BLUEIII ベイビーブログ
ロックバンドBLUEIII(ブルー・スリー)のBBS兼日記 ※悪意・誹謗中傷目的のコメントは、削除する場合がありますので、ご了承下さい。
リハーサルじゃ!
20060630002747
またまた、バンドリハーサル!しっかしリハ、けっこうやってるわりに、一向に上手くなりませんなうちのバンドも・・・。こないだ、ザ・プライベーツと山口富士夫さんの、ライヴを観たけど、本当にすごかったなあ。うちらが、目指してるのは、ああいうサウンドではないけれど、本物のギターっていうのはああいうのを言うんだろうなあ。ショウネンさんは、もう、白熱してるギター。そして、富士夫さん、やばいね。いぶし銀と言うか。ちょっとしたオブリや、カッティングにいたるまで、すげえ存在感!ソロも、弾き過ぎず、かと言って控えめではない。あの、間のとりかた!弾いてないところでも、カッコイイんだもの!終演後、ギターウルフのトオルさんが、「どうでした?」と感想を求めてきたんだけど、もう、ヤバイとしか言いようがなかった。そして、プライベーツ!かならず、プライベーツを観た後は、「うちらも、もっと練習しなきゃ!」と思うのだが、こないだ、それをノブさんに伝えたら、「ベイビーは今のままでいいよお!」と返されてしまった。まあ、プライベー
ツと富士夫さんの爪の垢ほどでもなりたいので、今日も、来たる七月のライヴに向け、リハーサルを頑張ってきたと言う訳さあ!しかし、リーダーこと、モリハラさんに、コージー・パウエル在籍時のレインボーのDVDを持ってってやったら、超、喜んでくれたぞ!ストーンズのイベントなのに!(笑)写真はリハーサルを終え、安酒とキムチでくつろぐ、ケロちゃん。おつ~!
最近の夕食!
20060629193624
ここ二週間くらい、夕食が、幸楽苑の、ラーメンだ!こないだの日記では、「何にでも、こだわりを持て!」なーんて、言ってたくせに、ちゃっかり、フランチャイズの店で、ラーメン、食ってるわけ。つーか、この、幸楽苑、郡山からにゃんと、全国展開している、やり手だ!んで、俺んちの近くにも、歩いて行ける距離に一軒あったが、今まで、全く行った事が、なかった。ラーメン好きの俺としては、フランチャイズなんて、プライドが、許さなかった。なにしろ、昔、ラーメンの街、荻窪に住んでたくらいだから(たまたま(笑))しかも、うれしいことに、その荻窪の有名なラーメン屋、春木屋の支店が、郡山にはある!ほかにも、よさこいなど、おいしいラーメンが、食べれる店が、あるのだから、わざわざ、フランチャイズの店に行く事もないのだ。例え、家から近くとも。ところが最近、この、幸楽苑で、中華そば二百九十円と言うのをやりだした!確かに味の方は、フランチャイズだし、可もなく不可もなくといった感じだが、それでも、カップ麺や、コンビニ弁当なんかよりは
全然、おいしい!しかも、この二百九十円と言う値段!餃子をつけても、五百円いかないのだ!そんな理由で、夕食は最近、ここなのだが、残業で、ちょっと遅いと、混んでて入れない。まあ、庶民にはありがたいし、平日は変なこだわりは、軽くすててしまう、俺なのであった。
神の抜けたUFO!
20060629004838
ハードロックファンに、以外と、無視されがちなのが、マイケル・シェンカーの抜けた後の、ポール・チャップマン期である。そういう俺も、つい最近まで、完全に、ノーマーク状態!だって、マイケルのいないUFOなんて・・・ね?気の抜けた発泡酒みたいなもんだろう・・・とタカをくくっていたのが、大間違い!少なくとも、再結成UFO(マイケル期、アトミック期)や、マッコーリー・シェンカーの百倍いい!ただ、マイケル期のような、ドラマティックな曲(ラブトゥーラブとかね!)や、泣きの曲はほとんどない!その代わり、ナチュラル・シングとか、シュートシュート、タイプのロックンロール調の曲は健在で、俺なんか、UFOは完全にロックンロールバンドだと思っているから、もう、完全にずっぱまり状態!まあ、このへんの、ロックンロールグルーヴな柱はベーシストの、ピート・ウェイが、持っていたもので、あったが、このポール・チャップマンとの相性もばっかりだったはずだ。それに、ポールのギタリストとしての力量もなかなかのもので、マイケル
にも、全くひけをとっていないと思う。ただ、マイケルほどのカリスマ性が、なかったのが、その後のキャリアに影響したか、現在、彼の名前を目にする事はない。マイケルが、腐っても鯛なのと、裏腹に。それと、マイケル期に一時的に加入した、元、ヘビー・メタル・キッズの、ダニー・ペイロネルも、マイケルは嫌い?だったようだが、ロックンロールバンドとしてのUFOには、合っていたと思う。そういえばハブノッツのマット青木さんが、前に、ヘビー・メタル・キッズのレコードを聴かせてくれたが、(つーか、あの人は、ホント、持ってないレコードはないんじゃないの?)バンドとは程遠い、ロックンロールサウンド、どっちかっていうとパンクにちかい演奏にびっくりしたものだが、今のマイケル・シェンカーに物足りなさを感じてる方は、ぜひとも、ポール・チャップマン期のUFOが、オススメですよお!まあ、ポールはポールでも、ハンプシャーはどこ行ったとか言ってるあなたは、かなりのえいてぃース通!いや、ポール・レイモンドは日本に住んでるって、ホ
ント?ついでに、マイケルとは、殴り会ったほど、仲、悪い!
