいな正当派が好きだなあ。ポール・スタンレーと言えば、キッスのフロントマンだが、このキッスの最もスゴイところは、70年代に結成してから一度も解散していないところである。たしかにオリジナルメンバーが抜けたり、彼らの売りであるメイクアップをとったりその時代によって、色々と流れに合わせ、生き残るために試行錯誤しているが、キッスとしてのクオリティが下がった事は一度も無かったと思う。今のキッスはと言うと、数年前やっとオリジナルメンバーに戻り、メイクアップも復活して、活動を再会するも現在は、メイクアップはそのままに、すでにエースとピーターと言う重要メンバーはいない。が!相変わらずライブはスゴイ事になっていて、今年も野外フェスティバルで来日も果たしてくれた。ただ、ニューアルバムは?と言うと、オリジナルメンバー全員集合の復活アルバム「サイコサーカス」以来無いのが残念だ。俺的には良いアルバムと思ったのだが、どうやら世の中的には、さほど売れなかったらしい。特にこのアルバムで俺がスゴイ!と思ったのが、「YOU WANTED THE BEST」って曲で、なんと四人が交互にリードボーカルを取り合うと言う信じられないカッコイイ曲だ。しかしこのアルバムが売れなかったためにキッスはニューアルバムを作らなくなってしまった。そこで興行的に1番稼げるキッスクラシックを演奏するライブバンドになってしまった。そう、自分で自分を演じるのである。しかし、これをまた求めるファンがいる訳でファンのニーズに応える、これはこれでスゴイ事なのだ。しかしあれだけ良い曲をやって来ただけあって、ちょっと前にはジーンが!そして今回、ついにポールスタンレーがこの傑作を放ってくれたのだ。ライブは勿論素晴らしいけど、彼らほどクリエイティブな人たちが新しい曲をやれないなんてねえ?きっと、うずうずしていたと思えるほど、俺的にサイコーなアルバムを届けてくれたのでした!
ブルー・スリー新聞78号!
20061112001036
今日は一日がかりでまたまたブルー・スリー新聞最新号を仕上げたぞ!内容は次のブルー・スリー大会のトークショー用の特別版!「ブルース・リー大特集/中級編」!そう、今回の新聞は完全な“特別版”何せ、ブルー・スリー大会のみでしか配布もしません!しかも完全にトークショーとリンクしているので、この新聞を読みながらトークショーに耳を傾けるとより一層深く楽しめますので、ご期待ください!いやあそれにしても、たった一日で、仕上げたんでもう集中力、限界!酒呑んで寝るぞ!
リハーサルす!
20061111011051
今日はバンドリハーサルね!あ~忙しい!今月23日の新宿と来月2日の郡山のリハーサルす!新宿レッドクロスはSOLD OUTだと!頑張らねば!次の新宿と来月の郡山、ブルースリー大会は今年の集大成及び、来年に繋げるスゴイライブになるのでみなさん楽しみに!今日はリハーサルが終わった後、親友のハリーに頼んどいたケロロのDVDダビングを取りに行き、そのまま速攻ビデオ屋へ!今日(昨日ね正確には)返却日だったんでぎりぎりセーフ!いやあ、12時10分前だったぜ!危なく延長料金だよ!しっかしハリーは自分ちの可愛がってる犬が骨折して大変だったのによくやってくれたよ!ちなみにこの犬はパピヨンなんだけど、買った店で血統書つけてなかったそう(笑)なんで俺はパピヨンによく似た雑種と呼んでいるのだが、例えバピヨンに似た雑種でも飼い犬はやはり可愛いのだ!全然フォローになってないが(泣)!さてそんな訳で久しぶりにケロロの最新巻でも見て寝ますか。またセーラー服と機関銃見れなかったな。まあ、どうでもいいけど。
祝!Tシャツ再発!