シェンカー!
20060628003929
今回の、アルバムレコーディングの、ミックスを終え、今、冷静な耳で、聴いているのであるが、ホントに、今まで、俺が、影響を受けてきたアーティストの集大成といったサウンドが、満載だと思う。ギターソロだけとっても、フレーズは、トミー・ボーリンで、サウンドが、マイケル・シェンカーのワウ、半こもりサウンドだったり・・・。まあ、今のキッズにはあまり、興味のない事かもしれないが、知らないだけで、知ったら病み付きになるかも!?で、マイケル・シェンカーの、デビュー25周年記念のニューアルバムを、購入した。歴代ボーカリストが、全員参加!ってのが、ウリ・・・で、グラハム・ボネットと、ゲイリー・バーデン目当てで、買ったのだが、これが、もうっ!大ペケ!ダメダメ!ジョー・サトリアーニとか、スティーヴ・バイみたいな、今風フュージョンサウンドに、印象薄い歌メロが、載ると言う、全曲、同じ曲って感じの駄作!せっかくの歴代ボーカリストのゲスト参加も台なし!金返せ!で、写真は、こないだの、土曜の結婚パーティーの前に、一人、西新
宿に出かけて、見つけた、にゃんと!82年の、イギリスのメタル雑誌、ケラングから・・・。(つーか、前の日、Sーtripで朝まで呑んでんのに、メンバー中、一番アクティブだな、おいら、さすが!リーダー!)この、号では、この年の、ベストを決めるコーナーがあって、この年のベストギタリストが、マイケル・シェンカー!んで、この写真の、マイケル、どう見ても、パンクス!カッコイイ!で、で、この頃のマイケルの作ってた楽曲は、メタルとかパンクとかの域を超えて、本当にトンガってカッコよかった!そして、あのギターサウンド!ワウ半コモリでの泣きのフレーズ!うちらの次のアルバムには、あの頃のマイケル好きには、かなり?アピールする、楽曲、サウンドが、詰まっているかも!?ちなみに、この年のケラング誌のベストバンドが、AC/DC!男性ボーカリストが、デビット・カバーデイル。女ボーカリストが、パット・ベネター!ベーシストが、レミー!ドラマーが、コージー・パウエルとなっとりましたあ!そして、にゃんと!表紙は、パ
ット・ベネター!って、彼女、俺は、全くノーマーク・・・っつうか、全く、興味ナシ!あっち(イギリス)では、そんなに人気あったの?!そんな彼女も、今いずこ!マイケルも、現在、この写真の面影なし!マイケルといえばジャクソンも!どうした?エイティーススター!
しっかし!
20060626235155
昨夜は、レコーディング終えて、家に帰って来たの、2時くらい。で、疲れてるし、早く寝ちまおうと思ったのに、早速、ミックスしたばかりの音を、コンポで、再生したら、テンション上がっちまって、またまたビールが、はかいっちゃって、結局、寝たの4時近く!もう、新聞配達来てたもん。が、そのテンションのまんま、普通に朝、起きて、仕事、バリバリ!「すっごい気合いですね」なんて、会社のネエちゃんに言われたが、さすがに、家に帰ったら、そのまま、10時まで、仮死状態!結局、今夜、最終回のドラマ、「トップキャスター」を、見逃してしまった!つまらないドラマだったけど、ラストは、気になるなあ。誰か、ビデオ録画した方、レンタル希望でえす!ラストといえば、昨日で、郡山のロックバー、Sーtripが、閉店しました。さすがに俺は、行けませんでしたが、かなり、自分の中で、さみしく、悲しい感じですよ。写真は、Sーtripのマスターで、親友のヤマさん。どんな形でもいいから、復活希望!また、みんなで、呑もう!
レコーディング。
20060626025107
結局、ザ・プライベーツの、オールナイトが、朝まで!DJパーティーも、盛り上がり、そのまま、レコーディングスタジオへ・・・。そのまんま車ん中で、寝て、10時から、ぴたり、十二時間かけてミックス作業、計10曲、手抜きなし!メンバー、プロデューサー、マット青木さん、完全くたくた状態!行き過ぎて、変なテンション!みなさま、ホントのホントにお疲れ様でした!つーか、マジで、レコーディング、やばい!世界、とれるかも!?
芸能人?
20060625092714
Sーtripで、朝まで、呑んだあと、新宿で、うちらが、お世話になっている、梶川さん、チサコさんの、結婚パーティーに行きました!この、梶川さん、以前は新宿ロフトの店長をしていて、その頃から、うちら、ブルー・スリーをかわいがってくれ、恩人とも言える人です。現在はあの、レディオ・キャロラインのマネージャーをしていて、相変わらず頑張っています。そういう、人間的にも、素晴らしい人だから人望も厚く、この日もたくさんの人たちが、詰め掛けました。レディオ・キャロラインはもちろんのこと、ギターウルフや、ハブノッツ、みんなゆかりの人たちが、全員集合です。うちらも、得意!?のマイ・ウェイを披露したり、セイジさんも、アイ・ラブ・ユーOK!レディオ・キャロラインは、バンドで!ウルフマネージャーのテルさんも、大活躍!そして、もっとも素晴らしかったのが、新郎新婦と、そのご両親のあいさつ。いやあ、いいパーティーでした。で、うちらは、その後、ハブノッツのマット青木さんが、下北で、ザ・プライベーツプラス山口富士夫のシ
ョーで、DJをやると言うので、同行!こちらは、オールナイト!大いに盛り上がりましたが、こちらでは、あの、ロンサム・ダブ・ウッドローズのたーしさんや、ニートビーツのミスターパンこと、マナベさん、またまた駆け付けたドラムウルフ、トオルさんも来て、死ぬ程、盛り上がりましたとさ。で、うちらは、青木さんと、これから、東京某所にて、アルバムのミックス!まるで、芸能人なみの忙しさ!金はねーけど!!
朝!
20060624064508
まで、親友のヤマさんとこで、呑んだ。日曜日で、ヤマさんの店、Sーtripが、閉店。ここは、俺の心のよりどころ・・・、バンドマンである、俺の帰る場所でもあった。切ないとか、悲しいとか、通り越した感情が湧いている。思い起こせばうちらのバンドが結成した年、BAR、Sーtripも、はじまった。マスター、ヤマさんの人柄と、ロックとしか言いようのない店の雰囲気に、みんな、惹かれ、ここは、俺たち、そして、全国の、有名、無名なバンドマンたちの、オアシスとなった。最近、ザ・モッズの森山さんが、何かのインタビューで、ロックを続けられる秘訣?を語っていたが、酒と、ロックのビデオかなんかが、流れてたら、それでいい、みたいな事を語っていた。まさに!ここの店は、そんな場所。明日の事はさておき、この店との別れをしに、俺は、駆け付けた。なんと、わざわざ東京から、あの、ロックドラマー、きゅーちゃんまで、まるで、隣の街へ来る感覚で駆け付けていた。いい感じで、お酒も入り、俺は、この夜をはしゃぎまくった。気が
つけば、朝。別れを惜しんで、外へ出たが、タクシーもつかまらず、今、家までのはるかな道程を、このブログを書きながら歩いている。ヤマさん!また、おおいに笑おうぜ!
メタル2
20060623210924
家の中探したら、こんなのも、出て来ました!これも、80年代当時出た、メタルの写真集!こちらは、当時、来日したアーティストを日本人カメラマンが、激写しとりますが、ものスゴイ、顔面どアップの写真がたくさん!ジーン・シモンズなんて、鼻毛まで、メイクのせいで、白くなっとります。そういえば、哲人さんのコメントにもあったけど、バン・ヘイレンの、ベーシスト、マイケル・アンソニー、ジーン説は、うちらも話題にしてたなあ。体型とか、似てるし、同じ、ベーシストだしね。まあ、デビュー前のバン・ヘイレンのデモをジーンが、プロデュースしたりして、バン・ヘイレンを売り出そうとしてたから、そんな、噂が、たったんだろうね。あと、面白かったのが、モトリー・クルーの、ニッキー・シックスは二人いた説!いやあ、恰好の馬鹿馬鹿しさは、もとより、こんなゴシップネタですら、馬鹿馬鹿し過ぎる!やっぱり、メタルって、夢があって素敵だわ!
メタル!
20060623011810
一般的に、ヘビー・メタルも、ハード・ロックも、一緒くたに、ヘビメタと、呼ばれてるみたいだが、実は、微妙に違う。が、ホント、ロックジャンルと言うやつも、めちゃめちゃ細分化されてきているので、今や何が、なんだかわからない状態ではある。しかし、みんなが、ヘビメタと呼ぶ音楽はやはり、80年代メタルが、しっくりくるような気がする。メタリカとかのスラッシュメタルになると、歌が、デス声になるし、ハードコアパンクとか、ミクスチャーに近い感じか。やはり、メタルは、金属的な低音弦多用の歪んだギターリフにハイトーンなボーカルが、イメージだ。しかし、時代は廻ると言うか、永久に続くかに思えた、80年代メタルブームも、その後、登場した、グランジと呼ばれる新鮮なロックに取って代わられることになる。まるで、70年代、猛威をふるった、ハード・ロックが、あたらしい流れ、パンク、ニューウエーブに、取って代わられたように・・・。しかし、もっとも大事なのは、そういう時代の波に巻かれず、尚且つ、冷静に自分の中で、消
化する事だ。いいものは、いつの時代、どんなタイミングで聴いてもいいものだし、逆に、新しい音楽の中にも、いいものはたくさんある。今、メタルは、過去のもの、ダサいもののように、感じられているだろうが、またまたメタルの時代は来るのだ!そして、その時、ヒップホップや、J-ポップを聴いてる人たちは、もっともダサいと思われてしまうのだよ!んで、その後は、ロカビリーの時代がきて、街は、リーゼントやポニーテールの若者で溢れかえる。つう訳で、本日の写真は、俺が、高校ん時、買った、「ヘビー・メタル写真集」!この、表紙からして、マジ、ヘビー!中身はこの、ブログ見てる人みんな失神確実!真似したくとも、真似できない(どこにも売ってない!?)ファッションのオンパレードです!エビちゃんにも、これ見せて、“本物”のファッションを勉強してもらいたい!やっぱ、ズボンは、赤!しかも、スリムで!!
パナマ!
20060622004215
そういや、今度、ヘビー・メタルのドキュメンタリー映画、その名も、「METAL」が、公開されるらしいけど、かなり、興味深いなあ。いやあ、メタルほど、カッコよくて、わかりやすいロックもないんじゃないかと、俺は思うのだが、以外と、昔からここ日本じゃ、アンダーグラウンドな音楽の位置に甘んじている。まあ、最近の若者だって、ヒップホップなんかの方が、全然、クールなんだろうけど、俺は、クールよりも、ホット!欲をいえば、ホット・フォー・ティーチャーの方が、好きだな!ただでさえ、不満だらけの現実生活なんだから、音楽くらい、いや、ロックくらいバカやんなきゃ!(笑)バン・ヘイレンの「パナマ」のビデオクリップ!あれが、俺の目指すものだな!あーあ、今の人はあんな楽しいもの、観たことないんだもんなあ。今年のブルー・スリー大会で、流すか・・・!?