20061110002943
大好評のうちに完売してしまった「R&R24時間」Tシャツが、ニューカラーで再発いたします!今回はネイビー、ターコイズブルー、カリフォルニアオレンジの3色!カンフーな君はネイビー!飛び出したい君はターコイズブルー!テンション上げたい君はカリフォルニアオレンジ!と、スーパーカッコいいカラーを入荷いたしました!ただし、完売した、ブラック、イエロー、スカイブルーの再発の予定はありませんので、持ってる人はかなりレアモノだぞ!まあ、前のを持ってる人も持ってない人もぜひともゲットしてくれいっ!今回は「ブルー・スリー大会2006」の開催記念としての販売です!次の11月23日(祝)から販売開始です。23日にブルー・スリーTシャツをゲットして12月2日(土)のブルー・スリー大会に着て行く!これがロッカーとして正しいあり方ね!そして同じく、しばらく物販コーナーでは品切れ状態だった1stミニアルバム「来たるべき世界」も熱烈なご期待に応え、再入荷いたしました!これ一曲でフジロック出演をキメた「カンフードライヴァー」や福島中央テレビ“ゴジてれシャトル”のエンディングテーマになった表題曲「来たるべき世界」、矢沢永吉のカバーで、あのギターウルフのセイジさんも大絶賛だった「黒く塗りつぶせ」、ライブで人気、うちのレーベル名にもなった「ビッグジャンプ」が収録されています!しかも、このCDエンハンスト仕様になっていて、パソコンに入れると第一回めのアメリカツアーの映像も見れるんでお買い得ですよお!今年はブルー・スリー大会でひと区切り付ける俺たちですが、いよいよ来年はニューアルバム発売!それにともなってニューTシャツも発売する予定です。で、これデザインしてくれるのが、あのギンティー小林さんになる予定!もちろんPVもギンティーさんにキマリ!さてさていろいろとスゴイこと企んでおりますのでお楽しみに!
馬鹿馬鹿しいと思えること
20061109012319
人にとって馬鹿馬鹿しいと思えることが、人にとって実は1番大事だと思う時がある。俺は単細胞的な体育会系な人があまり好きではない。しかし今の時代、この馬鹿馬鹿しい大切さをわかっているのは、体育会系の人なんじゃないかとも思うのだ。まあ、体育会系が嫌いっていうのは、俺の偏見かもしれないが、日本では特に、野球が本当にもてはやされている。最近じゃサッカーが然りだが、俺はどうも、この辺の仕組みがおかしいんじゃないかと、子供の頃からずっと思っていた。話、かなり脱線なんだけど、まずそこは押さえたいんで書くけど、俺は子供の頃から、ブルース・リーに憧れ空手を始め、実際、全国大会にも出ている。なのに、テレビ中継だってされなかったし、相変わらずもてはやされるのは、一回戦敗退しても野球部の連中なんだよ(笑)まあ、所詮空手なんて、マイナーだからなんだけど、頭きたね。しかし現在、まだマシだと感じるっつうかマトモなのは、こういった体育会系の人たちなんだと、俺は思うよ。そういう俺も全然体育会系なんだけど(笑)。相変わらず、今日も深夜のランニングと空手の稽古、そしてバンドの仕事をこつこつとこなして、やっと今、晩酌をしながら、このブログを始めてる訳なんだけど、なんか今の人って、この”コツコツとした作業”が嫌いらしい。コツコツと努力して、デカい目標を達成するのではなく、安易に出来て感激できる、サプライズ出来るものばっかり追っ掛けてる気がする。前にうちのベースのギズにこう問い掛けた事がある。「お前、中高生ん時、なんか部活とかやってた?」で、サッカーやってたと。だけどすぐやめたんだって。先輩のシゴキとか、コツコツとした地味な練習が“馬鹿馬鹿しく”感じたそうだ。しかしっ!実はこの一見、地味で単純で馬鹿馬鹿しい作業が、人間にとってかなり大事な事でもあるのだよ。俺は空手以外にもバスケや水泳、そしてバンドのギター練習など、色々やってきたけど、一見、無意味とも思えるこの地味な“反復練習”が実は物凄い結果を生むのだ。あの感動はどんなものにも代えられない。例えば空手稽古。練習で死ぬ程練習した技が、試合本番、スーパー緊張状態の時、頭でなく身体が覚えてるんだね。緊張して何も考える事が出来ないのに、毎日の地味でつまんない反復練習のおかげで、身体が勝手に動いてくれるんだよ。これはギターも何もかもがそう。俺は絵をやっていた事もあるけど、基本となるデッサンとかまさにそうだったもん。これは人生においてもつながっているとも思うんだよ。今日も俺は深夜ランニングと、空手稽古をしてきたけど、これをやっていれば、今はわからなくとも、ちゃんといい結果が出るって分かっているからね。そう思うとこの単純作業が楽しくてね。みんな早く結果が出るものばかりを期待しているけど、俺は宝くじで当たるよりも得られるものがあると思うよ。長い人生において。馬鹿馬鹿しいと思える事、それを馬鹿でなにが悪いんだ!とがむしゃらに突っ走る!そうしないと真の感動や栄光は絶対に得られない。俺はそう思うね。写真はいよいよ完成のブルー・スリー新聞77号!これこそまさに馬鹿馬鹿しくも地味で、コツコツした作業の賜物!だけど完成した暁にはやっぱり達成感あるし、読んでくれた人が「楽しかった」と言ってくれた日には涙もん!しかも77号だぜ!安易な感激よりも本物の感動を!