プリティー・ウーマン
20060620234844
またかよ?と、言うか、当たり前と言うか、今日も、上戸彩主演のドラマ、アテンションプリーズを観た。って、どんなにくだらないこと、つまらないことでも、やはり、男が一度、はじめた事は最後まで、貫かなければならないのだ!(笑)つー訳で、さんざ、中身がない、内容がない、とか言いつつ、(まあ、上戸彩が、見れるからいいや・・と言うだらしのない理由もあるが)来週で、いよいよ最終回だ!いやあ、俺もよく頑張った!耐えた!って、ドラマ観る事って、こんなに大変な事なのか(笑)で、今回のテーマ!このドラマの主題歌が、今をときめく木村カエラちゃんによる、「オー・プリティ・ウーマン」のカバー!この、カエラちゃん、あの、Puffyを育てた、奥田民生の、新たな売り出しっ娘らしいが、さすが、民生さん、いいセンスしてるわ。つうか、民生さんは、個人的にどうでもいいんだけど、彼の女の子へのプロデュースセンスはナイス!まあ、俺なんか、ロック仲間の間では、かなりのテレビっ子だが、世の中的にはかなり遅れてて、初めて彼女の名前を見た時
、「木村カエル!?ばかな名前だなあ。」なんて、自分が、間違えてるくせに馬鹿にしてたアホな輩だ。んで、このカエラちゃんの唄うプリティ・ウーマンが、かなり、カッコイイ!かなりハイスピードなパンクバージョンになっていて、彼女の歌も凄くいい。ネイティブっぽい英語の発音なので、もしかしてハーフ!?まあ、そのへんは、置いといて、やっぱ、メジャーな人がやる、プロデュースっつうか、アレンジ能力はスゲーや!俺も、この曲、カバーしようとした事あったけど、まさか、パンクにしようとは考えもしなかったもの・・・って、テメエも、ミュージシャンのはしくれ、感心してる場合かあ!?で、まあ、一般的には、やっぱり、あの、ジュリア・ロバーツの映画でお馴染みなオリジナルの、ロイ・オービソンのバージョンが有名なんだろうけど、俺的には、バン・ヘイレンが、八十二年に出した、「ダイバー・ダウン」って、アルバムに入ってるバージョンが、しっくりくるかなあ。ホント、カエラちゃんバージョンの後に聞くとかなりテンポもゆったりめだけど、いいよ。
これ、バン・ヘイレンが、出た、スゲー、フェスティバル、USフェスティバルでも、やってるんだけど、スゴかったよ、あの頃のバン・ヘイレンは。写真は、そのUSフェスティバルからのものだけど、さすがに、カエラちゃんや、関係ないけど、M字開脚で、有名なあの、インリン様にも、この、T字開脚は出来ないだろうなあ・・・。
暴力青春!
20060619223402
今回のレッドクロスのライブのオープニングは、ずばり、飛び出せ!青春でしたが、まあ、青春っつう事で、俺の、青春のバイブルを一冊、紹介!その名も、暴力青春!これ、あの、キャロルが、解散した時、出した本なんだけど、各メンバーが、自分の生い立ちから夢までを語り尽くしてる、スゴイ本なのだ!とくに、矢沢のエーちゃんが、まだまだ、Bigじゃなかった頃から「俺はBigになる!」と、公言してるのが、スゴイ!で、俺のもう一つのバイブル、成りあがりでは、ほぼカットされていた、キャロル時期のエピソードも、満載なので、貴重!つうか、この本で、キャロル時代の事は、ある程度、語り尽くしているから、エーちゃんは、成りあがりでは、キャロル時代の事は省いたんだろうね。しっかし、成りあがりも、何百回読んだかわかんないが、この本もそう。凹んだり、気分悪い時は必ず読んでたもん。本当に元気貰えるんで、夢、追っ掛けてる人いたら、ぜひ、オススメなんで、古本屋で、見つけたら、即ゲットだ!ちなみに俺はニ冊、持っているが、背表紙が、
微妙に違う。で、で、俺の曲、「ビッグ・ジャンプ」は、この本にあるエーちゃんの言葉からとったものだ。そして、俺が、感銘を受けた、エーちゃんの、はじめの言葉を最後に紹介しょう!「理屈やゴタクを並べるヤツは、金と暇のあるヤツさ。オレにはそんな時間も余裕もまったくなかった。オレの辞書には“行動”という言葉しかないんだ。」
おつかれさま~!
20060618233337
いっやあ!新宿レッドクロス、来てくれ人、ホントにありがとうございましたあ!楽しかったなあ!対バンも、みんな最高だったし!一つめの、ペルノパジャムズはうちら、フジロックの時、一緒に写真、とった人たちだった!ガレージサウンドに、ナイスMC!二つめのワールドアパートメントはドラムが、ジャッキー・チェンにクリソツ!かなり、人気あって、羨ましかったなあ。三つめ、ボリュームアウトは、ドラムのぎゃっつが、凄すぎ!サウンドも、超、俺的に直球!四つめが、友達の、ムスタングジャークス!ベースが、新しい人になってて、この人が俺的にまたまた直球!サウンドもL.A度がアガリ、最高!高森さん、やっぱ、いいなあ!で、何故か、ラストが、うちら。お客さん、みんな、帰ってたらどうしよう?の不安をよそに、大盛り上がり!アンコールまで、いただいちゃって、ノリノリ!新アクションのカメラつき携帯も、大成功!今日の写真は、ライブ中(!)客席を撮ったやつ!普通ならありえねー、写真だねこりゃあ!それにこの日は、ハブノッツのシミー
ちゃんはじめ、京都の友達とか、しばらく、ライブ、来てなかった友達も、来てくれたりして、うれしかったなあ。打ち上げじゃ、別んとこで、ライブあった、ネモト・ショボーレさんとか、友達が、また合流したりして、すごく楽しかった!明日からまた、超現実生活に引き戻される訳だけど、また、こんな素晴らしい仲間と再会出来るかと思うと、それだけで、頑張れるよ!みなさん!また、バカやろうぜ!人生、まだまだ捨てたもんじゃないよ!
やったぜ!
20060618191223
いやあ!久しぶりの東京ライブ、楽しかったよお!つうか、結局またもや、朝まで、打ち上げ!写真は二次会のカラオケで、大ハッスルの、勝利くん!詳しいライブレポは、夜、やるよー。今から腹へったんで、外食どえす!
行くぜ!
20060617102014
昨夜、3時近くまで、酒呑んでたのに、今日のライブの為か、テンション上がりっぱなし。何故か8時に目が、覚め、今、キャロルの解散ライブ観てる!さらにテンション上がってきた!さあ、行くぜ!
明日は新宿レッドクロス!
20060617010015
あしたは、ライブ!しかも、ほんっとに、久しぶりの東京でのライブっつー訳で、気合い入りまくりなのである!しかも、明日の会場である、レッドクロスって、以前、やった時って、勝利くんが、持病のヘルニアで、出れなくなり、スタッフである、ブルー・スノウが、リズムマシン操作にシンバル、タンバリン、コーラスで、ヘルプし、やっとの思いで、やり遂げた、無念のライブだったのであった。あの時のブルー・スノウの大活躍も、凄かったが、明日は、リベンジ!やりますよ!で、まあ、ライブ前だから、スタミナつけないと!と、思い、俺が、かれこれ、十年前くらいによく行ってた、むらやまと言う大衆食堂を訪れた。あの頃、俺は、東京から、郡山に帰って来たばかりで、金もなく、車も買えず、チャリンコで、中央工業団地まで、通っていたんだね。で、地元に帰って来たと、言っても、意地でも、親の世話になんかなりたくなかったから、安アパート借りて、頑張って自立していたんだよ。(今でも!)とは言っても、給料安いし、生活は楽じゃない。そんな時、当時の会社
、まあ、ちっちゃい鉄工所だったんだけど、そこの先輩から、紹介されたのが、ここ、むらやま食堂!で、なんと、ここは、郡山中の、肉体労働者なら誰でも知っているブルーカラースポットなのだ。で、とにかく値段が安い!量が、多い!早い!店のお兄さんとおばさんが、親切、丁寧!と、全くもって、俺たち、貧乏肉体労働者には、ありがたすぎる場所なのだ。で、十年ぶりに店内に入ったら、何も変わっていない!まあ、お兄さんが、少し老けて、おじさんになってたことくらいかな、変わったのは。まあ、それとてたいした問題ではない。で、俺は、カツカレーを注文した。四百十円と、多少、値上がりしたかな?と、思ったが、実際、出て来たカツカレーを見て、愕然とした!すっごい量だ!もう、必要以上に、満腹、満腹!これで、あしたのライブはバッチリだ!しかも、相変わらず、ここの、元お兄さんの接客態度は素晴らしい。おあいそを終えた時の元お兄さんの笑顔を見て、また来よう、と思った。郡山在住で、金がなく、ブルー・カラーなバンドマンいたら、ここはオススメ
だぞ!つうか、知らない奴はモグリだね。
最終兵器彼女
20060616012734
の、DVDを観ています。リンダリンダリンダの前田亜季が、主演!っつー訳で、喜び勇んで、借りて来たのだが、もうっ、これ、デビルマンとか、ドラゴンヘッド並の酷さ!まあ、俺のような、前田亜季ファン以外には、何もアピールしない作品だ。前田亜季といえば、元祖、チャイドル、前田愛の妹として有名だが、最近の人?には、あの、バトル・ロワイヤルの最後に生き残った女の子といえば、分かるかな?とにかく、この、最終兵器彼女、原作はマンガらしいが、とにかく、展開がたるい、亜季ちゃん以外の若手役者で、マトモな演技が出来る奴がいない。(とくに、ビルから飛び降りた奴の弟)しっかし、前田亜季ちゃん、リンダにしろ、最終兵器彼女、略して、サイカノにしろロクな作品に会ってないよ。まあ、バトルロワイヤルの頃に比べて、成長して、ちょっと、太ったし、そこが、かわいいところでもあるんだけれど、今のネエちゃんって、みんな、異常にがりがりが、流行ってるからなあ。俺的に、亜季ちゃんくらいが、全然、いーのだが。つう訳で、またまた、つまらな
い映画を斬ってしまった!
NANA!
20060615002602
映画公開もとっくに終わり、DVDレンタルも、けっこう、空が出て来た今日この頃、性懲りもなく、アニメが、やってやんの!しっかし、エンディングの、奈々って名前のキャスターの、とってつけたようなコーナー、いいね!さすが!テレビ!中身より工夫じゃ!
郡山ハタチまえ!