雨だな。
20061108002032
今日は雨だったんで、夜のランニングに行けなかったな。いや、いつもだったらちょっとの雨だったら行くんだけど、やたらと風もあるし、前が見えないから仕方なく断念だ。結構、俺はこの夜の時間が楽しみなんだが・・・。仕方なく部屋で、ウエイトトレーニングと空手の稽古をして我慢した。普通は外でやるから気持ちいいんだけど、仕方ない(泣)その代わり、昨日から始まったブルー・スリー新聞の77号の一枚目は仕上げた!仕事はえーな俺!しっかし77号かよ!我ながら物凄い根気だねこりゃあ!もう8年間もこんなの書いてんだからアホだよな。さて、今日たまたまこのブログ読んでくれたみなさん、もちろん人に裏切られた事はあるよね?まあ、これは人間社会においては当たり前(本当は、当たり前であってはいけないんだが・・)の事なんだけど、そんな時、どうだい?気分最悪だよね。とくに信頼している友人や恋人、あるいは会社の同僚とかさ。俺も何回裏切られたかわかんないよ。19くらいに、東京に一人で住んでた頃、凄く信頼してたバンドのメンバーがいてさ。そいつがどうしても田舎に帰らなきゃいけないから、金が要ると言う。俺は友達間の金の貸し借りは自分の中で禁止していたんだ。まあ、深い意味はわかんなかったけど親が絶対しちゃだめ!と言ってたから(笑)。しかし俺はこん時、この本当の意味を知る事になる。俺は、こん時、自分の中の掟をヤブッたんだ。“コイツなら信頼出来るから”と。俺は当時、フリーターしながらのバンド人生。もちろん何の生活の保証もない。だから一応、もしもの為に金をコツコツと貯めてはいたんだよ。20万くらい。仕方なくそれを借してやった。そしたらそいつ田舎に帰ったままトンズラよ。ただこっちはこっちで、当時の俺は今より丸くなかったからね。そいつの友達から親戚から親まで全部に電話かけまくって取り返してやったけどな。もちろんそいつとは、それ以来絶交!それにみんなも絶対そういう経験はあるとは思うんだ。信頼してた彼氏が二股かけてたとかさ。俺がどうやってそういう事を克服してきたかと言うと、人に期待しない事だね。人は不完全な生き物で決して神様じゃないんだから。ちゃんと距離を置いて付き合えばいいんだ。俺の場合はかなりドライだよその辺は・・・。しかし神様でなくとも、人間てのは面白い。やはり立派な人も必ずいるんで、そういう人の話は絶対に耳を傾ける。それにドライと言いつつ、やはり友達や大事な仲間が舐められるような事があったら、例え拳を使ってでも守ってやる別の俺もいる。そして俺の幸せなところは、苦い経験をしようと、前よりはドライに構えようと、自分が、友達だ!と思ったらそいつは友達だ!と信じる事だ。相手が自分の事、友達だと思ってるかな?とかそういう無駄な不安は一切持たない!自分が友達だと思ったら友達!別にストーカー的な意味合いではなく、それが、人と人との隙間を埋める大切な感覚だと思っている。昔よりは大人になったが、やはり俺は神様よりもまだまだ人に期待している。嫌な思いもたくさんあるかもしれないが、その中でたった一度のサプライズが、俺を幸せにしてくれる。それに騙されるのは、騙すよりいい。人に交わらないと嫌な経験もいい経験も出来ないし、騙されたり裏切られた時の方が、本当に勉強になりますな。また1ランク上の自分に行ける気がする。まあ、お金借りるならサラ金で!そうすりゃ友情にもひびが入らないかも!?(いや、うそうそ。俺はサラ金で、お金借りた事ないです!お金の貸し借りはやめましょう!)
自分のスタンス!