20060614213050
仕事帰りに、ひさびさに、郡山駅前へ寄った。今日、発売のグレン・ヒューズの、ニューアルバムを買う為だ。来月、ここの駅前広場で、ライブが決まったばかりだが、それにしても、この辺りも、あんまし、昔と変わんないなあ。まあ、例の、プチ高層ビル、モルティー、とか、アティー(ここは、昔、西武だったっけ)はなかったけど、まあ、基本的にはおんなし。うすいデパートや、うすい通りが、新しくなったりしたけど、それ程、自分には関係ない場所なんで、俺ん中ではかわりない。んで、こないだ、カキコミをくれたちさちゃんのいってた、レコード屋、みのやを久しぶりに訪ねてみることにした。郡山、唯一の、ホントにちっちゃい、アーケード内にあるんだけれど、このアーケードも、飲み屋が変わったくらいで、あまり、変わってない。角に、コダワリが、何故か感じられるおもちゃ屋さんがあって、東北書店が、あって・・・。で、ミノヤレコード!置いてあるものが、レコードからCDに変わっただけで、何も変わってない。置いてあるCDも、相変わらず、こだ
わりの感じられるものばかりだ。で、あった!本日の探しもの、グレン・ヒューズのニューアルバムが!で、こう言う、俺が買うようなアーティストのCDって、ここ、ミノヤレコードには、当たり前のように置いてあったが、よく郊外にある日本中どこにでもある、CDショップに行くと、発売の日だと言うのに、ない!ヒッキーとか、レミオロメンみたいなのは、同じCDがたくさん、置いてあるのにだ!それにしても、廃盤や、貴重盤、あるいは、ブートレッグならともかく、新発売のしかも、日本版のCDが置いてないとは、一体、何事か!?だから、ちょっと雑誌なんかをチェックして、CDを購入する音楽通には、ちょっと、不便な街でもあるのだよ、郡山は!ま、俺みたいに、ライブツアーとかで、しょっちゅう、東京、行ってる奴とか、パソコン持ってる人ならまだいいけど、世の中、そんな人ばかりではない。しかし、こんな事で、不満をいってるうちはまだいいかも!?ヒッキーが、ついに配信のみの新曲を始めたと言うし、この世からCD自体が、
消える可能性もでてきたのだから・・・。
勝利邸にて
20060614005946
今週末、いよいよ、新宿レッドクロスだ!うちらは、うしろの方に、出るんで、仕事帰りの人も是非、来てね!もち、キッズは、オープンから来てね!つー訳で、続々、ライブも決まってきましたが、にゃんと!ひさびさ、地元、郡山でも、一本、追加ライブ決定!七月二十三日、郡山駅前広場にて、野外じゃーっ!ウドーフェスのチケット、取れなかった人は是非、来てちょうだい!んでもって、本日は、勝利邸にて、リハーサル!こないだの横浜の反省点も踏まえつつの、猛練習!っつうか、アクションの練習!次も、誰よりも、高く翔んでやるんで、よろしく!で、今日の写真は、勝利邸!ブルー・スリー大会に来た人には、すでにお馴染み?だが、おいらは、ここで、高校生の頃から来て、練習してる。が、今だに、ここは、怖い!まるで、じゅおんのおばけが、いそう。しかし、夏の真昼間とかだと、もう!バーベキューでも何でも楽しい、いかした、お家なのだ!もち、大会の宴会場所としてもね!
祝!風邪、完治!!
20060612235446
いやあーっ!もうっ!気分爽快!やあーっと、風邪が全快したよおっ!つーか、今日の写真、この薬の山、見てよ!こんなの、毎日、飲んでたんだぜ・・・って、種類、多すぎだっつーのホント、どれが、どの薬なんだか、さっぱり、わかんないよ。まあ、何はどうあれ、全快、全快!と、言いつつ、今朝、起きたときは、まだ、すげー具合、悪くてね。布団から起き上がるとき、ああ、駄目だ!仕事、行けねえ・・・って思った。が、いっつも、ツアーん時はみんなに迷惑かけてんだから、突発的に休みたくないっ!もち、気合いで、ヘロヘロ状態で、行きました!が、昼ご飯、食べた後くらいから、なんか、身体が軽くなり、午後には全快していた・・・と言う、全く、変な瞬間に今回の風邪は治ってしまったのでした。で、もーう、それから、気持ちがいいこと、いいことに、この、数日、出来なかった事を、いろいろやった!まず、全快祝いに、お寿司を食べに行った。口内炎も治ったみたいなんでね。いやいや、口内炎できてっと、染みちゃって、醤油、ダメなんだよ。もう、一口、食べ
るたんびに、のたうちまわる痛さ!なんだから!つー訳で、ひっさびさの、おいしい、お寿司の後は、本屋、行って、立ち読みして、帰って、勝利くんに、録ってもらった、アテンションプリーズのビデオを見て、またまた、くずレコードを聴いて・・・って、それじゃ、風邪ひいてっときと、なんも、変わってねえじゃんっ!まあ、何はともあれ、健康って、やっぱ、いいな、と、しみじみ感じた今日この頃でした!次の、新宿レッドクロス、全快で行くぜっ!
ロックバルーンは80S!
20060612001539
せっかくの休みだと言うのに、相変わらずの、風邪っぴきで、どうにも身体がすぐれない・・・。いつもだったら、ライブもないし、早起きして、サーフィンに行くんだけどなあ。仕方ないんで、また朝からまた、マット青木さんと横浜で買って来た、くずレコード・・・と、言っても、中にはとんでもない名曲もあったりするから、俺や青木さんらロッカーにとっては、宝の山でもあるのだけれど。その、青木さんは、今日はツアーで、群馬かあ、いいなあ・・・、と、うらやましがりつつ、一枚!ネーナの、プラスチック・ドリームスってアルバム。これ、80年代に、流行ったなあ・・・!しかし、みんな、知ってるっつうか、大ヒットしたのって、これに収録の、ロックバルーンは99って曲だけで、このアルバム、まるごと聴いたって人、いないなあ。で、で、実際に聴いてみると、全曲なかなかいいのだ!んじゃ、なんで、ロックバルーンだけがヒットしたかって言うと、以外な事実がライナーノーツに隠されていた!この、ネーナってバンド、ドイツのバンドなんだけど、このア
ルバム、ロックバルーンを含め、全曲、ドイツ語なんだって!なるほど、そりゃ、アメリカでブレイクするの、無理があるわ。しかし、ホント、同時期の、ミッシング・パーソンズとかより、曲もいいので、車で聴くのに、CD買おうかな?んで、あと、へんなメタル系のバンドも何枚か、聴いたけど、飽きたので、近くの古本屋に、ネタ・・・じゃなくて、暇潰しになりそうな本を探しに行った。昔、読んでた、ハイティーンブギが、百円であったので、三冊買って来た。このマンガ、最後まで、読んでなかったのよ。当時、かなり熱心に読んでいたものだが、(なにしろ、主人公の翔が、いつも、革ジャンにリーゼントだったから、自分と勝手にキャラ、ダブらせて、悦に入ってた!)今、読むと、NANAの先駆けみたいなマンガだなこりゃあ。でも、もっと、話はシンプルだし誠実さがあるね。やっぱり、愛はピュアじゃないと!そんなとこが、NANAと対照的・・・っつうか、時代だったんだろうね。しかも、このバンド、翔&ライダースって。いろんな人種が入った混合
バンド。これもスゴイや。そういや、近藤マッチ主演で映画にもなったけど、あれも凄かった!パンクもメタルも超越しちゃってる、イカレたファッション!まさにミクスチャーロックの元祖!つう訳で、俺にしては珍しい、ゆったりとした、粋な二日間だった!
風邪
20060610215121
いやあ、おとといの福島は楽しかった!なんせ、ハブノッツとプライベーツが来るだけでもスゴイのに、福島の友達、ナンバーズ・ハイも出た!ナンバーズ・ハイは解散してたんだけど、一年ぶりに復活!久しぶりに見た彼らは、本当にカッコイイ!曲が最高!名曲、スイート・ハイ・チョコレートじゃ、飛び入りで歌わしていただきました!もう、止めるなんて、言わないでくれいっ!つづいて、ハブノッツ。本番前、青木さんが、今日は、ココ(フロア)で、やっちゃおうかな?と、冗談めかしで、言っていたら、ホントにフロアで、やっちゃった!昨日の写真、よく見てもらうと、変でしょ何か?そう、ドラムセットもマイクスタンドもフロアに下ろして、フロアでやってるんだよ!まるで、雰囲気は、彼らの地元、横浜の箱、バー、GIGのよう・・・。しかも、この日のマット青木のアクションが、モロ、80年代!背中びきはするは、滑りびきはするはの大サービスに、初ノッツの、福島キッズも大喜び!続いてプライベーツ!先週、横浜でも一緒だったけど、今回は新曲中心
のセットで、これまた、新鮮でした!打ち上げでは、あの初代ブルー・ワンこと、遠藤さんも加わり、俺も青木さんも、風邪っぴきだったのにもかかわらず、相変わらずの馬鹿騒ぎ!結局、俺が帰宅したのって、朝、5時くらい。で、2時間くらい寝て、仕事へ・・・。大事なクレーム対応の会議があったんだけれど、やっぱり、俺が本当に尊敬する本社の人たちはスゴイ!俺、一人では、煮詰まってしまい、ロクな対応策も浮かばないのに、確実にミスが起こらないような指示をしてくれるのだ。定時帰宅目標の俺だけど、実は、家に帰ってからも、仕事の手順書の改訂版、作成したり、結構、頑張っている。なんか、負けたくないじゃん?しかし、この日は、ただでさえ、朝帰り、しかも、風邪っぴきだってのに、異常に仕事が忙しくて、結局、残業になってしまった!で、で、帰宅後、速攻、爆睡!起きたら朝になってた!12時間も寝てしまった訳!起きたら、少し身体が軽くなったので、こないだ、マット青木さんと一緒に横浜で買った、一枚、40円!で買い溜めたくずレコードコレク
ションでも、聴こうと思い、久しぶりにレコードプレイヤーを引っ張り出してきたら、にゃんと〓!ゴムが伸びて、壊れてやんの!仕方なく、着替えて近くのハードオフに行ったら、これまたにゃんと〓〓!三千円で売ってたので、早速、買って、家で聴きまくった。結局、まだ身体が本調子でないので、今日は家で、その買ってきたレコードを聴きまくったが、三千円のプレイヤーで、四十円のレコードを聴く・・・。これ、ロッカーとして、ただしい音楽鑑賞のありかたなのです!
福島!
20060609035708
相変わらず、風邪がひどい、よく、仕事、行ってると思う。となりの福島にハブノッツとプライベーツが、来ると言うので、見に行った。友達のナンバーズハイも出た!最高だった。風邪も治る気がしたが、熱はさらに上昇した!
あれれえ・・・?