20061106232727
前から書いてる事だけど、自分のペースっつうか、自分のスタンスで前へ進めばいいと思う。いろいろなやり方があるはずだし。俺の場合はバンド活動。バンドって、ホントにプロ、アマ問わず凄く数が多いし、これを職業としている人達なんかは、年間物凄い数のライブをこなしている。俺たちアマチュアとしては、非常に羨ましい限りだ。しかし最近は、羨ましいともあまり感じなくなってきた事も確か。なんにしろまず、俺たちアマチュアバンドマンは、自分の手で働いて食べてかなきゃならないし、スポンサーはまず自分なんだから、そのへんは勘違いしちゃいけない。よくインディーズバンドでも年間200本とかやっている人たちもいるけど、親に頼ったりとか、副業が稼ぎがいいとか以外は、まず無理だよそんな活動。だから俺たちは、自分たちのスタンスでやっていこうと決めたんだ。年間200本のツアー、たしかに羨ましいけど、果たして逆に俺たちみたいな活動の仕方、その人たちに出来るのかな?と。まず働いてるから、長期の遠征はまず無理だ。まあ、連休は別だが。しかし遠くでもやりたい・・・。そうすると、かなり無謀なスケジュールになってくる。1番今まででヤバかったのが、島根日帰り!車で片道14時間!その代わり、俺たちの運転はハンパじゃない。休憩ほとんど無しだから、普通の奴だったら16、7時間は軽く掛かると思うよ。最近じゃ、仙台から大阪ね。これ、並の精神力じゃまず無理だ。それでいて、ライブは後先まるで無視の、命懸けライブでしょ?200本やろうがゆるくてヌルいライブやってる奴らには負けませんよ!ちゃんと毎日ライブが入ってる方が、数はあるけど楽だもん。移動距離、3~5時間くらいじゃん?楽勝じゃない!それより15時間ドライブしてきて超疲労の中、次の日からリアル仕事行く方が、スゲえ事やってんだよ!まあ、今だって“自分のスタンス”とか言いつつ、そういう無謀なツアーをやってる俺達だけど、勝利くんが腰を悪くした2年前くらいからは、徐々にはそういうツアーは、組まない事にしている。前は依頼が来れば日本全国、全て引き受けてきたけど、俺はリーダーとしても、末永くバンドを続けていく方を選んだね。今でも日本全国、色んな場所から依頼が来るし、ブルー・スリー大会さえやらなければ(あれで全てバンド貯金が消える)お金もそんなにかからずに済む。ツアーを組む気になれば、かなりの規模のツアーも計画出来るが、今の状況では、バンドが疲労してしまうからね。そんなんだから、音源なんてマトモに出せたためしがないよ。しかし今年は、かなりの期間をかけて、やっとアルバム音源も出来たし、ライブを減らしたのもよかった!しかし来年はアルバムリリース後、いよいよ本格的にライブ活動再開するんで、今日のブログの題名は、矛盾と言う事になる。いやあ、まだまだ若いんだから、まだまだ背伸びして、気合い入れていくよお!俺には、無難に生きるって事が似合わないんだから。写真は執筆中のブルー・スリー新聞最新号!忙しいっ!
いざ!海へ!!
20061106000717
全くもって、ものすごく忙しいのだが、やあーっと俺の頭の中にある予定の3分の1はクリアしたので、三連休最終日っつう事もあり、三カ月ぶりにサーフィンに行ったよ!いやあ、あんまし忙しさにばかり気を取られ、心に余裕が持てなくなるといけないからね。最近、どうも、その気があるからさ俺。これは反省しなくちゃいけないところだ。海に行ってないと、やたらと怒りっぽいっつうか、普段なら我慢出来る理不尽な事でも反撃してしまったりして、空気悪くしてしまったりさ・・・。社会って必ずしも正しい所ではないから、時には“神に代わってお仕置きよ”って気分にもなる。しかしね、それは俺の中では正しいとは言えないんだ。俺が、やらなくとも誰かにやられるかもしれないし、人間、そんなにやりたいようにはならないよ。悪い事をすれば必ず罰が当たるし、俺がやらずとも絶対いい事は起きない。まあ、話が脱線したけど、そんな俺の中に芽生えた邪悪なものを取り去ってくれるのがサーフィンだ。俺の今回の三連休の予定では、プレゼントCDを音、ジャケを含め完成させること、ブルー・スリー新聞を完成させる事、大会のタイムテーブルつくりと、それを郡山DJ軍団にお願いすることだったが、予定っつうか目標がでかすぎてブルースリー新聞が完成までは至らなかった。それにも増して俺の精神状態がおかしくなりそうなので、海へ行った。波はまあまあ。でもよかったね。これで心の洗浄は完了!全てリセットしたんで明日からまた頑張るぜ!
プレゼントCD完成!