20060607234916
昨日の写真、あがってねえじゃん!改めまして、横浜のヒーロー、ハブノッツのマット青木さんです。なんか、風邪が、超、悪化してきたので、今日はもう寝ます。いやあ、病院の注射は痛いっす。とても、ドラッグのオーバードースなんかじゃ、死ねません・・・。
横浜40まえ・・・。
20060606161915
横浜の濃すぎる二日間が過ぎ、ようやく本日より社会復帰っす!なんか、帰りの、バスでどっかのネエちゃんから風邪をうつされたらしく、体調が、カンペキとはいえないものの、なんとか頑張った。相変わらず、仕事でも、やれ、クレームだ、なんだ、と胃が痛くなることが多発したが、気合い入れてる。そんな中、こないだ、俺とトラブった奴が、へこみすぎて、ついに途中で、会社から家に帰ってしまった・・・っておいおい、さんざ人に喧嘩を売っといて、逃げんのかい?そういう、おいらだって、今の仕事になってからは、ストレスのせいで、口内炎が、出来っぱなし、ひどい時は、ものも食べれず、レコーディングん時だって、大変だったんだから。それだって、絶対、逃げた事はない。ガキじゃあるまいし、この仕事で飯、食ってんだからちゃんと、オトシマエつけねえと!まあ、そんな感じで現実生活に一気に引き戻された俺だったが、そんな、くだらないや嫌な事があっても、なんで、頑張れるかっつったら、やっぱ、ロックがある事、以前に、信頼出来る素敵な仲間が、たくさ
んいるからだろう。今回、ヤングカーニバルの主催者である、ハブノッツのマット青木さん。この人はバンドマンの鏡のような才能を持った人であるが、やはり、人として素敵な人である。彼のまわりには、つねに仲間がたくさんあつまってくるが、とにかく人に対して手抜きをしない人なのだ。ある時は厳しく、ある時は優しい。しかし、その姿はどこまでも自然体だ。ハブノッツのライブのように・・・。横浜の街を15年ぶりに歩いた。青木さんとともに・・・。まるで、そのまた昔の学生時代みたいに自由な感覚だった。俺もあらためて、このまんま、突っ走ろうと思った。写真はもちろん、ヤングカーニバルのハブノッツ、マット青木さん。素晴らしい時間を本当にありがとう!そして、お疲れ様でした!次は木曜日に!
横浜ヤングカーニバル後編!
20060605094514
さてさて、無事、自分らのライブも終わり、二日めのヤングカーニバル!多いに楽しみました。やっぱりハブノッツはスゲエや!写真はチョコレイツのクスモッちゃん。めちゃカッコイイ!どのバンドも無茶苦茶ヤバかったです!
横浜ヤングカーニバルです!
20060604100618
今回も、はしゃぎまくりの笑いまくりの最高な時間!ライブのほう、無事、うちらも頑張りましたが、オープニングのカリフォルニアコネクションは若い人にも、訳がわからないうけかたはしてたけど、曲が古すぎた為、ほんの一部の人にしか、誰の曲だかわからんかった・・・。まあ、とにかく全バンド、最高!写真は主催者のハブノッツ!明日・・・、つうか、今日もあるのに、朝、5時までの、呑みも、スバラシかったです。来てくれたみなさん、ホントにありがとう!ライブないけど、うちら、今日も楽しむよ!
いよいよ明日!
20060603014514
横浜ヤングカーニバルです!スッゴいイベント!しかも、うちら、ブルー・スリーにとっても、ひっさしぶりのライブ!レコーディングの音録りも、終わったことだし、なんか、すげー新鮮でしかもいい気分でライブに挑める感じだ。それに出るバンド、みんな友達ばっかなんで、みんなと会えるだけでもわくわくするよ。んな訳で、そんな機会を独自のコネクションで実現させてしまう主催のハブノッツはホントにスゴイと思う。セレクトするバンドにもこだわりが感じられるし、まあ、もとはとんなくちゃなんないんだろうけど、なんか、音楽の世界特有のビジネスが、感じられない。そう、どこまでも、ロックな人なのだよ、ハブノッツのリーダー、マット青木さんは!で、で、これ、あくまで個人のイベントってのが、スゴイね。うちの地元、郡山にもジャンキー・ヒッピー・シェイクってお店やってる井上さんってスゴイ人がいるが、この人たちが共通するスゴさって、あくまで、その人が持つ人間性のオーラっつうか信頼関係とこだわりによってなりたっていることだ。最近、お店とか
もそうだが、こういった、こだわりを持ったとこよりも、安直なフランチャイズを選んでしまう風潮がある。どことは言わないが、内容的につまらなくとも、有名なバンドを出してさもスゴイ、イベントだと錯覚させる輩もいるが、ただ有名だからとのこのこ、お金をはらって、もととれなくてがっかりするお客さんもいる。まあ、中には、有名な人に会えたってだけで、ハッピーになれる人もいるんで、一概には言えないが・・・。さて、昔は、便利なコンビニやファミレスはないかわりに、ちっちゃい、レコード屋とか服屋さんとか、あんがい、多かったと思う。今、夏のフェスティバルもそうだけど、ホントにこだわりを持ったお店やイベントが少なくなった。だから、ああいう組織化された中身のないものよりも、より、自分なりのこだわりをもち、具現化している人たちの存在は貴重だし、絶対、支持されるべきだ!まー、とりあえず、そんな個人のこだわりによる一夜の祭典をたのしみたいかたは、まず、明日の横浜ヤングカーニバルに来てみてくれ!何かが見つかるかもしれないし、
人生、変わるかもしんない。あるいは、ただ、笑って、この一瞬の夢のひとときをたのしむのもいいかもしれない。まあ、以外とそこが主催者の狙いかもしれないし、別に何も考えてないかもしれない。写真、本日の一枚はディープ・パープルのカリフォルニア・ジャムのDVDのひとこま。ロックが本物してた時代・・・、恥ずかしながらライブの前日はこの映像、見るの多いかな!?画面の中のグレン・ヒューズみたいに上手く、歌、歌えそうな気がして・・・。



プロフィール

BLUEIII

Author:BLUEIII
BLUEIII(ブルー・スリー)
のブログです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する