20061105011938
いやあ、ここんとこ週末・・・つうか時には平日からも朝まで呑みコース!昨夜はもちろん、ロンサムダヴウッドローズのライブ観戦から、そのまま打ち上げコース!昨日はさすがに呑みすぎて、ブログも一言しか書けなかった(泣)!まあ、それくらいロンサムのライブがスゴかったのと、打ち上げが楽しかったからなのであるが、さすがに今日は二日酔いが酷くて、復活するのに時間が掛かったなあ。でもやることが山ほどあるんで、頭痛と吐き気を我慢して起きました!おととい、今年のブルー・スリー大会プレゼント用CDの音だけは、レコーディングしたので、昨日はライブに行く前、ミキシングはやって、音だけは完成させておいた。んで、今日はジャケを制作しました!プランは立てていたんで、後は具体化するだけだったのだが、かなり気合い入れて作ったよ!タイトルは「二丁目の夕日」と言うどっかで聞いた事がある(笑)ものだが、ホントにカンペキに昨年のを越えてるんで、絶対にゲットして欲しいっ!裏ジャケもかなり素敵です!で、中身は!?ゲットした人だけのお楽しみ!もちろんサイコーです!写真はジャケ!ヤバイぞ!
あ~あ?
20061104050150
ロンサムダヴウッドローズのライブに行ってきました!素晴らしかった!写真はカエラさん(笑)!
サイコー!(笑)
20061103011339
今日はブルー・スリー大会用毎年恒例のスペシャルCDのレコーディングでした。ホント、これマジで毎年、お客さんにすごく受けがいいんだよね。んで昨年のがかなり気合い入れて作ったんで、今年は大丈夫かなあ?とメンバーも心配していたんだけど、全然ご安心を!昨年のも軽~く越える事ができましたよ。あしたはジャケデザインを考えますが、いやあ、ホントにたくさんの人に聴いてもらいたいとこなんだけど、あのメンツで五百円っしょ?このプレゼントCDも自分たちでやってるから先着50名が限界ですよ!ぜひぜひ早く並んでゲットしてくださいね!それにしても今回のもスゴイ出来!これは保証します。俺たちのさらなる魅力(?)と可能性に腹の底から笑ってください。嫌な事あった時にこれ聴けばどうでもよくなってしまいます!“ああ、自分よりバカな連中が世の中にはいるんだな”と!そう思ってもらえればまず大成功だね!“呑む前に呑め!”「呑む前に飲まれろ!」
DOLL
20061102000139
今日、発売の音楽雑誌「DOLL」の“勝手気ままな私のベスト10”ってコーナーに、俺の書いた記事が載りましたんで、見てくださ~い!かなり笑えるぞ!あと、「ブルー・スリー大会2006」の広告も載りましたんで、本屋で見掛けたら是非見てみて!つう訳で、ブルー・スリー大会の準備とかで大忙しだわ!明日はいよいよ大会名物の“スペシャルCDのレコーディングだよ!なんか毎年ものすごく好評なんだけど、今年も、もう企画段階から、聴いたお客さんの笑う姿を想像してしまう(笑)。それ程、今年のも強力です!それにしても、今年の大会もまたまたスゴイメンツが集まったなあ。今年も全国で物凄いツアーをやりまくった、ハブノッツ!地元、横浜ではニッキー・コルベッツを迎えてイベント開くなど、凄すぎ!俺たちの最新アルバムも、またまたリーダーのマット青木さんだし、今年1番の活躍だったんじゃないの?そしてテクマ!なんと数年ぶりのニューアルバムを引っ提げての第一弾ライブが、このブルー・スリー大会になるそうで、事実上のレコ発第一弾ね!ヤバイぜ!ゴーグルエースは残念ながら、ベースのノリコオリーブさんが脱退してしまうらしいんだけど、その代わりサプライズあるかも!?そして期待の初参戦、チョコレイツはあのギョガンレンズのヒロキングさんやドメニコドモランテのトクさん、クスモッちゃん、それにミネソタヴードゥーメンのバンブーさんらからなるスーパーグループ!ライブもヤバイ!で、宮田泌尿器科はトランペットのアンディーさんが、俺たちのニューアルバムのマスタリングをしてくれた繋がりもある、郡山若手実力バンド!で、郡山はDJ陣もスゴイぞ!ジャンキーヒッピーシェイクのイノウエさん、ロックザライオットのヤナギダくんはもちろん、あのルーディーのユサちゃんや、ジェッティンデデンのワタくん、4649のリョージくんまで参加することになった!ああ、もう俺的にはいつ死んでもいいやってくらいのスゴイメンツなのだが、この他、トークショー「ブルース・リー講座/中級編」や、ブルー・スリーPV上映もあります。そしてその後はいつもの・・・。これで、500円よ500円!高校生だけのイベントじゃあるまいし、こんだけのメンツでこの値段はまず有り得ません!まあ、間違いなく何かが変わる事間違いなし!しかも年に一回!今年もこれ見て無事にみんな年を越してくれいっ!



プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する